記事一覧

漢方薬は2剤まで

月の初めにお越しになって14日そしてもう一度お越しになって今度は長期にほしいといわれ28日あるいは21日処方したらバサッと保険が査定される、薬だけではなく眼科の検査も血液検査も社会保険ではバッサリ査定が入る。そんな医療の裏側をご存じない方が子供医療の無料化を勝ち得たようにおっしゃる。最近では姫路市の北側では高校生まで医療費無料のところが出ている。過疎化対策なのか。高校出たら都会へ行ってしまうのに何の意味があるのか。高齢者医療は無料から定額、今は1割から3割の定率になっている。後期高齢者は今は1割だが通則2割になっている、すでに国会を通過している。社会保険は後期高齢者への拠出金が悩みの種です。派遣労働者の組合は解散した。安い医療費で漢方薬、湿布やアレルギー薬を処方できなくなる日は遠くないかもしれない。500円自己負担説もある、保険はずし説もある。漢方薬は今日は出せませんとお帰りいただく時代が来ている。西洋薬なら60日もあるけれど。湿布も28枚以上出すと姫路市内で査定されているようです。調剤薬局は1円も損しない、すべて医療機関から減点される。縦覧突合も厳しくなっている。日本だけ医学部が異常な人気の様です。労働時間だけで評価する時代を迎え2024年以降医師も今までの様には働けなくなる。

漢方薬の副作用NO1

漢方薬の副作用で一番多いのが甘草によるむくみと高血圧です。血圧が170もあるとお電話いただきました、きっと甘草甘い草ですよ。昔患者さんがかんぞうの薬が薬局でどうのこうの言ってましたがと患者さんがおっしゃるのを聞き甘草と言う薬が患者さんには肝臓の薬に聞こえたらしい、それ以来私は甘草あまいくさと口にするようにしている、時にはメモを渡している。調剤薬局でむくんだり血圧が上がったりしたら連絡くださいというのは助かる。患者さんは副作用よりも何がどのように聞くという言ことに関心を持っているまさか漢方薬で副作用が自分に起こるとは思っていません。きかなくても優しい漢方薬、よく効くが怖いステロイド。そんなイメージの方が私のところには多いように思う。カルテの表紙に甘草禁忌と書いてある人は多い、それをカプセルと錠剤でお願いしますというご婦人は多い。なかなか難しい注文です。甘草による副作用以外に漢方薬の副作用で多いのはアレルギー性の肝障害、怖いのは風邪のように熱が出て痰が絡まない咳を伴う間質性肺炎。その他胃があれる人も多い、話は変わりますが鍼灸院の先生が八味地黄丸を飲みなさいと言ったからくださいは自費診療、小児科でもらったのと同じ保湿剤くださいも自費。保険でというんには縛りがある。この薬出せますかあも自費。問診など診察に伴い処方するものです。本人来てないんですけども自費。無診療投薬は保険適応外。

梅雨でしんどい、夏到来いよいよ夏です。

梅雨でしんどいという方が多い、梅雨明け宣言が出た。いよいよ夏到来です、身体は消耗し当然ヘルペスや麦粒腫が増える。昨年の夏も帯状疱疹が多かった、私のところで多いのは眼部帯状疱疹です、なんかわからないときはステロイドを使わないことが重要です、ステロイドは免疫力を落とします。免疫力を高めるために漢方薬を併用しませんかというと半数の人がんで見ようかといわれる。今年は前半全く雨が降らなかった。後半は一部の地域でレベル5が出た。話は変わるが世界とのワクチンギャップは解消されているがここ3年、2歳未満のお子さんが、水稲ワクチンを定期接種で2回接種されるようになり見事に水痘は激減した。一方、水痘の減少と反比例して大人の帯状疱疹が増えた。先日も左の背中にぶつぶつをつぶした跡が見える。やっぱり帯状疱疹でした。免疫力を高めるには睡眠が重要だとお話しています。今の水痘ワクチンは日本発のワクチンです。日本人には実績があります。あの痛みもう二度とごめん、帯状疱疹になりたくないなら5から7年ごとにワクチン接種が推奨されます。身近な人から痛みを聞いてワクチン接種する人が多い。

