記事一覧

眠くならないアレルギーの薬

アレルギーの薬は眠くなるものがある。眠くなるとよく眠れという人がいる。しかしアレルギーの薬で寝れるのは3日ともいわれる。アメリカでは不眠症の薬は抗うつ薬が一位です。アレルギー薬で睡眠が改善できるのはほんの一瞬です。新規第二世代非鎮静抗ヒスタミン薬の下でデザレックスがもうすぐ復活するそうです。姫路でも先週ルパフィン、今週ビラノアの講演会が続きました。ゴダイの男性薬剤師さんと会いました。なつかしい出会いがあります。昔の共立薬科大学今の慶応義塾大学薬学部教授のお話を聞いました。16歳以上の国民の74.8パーセントが運転するそうです。もちろんわたくしのようにペーパードライバーもいます。姫路のような地方都市では58.6パーセント平日に運転します。72.1パーセント休日に運転します。運転中のくしゃみで目を閉じると15メートルも前進するそうです。一方アレルギー性鼻炎32.4パーセント10代から40台に限れば半数以上です。花粉症による鼻炎で第二世代非鎮静抗アレルギー薬を服用することが増えている。ドライーバーも経ている。私は若い時から車に対するあこがれが全くから運転したことがない。免許証は顔写真が入った身分証明書としては有効です。忙しいので明石の運転免許更新センターに休日に行ったこともある。もうそろそろ返納したいが身分証明書として役立っている。給与もらうにはマイナンバー通知そのコピーと免許証が便利です。

アレルギー専門医の更新

日本眼科アレルギー学会が終わりアレルギー学会専門医の更新手続きです。白内障手術のように御殿が建ち行列ができるわけではない地味な分野が眼科のアレルギーです。今日も春季カタルのお子さんがお越しになった。上眼瞼をほんてんすると春季カタルになっていた。全国に20人ほどしかいない眼科専門医を有するアレルギー専門医。更新が11月20日に控えている。苦労して取得更新しようと思うが書類を書いて消す日が続いた。やっと出来上がった。今日、書類を受領しましたとアレルギー学会から届いた。あと何年働けるか、また一つ誕生日が過ぎた。また一つ年です。12月には皆勤の総合アレルギー講習会です。アレルギー学会専門医更新にはこの総合アレルギー講習会に参加は必須です。調剤薬局さんにはご迷惑をおかけしながら土曜日は休んで講習会です。いまどきの調剤薬局は加算がつくので土曜日休んで平日はずっと開けといてくれる医療機関が良いみたい。眼科アレルギー学会のため休診ですと行きたいが後が大変だから土曜日はやめた。午前の診療終えて姫路から新幹線乗ると16時過ぎになる。神戸マラソン前日に兵庫県臨床アレルギー研究会に参加した。千葉メデイカルセンターの猪熊茂子先生のお話でした。15年ぶりくらいでお話を聞きました。好酸球増多のお話でした。3症例同じだったら7症例10症例同じではないかという目新しいことにちゃれじされているそうです。リウマチのお話で私は直接関係しませんがいつまでも輝いておられた。

アレルギーの新しい治療

第二2回アレルギー学会近畿地方会では大鵬薬品にセミナーで脂質メデイえーたーのお話が中心でビラノアのお話はあまりでなかった。PGD2が見え隠れする。そしてインターネット上の話題はゾレアのアレルギー性鼻炎への適応拡大です。アレルギー性鼻炎への生物製剤は初めてです。気管支喘息じんましんそしてアレルギー性鼻炎。アレルギー性鼻炎といえばスギ花粉症です。舌下免疫療法も大きな期待がかかります。そしてアトピー性皮膚炎にはJTと鳥居薬品のアトピー性皮膚炎に対する外用薬が登場します。ライバルはプロトピック軟膏で第二相臨床試験の結果プロトピック軟膏よりも早く効くようです。最近は未承認とかの情報は全く洩れてこない。コレクチム軟膏はアトピー性皮膚炎で初のJAK阻害薬だそうです。アトピー性皮膚炎は命にかかわる病気ではない。インターネット上はまずは16歳以上、そして2から16歳へも時間をずらして使える様になる。PHASE3はもう終わっている。しかしこんな新薬あるのに鳥居薬品の私共へ訪問いただいたベテランMRさんは消えていいた、そして若い方は他のメーカーに移り残念です。

