記事一覧

時間管理

産業医業務に時間の管理の助言がある。残業は悪である。あるところで行われる講演会が定時に絶対終わらない、私はペーパードライバーなので自転車かタクシーを使う。帰りはライブ講演ではないので定時に終わって当たり前と思うが定時を超えても非5お子とご挨拶ダ・次回から時間を超えて挨拶をする前を横切ってやろうと思った。タクシー代3000円投資して不快な思いをしていかなければよかった。その点産業医活動をしているところはみんな上場企業だけあって会議は短くと書いてある、理由は残業をしないように時間管理を徹底している。ゴールデンウイークがある5月も休日ロウにならないように取り組んでいる。医薬品卸の最大手が毎度毎度時間を守らずに何がコンプライアンスか。もっとひどいのは医療機関バイトに行っても契約書をいただいたことがないひどい時は給与の明細をいただけない。何か仕事をするときはアルバイトであろうとなかろうと契約書がいる。いままで見たことももらったこともない、コピーしてろうどうしゃにわたすのもあたりまえそんな医療機関にも事務長がいる。何を見ているのだろう。このままでは危険な医療機関だと思う。きっちりした産業医の報酬に比べて無茶苦茶安い。早々にやめよう。医療機関に対する応召義務を当たらなものに変える必要がある。私のところは私が職員と面談して契約書墓ならz更新している。事務長なんておらんでもできています。

亜鉛

血液中の亜鉛が下がるといろいろな病気が起こります。亜鉛の薬は今までは保険適応がない胃潰瘍のお薬でした。ウイルソン病のノベルジンが低亜鉛血症に用いられるようになりました。日常採決時に調べるとびっくりするくらい血清亜鉛血が低い人が多い、肝硬変で肝性脳症の人大酒のみの人糖尿病の人意外と血清亜鉛の値が低かった。ノベルジンを処方すると100以上に簡単に上がった。200以上になるとやめないといけないそうです。低銅血症性貧血という概念があるそうです。亜鉛が上がったと喜ぶだけではなく血清の銅の値も調べる必要がある。糖尿病のインスリン分泌にも亜鉛は関与する。低亜鉛血症は疑う測る補充するこの3つが大切です。意欲低下食欲低下皮膚炎脱毛、ざそう、味覚異常そう小遅延などいろいろなことで亜鉛の低下がみられる。また薬剤性の亜鉛の低下も多いそうです。血液検査で亜鉛を測定して評価することが大切です。そして低下していたらノベルジンという薬が使えることを頭の片隅に置くことです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