記事一覧

高校の同級生からの電話

私は舛添要一厚生労働大臣の時代に保健衛生の労働衛生コンサルタント試験に受かった。私のブログがヒットしたと高校時代の同級生から電話があった。労働衛生コンサルタントの口述試験について調べているとこのブログに出会った。医師の場合労働衛生コンサルタントは日本医師会で途中退室禁止の3日にわたる講習を受けると筆記試験免除になる。私も日本医師会の講習会を受けて筆記免除であった。先日神戸マラソン前日の兵庫県臨床アレルギー講演会で講師を詰められた猪熊茂子先生も労働衛生コンサルタントをお持ちだった。労働安全衛生法を中心に産業医学は進化する。国家試験である労働衛生コンサルタン試験は合格率30パーセントの難関である。合格すれば明日から労働衛生コンサルタントをなのって開業できる。したがって合格率はずっと30パーセントです。どうやったら合格するか❓よく聞かれるがもう15年前のこと記憶があいまいになっている。知っていることは伝えた。私は嘱託産業医の経験がないのに合格したこと自分ですごいと思う、一方周りの友人にいろいろ教えてもらって通った。今は医師会からも公募という形産業医の仕事が来る。私は普通の眼科医と間違えられて産業医の仕事がこなかった。今は断る場合もある。産業医の更新で先日も商工会議所で講習を受けた。コンサルタントは国家資格で更新がない。永久ライセンスです。今日もお昼は産業医の仕事です

アレルギー専門医の更新

日本眼科アレルギー学会が終わりアレルギー学会専門医の更新手続きです。白内障手術のように御殿が建ち行列ができるわけではない地味な分野が眼科のアレルギーです。今日も春季カタルのお子さんがお越しになった。上眼瞼をほんてんすると春季カタルになっていた。全国に20人ほどしかいない眼科専門医を有するアレルギー専門医。更新が11月20日に控えている。苦労して取得更新しようと思うが書類を書いて消す日が続いた。やっと出来上がった。今日、書類を受領しましたとアレルギー学会から届いた。あと何年働けるか、また一つ誕生日が過ぎた。また一つ年です。12月には皆勤の総合アレルギー講習会です。アレルギー学会専門医更新にはこの総合アレルギー講習会に参加は必須です。調剤薬局さんにはご迷惑をおかけしながら土曜日は休んで講習会です。いまどきの調剤薬局は加算がつくので土曜日休んで平日はずっと開けといてくれる医療機関が良いみたい。眼科アレルギー学会のため休診ですと行きたいが後が大変だから土曜日はやめた。午前の診療終えて姫路から新幹線乗ると16時過ぎになる。神戸マラソン前日に兵庫県臨床アレルギー研究会に参加した。千葉メデイカルセンターの猪熊茂子先生のお話でした。15年ぶりくらいでお話を聞きました。好酸球増多のお話でした。3症例同じだったら7症例10症例同じではないかという目新しいことにちゃれじされているそうです。リウマチのお話で私は直接関係しませんがいつまでも輝いておられた。

系統中医学講座の層構造

系統中医学にはオリジナルな素晴らしい概念がいっぱいある。層構造とは心肺肝脾腎の順に外から層構造になっている。さらには頭を表す中枢神経は上にある。頭と層構造の間には破線があり首のようになっている。著作権があるが自分で楽しむには良いと思い、パワーポイントのソフトを用いて資料のまねをしようとするとすごさがわかる。点線と実線の使い分けがよくわからないそこで質問をしてみました。層構造で外から2本目の栓が点線になっています、なぜ2本目は点線ですか。二本目は心を表します。心は神の心が上の心ですね。これは出店の心だから点線です。なるほど。やはり点線すべてに意味がある。茯苓と白朮で水を回す。茯苓のほうが働きが強いから茯苓は実線、白朮は破線だそうです。実線は強力、点線はメインではないことを表しているそうです。なるほどガッテンしました。昨日も梅田のホテルビナリオで一日を過ごした。楽しくかつ充実していた。今月も仙頭正四郎先生のお話を2回拝聴しました。何度聞いてもわからないことがわかるという奥の深いお話です。古典に変えるのではなく新しいものを作っていく姿が素晴らしい。

