記事一覧

第78回関西耳鼻咽喉科アレルギー研究会

きゅはとうきょうはあめ三共がスポンサーでおおさか薬業年金会館で長い間行われてきた関西耳鼻咽喉科アレルギー研究会がTKP心斎橋駅前カンファレンスセンターで行われるようになった、さらに今回からは鳥居薬品のスポンサーで行われるようになりました。アレルギー学会で何度かお話を聞いた埼玉医大と羽曳野医療センターの先生がアレルゲン免疫療法のお話をしてくださいました。今年2月からダニの舌下免疫療法が小さなお子様にも適応となりました。内科学会開さいちゅうにもかかわらず京都からわざわざアレルギーの講演にお越しくださった先生には感謝します。そしてかえりには姫路で病院経営されている先生にいっしょに帰りましょうと誘っていただきましたが東京に勉強に行きますので失礼しました。今日は天気が悪い、しかし今日はコタロー漢方製薬の仙頭正四郎の新しいシリーズZTOAが始まるので頑張ろう。漢方薬も舌下免疫療法も優しい治療です。ゴルフをして一日過ぎるのも患者さんに役立つ医学を勉強するのも一日です。来週は日本眼科学会、今週は日本内科学会いくらお金があっても足りない。働き方改革の時代にコタローのMRさんは休日返上です、感謝します。仙頭征四郎先生も休日返上で先週は山口、再来週はか中医学講座です。奉仕以外の何でもない。感謝,シェイシェイザイジャン。

姫路の4月の花粉症

鼻が詰まると睡眠が浅くなる。何とかしてくれと朝一番の受診者がおっしゃいます。ヒノキ科の花粉症は鼻が詰まる、のどがイガイガするのがスギと異なる。4月はヒノキ科の花粉症そしてシラカバハンノキつまりブナ属の花粉症も姫路では観察されます。ブナ科では六甲山のオオバヤシャブシが全国的に有名です。では姫路ではどうなのか?姫路が全国に誇るアレルギー専門医で姫路で唯一花粉をダーラム式で観察されている黒坂文武先生の夜とドングリの仲間の椎の木や樫の木がブナの仲間だそうです。黒坂文武先生の理論的なお話は素晴らしい、アトピー性皮膚炎が減っている原因は畳つまりイグサの使用の減少と関係するという言うものです。なぜシラカバやハンノキ花粉が重要かというとPFSやOASの原因としてリンゴなどのバラ科の植物や大豆特に豆乳やおぼろ豆腐を食べると口がイガイガする。これが口腔アレルギー症候群やPOLLENFRUITSALLERGY(花粉果物症候群)です。私は眼科専門医を有する全国で30人のアレルギー専門医の一人です。以前は兵庫県では一人でした。姫路ではアレルギー性結膜炎が非常に増えています。

理想の抗アレルギー薬はまだない

理想のアレルギー薬はまだありません.理想のアレルギー薬とは速効性で効果持続、副作用が少ない、安全で長期投与ができる。投与回数が一日1から2回でアドヒアランスがよい。デザレックスが売れすぎてアルフレッサ姫路支店から消えたそうです。ご来院の患者様でデザレックスを処方していた方には多大なるご迷惑をおかけします。ビラノアは素晴らしいが15歳以上にしか投与できない。先日はコタローの葛根湯辛夷川穹が薬価改定前で門前の薬局から消えた。MRさんがご迷惑をおかけしますというからなくなったと思ったら300錠アルフレッサから入荷したらしい。よかった。14日しか出ないがルパフィンのファンも次第に増えている。アレルギーの患者様が集中すると弁病で処方することが多く調剤さんも大変です。漢方薬は返品不可商品です、仕入れが難しい。スギ花粉症の絶下免疫療法シダトレンはやはりかなり効いています、皆さんレスキュー薬は不要とおっしゃいます。発売時期からシダトレンを導入した方は5人。赤穂と加古川の方は途中で近くに転医した。残り3人が卒業された、しかし3月お薬を取りに来られませんでした。シダトレンはよく効いてます。

