記事一覧

オリンピックを契機に受動喫煙を考える

オリンピック開催に向けて完全屋内禁煙が叫ばれている、パチンコ屋さんでタバコが吸えなくなるとたばこは自分が吸わなければよいという問題ではない、受動喫煙というものが大変悪いことをする。来年の東京オリンピックに向けたばこには大きな逆風が吹いている。日本はたばこ規制枠組み条約の締結国です。兵庫県の条例で病院の敷地を含めた禁煙が7月から実施されている。来年4月からはパチンコやさんでも吸えなくなる。パチンコ屋さんホールでタバコが吸えないと一気に喫煙者が減るのではないかと期待する。マイルドといった名称がヨーロッパからの逆風で使えなくなっている。まいるといってもやさs区内。全車禁煙になりNOZOMINOパーサーからたばこのにおいがすることがなくなった、しかしJR東海ではいろいろ事件があったからガードマンが配置されているがこのガードマンからたばこのにおいがした。全くタバコを吸わない私には匂う。タクシーでもたばこのにおいがすることがある、これらは受動喫煙です。COPDになりやすいから呼吸器学会心血管エベントになりやすいから動脈硬化学会といった風にたばこへ逆風を送る学会が増えている。肺癌以外にもいっぱいたばこでそして受動喫煙でリスクが高まる病気はある。受動喫煙は風疹対策とともオリンピックに向けて少し世界に遅れて動き始めている。

サムスカの講演会

入院しないと使えない水利尿の薬サムスカですが高価だが電解質は触らず水だけを外へ引っ張る。大塚製薬は輸液の会社、ぴったりの薬です。サムスカはのう胞腎と心不全に保険適応がある。高ナトリウム血症が怖いから入院して使わないといけない、私のところにお越しの方はせっかく入院して導入したのに外来では検査結果がよいからやめにしようといわれたらしい。姫路市医師会館でサムスカの講演会が内科医会主催で行われるというので行ってみた。医師会の講演会は診療科が異なっても参加してよい。大学の先生だからお話が上手ですが少し早かった。講師はかなりご高名な大学講師、申し訳ないけど写真撮影やめてくださいといわれた男性医師がいた、姫路で私が見る初めてのシーンでした。結構撮影と録音はおやめくださいという言っても撮影する人はいる。演者の集中力が低下する。怒って帰るかもしれない。著作権や肖像権を犯すことになる。講演会を聞いて復習が非常に大切です。ノートをしっかりとることが非常に重要です。写真撮っても服しない人が多いと思う、そればかりか周りの人に迷惑をかける。講義も講演も復習しないと自分の知識にならない。

もう年です

もう年やから。今年一年勉強以外何もしないといってみたいがいろいろ雑用がある。研修医のころあるいはもう少し研鑽を積んだころ年やからといわないでと患者さんに言われていた。そんな自分もええ年になりまししたどこかのお寺のあとはいかがですか。若い時でも逃げ出したのに今更正座もできません。歳がいけばいくほど成長しているのは漢方薬の的中率だと思う。開業して成長したのは漢方薬の的中率でけだと思う。昨日WEBで東京大学の松平浩先生の腰痛のお話を聞こんなSCIENTIFICなDOCTORも冶打撲一方を使うとお話になってました。誰でも漢方薬を処方する時代が来ています。漢方薬の飲み合わせが問題になり、本来一剤であるべき漢方薬を2剤を超えてる買うと査定される。結構漢方薬を処方して損害を被っている。一剤で条文に記載されている使い方をしないといけない時代が来るかもしれない。松浦薬業の漢方エキス製剤が薬価削除になる。見れば普段からMRさんが大変といわれていた逆ザヤ生薬の柴胡やニンジンそしてオウゴンが入っているものが多い、鳥居薬品のシダトレンも原料そしてデバイスがメーカーには重い負担だろう。寺院の運営もイバラの道のようです、仏教離れでお寺もほうじがへりいバラの道を歩んでいるようだ。製薬も医院運営もじいんの運営も茨の道です。漢方診療を頑張ろう。