湿邪

日本の周りは海。つまり湿気が多い。刺身を日本人は好む、これも湿。その湿気が悪さをするのが湿邪なのです。風邪をくっつくことが多いのも特徴です。湿邪にはどのような特徴があるか。重濁、気機を阻害する、粘滞、下部を犯す、寒化・熱化しやすい、長引きやすい、陰邪である。以上哲学的にのべる湿邪です。水にも良い水悪い水がある。悪い水の一部が湿邪。その他に飲邪、痰邪がある。今の時期の日本は梅雨前線の停滞に伴い湿邪がいっぱい。要約夏めいてまいりました。夏の気候特に7月から8月の気候が来年のスギ花粉の飛散に大きな影響を及ぼすとされている。今日もスギ花粉症の舌下免疫療法のお薬シダトレンをお二人に導入した。花粉症は風湿の邪が体に侵入すると考えている。花粉症の体質改善は舌下免疫療法である。5年間で数百人に舌下免疫療法を行ってきたが今も続くのは100人いるかいないと思う。特にダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎は夏にひどくなるが私はこんなもんやと困った様子がない方が多い。今年は蒸し暑い、湿邪が多い、風邪はいろいろな邪と結びつき病気の原因となる、湿は熱や寒と結びつく。風邪は百病の長といわれます。風が吹いて飛ぶのが花粉です。夏の間に来年の春に飛散するスギ花粉に備えるのは素晴らしいことです。最近は舌下免疫療法のお薬の処方箋もあちこち飛んでいく、調剤薬局からの疑義紹介があちこちからくる。夏休みだからスターバックスもサンマルクカフェもよく混んでいる

薬剤乱用頭痛

薬剤乱用頭痛にはロキソニンことロキソプロフェンナトリウムなどのNSAIDsや風邪薬、エナジードリンクのようなカフェインが高濃度含まれた飲み物の乱用が大きく関与しているそうです。私も何か痛み止めといわれたら漢方薬、100歩譲ってアセトアミノフェンを処方している、ひと月に10日を3月続けると薬剤乱用頭痛に至ると漢方薬の講演会でお話が出た。漢方の頭痛の講演会で久しぶりに頭痛の話を聞きました、という趣旨の発言をされる医師がおられました、4月から医薬品業界は急速に変化している。POWERPOINTのスライドの資料が配布禁止だそうです、理由は適応外の内容が含まれる。だから出版物の雑誌にも一部適応外の内容が含まれる可能性があるとのことで資料配布禁止だそうです。古典に帰れということだろうか、これでは漢方医学の進歩はストップするかもしれない。他の医療機関で効かないといて受診する方も減少するだろう。これからは西洋医学の病名により漢方薬を選んで処方する時代が来るのか来ないのか。漢方薬で気津液血を巡らせる治療で痛みを散じる治療をしたいだからロキソニン下さいといわれたら出さない。ついでに持って起きたからロキソニン下さいは自由診療の世界です。適応外使用に対して厳しくなっている再発性単純疱疹の再発予防のファムビル以外は予防投与はできない。ロキソプロフェンナトリウムは優しい薬ではないようだ。頭痛はもちろん片頭痛も漢方薬で高価なトリプタンも皆さん減量ができています。

石膏桔梗湯はどこ行った

コタロー漢方製薬には不思議な名前の漢方薬があると講演会で演者さんがおっしゃる。漢方エキス製剤で桔梗といえば桔梗石膏と桔梗湯がある。桔梗と甘草で桔梗湯、桔梗と石膏で桔梗石膏。桔梗石膏はなぜ生薬の量が少ない桔梗が前に来るのか。量的に多い石膏が後ろなのか。麻黄湯は麻黄が主役だから麻黄湯のなったらしい。桔梗石膏ではなく石膏桔梗湯では何がいけないのか。こんなこと考えるのは賢い人だけです。また葛根湯辛夷川芎の川芎が先か辛夷が先か。コタロー漢方製薬以外は葛根湯川芎辛夷コタロー漢方製薬のみ葛根湯辛夷川芎。コタロー漢方製薬のみ葛根湯辛夷川芎なのは最初に販売したのがコタロー漢方製薬そのあと偉い先生が葛根湯辛夷川芎と名付けたので他社のものはそれにならって葛根湯川芎辛夷のなったそうです。という話を講演会で効きました。エキス製剤の一部の番号が異なるのはなぜか。私にはわからないことがいっぱいある。

気津液血

普通東洋医学では気血津液と呼ぶ、気血水と日本漢方では呼ぶ。系統中医学では気血液津と呼ぶ、詳しくは成書標準東洋医学に記載がある。あえて軽いもの順に並べたのが気津液血、逆に重たいものから読むと血液津気の順になる。この天才的発想。[変えようとするなわかろうとしなさい]と心理学では言うが昔に変えるつまり古典に帰るのではなく時代にあったものに変えていくことが大切だ。日本東洋医学会では日本で独自に発展した日本漢方の根拠は古典にあるから専門医更新のための症例では古典の条文に準拠することを求めている。中医学の準拠するものは素問ということにある。昨今韓医学の韓国との政治レベルでの対話がうまくいかない。同じようなことが東洋医学でも起こっているのではないか。東洋医学には日本漢方、中医学、韓医学そして台湾にも独自発展した医学が存在するそうです。中国が中医学を標準にしようとした、ISOに登録しようとした。それに対抗するには古典に帰れとなるかもしれない。日本の漢方は江戸時代には高いレベルにあった、しかし西洋医学を明治政府が標準にした。そして日本の漢方のレベルが落ちた、見聞きした話ばかりです。今日も朝からムシムシします。