山口漢方懇話会

昨日寒い博多から好天の中新山口に移動し山口漢方懇話会で女性に多い疾患について講演を聞きました。女性の漢方のお話といえば月経異常、不妊治療と更年期症候群が多い中女性に多い疾患のお話でした。新山口になって初めて新山口駅へ行きました。アレルギー疾患を除いては9割女性の患者さんです。冷え性、むくみ、便秘に肩こり、精神症状などについてそのメカニズムや病態を学んだ。精神症状の原因には我々男性がストレスというお話をよく聞きます。私も診察終わったら駅前に勉強と称してしばしば出かける。魚町塩町ではないから許してほしい。週末は東京や大阪へこれまた勉強と称して出かける。JRに新幹線代かなり貢献しています。かないには大きなストレスかもしれない。あるいは食事の用意をしなくてよいからほっとしているかもしれない。夫が60歳超えてずっといるのがストレスという女性がとても多い、私ももうすぐ60歳妻のストレスにならないように努めなければならない、そのためには野菜をいっぱい食べてメタボリックシンドロームを改善しないといけない。青魚で露鳥が飲まないでよいように遊離脂肪酸分画を1に近づけないといけない。

夢前町の焼き鳥屋の鳥八

姫路市夢前町の駄菓子屋さんを通り過ぎて夢乃井さんの手前にとり八という焼き鳥屋さんがあります。焼鳥屋さんの鳥八さんは過疎の町夢前町では貴重な焼き鳥屋さんです。鳥八さんには子供と二人で行きました。最近ビールなんか飲んだことがありませんでしたが、久しぶりに飲みました。つまり情報交換会でもウーロン茶で乾杯していました、ASTALTが20以下になっています。酒は百薬の長と言いますが禁酒が一番と思います。漢方の講演で講師の先生方たばこ辞めたら10キロ体重が増えたとおっしゃっていました。タバコは学生時代から全く吸ったことがありませんがペーパードライバーの私はタクシーで喫煙者が降車した後乗ると咳が出ます。鳥八さんでは二人なのでかうんたーに座り子供が好きなつくね、軟骨に皮、軟骨から揚げ最後に雑炊で締めました。滞在時間一時間。西川病院時代にこのお店の方を診察させていただきずっと行きたいお店でした。焼鳥屋さんも冷凍品のところとヒルに仕込む店がありますがここのは昼間に仕込む焼き鳥です。3人で切り盛りされていますが手を休めている人がいないのがすごい、ピーチクパーチク無駄話をする人もいない。それでいて私たち親雄にいろいろお声がけいただきました。おいしかった。

山口漢方懇話会

仙頭正四郎先生を追っかけ新山口まで行ってきました。山口漢方懇話会がユニークなテーマだったからです。休日遊んでも一日、2時間集中して勉強しても一日。この前の静岡漢方懇話会は浜松駅での停電は2時間46分遅れで姫路に無事帰ってまいりました。なんと仙頭先生は順調に東京に帰られたそうです、普段の行いの違いでしょうか、数年前には性差医療という言葉がよく用いられました。男には八味丸、女性には当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸というのが漢方版性差医療です。織部先生も女神散を男性に使う病名がないと嘆いておられました。肝腎同源という言葉があります、男性は腎、女性は肝が先天の本、さらには陰と陽の元が性です。新しく東洋医学に目を向ける方には仙頭正四郎先生を追っかけてほしいと思います。なぜなら系統中医学講座は中医学でないからです。中医学は素問に記載があるかという説明をします。系統中医学講座は生理解剖病理を生かして理論的に解説していただき納得がゆくものです。しかし織部先生も仙頭先生もご講演を何度聞いても理解しきれない奥の深さを感じます。繰り返し学習するしかありません。耳学問ではなく書籍を読まないといけません。

更年期には保険診療でプラセンタと漢方薬

昨日のコタロー漢方製薬の素晴らしい講演の余韻が残りますが今日も素晴らしいコタロー漢方製薬の講演を拝聴するために博多を後にして新山口に向かいます、今日は東京から女性問題についての漢方診療の講演を聞くためです。コタロー漢方製薬の講演会はどこも満席です。席がなかったり机がなかったりすることもあります、少し早く行った方が無難です。漢方はどこでも9割ぐらい女性の患者さんです。更年期障害のメルスモンは45歳から60歳の女性に保険適応を有するプラセンタの注射です、腕化腰に駐車しています。肝障害のラエンネックと違い注射が痛くないこともあり人気です。毎日でも期待という患者さんもいます、再診料込みで一回500円と安価です。プラセンタ注射と漢方薬を組み合わせた診療が最近結構人気です。メルスモンは日本人の胎盤です、プラセンタの錠剤は豚など動物から採取しています。裏センタではいろいろな尚樹が改善します、関節リウマチではないが朝指ははれる人が治った、肩こりが楽になった、感冒症状がなくなった、ほっとフラッシュが楽になった。全く変わらない人もおられます。ラエンネックは肝機能障害にしか保険適応がありません。毎日コツコツ勉強しています。受験生の子供よりも勉強しています、そしていろいろな仕事の依頼がどんどん増えていく。