舌下免疫療法は減感作はしない

舌下免疫療法のことをいまだに減感作療法という人がいる。これは今は否定されている、舌下免疫療法しても減感作はしてないということです。今はどこもインフルエンザワクチンの予防接種がいっぱい行われている。舌下免疫療法のエキスもWHOがワクチンと呼んでいる。舌下免疫療法を開始するにあたりまず診断が重要です。プリックテストもよいが陽性コントロールのエキスが7000円もするから私は採血のみにしている。暴れる子や泣きわめく子が嫌な人がいるから15分かかるサーモフィッシャーの穿刺式の検査もしない。原則MASTやVIEWは使わない。保険で査定されやすいから。明日から昨年も参加した日本眼アレルギー学会が浜松町で行われる。後一か月したら恒例のパシフィコ横浜でのアレルギー総合講習会です。何か月曜日から使えることを持って帰りたい。今日の鳥居薬品のウエブ講演はとても感動的だった。湯田先生は20分講演20分質問に答えることを二回繰り返してくださった。今日の講演が鳥居薬品のホームページで閲覧できるようにしてほしい。私のホームページ非才浅学な私がおかしなこと書かないように鳥居薬品の方見守ってくださっている。ぜひ実現してほしい。

妊娠前からの舌下免疫療法は妊娠がわかったらどうするか

すでに妊娠している女性に舌下免疫療法を新たに開始することは禁止されている。では舌下免疫療法を開始後妊娠がわかればどうするか。私は受診した病院がある産婦人科の薬剤部からの指導で止めた人を経験しました。何が正解かわかりませんが添付文書ではやめるのが正解の様です。添付文書通りだとやめることになります。ただ舌下免疫療法開始時に東京のホテルニューオオタニで行われた講習会では舌下免疫療法は継続するのは良いと聞いている。しかし添付文書を読むといけないことになっている。担当者レベルではわからない様である。あるいは裁判所では添付文書は重要視します。以前講演会で講師に質問したら2人ともよいですよといわれた。これは難しいと今日は湯田先生がおっしゃってました。今日は湯田厚司先生のウエブ講演会は基礎ベイシックと応用アドバンスの二本立てでした。いかに湯田先生がプロフェッショナルわかった。先日のアレルギー学会地方会でも滋賀医科大学からユタクリニックに検体をいただきに行くとのことでした。最後に湯田先生のところは落伍者が少なくてすごいと思ってましたが基本的4週間しか処方していなくて6週後7週後にお越しのことは多いそうです。安心した。

アレルギーのコンポネント診断

食物アレルギーのコンポネント診断を保険で行うにはまだまだ項目が少ない。しかし私のように食物アレルギーといえばOASというものにとってはコンポネント診断はありがたい。コンポネント診断はアレルギーに重要な成分を血液で調べることです。先日、小麦が前の血液検査で陰性だったのに今回クラス2になってるから注意するように言われた女性がお越しになった。そこでコンポネント診断を提案した。第12回相模原臨床アレルギーセミナーのサーモフィッシャーのイーブニングセミナーを聞きながら同じ講義を昨年も聞いたのにすっかり忘れている。コンポネント診断の考えは交差抗原の考えを理解する必要がある、しかし第13回相模原臨床アレルギーセミナーは全く同じではない。例えば小麦では2010年から小麦のコンポネントを調べることが可能になっている。ω5グリアジンです。茶のしずく石鹸で大いに有名になりました。12月の総合アレルギーではコンポネント診断のお話をまた聞きたい。

アレルギーマーチをなめて止める

ダニの舌下免疫療法を希望される方が全国で少ない。保険適応病名がダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎となっていることがまずい。DUAL SLITを行うかどうか。ダニとスギしかない、両方するときは朝晩に分けて行うことが多い。しかしアドヒアランスを考えると5分間隔が成績が良い。ヒノキ花粉はエキスの抽出が難しく全くメドが立たないようだ、鳥居薬品も塩野義製薬も元気がない。舌下免疫療法のお薬が低薬価なのが原因かもしれません。ダニが少ない理由は私の場合どうせ続かないならいけるところまでスギ花粉単独治療を行うようにしている。ダニで体質改善を図ってうまくいっている人はスギがRASTのクラス4にもかかわらず全く抗ヒスタミン薬の処方はしいない人がいる。ダニを姉妹二人でやっている子が来た三カ月で一か月分をしていたらしい。これ以上は追及せず処方した、良いことか悪いことか。

