記事一覧

インフルエンザseminarイン姫路

今年は今のところインフルエンザはAソ連のPdm09が多いようです。姫路キャッスルホテルでのインフルエンザセミナーは毎年参加させていただいておりますがあっという間に終わりました。感染症の専門医ではなくNHOの呼吸器専門医の先生を講師にインフルエンザの薬の話は少なく四方山話という形でのお話でした。インフルエンザウイルスと間違え見つかったインフルエンザ菌を発見したのが北里柴三郎脱兎のお話から始まりました。インフルエンザは細菌感染ではなくインフルエンザウイルスであろうということを言ったのが1919年日本人の山内保先生。インフルエンザ後の肺炎には3つあり細菌性、ウイルス性、混合性です。ウイルス性肺炎は3日以内に発症することが多く、Pdm09で多いようです。二次性細菌性肺炎のハイリスクは65歳以上、肥満、妊婦だそうです。どうもインフルエンザに100人がかかると3人が肺炎になるようです。ノイラミニダーゼ阻害薬は肺炎抑制に有効だと考えられているそうです。細菌性の肺炎の原因菌は肺炎球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌が多いそうです。2割程度ブドウ球菌で半分がMSSA,半分がMRSAとのことでした。IMMUNOMODULATORYTHERAPYとしてマクロライドやステロイドを用いるのはあまり効果がないようです。STATINは魔法の薬、インフルエンザにも有効との報告があるそうです。質問でゾフルーザについての話が合った。アミノ酸変異株は実臨床の話ではないので今はあるいは使ってみないとわからないとのことでした。

お盆明けからはやり目の後遺症

お盆明けから夏の風物詩であるアデノウイルス感染症のはやり目がお越しになる、それも家族全員でそろって。そして治癒したはずがなめてかかってストロイド点眼液を使わないため視力が落ちている人がよその眼科からいっぱい来る。一回かかってしまうといかに感染源にならないか思い切って仕事を休むことが重要です。その中に隠れてヘルペス感染症がいる、ゾビラックウス眼軟膏やバラシクロビルをつくと嘘のようによくなる。言えることは夏の疲れで免疫力が落ちている。流行り目の後の後遺症で視力が落ちている人が多い。手を流水で洗い流すことが大切、昔と違っておじいさんおばあさんが罹患することがない、これは学童の普及によるものです。幸い私のところには子供の患者さんが少ないから比較的感染症対策が楽です。

にきびの漢方治療

アレルギー疾患であるアトピーよりも感染症であるニキビに漢方薬は聞く。しかし一度瘢痕化したものは改善しない。ニキビ治療をしている人はチョコレートを食べると悪くなるともっともらしく言われています。しかし悪くならないという論文もまた多くあるそうです。ニキビの漢方治療は結構効果があります。ゼビアックスやエピディユオではなく漢方薬をという患者さんは男性に多い。下地のヒルドイドなどヘパリン類似物質と漢方薬の粉末飲めなければ錠剤やカプセルで清熱します。結構きれいになります。瘢痕化する前に治療をすることが重要です。瘢痕化したにきびは保険適応の範囲では無理だと思います。ニキビの外用薬には副作用が一定の割合で起こります。最初から顔に塗らず少しの量を顔の隅に3日ぐらいお使いください。私は漢方専門医です、皮膚科ではありません。漢方薬を飲んで治療をなさりたい方のご来院をお待ちしております。

ニキビ

ニキビはニキビ菌感染症であるが約5パーセントの割合でニキビの治療薬の過酸化ベンゾイルにかぶれる。アレルギーのケアも必要となる。皮膚が弱い人には漢方薬で治療することもできる。男性は化粧もしないのであまり顔を触ることがない、過酸化ベンゾイルは漂白効果があるので躯幹のニキビでは注意が人用です服の色が落ちるかもしれない。だから漢方薬のほうがよいというかtが多い。チョコレートを食べるとニキビが悪くなるというのはどうでしょう、論文を見ると両方の意見があるそうです。アダパレンは接触性皮膚炎が少ないとされている。本当は男性の方が女性に比べ保湿が必要だそうです。プラセンタの注射を更年期の女性に注射にうつと顔がぷりぷりになるとしばしばいわれる。女性のほうが本当はぷりぷりだそうです、保湿が必要なのは男性だそうです。ニキビの治療の前に下地に保湿薬を使うべきは男性だそうです。私は漢方薬がお勧めです。漢方薬を飲みたいニキビの方お待ちしています。

