記事一覧

はなこさん

花粉測定を上郡町で行っていたはなこさんが今年から神戸市須磨区になっていることをご存いだろうか。昨シーズンまでヒノキやスギ花粉を観測し我々に多くの花粉情報を提供してくれたはなこさんが上郡から神戸市須磨区に変わりとても残念です。阪神間でいっぱい花粉測定しているところがあるが兵庫県西部では少ない。姫路市などは駅前の不動産がマンション建設ラッシュで兵庫県5傑に入ったと騒がしくなっているがほんとに駅周辺のみのお話です。姫路市が花粉測定をしていると聞いたことがない。アレルギー対策気基本法ができたが兵庫県では兵庫医科大学と神戸大学の2か所が基幹病院になるそうです。姫路には大きな病院ができるそうですが蚊帳の外のようです。行政のお金を使って私たちの納める税気を使って花粉測定をしていただきたいと切に望みます。NHKなどのテレビニュースで兵庫県西部の花粉の飛散状況が報道される日を待っています。

スギ花粉皮膚炎

今年の3月前半は顔が真っ赤になるスギ花粉皮膚炎の方が非常に多かった、スギ花粉皮膚炎は皮膚の角層のバリアをかふんがとおったひとにおこる。スギ花粉皮膚炎はほっぺのあたりが赤くざらざらになります。スギ花粉の飛散は3月10日の日曜日の雨で姫路市内は大きく減少しました。漢方薬と西洋薬を両方処方した人が多かったのでとても余裕に診療になっている。ヒノキの花粉にもうすぐ変わるはずだが今週末は気温が上がらないそうですからヒノキの花粉の飛散はもう少し後になるのでしょう。スギ花粉皮膚炎は空気伝搬性の皮膚炎です。蕁麻疹用の赤味が強い紅斑がみられます。アトピー性皮膚炎の方に多くみられるといわれています。一方アトピー性皮膚炎の基礎がない人にはまれといわれているようです。治療は顔を洗いスキンケアを行うことです。舌下免疫療法を行うことはスギ花粉皮膚炎にも有効と考えています

スギ花粉症の根本治療

スギ花粉症の舌下免疫療法を勧めた方の多くがそんなん効くかとバカにしている。効くからおすすめしている、デイレグラ錠を処方するとみんな効くとはオムが副作用もある。特に落としの方には男女問わず使いにくい。30歳台の女性もちょっと眠りにくかったとおっしゃった。動悸がするとか聞くがいろいろややこしい。この薬真坂副作用ないでしょうねというなら薬が処方できない。丁寧な問診だけでは副作用は予見できない。スギ花粉の舌下免疫療法は効いているから50人以上の患者さんが通っている。みんな半信半疑のようですが効く。間違いなく効かない人より聞いた人が続いている。挙児希望の妊活女性は特に効いている。しかし漢方薬併用の不妊治療で妊娠してしまう人も多い。旦那さんが慌ててMRワクチンを接種に来られた。旦那さんも最近WIFEに連れられ漢方薬をご処方していた。まあまあ6月から始めて来年の2月まで続けたらわかる。ブログに書いておかないとスピーカーの世に同じ話ばかりしないといけない。シダトレンだけシダキュアだけそしてスギ花粉症合併のダニアレルギーの方までミテイキュアだけ、アシテアだけとおっしゃる。不思議な治療です。

子供のアレルギーの採血

採血検査でアレルギーを見てほしいという人が増えている。私がそもそも採血で調べることを進めるのはスギとダニの舌下免疫療法目的です。小児科と異なり介助する人がいない、採血だけしてみても増悪の防止に向けて対策をしないといけない。採血せずに指先の血液で微量で検査できるキットが開発されている、私が一から拾まで検査しないといけないので指先からの検査はやめた。採血して検査することが目的でない、治療にいかに役立てるか。そして検査件数が多すぎるとのことで支払い基金が査定するようになっている。検査会社にはお支払いしないといけないから赤字になることが増えた。無料のお子さんだと査定されると100パーセント損をすることになる、これではやっていけない。とくにVIEWやMAST葉かなり査定される。13項目以内に絞りなさいということです。査定まで行かなくても症状詳記が増えた。小さなお子さんにも以前は検査していたが小さなお子様は人員配置が手厚い小児科での検査を進めている。査定されることが増えたので検査の項目を絞っている。大人のアレルギー検査はどこに行けばよいかわからない人が多い。血液検査ならお越しください