急速な変化についていけない

認知症がこんなに増えるなんて誰が予測したであろう。庭付きの家が私の周りではなくなってカーポートに車3台が建売住宅でも標準になっている。姫路駅前の土地が値上がりしている。空洞化していたのが小中6年一貫教育で若い人が住むようになった。介護療養病床が2024年までに廃院か介護医療院に進まないといけない。療養病床の中には医療療養病床と介護療養病棟がある。介護医療院に向けて急速に病院が変わっている。今まで高かったハードルを国が下げ誘導を強めている。万葉集が急速に売れている、元号が変わる誰が生前退位を予期したか。そして10連休、10日休んで仕事をしないとなると5月の生活が苦しくなる、あるいは時間ではなく月給制のところでは経営者が困る。資金繰りが苦しい。マイナス金利だれが予想しただろう、おかげでお金をATMで預けるにも料金がいる、本来融資の対象にならない方が融資を受けることができる。ちょっとでも金利が上がったら返せなくなる。自分自身何処で死ぬことができるのか、さっぱりわからない、昭和20年に戻り家で死ぬじだいは来るのか。。お墓が減っているらしい、おふせもへっているらしい。鼻たれ小僧が減りスギ花粉症が爆発。過度にきれい好きの時代です。江戸時代は毎にお風呂には入れなかった。LEDで世の中明るくなりすぎです。70歳超えたら恐ろしいほど認知症が増える

その睡眠薬本当に大丈夫ですか

非ベンゾジアゼピンのマイスリー、アモバン、ルネスタも3月いっぱいで規制が強化される。私は日医カリキュラムコード20と69の講演を何回も受講しているがどこで開催されても毎年日医生涯教育講座20と69を毎年受講しないといけないから大変です。特に勤務医の医師にとっては自分の患者さんのために関心がない不眠や不安の勉強をしなければベンゾジアゼピンや非ベンゾジアゼピンの薬が処方できないというのは大変な時代が来たものです。今年度つまり3月最後の20と69の講演会に参加させてもらった。新幹線代の往復を考えると無駄なお金を使ったともいえる。非ベンゾジアゼピンは良い薬の医師も多いと思う。精神科リエゾンチームの考え方するとせん妄医療安全の考えから見ると転倒が危険ということです。昔の磯見タールのようなバルビツール酸誘導体のように自殺はできないがマイスリーアモバンのような非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤を服用すると認知症になるというのに多くの患者さんが服用している現状に国が大きく舵を切るのが診療報酬改定です、ベルソムラやロゼレムだけでみんなが睡眠できたらよい世の中が来る。

糖尿病よろず相談セミナー

アルモニーアッシュで行われた糖尿病よろず相談セミナーは楽しい一時間でした。低血糖がいかに怖いかいかに悪いかという講演を聞いた後各テーブルごとに症例提示こんなときどうするについて答えが何番かというカードを自分の前に提示して司会者から意見を求められるというものでした。高齢者でSU剤やインスリンを投与して知る方にはくれぐれも注意をするということを肝に銘じる講演を聞いた後だけに認知症かもしれない高齢者でHbA1cが6.1と良好でも食後血糖が上昇している場合には低血糖を常に意識することが大切であることをグループデイスカッションで教えていただきました。症例2ではインスリンを20単位近く接種している方を司会をされている基幹病院の医師がいかに良好な血糖コントロールに持ち込んだかというお話でした。インスリンを増す半分にして代わりにSGLT2阻害薬を投与して最後はインスリンを配薬にできという話でした。糖尿病患者さんが良く食べるのは低血糖を起こしており食べると調子よくなるからということを考慮することを教えていただきました。HbA1cが高いという理由だけでむやみに薬を増やしてはいけないという話でした。HbA1cはあくまで平均値ということです。今週はインフルエンザワクチンの接種で疲れた。明日も診察終わったら講演会巡りで神戸へ行ってきます。