また漢方薬が査定された

月初めに漢方薬を二剤満量処方して月の終わりに全く異なる二剤満量処方すると過剰だと社会保険で査定された。困ったことだ調剤薬局の減点はない、こういう場合場合によっては処方箋料まで査定されたことがある。院外処方箋が国策なのに減点される。査定の全国トップ3は大阪・福岡そして兵庫です。もっとも査定が少ないのは秋田県らしい。ノバルテイスの400万円の白血病の治療薬が薬価収載になれば保湿薬のヒルドイドや湿布などの外用薬そして漢方薬のように医薬品2類で薬局で薬剤師ではなく登録販売管理者が販売できるものは保険対象外となることはある。私のところみたいに漢方薬を飲みたい人が集まるとことには困ったも問題である。病名漏れは絶対ダメ、漢方診療で月2回目の受診されたときバサバサ査定される。審査員の先生に聞いて症状詳記したが駄目だった。いつも2次審査でさてされる。そういえば眼内レンズ挿入眼は本部県下で屈折病名になるという判断であったが2次審査で保険者からの申し立てが増えているから近視遠視乱視などを併記するようにお達しがあった。お金を払う保険者強しということを実感する。せめて調剤に関する費用は薬局から減点してほしい。ただいま静岡を通過山の上はかすんでも屋で見えません。

大阪疣贅治療セミナー

ヨクイニンはハトムギの種皮を除いた種子のこと。味はわずかに甘いが点物にトウモロコシでんぷんと乳糖水和物が入るから甘い。止瀉、鎮痛、鎮痙、利尿作用がある。2000年前の神農本草経に記載がある。江戸時代に有名な貝原益軒がいぼに良いとつかったらしい。そういえば爽健美茶にもハトムギが入っている。HPVはいぼのウイルス、ウイルスというだけで小さいがそのなかでも小さなウイルスだそうです。世界では9価の子宮頸がんワクチンガーダシルが普及しているが日本ではだれも接種しない。浮いたお金はかなり高額。どこに消えるんだろう。日本では子宮頸がんワクチンだ毎年10000人、死亡者3000人。もうすぐFIT039CT膣錠というものが登場するようだ。ヨクイニンで皮膚がつるつるするという話がある。一方子供のいぼにH2ブロッカーがよく効くらしい。あんなに痛い液体窒素は実は足の裏のいぼでは0.9で全く効かないというのがガイドラインでの記載です。0.9とはプラセボのほうがよく効いたことになる。しかい、こんな痛い治療のプラセボって何したんやろと思う。じんましんのガイドラインでも日本では保険適応にない薬が多く登場するが尋常性疣贅も似ている。

感染症に漢方薬を応用する

感染症には抗生物質が良いと思った時代は去った。AMRという言葉は弘また。残念だが眼科ではまだ広まっていない。白内障の手術後にも抗生物質の点眼液をまだ漫然と使う傾向がある。第3回小児漢方懇話会フォーアムでは漢方界のサラブレット三谷和男先生が風邪と思ったらなんでも葛根湯合小柴胡湯加桔梗石膏ではいけないとおっしゃった。新進気鋭の神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授のお話を聞きました。パソコンか立ち上がらずヒヤッとしたスタートでした。さすが講演になれておられるだけあって漢方エキス製剤の番号はどうやって決まったか知っている人手を挙げてとおっしゃったすると勇気がある人が手を挙げて答えた。正解かどうかは別にして岩田先生の最新の著書をみんなが拍手する中贈呈されました。素晴らしいなあと思った。日本東洋医学会ではこの漢方薬がこんなに効いたという症例報告が多い、これは誰でも認めるところだと思う。TAKEHOMEMESSAGESがついたCASEREPORTでなければいけないとおっしゃった。CRITICALな目を持ちなさいともおっしゃた。私は意味はいまだに理解できない。微生物を殺すと人は病気になる。ショックや耐性菌の問題を指すそうです。これは理解ができる。最近を殺さず病気を治すところに漢方薬が存在する、この後講演された奈良県橿原市の前田先生は兵庫医科大学の2学年下だ、確かに見たことあるが・・・みんな年を召されている。グラム染色をして細菌が顕微鏡で見えたら抗生剤見えなければ漢方薬とはすばらしい。今日は昼休みに産業医の仕事もあった。疲れた。

ページ移動