記事一覧

エキス漢方ZtoA名古屋

東京でのエキス漢方ZtoAに続き名古屋でもエキス漢方ZtoAが行われているが参加者が多くない。ところで今年度最後のエキス漢方ZtoAin名古屋となりました。今日も参加者が多くない。そんな中隠岐の島から参加されている医師とお話しできた。10000人以上ひとがおられる。産業は漁業と林業。私もそんなところで医療ができたらよいなあと思う。飛行機に乗ると大阪まで一往復だが35分で到着するらしい。一方飛行機で島根大学医学部付属病院がある出雲まで30分だそうです。そんなご多忙な中名古屋の小牧空港経由でエキス漢方ZtoAin名古屋に参加されているそうです。夢があるお話です。救急車が隠岐病病院に行くそしてドクターヘリで島の外の病院に搬送される。自治医大や鳥取大学の地域推薦枠の若い医師が活躍しているんだろう。関西の私立医大の入試は関西大学でのあさっての大阪医科大学で終わる。あとは後期試験の身となる。今日は産業医科大学の一次試験だった。入学定員が今大変多くなっている。将来医師過剰時代が来るかもわからない。しかし働き方改革に対応するには医師を増やす以外ない。地域推薦枠が非常に多くなっている印象を受ける。兵庫医大の地域推薦枠では4000万円以上のお金が貸与され9年勤めたら免除されるそうだ。

石井正光教授の三回シリーズの講演会

石井正光皮膚科大阪市大皮膚科名誉教授の3回にわたる講演が終わった。3回目は本当は10月に行われる予定医でしたが台風で延期になった。普通の講演会ではなくまずは食事を変えようというお話、そして大学の医学の部教授だから電子顕微鏡の写真がいっぱい。尋常性乾癬なら焼き肉やステーキを食べることを控えるだけで改善することがいっぱいあるみたい。四つ足はあかん、焼肉脂の食事制限が良いみたい。石井正光先生は大阪市立大学時代から乾癬で生物製剤やネオーラルもつかなくてよくなる経験を多くお持ちで乾癬学会で発表されたことあるそうです。じんましんのガイドラインんの委員長のところから紹介状付きの患者さんがお越しなり処方薬を見るとワーファリンが入っているワファーリンは血流改善薬です。ワーファリンを漢方薬に変えたら今はルパフィンだけになったらしい。素晴らしいお話をいっぱい聞くことができました。脂は何が良い、サラダ油はやめる、オリーブ脂には二ぜ物があるから注意。コンビニでもできる健康法がスムジー。果物が少ないつまり野菜が多い住むジーが良い。糖質制限で突然死することもある。みんなサル食6000万年前サルが食べた緑昆虫に戻ろう。人間は500万円人間になった。今人間ライオン食を食べている。最後はエクソソームについて最新のお話をなさった。20時になっても変える医師薬剤師はいない。大杉漢方の講演会は漢方全体の普及を目指す講演会が増えている。今日はエキス漢方ZtoAin名古屋です。

あれやこれやと手を出すな

こどもから大学受験するから赤本買って、問題集買って、いわゆる買って買って攻撃を受ける。患者さんにもおられるようだ。いろんなアプローチをしている、つまり漢方薬だけでなくサプリメントなど色々な治療をしている人。それが分かった時点で漢方薬を一剤にするとか減らす。いろいろなことをするとプラスマイナスして効果が上がらない可能性がある。例えばにきびこと尋常性ざそうの治療についてしばしば相談を受ける。顔だから早くという焦りのような気持ちはよくわかる。しかし本当に効いているものを見失う。そして漢方薬の飲み残しが増える。受験勉強においては同じ教材をぼろぼろになるまで使い込む。今日は九州と東京で産業医大前期試験、国立大後期試験と産業医大は同一日に行われるためどちらかしか受験できない。国立大学後期試験産業医大後期試験まであとひと月です。赤本結構高い。模試の復習とか新しい教材に手を出してはいけない。インフルエンザ感染症が少ないがいる、10年間で2番目に少ない。今年はワクチンの当たり年かもしれない,ワクチン接種している人は罹患していないとまで行かないがワクチン接種してない人が高熱が出る。