にきびの抗生物質投与単独投与はやめよう

にきびは感染症である。ニキビはアクネ杆菌感染症です。たくさんの人がにきびを持っている。最近にきびの治療を求めるのは若い男の子です。それも漢方薬中心でという方が多くお越しになる。ニキビに抗生物質単独でという人は困る。ずっと前に効いた話ではダラシンは40パーセント耐性菌、エリスロマイシンは10パーセント、クリンダマイシンは8.3パーセント耐性と聞きましたよ。S.epidermidisは50パーセント耐性だそうです。クリンダマイシだそうです。P.ACNESはクリンダマイシンに18パーセント耐性を示すと聞いた。いつ聞いたかは不明。抗生物質はアクネ菌を殺すがすぐに薬仲良くなる。ニキビに抗生物質が必要なのは赤ニキビですが赤ニキビが絶えずどこかにできてきます、黒ニキビや白にきびは瘢痕化しないようにスキンケアしよう。男の子のほうが私のところではまじめに治療しています。ニキビは青春のシンボルではありません。またにきびの外用薬は一定の割合で副作用が起きます。赤くかぶれます。副作用は怖いのでいきなりきれいになることを目指さず漢方薬併用でゆっくり気長な治療を目指しましょう。

ニキビ

ほう先生のニキビの講演を加古川プラザホテルで聞いた。私は将来は年老いたら何でも見なければいけない過疎地で医療をして一生を終えたい。だから診療時間の範囲では調剤薬局が開いている範囲では漢方薬が使える範囲ではいろいろな病気を断らず見ています。ニキビは医学名は尋常性ざそうです。アクネ杆菌感染症です。ダラシンの使い過ぎで耐性菌が増えてしまったそうです。あの頃は硫黄カンフルローションしかなかった。ダラシンを今でも希望する4割耐性菌といっても効かない患者さんが多い。だから私は漢方薬でにきびを処置しようとするが漢方断りは意外と女性に多い。特定の食品がにきびを起こすのにはエビデンスがない。しかし油は控えめに。エビデンスがなくてもチョコレートでナッツでお肌が乱れることを実感する人もいる。睡眠により皮膚は修復します。睡眠中にホルモンが出ます。ストレスや疲れをためない。ストレスは目には見えない。入浴やシャワーで切れに洗いトリートメントが残らないように。メイクが毛穴を防ぐのも注意です。ノンコメドジェニック製品を使うのも有効だそうです、余ったた皮膚の油を洗い流す。抗菌薬は赤いニキビに使うものでずっと使うと耐性菌ができる。目元や口ブルにはにきびはできませんが背中にはにきびができます。

べムリディ

B型肝炎の新しい治療薬べリムディの発売一周年記念講演会でホテルモントレ姫路に参りました。訪問診療で肝性脳症の患者さんに出会ったり肝内胆管癌の患者さんに出会ったりいろいろな病気の方との出会いがあるがべリムデイを使うことなど一生ないと思いつつ参上しました。今日は母校へ眼科学校検診に自転車で行きましたが私のころは3年生が入った校舎に今は一年生がいるようです。この学校の素晴らしいところは不登校一歩手前の生徒がいる部屋があることです。今の学校には教室に入るか家にいるかという選択が求められています。話は元に戻りますが1987年ギリアド社は設立された新しい会社のようです。日本法人がギリアドサイエンシズ社です。その後吸収合併いわゆるM&Aを繰り返しているそうです。毎年姫路で講演会を行う会社です。肝臓病の講演会といえばレミッチをまず思い浮かべます。ホテルモントレ姫路は姫路駅から2階で通じています。室内の天井はうわさ通り高くアルモニーアッシュ同様新郎新婦が2階から降りるための階段が前方にありました。廊下には絵画がいっぱい展示され各部屋の入り口には電光掲示板で利用者が示されます。食事はおいしくないとのうわさを聞いたので食べずにまっすぐ帰りました。

