記事一覧

メトアナ配合錠

今年最後の姫路での講演会に参加してまいりました。この週末は休診です。糖尿病の配合剤メトアナ配合錠は一日2日のスイニー錠とメトフォルミンを配合した錠剤です。とにかく安さがウリのようです。メトフォルミンにはBYOND BLOODGLUCOSEMONITERINGの効果があるとされています。大腸がん予防にもメトフォルミンが有効かもしれません。アスピリン100mgが大腸がん予防に有効との報告もある。心不全と糖尿病にもメトフォルミン、グリコヘモグロビンA1cが1パーセント上がると心不全リスクが30パーセント上昇する。メトフォルミンを服用する糖尿病では心不全での死亡が減るとのデータでアメリカではメトフォルミンはアメリカでは禁忌から慎重投与になったそうです。メトフォルミンは服用方法は血中濃度とは関係なく有効とのことです。MALAでは50パーセント死亡するとされているがそんなに頻度がある病態ではないそうです。FDG-PETでは1錠服用したメトフォルミンが3か月後に腸内に集積したとの報告もありPET前にはメトフォルミンは休薬したほうが良いみたい。ヨーロッパでは20パーセントの方に悪心・嘔吐がみられとされているそうです。メトフォルミンには現在のIRすでに海外で使われているXRそして開発中のDRつまりDELAYEDRELEASEなるメトフォルミンがあるそうです・つまり今メトフォルミンが面白い。メトフォルミンを服用すると認知症が減るとの報告もあるそうです。会場を後にしようと思ったら市内の病院が忘年会、大学の同級生の眼科の女医さんがいるではないか、いつのまにか姫路で働いておられるそうです。世の中狭い。

広島漢方談話会

広島駅の近くのホテルニューヒロデンで西本隆先生がメンタル疾患の漢方治療のお話をなさるとのことで神戸の元町からそして新神戸から広島まで何とか西本隆先生の講演に間に合いました。コタローさんの吉備漢方・広島漢方談話会には時間が合えば参加させていただく。岡山と異なり広島は遠い。新幹線の費用も高い。西本隆先生のお話は9月にも大阪で聞ける。姫路にいても日本漢方しか聞くことができない。他所に遠征するしかない。通膈湯についてせんじ薬の話をされました。エキス製剤をどのように組み合わせても作ることができない処方です。エキス製剤では甘麦大棗湯や桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯について症例を交えてお話しくださいました。あっという間の2時間でした。広島の街は赤一色、今日はマツダスタジアムで試合があるので余計に赤一色でした。しかしながら姫路にとまるのぞみは少ない。今週は横浜に行くが19時台は一台も姫路にのぞみののぼりが止まらない。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