FH

うまれつきLDLが高いのがFHです。FHは家族性高コレステロール血症です。以前神戸まで聞きに行ったFHのお話が同一演者で姫路であるというので聞きに行きました、生活習慣病でなくコレステロールが高いのがFHです。脳卒中ではなく冠動脈疾患がふえるのが寿命を短くする原因だそうです。2親等以内に遺伝子を持った人がいるのが特徴です。LDLを100mg/dlまで下げる、2時予防では70mg/dlまで下げる必要があるそうです。基本はスタチンの内服さらには最大まで増量するそうです。それでも達成できなければPCSK9阻害薬の出番だそうです。FHと診断がつけば一生喫煙をしてはいけません。毎日姫路駅前をうろうろしています。祭が終わり姫路も講演会の秋です。11月は糖尿病の講演会も増えそうです。

喫煙率

タバコをやめても肺の中は真っ黒。肺がんのRISKは10年辞めたら元通りというがそんなに甘くない、動脈硬化や肺気腫が待っている。胸が痛いから精密検査を受けたいというので循環器病センターに行ったらなんとヘビースモカーで肺気腫がひどいとの何の。男性喫煙率が初めて30パーセント割ったといっても動脈硬化に肺気腫がその間に進む。チャンピックスで治療したいが眠くなるので無理という人が多い。若者はたばこ離れをしている20歳代はえらい。健康日本21では2022年には喫煙率12パーセントを目指している。もっとも喫煙率が高いのは30歳代男の39.7パーセント40歳代女性は12.3パーセントかつて1986年には喫煙率は男性59.7パーセント女性は8.6パーセントだったそうです。タバコをやめても肺が黒くなっているのは変わらない。労働衛生コンサルタントとして嘱託産業医の業務をするうえでタバコの話は避けられない。嘱託産業医の事業所には電子タバコを売るような業者が頻繁に来るそうです。電子タバコは決して安全でない。私のようにタバコと縁がないものは騙されそうです。

N型カルシウムチャンネル講演会

ポートピアホテルで行われたN型カルシウムチャンネル講演会に参加してまいりました。NはNERVEのNだそうです。交感神経をブロックすることを意味します。高血圧治療における交感神経抑制と臓器保護の重要性に対をテーマにお話を拝聴しました。19時に神戸にいることは18時まで診療する者にとって不可能なので19時30分から始まるとありがたい。三ノ宮駅からポートピアホテルへの行きはタクシーがトンネルを通らず神戸大橋を渡るのでなぜかと思ったら水没していて地下トンネルは通行止めでした。帰りの新快速は加古川の手前で先行列車が遅延のため遅れていると聞きまたかと思ったが無事帰ってきました。兵庫県知事選に出馬された勝谷友宏先生の講演には遅れて参加したためほとんどお話聞けませんでした。アテデイオ配合錠はTRIPLE BLOCKERつまりL型とN型CaチャンネルブロックとAT受容体1ブロックの3つの働きだそうです。レニンアンギオテンシンアルドステロン阻害薬投与後のアルデステロンブレイクスルーは血漿中のアルドステロン濃度が初期には低下するが長期では一転上昇することです。これがアルブミン排泄低下に関係するそうです。ひと副腎皮質にはN型Caチャンネルが存在することが確認されているそうです。アテデイオはジェネリックが出ているから普通は講演会がないが貴重な勉強をしました。

PCABの講演会

相模原臨床アレルギーセミナーの前日にホテル日航姫路で19時からPCABの講演会に参加して大阪医科大学の樋口先生のお話ためになりそうでしたが途中で20時33分の最終の新幹線で横浜へ前泊して朝から第12回相模原アレルギーセミナーで3日の間横浜で過ごしました。土曜日しか来れない患者さんには来週土曜日が山の日の祝日で大変ご迷惑をおかけしました。患者さんには本当に申し訳ございません。3週間前は土曜日にアレルギーの講演のはしご、日曜日は3回忌の法事、2週間前は土曜日漢方で日曜日は関西系統中医学この間は土曜日西播臨床漢方、日曜日は三宮でAKBと蔭山充先生の講演会のはしご疲れています。朝から晩まで今週はアレルギー三昧、アレルギーとは大人も子供も両方です。PCABはPPIよりも強力ということでPCABです。逆流性食道炎では一か月しかつかえません。ホテルに着いたら0時前結局ビールが夕食でした。そういえば昨年は8月の初めはロトリガでオークラ神戸へ行ったような気がします。西は福岡東は東京JRに貢献しております。

ページ移動