土山魚住大久保駅に臨時停車します

産後のうつ病を勉強するため診療が終わってすぐクリニックを出た。ところが加古川駅で先行普通列車に運転トラブルがあり新快速が土山魚住大久保駅に臨時停車した。西明石からは平常に戻った。毎週土曜日に診療が終わるのが楽しみです。来週は診療終わったらのぞみに駆け込み眼科医会主催生涯教育東京講座に参加します。再来週は14時から医院経営研究会の司会。早く来てねといわれている。その次は県医師会館でコンタクトレンズの販売管理者講習です。16字には新快速は平常に戻っていた。産後鬱についてお話を聞いた。ゴダイの薬剤師さんも姫路からお越しだった。認定シール付きだからかお勉強がお好きなのか。アメリカでは昨年産後うつ病の注射が登場したらしい。ブレクサノロンという薬です。一回の注射で持続し効果発言も早い。ブレクサノロンは脳で作られることも卵巣でプロゲステロンから作られることもあるそうだ。ボンデイングとは愛着んことだそうです。出生前診断してトリソミーと分かり絶望し抑うつ不安そして思い通りには人生ならないと絶望する。できちゃった結婚が多い時代、この子ができなければ結婚しなかった。本来私はバリバリ仕事ができた。子供がおなかから出ると喪失感。そもそもイライラしてない母親はいない。そして自分はたたかれたなどつらいことを思い出す。夫には父親なんだかこうふるまってほしい。旦那は私が言わないとわからない。インターネットの情報なんてもらっても仕方ない。私が在学したころの兵庫医大の精神科には女性医師などいなかった、もともと昔から女性が多い大学だった。素晴らしい講演会で舌。

曺桂植先生にまた会った

曺桂植先生に大杉製薬講演会で出会った。兵庫県で曺桂植先生の講演会が行えそうです。大阪市立大学皮膚科名誉教授石井正光先生の講演を阪急グランドビル26階で聞いた。2時間かと思ったら2時間30分の大サービスだった。石井先生のお話は楽しい。講演終了後そしてコンサートを終えた歌手のように何度も深々と頭を下げておられたすごい。大学の臨床系の教授としては異例のお話です。また聞きたい講演会でした。石井先生も山本巌流なので古典に書いてあることばかりでなく新しく切り開く姿勢が素晴らしい。最近、大杉製薬の講演会には方剤のお話がない。好感度が高い。本社のスライチェックが全く不要な内容です。一方DAMPsPAMPsなど自然免疫のお話も登場する。明日は名古屋でコタロー漢方製薬のエキス漢方ZtoAin名古屋、来週は東京のエキス漢方ZとA、再来週は関西系統中医学講座です。コタローさんと大杉さんで第三医学の講演会を交互に行っておられる。どちらのメーカーの講演会も素晴らしい。皮膚の病気特に尋常性乾癬はステロイドやネオーラル生物製剤に行くのではなく肉を油を取らない食事指導が大切。サルの時代に戻り緑の野菜昆虫の代わりに魚を食べることが大切です。ライオンになってはいけない

上本町の高津ガーデン

上本町の高津ガーデンに初めて伺いました。シェラトンや近鉄百貨店とか近鉄の町でした。田舎者なので上本町って谷町9丁目から行くのか難波から近鉄で行くのか迷った。東京の飯田橋のエキス漢方ZtoAの帰りののぞみの中でふと後ろを曺圭殖先生だった。そして曺桂殖先生はのぞみの中で自分の講演の用意をされていた。御親切に自ら作られた方剤解説を見せてくださった。仙頭正四郎先生の層構造とは違った図を示されていた。以前中医臨床に掲載されていた。エキス漢方ZtoAでも曺先生はいろいろな方と会話されている。曺桂殖先生は兵庫医科大学の救急部の助手、私は兵庫医大の学生でした。その後私は漢方をはじめて桜ノ宮で行われていた仙頭塾で再会した。関西系統中医学講座でもお見かけした。聞けば2001年の東京での系統中医学講座に開始から東京に通われているそうです。2月1日広島でアレルギーの講演会に誘われたが曺桂殖先生の講演に参加するお約束をしており上本町の高津ガーデンに初めて行きました。この日は游漢方も行なわれたそうです、大阪では曺桂殖先生は游漢方でもお話をされているとのことで大変有名だそうです。大阪でのツムラの講演会に久しぶりに参加しました。

病気が少ない

寒い冬なら一月はドライアイが問題になります。今年は暖かいからドライアイもつらくない様です。敏感型スギ花粉症やカバノキ科の花粉症の方がかなりおられる.暖かいかどうかは関係なくゾレアの適応になるような重症最重症スギ花粉症は関係なく敏感な方がおられる。インフルエンザ感染症もキットをする機会が今年は少ない。インフルエンザばかりではなく風邪に麻黄湯の人もお越しにはならない。今年も1000人以上の方にインフルエンザワクチンをすることができた。何度も品切れになりながら追加で納入下さった。そろそろ終わりの様だ。今年は学級閉鎖も少ない様だ。ワクチン接種して30パーセントの予防効果を認める。接種してかかった方はつぎのシーズンに楽しみを残している。過去にインフルエンザワクチンを2回打ったらリスクは下がる。しかしインフルエンザワクチンは重症化予防ワクチンで感染予防には力不足です。小学校6年生の方は2昆と日本脳炎ワクチンの接種にかなりお越しです。接種漏れが多いのは2混でス。13歳の誕生日を迎えると有料です。しかしこのワクチンに百日咳が入らないのは困ったものだそうです。

