記事一覧

ESD

ESDはENDOSCOPIC SUBMUCOSAL  DISECITIONの略です。GI EXPERT
WEB SEMINARを会場で見てESDってすごいという気持ちがわきましたが一方開腹手術のほうが楽ではないかという気もしました。ESDは非挿管下で局所麻酔つまり静脈麻酔でペンタジンやサイレースそしてα2AGONISTなどを使うそうです。困難症例は血管が多い、繊維化、壁が薄い、死亡が多い方のようです。大きなスクリーンに映るとやはり感動がある。壁が薄い償還にできた癌を血管に障害を与えないように根こそぎマーキングした範囲で除去することは凄いと思った。また今も翻転しないとみにくいところはもう点であり境界は色素をかけないとわかりにくいという現実は変わらないようです。VARIXを避けながら食道の腫瘍を除去する、あとからVARIXも除去して医学は進歩している。大腸は昔から壁が薄いと評判でした、十二指腸もVATER乳頭があり難しいそうです。EBDを後から何回も施行したり、ケナコルトの局所投与そしてプレドニンの内服いろいろしても管腔臓器は狭窄するようです。素晴らしい進歩ですがまだまだ課題も多いそうです。

患者さんに寄り添う医療

患者さんに寄り添う医療とは患者さんに医療費が高いと思われない医療だそうです。との記載があった。ちょっと違うような気がする。姫路市で中学生以下所得制限有の医療費無料化が実現した。そしてこの秋、太子町でも医療費が無料になりました。播州地域はみな所得制限の有無は別にして無料となりました。今後25年で4000万人の人口減が起こるとされており人口減に歯止めをかけたいのは誰でも同じです。しかし医療費無料化は人口の移動を起こすだけだと思うのは私だけでしょうか。医療費無料化よりも妊婦健診無料化のほうが人口増加には役立つように思います。打たれ弱い人間にはなりたくない。みんな、心がタフなひとになりたい。弱音をすぐはくことはいけないことでしょうか。弱音を吐かず頑張りすぎるとうつ病になるかもしれない。精神力をつけるとは自分でできないと思ったことは捨てることだそうです。弱音を吐ける人こそタフだそうです。さいたま市では医療費無料化で子ども医療費が5倍になったとか聞きました。そして元に戻そうとしたが反対運動で無料化が継続しているそうです。いっそ医療費無料化をすべて白紙に戻し生活保護も含め無料を憲法で禁止してはどうだろうか。

認知症

認知症の薬メマリーが訪問診療していると眠くなるのに朝の薬にはいっている。おそらく昔は大声をあげておられたんだろうなと思いご家族様や施設の方に尋ねると皆さん異口同音でそうなんですと言われる。リバウンドがあるわけではないしすぐ辞めたいと思いますが今までなんだろうとなるからやめられない。精神病薬のセロクエルやリスパダールも同じです。むしろ嚥下には悪いから早く辞めたい薬です。薬をたくさん投与すると儲かると思っている人がいる。7剤以上は減算です。睡眠薬3剤の減算。認知症の代表アルツハイマー病にカマンベールチーズが良い、ワインも3から4杯ならよいとマスコミではいってます。認知症のお薬を予防投与で来たらさらには予防効果がれば私も服用したい。しかし飲めば飲むほど効果が減弱するとされる。私の夢は年金生活になったらどこか過疎地へ行きたい。僻地は無理です。そのためになんでお前がこんなところにおるんやと講演会でパワハラを受けても馬耳東風で勉強している。はっきり言ってうちの子供の5倍勉強しています。高校へ行くと今はどこも留年がある。私の時代は良かった。表では医師会の決まりや急病センターの出務という義務があるから漢方眼科ですが実質は漢方内科、漢方小児科・漢方婦人科・漢方心療内科です。ということは西洋医学でもその領域を勉強しています。