アレルギー性鼻炎に漢方エキス製剤

今年は目が赤くなる結膜炎、鼻が詰まって眠れない鼻炎、ちょっとのどがイガイガする人が多い。小さな子供でも飲めるこは飲める。点眼液はステロイド懸濁液、抗ヒスタミン薬の内服薬は鼻詰まりに無効なので西洋薬はLTRAぐらい、デイレグラは心臓に負担がかかるし8週までにとどめなくてはならない。年配の方で眠りが浅い方には要注意、原則デイレグラは若い人に使う。この苦しみから逃れたいと思うならスギ花粉症の舌下免疫療法に6月からチャレンジすることにお勧めします。漢方薬を処方いたしますというと…。効果発言時間が短いのは漢方薬なんですよ。えーつ、うそー。うそなんか言いません.真剣な話です。学校もっていって休み時間に服用してください。なんなら2回分一度に服用してください。お茶でよいですか、服用しないと0です、それでよかったら水探してください。3月に入り10日ほどそんな会話ばかりです。漢方薬は食前に服用しないといけないとっていませんか?食事をとったから薬をンめないという人結構おられます。漢方薬と舌下免疫療法を用いたら人生はスギ花粉から解放されます。

アレルギー性鼻炎薬の漢方治療の虚と実

今年はスギ花粉が大量飛散。お陰で大賑わい。小青竜湯が欲しいとこられたら断る。これは保険診療ではない、話をするとわかった先生が良いと思うのをくれとみんなおっしゃる。漢方薬に詳しい医師とおもってくるからみんな今まで小青竜湯をOTCで購入したり病名漢方でこれでも飲んどけと出される。小青竜湯は日本漢方では実証で苓甘姜味辛夏仁湯が虚証となっているが小青竜湯も水が溜まっているという点で虚証である。日本では体力がある人が実証と昭和に決まった。最初は戦争で何もない時代、それはそれでよかった。平成を迎えてみんな体格がよくなってしまった。どうも体力で実や虚を分けるのは時代にそぐわなくなっている。アレルギー性鼻炎になると鼻水がどんどん分泌される、これが実証である。邪が実である。虚とは物の不足なり。麻黄や石膏そして冷えていたら附子を使うのがアレルギー性鼻炎の基本方剤です。先日の木曜日快晴だった、そして鼻が詰まった患者さんばかりなので麻黄と石膏で勝負に出たが途中でエキス剤が明日まで入らないことが分かった。この薬はヘルペスの水疱にも効く。熱があると石膏、冷えがあれば附子、炎症には麻黄と石膏を考えている。炎症とは赤い、はれる、痛い・かゆいもアレルギー性炎症です。今日の雨で明日は花粉が2倍、夢前町から飛んでくる、地面から舞い上がる。暖かくなるから石膏だ。

舌下免疫療法の講演会

来る6月姫路でおこなわれている病院と診療所の連携の会SMARTの会で舌下免疫療法についてお話をさせていただくことになりました。50人以上の方に舌下免疫療法をおこなっていると情報交換の場でお話していたら突如6月のSMARTの会で先生舌下免疫療法のお話をしてくださいと指名されてしまった。苦痛。多くの方に舌下免疫療法を行っているがなかなか続かぬ人も多い。最近患者さんにお話しているのは今年の5月6月からスギ花粉症の舌下免疫療法を行うと来年の今頃は薬が大きく減りますよ。医学に絶対はないし全員に効くわけではないがかなりの確率で薬が減ります。来年のことを言えば鬼が笑うという言うが本当の話です。ダニとスギ花粉の舌下免疫療法を行っている。ダニはなんと副作用率80パーセントの治療ですが気管支喘息の患者さんには海外ではICS/LABAの吸入ではなくダニの舌下免疫療法がFIRSTLINEです。ヒノキ花粉の舌下免疫療法は開発されていません。そもそも西日本限定でヒノキは植樹されているそうです。舌下免疫療法の実施の条件にはスギ花粉症であることを証明しないといません。今のうちにたくさん採血しています。たくさん採血しすぎて社会保険は査定されることもあります。できるだけ舌下免疫療法をしたい大人の人に採血は行っています。小さな子供は暴れるので無理です。