ゾレアのガイドライン

ゾレアのGLをダウンロードしてみました。オマリズマブ遺伝子組み換え製剤の最適使用ガイドライン(季節性アレルギー性鼻炎)を読んで目についたのは本剤はすでに発現しているアレルギー症状を速やかに軽減するものではないとの記載がある。ゾレアを使うなら2月かなあとも思う。私のクリニックの平均点数だけが上がるので昨年もお越しの方で舌下免疫療法が効かない人が好い適応と思う、診療報酬明細書に舌下免疫療法に関する記載もある。鼻噴霧用ステロイドに加えH1BLOCKERLTRA,TXA2,PGD2を使用したとの記載があるが鼻噴霧用ステロイドはイランという患者さんおられる。お薬手帳でチェックするようにと記載がある。ゾレアには使用する医師要件と患者要件がある。スギ花粉症が原因の季節性アレルギー性鼻炎生物製剤が世界中で初めて使える。めでたいことばかりではない国民皆保険はすでに崩壊していると思うという医師のアンケート結果がある。美容目的のヒルドイドを保険で処方している場合ではないかもしれない。イギリスに比べアメリカでさえ薬価が高いにゾレアが花粉症でその時良かったらよいとむやみに使われたら協会けんぽ加入の健保組合が増えることになる。スギ花粉症では生物製剤ゾレアは一時的治療、根本治療は舌下免疫療法ということになっている。費用対効果がまず舌下免疫療法を行う。リーズナブルな価格あるいはお得な舌下免疫療法を行いどのように説明したかを診療報酬明細書に記載することが義務付けられている。今日もゾレアのWEBはある、この2週間毎日昼も夜も自分のパソコンを使ってWEBでアレルギーについて学んでいる。一年中こんな状態なら毎日ハッピーです。

ゾレアとわたし

生物製剤は今まで生物製剤のも難しい病態には使えた。重症気管支喘息、重症じんましんのみ保険適応を有したゾレアがスギ花粉症に使える、重症とはくしゃみの回数など鼻アレルギーガイドライン2016で規定されている。ゾレアが重症又は最重症の季節性アレルギー性鼻炎の保険適応を取得したが実はスギ花粉症にしか使えない。ヒノキには保険適応がない。また症状が発現してから行う治療ではない。そして2回から3回お越しいただいて行う治療ではない。自由診療なら可能かもしれない。ゾレアは体重と血液検査で使用量が異なる。つまり体重が多い人血液中のIgEが高値は月に一回か2回か、薬の使用量が多く自己負担金も高くなる。ゾレアを注射するには多くの条件をクリアしないといけない。ゾレアについて勉強したのはゾレアがじんましんに保険適応を取得したときに欧州のじんましんの権威そして日本のじんましんの権威が集まるじんましんの講演会に自腹で幕張のアパホテル&resortで合宿したのがきっかけです。神戸大学皮膚科の先生方も多く参加されていました。土曜日診療が終わってからなので一番いいところの講演は聞けていません。そして最後にGALLENの試験がありわからなかったが皮膚科医に交じって合格証をいただきました。それ以来ゾレアを勉強しています。本当はあまり使いたくない、経済査定を受ける可能性があるからです。昨年は7年ぶりのスギ花粉の大飛散だった。鼻噴霧用ステロイドに抗ヒスタミン薬そして漢方薬を総動員した。今年は近畿は特に花粉飛散が少ない予想、花芽がついていない。

新規非鎮静抗ヒスタミン薬のほうがお得

東北大学の薬理学の谷内和彦先生のご講演はなかなか聞くことができない。PETを用いたりビラスチンがオロパタジン点眼液よりも眠くならないことを証明したりすごい。島根医科大学皮膚科の千貫裕子先生のご講演も素晴らしい、αGALやポークキャットシンドローム、昨年も姫路にお越しになったが今年も内科医会講演会でお越しになるようです。先週サノフィ今週大鵬薬品と毎日WEB講演がある。昼休みが充実している。さらに先週は広島大学の耳鼻咽喉科の先生の講演を2回拝聴しました。スギ花粉の時代からヒノキ花粉時代に変わっている。広島県は兵庫県と近い、今週末広島県に行く。院内で用いる抗体製剤の講演会にお誘いいただきましたが大阪へ兵庫医大救急部におられた先生に講演聞きにまいりますと約束していたので土曜日も漢方のお話を聞きに聞く予定です。先週から花粉症三昧の日々を送っています。スギ花粉の飛散は3割程度になるといわれています近畿で飛散が多いのは奈良県の天理だそうです。それでも今年は大したことがない、しかしもうスギ花粉は飛ばないといわれたが昨年3月10日までは飛散した。雨の後急に暖かくなると姫路では夢前町から花粉がやってくる。ゾレアを重症又は最重症で注射するなら今しかない。その前に検査そしてそして前年の治療内容、そして内服点鼻などフルに使っても効かないことが必要です