トラムセット

トラムセットの3つの働きはSNRI、アセトアミノフェン、オピオイドとしての働きを指すそうです。トラムセットは麻薬ではありません。NSAIDsはモルヒネとは違います。痛みの治療として鎮痛補助薬は抗うつ薬や筋弛緩薬のことを指します。慢性疼痛ガイドラインではアセトアミノフェンを使いなさいという話です、アセトアミノフェンは一回1000mg、一日4000mg、NSAIDsが使われている。トラムセットはオピオイドを減らしてアセトアミノフェンを増やしています。ところが私がはじめて処方した患者さんが嘔吐したため怖がっている。リリカは必ず25mgを一錠処方する。慢性疼痛ガイドラインではアセトアミノフェンを推奨しているがロキソニンなどのNSAIDsが使われています。配合剤のメリットは相乗効果、有害事象が少ないことだそうです。コデインは10パーセントなら麻薬、コデインは1パーセントなら咳止めや下痢止めに使える。リリカはCaの流入に働く。以前のような三環系抗うつ薬とNSAIDsの併用はされなくなっている。ガイドラインと異なり慢性疼痛の治療は難しい。

睡眠薬は麻酔薬ではありません

日本人が発見したオレシキン。覚醒物質のオレキシンの受容体拮抗薬ベルソムラの講演会で「睡眠薬は麻酔薬ではありません」という言葉を聞いてハッとしました。私はしたことがないですが夕食後にェチゾラム、眠前睡眠薬を処方された時代があったそうです。麻酔はしょっちゅうかけるわけではありませんが睡眠薬は毎日です。日本老年医学会の65歳以上はBZを処方するべきでないというメッセージはもっと広められるべきです。Z系も同じ事だと思います。日本はベンゾが安価で簡単に手に入る。生活保護を私のところは取り扱わないがその最大の理由はベンゾ・非ベンゾの睡眠薬を巡るトラブル防止です。ベンゾも非ベンゾもGABAに働きます。ラメルテオンは3週間しないと聞かないアメリカではサプリメントという薬です。アメリカではデジレル/レスリンが睡眠薬のトップだそうです。4位がレメロンです。GABAに働くのは睡眠薬だけではありませんアルコールもGABAに働きます。レセプターは同じなんです。安易な非ベンゾ・ベンゾの処方が人々を不幸にします。引き込む眠りそして依存・耐性・呼吸抑制の3悪を有するベンゾ・非ベンゾです。漢方薬をベルソムラや費用対効果が悪いロゼレムと組み合わせて減らさないといけないと思います。

認知症

正常と認知症の間、認知症予備軍が軽度認知障害MCIです。MCIの半分が認知症に至ります。MCIは当然本人は気づいていません。物忘れには危険なものと大丈夫なものがあるそうです。記憶には覚える、ためる、取り出すの3段階があるそうです。危険な物忘れというのがあるそうです。危険なのは覚える段階の問題、同じ本を買う、約束を忘れる、何をするか忘れることだそうです。認知症の方が行うこととして振り向き動作と取り繕い現象をご存知ですか。家族に助けを求めるのが振り向き。なんとかその場を乗り切ろうとごまかすのが取り繕い現象です。認知症は増えている。400万人以上おられる。毎日の診療を行う中で診療科を問わず認知症を学ばないといけない時代です。忘れてよいのよ私が覚えておくからねと認知症の方には接する必要がある。前頭葉側頭葉型認知症は性格変化と社交性の欠如つまり突然立ち去る、同じ行為を繰り返す。レビー小体型は幻視とパーキンソン症候群つまり小刻み歩行、脳血管性認知症は記憶言語障害と歩行障害、アルツハイマー病は記憶障害から始まり、つまり、最近のことを忘れる、段取りがたてられない。認知症の半分がアルツハイマー病です。不登校も多いが認知症も多い。多すぎる。風邪に苦しみましtがかなり改善しています。高齢者は認知機能に影響する抗コリン薬が使えません。。。。。。。。風邪には漢方薬がよいです。

睡眠薬やめたい

睡眠薬をやめるには治療の入り口に立ち返る必要がある。睡眠薬はやめようと思って簡単にやめることができるものではない。やめるには依存症と耐性を乗り越えなくてはならない。睡眠薬やめたいと女性の患者さんが二人の女性に連れられてきた。そしてマイしりー依存であると判明した。6カ月服用すれば錠用量依存は起こる。いきなりやめると離脱症候群が起きるのでマイスリーはそのままで漢方薬とベルソムラを処方したがそしたら薬が1つから4つに増えますねと付き添いの方が嫌だとのオーラを出しておられた。ベンゾジジアゼピン系でも非ベンゾジアゼピン系でも離脱症候群というものがあるのがわからないらしい。幻覚/幻聴/吐き気/筋肉痛/けいれん発作/無力感/抑うつ/めまいといろいろある。副作用か病気かわからないときは中止することではっきりする。慢性不眠と短期不眠では異なる。マイスリー6錠飲んで覚えていないこともあるらしい、私のところに来る病態ではないとはっきり言おうかと思った。ONとOFFがはっきりする薬をやめるのは大変な努力が必要です。