便秘薬

私は漢方薬の便秘の薬は多く使っています。便秘の薬がいっぱい出ている。最近の新薬は非劣性が多い。副作用がすくなくなっていると解釈する。胆汁酸トランスポーター阻害薬グーフィスは回腸末端にある上皮細胞に存在するIBATを阻害により大腸に流入する胆汁酸の再吸収を阻害します。世界初のIBAT阻害薬です。海外にはデータがない薬です。DUALACTIONで完全自発排便へ。便秘を改善する。大腸内の水分の分泌と蠕動運動を更新する。胆汁酸トランスポーター流入した胆汁酸は。IBAT阻害で大腸内へ流入する胆汁酸吸収を阻害します。今日は世界糖尿病デイ。姫路城は青くライトアップされているのでしょうか。今プロジェクションマッピングをしているので城は明るくない。気が付いたのはこの前の日曜日東京からの帰りのタクシーの中でした。今月いっぱいプロジェクションマッピングです。今日は加古川のホテルで便秘の勉強。明日は姫路のホテルで便秘の勉強。勉強しても一向に賢くならない。医師になるには記憶力がよくないといけないがすぐ忘れてしまう。寒くなりました、おなかが冷えてべ便秘になるのが寒秘です。乾姜が入った方剤がぴったり。

麻黄

秋田大学の救急・集中治療医学講座の教授がお書きになった急性期漢方には麻黄を含む主な方剤がまとめてある。最高は越婢加朮湯の6グラム麻黄湯が5グラム、4グラムが麻杏甘石湯、麻杏よく甘湯、五虎湯、日本薬学の父は長井永義先生です。全国の雙葉学園の元を作った方です。麻黄は砂漠で取れるので中国が輸出を止めると大変だ。麻黄ちゅうのメチルエフェドリンは気管支拡張作用がある。エフェドリンは交感神経を興奮させる。麻黄は附子同様アルカロイなので食前つまり胃酸が多い状態では吸収されにくい。やさしいのです。だから漢方薬で麻黄と附子が配合されると食前がよい。それ以外のものは食前にこだわることはない。もっと言えば優しい漢方エキス製剤は私は食後に飲んでいる。今日は産婦人科漢方研究会です。産科婦人科医に交じって勉強しよう。

インフルエンザにかかりたくない

インフルエンザの予防接種をする前にご質問ありますかと聞くと去年も先生に接種してもらったがかかった。二回接種したらかかりませんか。これはまた違う、2回接種してもあまり変わらないのが13歳以上は一回ということです。2から4週あけて接種するというのはBOASTER効果つまり効果発現が強力である。国公立大学2次試験にも効いてほしい、これは3カ月したらワクチンが切れているということから私のところでは1月に多くのワクチン接種希望の方がお越しになる。2月になるとインフルエンザワクチンは回収される。そして来シーズンは異なるワクチンになる。みんなかかりたくない、私は体力がないっ子供の時からずっと虚弱です。しかしインフルエンザウイルスに罹患することが記憶の限りない,漢方薬を早期から服用するからかもしれません。漢方薬を馬鹿にすることなかれ麻黄湯はタミフルと同等の解熱効果があるのはEBMが多くある、患者さんから見たら休診するのは学会くらい、元気そうに見えるが体力がない私でもインフルエンザにはかからない。これは環境だとされている。職業柄インフルエンザ疑いの方とは一定の割合で接する。麻疹や風疹が普今のように前例報告ではなく普通の病気だったころ私は救急外来で麻しんなったことあるやったら今回は風疹だろうかという診療をしていた。しかし抗体価を見ると8倍だった。接触が薄かっただろう。きれい社会の落とし穴という書籍を昔読んだ。きれいに見える医療機関でもばい菌だらけ。

アレルギーの新しい治療

第二2回アレルギー学会近畿地方会では大鵬薬品にセミナーで脂質メデイえーたーのお話が中心でビラノアのお話はあまりでなかった。PGD2が見え隠れする。そしてインターネット上の話題はゾレアのアレルギー性鼻炎への適応拡大です。アレルギー性鼻炎への生物製剤は初めてです。気管支喘息じんましんそしてアレルギー性鼻炎。アレルギー性鼻炎といえばスギ花粉症です。舌下免疫療法も大きな期待がかかります。そしてアトピー性皮膚炎にはJTと鳥居薬品のアトピー性皮膚炎に対する外用薬が登場します。ライバルはプロトピック軟膏で第二相臨床試験の結果プロトピック軟膏よりも早く効くようです。最近は未承認とかの情報は全く洩れてこない。コレクチム軟膏はアトピー性皮膚炎で初のJAK阻害薬だそうです。アトピー性皮膚炎は命にかかわる病気ではない。インターネット上はまずは16歳以上、そして2から16歳へも時間をずらして使える様になる。PHASE3はもう終わっている。しかしこんな新薬あるのに鳥居薬品の私共へ訪問いただいたベテランMRさんは消えていいた、そして若い方は他のメーカーに移り残念です。