博多で中医学勉強しました

コタロー漢方製薬の講演を聞くため博多に泊まりました。旅費宿泊費結構かかります、コタローさん全。国に私を知っているMRさんがご案内状をお送りくださる。大杉さんも名古屋から案内状をお送りくださる。5がつはおおすぎさんのなごやに大学の穿破愛の講演を聞きに行く予定です。っ今回の講演は大分の医師会長を務められつむらさんで姫路にも幾度も講演にお越しいただいいた先生です、昨年高山先生とのご対談を聞きに東京にいった。今回は今までノートを必死でとる形式だったがパワーポイントのスライドを使った形式でした。五苓散やコタロー漢方名物半夏白朮天麻湯について神曲麦芽は原点に入っているから両方入っているコタローがよいとのことでした、私もコタロー半夏白朮天麻湯を調剤薬局から変更を求められてもお断りしています。漢方薬はあて物でない、私はめったなことではメーカーさんの手帳を診療中には見ない,構成生薬はほとんど頭に入っている、だから見ない。診療中は構成生薬のことが頭の中をめぐっている。五苓散についてお話しなさった、系統中医学なら桂皮の香りもコタロー漢方製薬とおっしゃるがそれはなかった。先日奈良県立医科大客員殉教の話を拝聴し他、このせんせいも半夏白朮天麻湯はコタローとおっしゃてました。ところで講演会の講師を務めて先日確定申告を忘れていたので修正申告をしたら半分以上税域でとられてしまった、雑所得は税金が高い。給与所得とかなり差がある。

ダニの舌下免疫量は年齢制限がなくなりました。

シダトレンでものすごく口がかゆかったと患者は少ないです。昨日鳥居薬品のWEBを見ていてダニの舌下免疫療法が急に2月から増えているそうです。小さなお子さんはいっぱいダニの舌下免疫を開始されていると聞いてお母さま方熱心だと思います。という私はすぐ花粉とヒノキ花粉そしてシラカバハンノキの口腔アレルギー症候群そして全身の漢方診療で大忙し。漢方薬18日初診でくださいという漢方と西洋薬がわかっていなくて困ります、あっていなければ破棄することになります。もったいない、漢方薬には証や弁証があります。みんな薬が違う。季節によっても私冷える熱いで薬を買える。先日いきなり60日呉といわれもちろんお帰りいただいた。私は天台宗の本山比叡山延暦寺の横川でで三頭巡拝をした三千仏の礼拝業もした。今も僧籍がある。全く活動はしていない、しかし御仏にお仕えする気持ちだけは持っている。ちなみに階級はかなり高僧です。だから患者さんのためにならないことは厳しくしかる。体質改善、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、過敏性症候群、不妊治療で頻回にお越しの人には丁寧懇切に診療しています。受診をお越しいただけない方はどうしようもない、短時間で分かるわけがない。舌下免疫療法も続けている人はみんな効いてます。

漢方薬は錠剤と粉とどちらがききますか

姫路で一番漢方薬の錠剤や顆粒を使っているのはきっとうちだと思います。効くから使うのではなく患者さんのニーズがあるからつかう。コタローのカプセルは6カプセル分三前錠剤は最高27錠分3毎食前少なくて6錠毎食前こんなに飲んだら満腹中枢がマヒする。勧めないが錠剤を希望する人は多い。飲まないと症状は改善しない。小学校の低学年でもエキス顆粒が服用できる子もいる、30歳代でも錠剤しか飲めない方もいる。話は変わるがオブラートやドラッグストアのカプセルでお母さんがンオもせている家庭もある。体に優しそうな漢方しかいりませんという保護者もいるしかし花粉症に漢方薬を使うメリットは絶対眠くならない、のどにも効く効果発現までの時間が短い。風邪に葛根湯、引き始めの風邪なら養生しておかゆをすすりながら葛根湯を一方、さらにはもう一方服用すればあっという間に風邪は治癒する。花粉症も同じ、一方で効かなければもう一方服用すれば楽になる。鼻は止まる。飲めるなら顆粒細粒がよい。