ヒルドイドって出せますか

保湿剤ではなくヒルドイド。ヒルドイドとご指名いただくと自費なら出せますということになる。最近健康保険組合つまり保険者からの指摘により返戻しますというのが民法の時効を意識してかずっと前のものが返戻される。患者さんからヒルドイド出せますかと聞かれたら主治医が処方するものですとお答えしていたらとうとうヒルドイド適正使用ガイドラインなるものが2019年9月に出たようだ。保湿剤といわれたらまだしもヘパリンではなくヒルドイドといわれると出せませんとなる。さらに複数処方すると健康保険の2次審査で査定されるとも聞く。健康保険の審査の医師がとおしてくださっても保険者からの申し立てによりといわれるとどうしようもない。眼科でも眼科医会の本部見解よりも健康保険組合の申し立てが強い。つまり自己負担金を除いた部分を払うのは保険者だということです。ノバルテイスの高額な抗がん剤から保湿薬や抗アレルギー薬まで皆保険で賄われる。学校でのけがだからスポーツ振興の保険を使うから3割払って4割返ってくると説明するとお金持っていないから帰るという人まで皆保険慣れあるいは子供医療無料でインフルエンザの予防接種まで無料と思っている人まで色々ある。皆保険はこのままでははたんする。

アレルギー専門医の更新

アレルギー専門医の書類の提出期限が11月20日にせまっていました。やっと提出できました。全国に20人しかいない眼科専門医を有するアレルギー専門医の書類をやっと提出できました。5年で漢方アレルギー眼科の3つの専門医を更新するため毎年のように更新書類を書いているような気がします。しかし更新の審査に1万円、更新手続きに3万円。普段は総会の参加費そして12月総合アレルギー専門医こうしゅう会の参加費2万円+実習費そして80単位。勿論姫路のような地方では宿泊や交通費がいっぱいかかる。さらには眼科専門医がないとアレルギー専門医にはなれない。金がかかる。センター試験も迫ってきました、今年度で最後かもしれないセンター試験試験の形態が変わるだけといえるが民間の英語試験って平等ではないしよく言う試験の間でのランク付けにつながると私は見ている。私は共通一次試験の世代ですが政経と倫理社会を社会科では選択する圧倒的に有利で不平等と思った。日本史世界史は文系の受験生が私立ようにしっかり勉強している。平均点が同じなら日本史世界史は不利です。今は倫政というのもあるらしい。専門医制度改革は進まない、専門医認定機構といってもすべての専門医が同じ基準というのは無理な気がする。

αGALアレルギー

αGALアレルギーの千貫裕子先生のおはなしをライブで聞いたのは初めてでした。一時間ピッタリ機関銃のように大切なこと教えてくださる。風が強く雨も激しかった。当然満席でした。NEWENGLANDJOURNALでDrCHNGの論文を読んで感動した。REDMEETつまり赤い肉を食べて数時間後一番遅いのは10時間後にあれるぎーをおこすのがREDMEETアレルギーです。赤い肉には牛肉だけではなくイノシシの肉なども入る。αGALは怖い、αGALは血液型を決めるものにも入っているから私のようなB型はαGALアレルギーが極めて少ない。マダニ咬傷が今年は多いそうだ、日本こうはんねつがαGALアレルギーと密接に交差抗原の観点から関係する。セツキシマブを一回注射したらなくなる不幸な事例が昔あった、一気にαGALアレルギーが有名になり添付文書は改訂された。カレイの魚卵にもαGALが含まれている。意外なものに共通抗原が含まれている。今週はアレルギー学会地方会と姫路皮膚科医会素敵な講演をたくさん聞けた。ルパフィンは強力かつTmaxが短いただ眠気を訴える人がいるあるいは多い。田辺三菱製薬今度はBAKフリーではなく防腐剤フリーのアレジオン点眼液を販売されるそうです。

ページ移動