記事一覧

カラコンを見る医師

今眼科を志す医師国家試験合格者が大きく減っている。私のころは眼科志望者が多く女性は試験をという眼科も県下にはあった。ちなみに目医者という言葉があるように歯医者という言葉もある。目医者になるには医師国家試験合格、歯医者になるには歯科国家試験合格が必要です。近くの眼科で高校生になるまでコンタクトレンズを使用させない眼科があるそうです。えらいなあああ。私なんぞどこで買ったかわからないカラコンが入った27歳女性に充血しているからカラコンは言って診察ができません、普通は眼鏡で受診するものですよ、コンタクトをはめてるうちに重症化しますよというと私はいつも行った眼科で外していますといわれ…‥。言葉が出なかった。カラコン率のお高い眼科ほど宇宙人が多いと聞いたことがある。カラコンの人が老眼になったらどうなるか。そのころには今のようには眼科医がいなくなる。全身を見る医師にみんなシフトしている。カラコン診療をしても面白くないのカラコンはお取り扱いしてません。傷が入れば診察しますと伝えいます。駅前のカラコンショップではケア用品を売りつけられたという人もいる。私はカラコンで角膜内皮細胞が減って白内障手術ができない人が増えることを恐れています。意地悪ではありません。

PF点眼液が消えた

日本点眼薬のPF点眼液は後発薬品ですが塩化ベンザルコニウムが入ってないPRESERVATIVE FREEの点眼液です。早くから大学病院でも採用されています。昔から私は一般名処方をしている、ただPFは防腐剤でかぶれる方にはこの○色のキャップの防腐剤無添加の点眼液を選んでくださいと指示しています。明石や姫路の薬剤師会でPF点眼液に絡むお話しを提供したりPF点眼液はとても使いやすいジェネリック医薬品です。それが手に入らなくなると薬剤師さんから連絡いただきました。MRさんに連絡すると名前が変わるだけですよと答えが返ってきた。おかしいと思ったリーガロイヤルホテルで発売15周年記念講演会が行われたところです。今後点眼液も後発品は先発品のメーカーが先発品と全く同じものと認めないと臨床治験が必要になるからです。いままでは主成分が一緒であれば防腐剤や添加物を変えるのは自由であったがこれからの後発医薬品は先発品と全く同じで値段が安いものを作らなくてはならない時代が来ています。持田製薬の講演会の帰りに電車止まり疲れ果てました。今日はJR姫路西明石は全面ストップです。西明石から京都は各駅停車のみの運行です。

子供にはコンタクトレンズさせたくないんです

最近は小学生では早いとコンタクトレンズ装用について説明するとアレルギーで診療にお越しの時その小学生にはコンタクトレンズが入っていた。一方お母さんが高校生の時からコンタクトレンズ診療している人がお越しになり娘も私と同じハードコンタクトレンズにしてくださいと言われたお話を聞くと頻回交換ソフトコンタクトレンズが高い、母親のレンズと値段が異なるとのことでした。診療間際の夕方私はいつものように姫路駅前に講演会に参加するため私はペーパードライバーなのでタクシーを呼んでいた。するとコンタクトレンズ診療の学生と母親が入ってこられた。終わったと思った瞬間母親はワンデイはアレルギーだからしていました頻回交換レンズに変えてくだ歳、お子さんは絶対ワンデイと思っていたが母親は高級なワンデイが嫌だった。コンタクトレンズとスマホが世の中の経済を悪くしている。眼科専門医の私はコンタクトレンズ診療をやめたい。しかし、角膜内皮細胞を測定してほしい常連さんもいるし細々とやっている。コンタクトレンズを子供にさせると家計を圧迫するのは間違いない。眼鏡が良い。

コンタクトレンズ装用の若年化

私のところへコンタクトレンズ装用でお越しの方はわずかです。さらに会計事務所の方がコンタクトレンズの売上減ってますといわれた。だからブログでコンタクトレンズについて書くことも少ない。角膜に傷が入ったらお越しいただいたら位に気楽に思っている。まずカラコンを置いてないからというの大きいと思う。サークルレンズでもダメですか?だめです。女子生徒はカラコンにいずれ移行するからおそいほうが良いとお話している。学校検診に行くと中学生で眼鏡の子がほとんどいないではないか。これは土地柄があると思います。姫路市立の高等学校へもいかせていただいているが高校生のほうがメガネは多い。コンタクトレンズをしていなかったらお金に余裕ができると思うが違うでしょうか。スマホを持たせなければもっと浮く。しかし、携帯電話を学校へ自信すると不法保持となり処分があるうちの子でも家に帰ってきたらまず形態を触っている、だからいつまでも成績が上がらないのではないかと思ってしまう。角膜の上に異物を置くと酸素不足になり良くないさらには巨大乳頭状結膜炎の高校生が急増している。コンタクトレンズで障害が起こった中学生高校生を治療をするほうが好き。