外向きのベクトルの生薬

系統中医学講座はオリジナルの話が多い。外向きのベクトルという概念も系統中医学独自である。外向きのベクトルというと麻黄桂皮細辛乾姜などいろいろな生薬が該当する。他の書籍には記載がない内容についての記載がみられる。依って著作権COPYRIGHTSがある。体の中に水を巡らせる。この場合良い水役に立たない水がある。蒼朮は発散する作用がある。蒼朮は液を外向きに動かす。袪風利湿止痛白朮や茯苓よりも広く水を動かす。たとえば関節や皮膚など。白朮は脾気を増強する、津液を巡らせる。そして固表止汗。外向きのベクトルの蒼朮に比べ汗を止めるから白朮は蒼朮と全く異なる。人参も外無のベクトルを有する。人参は脾気を高め津液を補って潤す。脾気肺気を増強するという形の外向きです。肝に働く生薬には柴胡香附子がある。日本で用いる柴胡は辛涼解表の働きがある、つまり外向きの働く。肝気を揺り動かして肝気を消耗する。香附子は疏肝を穏やかに行う。小柴胡湯が大柴胡湯に比べて柴胡の生薬量が多いのはなぜ?柴胡は疏肝目的では3~4グラム使う。6グラム7グラムになると辛涼解表になる。

低亜鉛血症

亜鉛不足の薬がノベルジンです。年を取ると嚥下力が落ちる。蒸せる。亜鉛含量は柿ではなく牡蠣に多い。缶詰などで牡蠣を接触することは少ない。牡蠣のかんづめが高い。ノロウイルスが怖くて週末に食べるようになった。いまだにウイルスにやられたことはない。牡蠣フライでは亜鉛は取れないそうだ。そうなると生の牡蠣酢牡蛎です。ノロウイルスが怖くて食べられない。しかし外食産業では牡蠣をべなくてもやられることがある。包丁やまな板です。消毒に次亜塩素酸ソーダ商品名ではハイターを用いる必要がある。牡蛎といえば桂枝加竜骨牡蛎湯を思い出します。漢方薬では牡蠣の貝殻が牡蛎です。カルシウムリッチなカキの貝殻です。あんしん作用は安神で、心の中の神を重たい牡蠣の貝殻で下のほうに引き下ろします、そしたら神が空騒ぎするのが収まります。神が舎に戻り心の中が落ち着きます。行く眠れます、これが安寧とか重鎮安神作用、寧心安神作用といわれるものです。五臓神。五臓のなかの心、胃酸を抑制します。胃酸を抑制するのは安中散の牡蛎です。安中散には延胡索が入っておりおなかの痛み生理痛、こむら返りで芍薬甘草湯が効かない人、甘草でむくむ人、血圧が高い人など甘草が使いにくい人には有効です。桂枝加竜骨牡蛎湯は桂枝湯に竜骨牡蛎を加えてます。桂枝湯は衆方の祖といわれ多くの漢方薬の元です。桂枝(肉桂)で引火起源を竜骨牡蛎で陽気を下へ引き下ろします。つまり顔がほてる更年期障害などに使える。

予防接種のお問合せ

11月には姫路の眼科はどこも暇になる、そこで開業当初からずっとたくさんインフルエンザワクチンの接種を行っています、電話でのお問いあわせも増える、インフルエンザワクチンは2回打たないといけませんか?というのが多い。しかしどこの医療機関でも電話に出るのは医師看護師などの有資格者ではない。そんな立ち入った内容は一度受診なさって医師に聞いてほしいと思う。任意接種なので一回でも二回でもよい、極端な話インフルエンザにかかったらよいと思えばインフルエンザワクチンうたなくてもよいと思う人がいる。インフルエンザ接種してもかかりますよね、何のためにワクチンをうつんですかともいわれる。り患したりインフルエンザワクチンを接種していけばそのうちかかりにくくなることを目指しています、風疹や麻疹のように海外からの持ち込みを防ぐつまりかかららないというパワーは内、インフルエンザは曲者である、毎年ワクチンが変わるくらい変異しています。受付がこんなお話しできるわけがない。医療従事者すべてが有資格者ではない。患者さんや家族にはわからない人のほうが多い。