記事一覧

高齢者の多剤処方

循環器疾患と脳血管疾患で医療費の2割だそうです。日本人は皆保険で安いから薬を置く飲み過ぎている。さらには205円ルールをうまく生かしてさらに多剤処方をしている。高齢者が6つ以上薬を服用すると副作用を起こす人が増える。高齢者で5つ以上の内服を出すと転倒・ふらつきが4割以上の方に75歳以上になると日本老年医学会からのご意見があります。配合剤がいろいろ出てきます。SGLT2阻害薬とDPP4阻害薬の配合剤、SGLT1も阻害するSGLT2阻害薬が配合剤になるそうです。罪数が減るので配合剤はもっと欲しい。50歳くらいからあれも欲しいこれもほしいという患者さんが増えます。睡眠薬と抗うつ薬で3剤までしか4月から認められなくなります。厚生労働省も見ています。薬をたくさん出す医師はご高齢の医師に多いようです、何か患者さんが訴えると薬が増える、高齢者の家族がおっしゃったお話です。点眼液も配合剤が増えた。医師が思うほど患者さんは点が益を真面目には指していない。往診に行って余っているお薬は漢方薬です。量が多いし数字が出る西洋薬を優先して飲んでいる証拠です。

脳内ネットワーク

北浜にアレルギーQ&A研究会にいき途中抜けて脳内ネットワークのお話を梅田に効きに行きました。講師の先生は遠路沖縄からお越しいただいたそうです。1月に亡くなられた漢方界では知らない人がいない土方康代先生に喪を表してか女医先生は黒い洋服を着ておられる方が目立った。脳が安静時に働くのはdefaultmode networkDMNだそうです、今まで何かをするときの研究が中止でした。Working memory neyworkは作業時間が必要な時間だけ情報を脳に保つ記憶です。視床背内側角と前頭前野を結びます。前視床放線が認知症などと大きく関係するそうです。乳頭体と海馬をつなぐ脳弓をつなぎ短期記憶を関係するそうです。世界一のMRI保有台数を誇る日本では拡散テンソルトラクトグラフィーでこのような以上の増悪がわかるように5年以内になるそうです。抗コリン薬が頭と密接に関係するのは関係ない。抗コリン作用は脳内ミクログリアの活性化を庄司炎症機序を増強することより神経変性を増強する。つまりベシケアがベタニスに変わってきてベタニスがTOPになっている。アメナリーフもアステラス製薬が治験を行っていましたがベタニスのほうが市場が大きいためアメナビルの開発はマルホに移ったそうです。認知症新薬空白時代になっている。最有力のイーライリリーが新薬開発を断念した。ガンよりも認知症は強力です。20年かけてたんぱく質が蓄積する。

腸内細菌

簡単そうでできないこと少なくありません。長生きすると長谷川式の検査ができなくなります。新しいことが記憶できません。コーヒーは脳卒中リスクは20パーセント低下したそうです。抗酸化作用のスペルミジンは腸内細菌が作ります。腸内細菌を変えると不老長寿にかかわるかもしれないそうです。老化には酸化が関与する。チーズにスペルミジンは多いそうです。昔は出産時の死亡率が高かった。縄文時代の平均寿命は14歳、30歳も生きればよかった。江戸時代38歳昭和52歳平成80歳とどんどん寿命が延びていく。この100年で40歳以上のびた。食事や医療が進化した。ご機嫌に生きるは眼科教授の決まり文句です。笑う門には福来る。治験中の薬でアルツハイマーの治療がうまくいきません。アルツハイマー病が発症しない人が3人に1人いるそうです。脳にアミロイドプラークが蓄積しても発症する人しない人があることがわかっています。3人に一人は無症候性アルツハイマーだそうです。生活範囲つまりライフスペースはアルツハイマー病のスイッチを握っているそうです。健康長寿のスイッチに語彙力があるそうです。

BPSDに抑肝散

認知症の中核症状はどうしようもない。BPSDには漢方薬の抑肝散というが使ったことがない。昨年の夏前医から引き継ぎグループホームへ訪問診療へ行った。抑肝散はどこまで聞くのか、また抑肝散陳皮半夏ではいけないのか。患者さんは基幹病院の元師長さんだそうです。まず採血が暴れてできません。動くので血圧も測定しにくい。そこでリスペリドンをいくと急におとなしくなり職員さんが大喜びになり次回のグループホームの訪問時はジュースをごちそうになった。訪問診療でごちそうになったのは後にも先にも一回きりです。私もそろそろ訪問診療から手を引かねばならない事態に追い込まれている。家庭の事情というものです。いろいろ仕事はいっぱい依頼が来る。遠隔診断の眼底読影というもの最近はしています。私のパソコンに眼底写真が送られてくる。医師会で仕事をしていた時はポラロイド写真が来ていましたが写真はパソコン上に配信されてきます。私の近隣は眼科過剰地帯ですが眼科がないところにはないようです。いろいろ仕事が来るがちょっと家庭の事情で仕事を抑える時が来た。

認知症

9月21日はアルツハイマーデーでした、10月1日は乳癌デーそして11月は糖尿病デーです。まだ4月には自閉症デイがあるそうです。65歳以上の4人に一人が認知症といわれています。前頭葉側頭葉型、レビー小体型など私が学生時代にはなかった認知症が診断できるようになっています。2014年に462万人と言われた認知症患者さんが2037年には735万人にも及ぶ勢いです。健康寿命と寿命の差が10年ある、体をどんなに鍛えても越えられない壁があると思う。ただ糖尿病を予防したら血管性の認知症は減りそうです。神経伝達物質にはアセチルコリンは記憶注意、ドパミンは快感・喜び、セロトニンは気分、ノルアドレナリン張さらにはグルタミン酸もある。認知症においてアルツハイマー病が50パーセントだそうです。認知症にもアミロイドベータたんぱく質のワクチンが開発中だそうです。ただ脳炎の副作用もあるとか聞くがかなり有望なワクチンのようです。アミロイドベータたんぱく質はアルツハイマー型認知症に特異的ではありません。DLBもアミロイドが陽性になるそうです。MCIと分かっても毎年10パーセントは認知症に進行する。逆に5年後経過観察で半数はMCIのままだそうです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