PF点眼液

今医師会の委員会から帰ってきました。あああ疲れた。明日は昼は山奥まで眼科の学校検診、夜は西明石キャッスルホテルの講演会、今日は午前中はプラセンタの注射、午後は地元小学校の眼科の視力検診の方が多く来られ貧乏暇なし。手術をしている眼科から見たら何をしているのだろうと思われるかもしれない。私のクリニックの前の調剤薬局には2000種類のお薬と150種類の漢方エキス製剤がある。漢方メーカーのMRさんがみんな絶賛する私の前にある調剤薬局には日本点眼薬のプロスタグランデイン関連薬ラタノプロストには二つある。PF製剤はジェネリック扱いでお安い点眼液ですがメーカーは何も言ってませんがBACが配合されておらずコンタクトレンズの上から点眼するのもよいような悪いような、実験してないことは言ってはいけない今の時代です。医師会の委員会で他科のアレルギー専門医にPF点眼を宣伝していたので手持ちのアレルギー薬のPF点眼液を差し上げました。医療費無料の中でも安くてよい薬はもっと使うべきと私は思っています。なによりも患者さんのために。しかし今日の日本経済新聞によると沢井、東和、日医工の後発医薬品メーカーはみんな減益、有望なのはエーザイとMSDの連合軍だそうです。エーザイさんはアリセプトの後継商品開発に動いているそうです。

PF点眼液発売15周年記念学術講演会

PFとはBAKフリーのPFデミグラ容器に入った点眼液です。特徴はノズル、インナープラグ、プラグホルダー、二重ボトル、空気穴、外層そして0.22μメーターメンブランフィルターが特徴です。2003年の発売時から私はPF点眼液を愛用しています。昨今の国策で後発医薬品使用85パーセントのノルマを調剤薬局は課されています。PF点眼液はジェネリック医薬品で塩化ベンザルコニウムガ入ってないのに後発医薬扱いのものが多い。ただ確認してませんがトラメラスPFはひょっとしたら先発かもわかりません。日本点眼薬が初めて発売した先発品がトラメラスもっとわかりやすくいうぇばリザベンです。コンタクトレンズの上から市さしてよい点眼液は永遠の課題です。本当いえばすべてのコンタクトレンズとテストしないといけないからです。0.22μのメンブランフィルターを用いており細菌や真菌が入らないように工夫してあります。お薬は発売5周年記念講演会くらいで幕引きがあることが多いように思う。そんな中角膜ドライアイそして緑内障のお御所のお話を大阪国際会議場の横のホテルで拝聴しました。メーカー色を排除した非常にためになる講演会で女性の社長まで登場されました。昨日は昼も夜も産業医として衛生委員会、今日もまた産業医として衛生委員会、労働衛生コンサルタント(保健衛生)を舛添要一厚生労働大臣の時代に取得したから頑張ろう。コンサルタント会の会費は25000円、普通の学会よりもお高い.さらにはコンサルタント会兵庫県支部にも会費がいる。さらには日本医師会の産業医の更新にもお金がいる。働かねばならない。

アデノウイルスの検査

アデノウイルスは診断できても薬はありません。アデノウイルスはプール熱とはやり目の原因となる。2015年はアデノウイルスの54型が流行した。そして従来の8型と異なり角膜上皮下混濁を起こし今でも角膜に天井の混濁が残る人を日常診療で見る。アデノウイルス小児科用ののどを調べるキット眼科の結膜炎がアデノウイルスが原因であるか調べるキット両方できるキット。いろいろあります。日本点眼薬のアデノウイルスのキットは打率8割です、ところが日本点眼薬の機会をデンシトメトリーを38万円で購入すると打率9割に上がるとF大の眼科の教授がお話しなさっていました。インフルエンザのキットに似ています。ブラシで急結膜をこするから板いた次回もこれするんですかといわれ最近はアレルギーの採血やインフルエンザの簡易キットをするほうが何よりも患者さんのためと思いアデノウイルスのキットをしてませんでした。インフルエンザのキットのように陰性でも文句言いませんからといわれたらしますが目の前で痛い痛いといわれるとやる気なくします。B型インフルエンザはおなかに来るといわれたので今日から38度の方に大塚製薬のインフルエンザの簡易キットを行ったが陰性だった。昨日も38度でカロナールだけ処方して明日キットをしましょうとお話した患者さんがいたが来院されなかった。