ベルソムラ

ベルソムラを朝服用するとどうなるかと講師の先生がお話しされていました。エネルギー消費と酸素消費が下がり、体重はそのままだそうです。睡眠に関してはどうなるのでしょうか。ベンゾジアゼピンでも非ベンゾジアゼピンもGABAに働き耐糖能が低下します。ベルソムラがもうすぐ長期可になります。長期に服用が必要な方にはベンゾジアゼピンではなくベルソムラが今のところ良いと思います。これが欲しいから来てるんやという患者さん、ベルソムラ、これって漢方薬ですか?今、日本東洋医学会の漢方専門医の更新の時期を迎え日本東洋医学会に提出予定の患者さん10人の報告書を作成している。ベルソムラが聞く人効かない人の区別がつかない。自然な睡眠を誘導する。しかし、昼まで眠かった人もいる。糖尿病では約半数の方が睡眠障害だそうです。日本では不眠症はどこに行くか?飲酒だそうです。しかし飲酒では深い睡眠が得ることができません。うつ病・肥満・糖尿病は密接な関係があります。睡眠時間が短くても長くてもうつ病になります。徹夜をすると脂肪の摂取が増えるそうです。SHIFTWORKER委は二型糖尿病が多い、だから私も当直はいやだ、つまり、過食になり血液中のCORTISOL,GH,CATECHOLAMINEが増える。

女性に多い病気

女性に多い病気にはどのような病気があるでしょう。虚血性心疾患は全年齢で男に多い。女性は70歳代の後半で増えるそうです。BASEDOW病のようなHYPERTHYROIDISMは男と女では1対4です。逆に甲状腺機能低下症つまり、HYPOTHYROIDISMは男性と女性では1対20から30です。以下に甲状腺疾患が女性に多いことでしょう。甲状腺機能異常は女性の10人に1人遠く存在します。更年期女性の15パーセントに甲状腺機能異常が合併します。甲状腺機能低下症は更年期女性の10パーセントに見られます。多いですねえ。女性ホルモンは一生を通じて劇的に変化します。月経の周期によります。個体差が大きく年齢とともに緩やかに変化します。閉経後に増える病気は高血圧、骨粗しょう症、認知症、精神神経障害、脂質代謝、脳こうそくなどがありESTROGENの減少と関係します。月経異常は40歳から50歳で起こります。ちょっと遅れて血管運動障害自律神経異常つまり自律神経に関する異常が起こります。うつ病が女性に多いのは睡眠リズムの後退が関与するとされている。女性特有の早く短いサーカデイアンリズムの影響が鬱につながるそうです、女性は早く寝ることが重要だそうです。しかし、個人的には夜早く寝るのに鬱になった方がいる。

病室と駐車場

ハトのフンが落ちるから駐車場の位置を変えてほしいと直接言いに来られた。不動産屋に行っていただけますかというとわかったといわれた。本来駐車場は不動産会社が管理しているから無関係のはずです。他の場所に所有する駐車場では借り手のの顔も見たことがない。なぜなら一括で借りていただいている。どこに止めるか?一応白線はひいている。しかし、中心地の飲食業のお店にに貸しているのでどのように止めてもよいとの契約です。先日見に行ったら自転車までくくってあった。コインパーキングもよいが機械の関係でいろいろ制約がある。病室も同じです、今は一泊二日が増えている。しかし昔の長期入院ではいびきやあの人は嫌この人と一緒になりたい。個室に入らないいびきをかく人は周囲から眠れないと苦渋が多い。駐車場にしても病院の入院にしても退院していただいたらあるいは契約解除すればよい。はとのふんですが確かにおいています。そこにはコーンを置いています。患者さんには迷惑をおかけしないように努めています。関西電力にお願いすれば黄色と黒の線に変えていただけるそうです。

ページ移動