ビラノアと漢方薬

姫路商工会議所でアレルギー性鼻炎にビラノアと漢方薬で診療していますという内容の話を聞きました。漢方薬なら私のほうがはるかに詳しいかなと思いましたがビラノアと漢方薬は眠くならない治療という点では共通です・講師は大学の耳鼻科で准教授を歴任されたとのことでベレボーかぶってのご講演でした。世界で一番新しい抗ヒスタミン薬ビラノアはビラスチンーノー-アレルギーから由来しているそうです。2009年スペインで発売になった薬です。東北大学の谷内(YANAI)教授の研究ではパタノール点眼液よりも眠くならない画期的なお薬です。理想のアレルギー薬はまだないビラノア錠に足りないのは空腹時服用という縛りがあることだけです。一世を風靡したアレグラの改良版に当たる薬です。アレグラは一日2回というのがネックです。また海外では日本のアレグラと異なり日本の倍量を使っているみたいです、アレグラは毎日2回服用となってます。アレグラの改良版はプソイドエフェドリン配合のデイレグラです、8週間しか用いることはできません。目がさえて寝れない、動悸がするなどの副作用が怖い。漢方薬とビラノア錠が無効ならデイレグラがよい

たるんでいる舌下免疫療法

50人から100人の方が私のクリニックで鳥居薬品のスギ花粉症の舌下免疫療法と塩野義製薬と鳥居薬品のダニのアレルゲン免疫療法に取り組んでいただいている、最近たるんでいる方が多く2カ月場合によっては3カ月も開いている。これでは聞かんなあ、期間があいていると最初からやり直しをしたほうがよいですねというとしていたと異口同音でおっしゃる。今まで取り組んでいた方はもっとまじめだった、昨年から始めた方が間隔があいている。ダニは自ら去っていく人が多い。口腔内にトラブルが起きる確率は80パーセント以上です。かゆくてく行く手やめましたという方が多い。ひとこと言いたいが一言いっても継続率は上がらないと思う。続いた人がどれくらい喜んでくださるか。小さなお子様はおお母さんの力次第ですお子さんがシダキュアを続けているお母さん本当にご苦労様。シダキュアは新薬なので4月末日までは14日分しか薬が出ません。5月からは長期解禁になりますがその時シダキュアとシダトレンは別の薬になりますので濃度が薄いシダトレンを濃いシダキュアに変更するときにはシダキュアの薄いものから濃いものへ変更する必要があります。

関節リウマチに漢方薬は無力

電話で問い合わせがあった、リウマチといわれたので診てほしい。以前は漢方薬を処方したが今はステップダウンで3ヶ月でよくならなければ免疫抑制剤を使うのが標準治療とされている。何でもかんでも漢方薬というのはやめたほうがいい。ぷぷぷ切れた。しかし、こういう電話はやめてほしい。リウマトレックスずいぶん関節リウマチの治療は医学が進んだ。漢方薬が出番を失った分野に関節リウマチがある。ただプラセンタの注射で手の関節の腫れが改善することは多い。ステロイドの内服は単なる痛み止めといわれ3カ月以内にMTXを処方するのが今の治療です。今日来た患者さん糖尿病でめばちこが治らないと思ったらリウマチの薬で免疫抑制しているから治らない。アレルギー学会の専門医講習会でリウマチが必ず一題講演がある。リウマチはステロイドでも関節の変形を防ぐことができない。曲がった関節は元には戻らない。ステロイドの内服もいたみどめです。

ページ移動