眼科診療アップデートセミナー2018のONDEMAND

今年のゴールデンウイークは急病センターの出務もなくゆったりとしました。8月に東京で行われる眼科臨床実践講座は締め切りが早いのでお金も振り込みました。場所が良いのか日が良いのか費用がお安いのか。眼科臨床実践講座はいつも早く締め切りになる。いつもアレルギー学会の専門医講習会と重なります。今年はアレルギー学会の専門医講習会が10月のため眼科臨床実践講座にゆっくり参加できます。会費は1万5千円ですが2日にわたるので新幹線が3万円、宿泊一万円ですみません。アップデートseminarはONDEMAND
SEMINARがネット上始まっています。IDとPASSWORDが配信されました。アップデートなお話がどんどん出てくるからすごい。眼科臨床実践講座は製薬メーカーのホームページ上で公開されるものもあります。今日はMed peerで漢方薬特に未病について慶応大学のセミナーを拝聴させていただきました。知っていることばかりですが興味深い一時間でした。漢方もWEB講演会が増えることをお祈りしています。そして自宅へ帰ると納税通知書が届いていました。5月末に第一回の引き落とし、すっからかんの通帳からまた落ちる。計算が合わないと思ったら償却資産税分のようです。

日本コンタクトレンズが倒産

5月1日民事再生中の日本コンタクトレンズが倒産しました。民事再生法ではみんな損をして債権放棄して立て直していくものです。5月1日の17時をもって日本コンタクトレンズの職員さんは解雇されたそうです。わたくしたちも不良在庫を抱えるなど少なくない影響があります。患者さんにも値上げ必死、ご迷惑をおかけいたします。私共のホームページをご覧になって保護者の方がコンタクトレンズを始めたいんやけどどこかありませんか?何がいいたいかといえばよそへ行ってと書いてある。コンタクトレンズの種類が増えすぎて厳しい争い。今年の春からJというメーカーが値上げを表明、Aというメーカーもワンデイのみ値上げに踏み切るそうです。長い間日本コンタクトレンズの自社レンズ、代理店として入荷するレンズを中心に販売してきました。他の販売所よりも安く提供するように努力してまいりました。同じ値段で提供できれば良いのですが暗雲立ち込めます。

第4版緑内障診療ガイドライン

2003,2006,2012、そして今年2018年緑内障診療ガイドラインがMIND診療ガイドライン作成マニュアルVER2に基づき作成されたそうです。EBMの考えを重視し、眼圧加工以外の漢方薬、サプリメント、代替保全医療はエビデンスがないとのことでサプリメントを販売する大手眼科製薬メーカーに緑内障診療ガイドライン作成委員の一致した意見としてサプリメントが緑内障に効くとはいわないでほしいという苦情ともいえる意見があった。今の時代訴訟になれば裁判所はガイドラインに書いてあることを重視すると医療に詳しい弁護士さんは言う。緑内障には限らずEBMがないことをグラフにしていかにも事実のあるように述べるのも問題があるようです、PPGは3年たつと13パーセント緑内障になるとG大学から報告があった。PPGの日本語は全視野緑内障と初めて日本語に第4班のガイド来で決まったそうです。MIGSやインプラントがガイドラインに入った、PACGに水晶体摘出が新たに入った。アイファガンやグラナテックそして配合剤が薬では新規に入った。PPGは原則無治療HIGH RISKはDH,HT,C/Dの拡大でその場合は一財から治療するそうです。ガイドラインは以前から医療訴訟で重要でしたが手引きという位置づけからガイドラインに従ってみんなが行うべき標準治療になった、私のところには漢方でという緑内障患者さんが来るがすべてお断っりしている。例えば一昨日はインプラントと同じくらい聞く漢方薬ありますか?そんなもんあるわけないやん。それを電話で質問になる、石出ない事務職員がこたえられるわけはない。とりあえず診療に来てほしい。それが保険診療です。昨日の講演よかった。今日は呼吸器学会に大阪国際会議場に行こうと朝起きたがボケっと寝ることにします。大阪国際会議場の日本眼科学会からはや一週間早いなあ、光陰矢の如し。

ページ移動