帯状疱疹の新しい治療

帯状疱疹に新しい薬の話をANACRAWONPLAZAHOTELで聞いてきました。腎臓にやさしく肝臓にもちょっと優しい薬です。アメナリーフという薬ですがアステラス製薬が性器ヘルペスに臨床治験を28日の予定で行っている途中に21日で一人副作用が出たため市場が大きな泌尿器科のベタニスの臨床治験を優先するためマルホに譲った薬だそうです。性器ヘルペスに治療は難しいそうです。さらには帯状疱疹の皮疹に対するキットも登場します。SINNEつまり皮疹が出ない眼部帯状疱疹には使えないがびらん面を有している帯状疱疹か単純疱疹か不明例にはかなり有効だそうです。水痘ワクチンを定期接種で無料で子供に接種して大人の帯状疱疹は増えています。一日一回のアメナリーフは一日3回服用するバルトレックスに比べて血中濃度が減少する時間が短いのでアステラス製薬が性器ヘルペスに治験していたそうです。昔の日本商事今のアルフレッサがソリブジンを発売していることを知っている人は年がわかる。いまの若い医師はしらない。5FUとの併用で大変なことになった。そして発売停止に至った。アメナリーフは結核のリファンピシンと併用禁忌です。両方の薬の血中濃度が下がります。CYP3A4の代謝が関係するのでグレープフルーツジュースはだめです。ゾビラックスのように耐性菌はできないと演者はおっしゃっていました。私自身は大人の方に水痘ワクチンをお勧めしています。

運転注意のお薬

感染症のレボフロキサシンが運転注意の文言があることを今日発見いたしました。抗菌薬にもあるんですね。私にとって大発見。ビラノア、デザレックス、アレグラ、デイレグラはうんてん注意の文言が入っていない第二世代のアレルギー薬です。レボフロキサシンを処方して運転注意については説明してはおりませんでした。昔神戸地裁姫路支部で眠る内視鏡で説明したかどうか10年以上前のあったと思います。今度の新薬ルパフィンは眠くなるそうです。同じロラタジンの仲間のデザレックスはクラリチンとともに眠くならない薬で舌。アレルギー性鼻炎では麻黄が入った漢方薬や鼻噴霧ステロイドも眠くなりません。話は変わりますが姫路市山之内をご存知ですか。今年は山が紅葉していますね。モミジの天ぷらで有名なみのうは台風のため道が寸断されているそうですね。雪彦山をご存知ですか。姫路市の北の端です。きれいに紅葉しています。夢前七福神のお寺さんが二つもあります。一か所はお寺の手前の道が狭くなっています。山之内の廃校となった幼稚園の跡地の香寺ハーブガーデンのレストランしゃかんかん予約制だそうです。梅田の阪急の地下にあった香寺ハーブガーデンは閉まりました。山之内のハーブで町おこししています。おそらくカモミールです。夏は良いが冬は厳しいところです。しかし今年は台風で一体が停電したそうです。冬も今年は孤立集落ができました。

チメロサールフリーインフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスの流行が早い。妊婦さん用のチメロサールフリーインフルエンザワクチンが今年はまだ多く残っている。なぜかわからない、昨年製造されなかったためか余っている。いつもは取り合いなのに不思議なシーズンです。なぜこんなに残っているか本当にわかりません。一方市外の方がお母さんとご一緒に来られました。チメロサールフリーのワクチンでなくてもよいと昨年製造されなかったため医師から聞いた人が増えたのか。今どきに妊産婦さんはよく勉強なさっています。ところでタミフルやリレンザは一日熱を早く下げる薬です。脳炎や高齢者の肺炎を増やします。気管支ぜんそくなど呼吸器疾患を基礎疾患に有する方は接種が進められています、阪神淡路の震災の時に死者が増えたから推奨されています。接種してもかかるしインフルエンザにはかかるしかかかっても中学生以下には医療費無料の方が増えました。休日夜間急病センターではキットもしてくれます。これまた無料です。これをしないと基幹病院の小児科は休日明けにパンクします。子供のインフルエンザ脳炎は全国100人から200人もおられるそうです。インフルエンザ脳症死亡率は10~20パーセントです

ページ移動