記事一覧

いよいよスギ花粉の舌下免疫療法のシダキュア開始します

年齢制限なしのスギ花粉の舌下免疫療法シダキュアが使えるようになりスギ花粉の時期に血液検査を行った患者さんから少しずつお電話がかかってくるようになりました。スギ花粉と死んだすれば14日ごとに通院ができることが条件です。子供医療があれば無料です。中学生になれば部活に塾で今までのシダトレンでは中断したりやめてしまったり30過ぎで不妊治療をしている情勢が一番続くのが私のクリニックの特徴です。わたくしのクリニックには30歳を過ぎそろそろ挙児希望ということで漢方治療併用の不妊治療でレデイースクリニックも通っておられる方が非常に多い。そして何か違うことでお越しいただいた時にニッコリ妊娠しましたという方がおられます。将来、妊娠出産授乳という女性ならではの問題においてアレルギーの薬は飲みなくないのが普通です。12歳以上のシダトレンなら4週間に一回、12歳未満のシダキュアでは2週間に一貫ご本人の来院が当然必要です。最低3年、休んでもよいから5年続ける治療です。さぼっても何も申しません、一度中断して再開するもよしやめるもよし、去る者追わず。予約性ではありませんのでお越しにならなくても連絡いたしません。

舌下免疫療法

舌下免疫療法のお薬が安くまた普及しないため講演会の数は多くはない。スギ花粉とダニの舌下免疫療法があります。舌下免疫療法はDROPOUTが一番の問題です。用いるお薬はVACCINEです。スギ花粉の舌下免疫療法を行うとヒノキ花粉に有効か?これは実験していないので分からないというのが答えです。しかし現実にはヒノキが楽になったがスギ花粉は変わらないという患者さんも多い。MAJERANTIGENが異なるので無効なのか?これからはスギが老樹になりヒノキ科の花粉さらには世間がヒノキと言っているのシラカバハンノキが姫路では脅威です。バラ科の果物や豆乳などの大豆を食べると口の奥がイガイガするお子さんが急増中です。そろそろゴールデンウイークが終わりイネ科花粉症カモガヤ、オオアワガエリの花粉に変わります。草むらに近づかない、姫路市北部の田んぼの中を車で走るときには車の窓を閉めることです。イネ科のくさは遠くへは飛散しません。イネ科の草には舌下免疫療法は存在しません。5月の運動会の弱点はイネ科のアレルギーを有する児童につらいことです。校外学習で花粉症が強く出ることもあります。

気管支ぜんそくには保険適応がないダニの舌下免疫療法

2月からダニの舌下免疫療法が年令制限がなくなった。しかしおひとりにもお勧めしていません、ちょうどスギ花粉の飛散が始まりシダトレンを進めるお話ばかりで黄色のパンフレットに黄色の封筒を鳥居薬品の回し者ように配りまくった。担当MRは何度もパンフレットを忙しそうにお持ちくださった。先日埼玉医大呼吸器アレルギー内科の先生のダニアレルギーの話を聞きました。呼吸器内科だから気管支ぜんそくにダニの舌下免疫療法を用いたいとのお話です。12月の横浜でのアレルギー専門医講習会でも毎年お話されています。英語のような流ちょうな日本語をお話されます。ダニの舌下免疫療法は日本ではダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎に保険適応がある。羽曳野医療センターの先生のお話ではダニのアレルギーに対する舌下免疫療法がなぜスギに対して少ないかというとはなづまりをいびきと勘違いしている、保護者がONEAIRWAY ONEDISEASEという概念をご存じない、鼻水の量が把握できない。さらにはダニアレルギーが症状が軽くまさか気管支ぜんそくになると考えていない。鳥居薬品のパンフレットを待合室に置いているが反響が少ない、字が多すぎてインパクトが少ない。

ダニの舌下免疫療法

ダニの舌下免疫療法が日本で普及しないのは症状が重症ではない、子供は通年性アレルギー性鼻炎が多いがこんなもんやと保護者が思っている。日本ではダニの舌下免疫療法が気管支喘息に保険適応がない。鼻詰まりをいびきと保護者が勘違いしている。子供の医療は保護者がすべて、私はVIEW39を用いてあれるげん検索を

シダトレン妊娠したのでやめました

ご無沙汰していますと妊娠に成功した方が花粉症とアトピー性皮膚炎の久住呂が欲しいとお越しになりました。シダトレンは姫路市内の総合病院ん産婦人科でやめてくださいといわれやめています。いつから再開できますかと尋ねられました。確かにDRUG INFORMATIONを読むと?ただこれは今までに実績がないので有益性とおよと書いているだけと今日の関西耳鼻咽喉科アレルギー研究会で質問したがお二人の演者が異口同音におっしゃいました。やっぱりやめんでよかったのになあと再認識しました。ダニの舌下免疫療法が国際的には認められるのになぜ日本では臨床治験がと売らなかったか。これは治験のデザインが悪かったようだ、ファイザーのイフェクサーSRはかつてワイスが大阪で治験したら承認されず近年東京で治験したら販売できた、ダニの舌下免疫療法が気管支喘息で承認されるようメーカーさん頑張ってほしい。演者の話ではダニ単独アレルギーの患者さんを切っち見極めて地検するとよいとのことでした。スギ花粉症にシダトレンが聞くのは当たり前ですがヒノキにきく人きかない人CHAO3がMAJER抗原のためCRYJがMAJER ANTIGENのスギにはきかないという話になってきているがきいている人がいるのも事実です。ファイザーからマイランになりエピペンのDVDをお配りできなくなりました、エピペントレーナーも2本しか配布されなくなりました。シダキュア144円、シダトレン120円シダトレンの薬価は上がったが2.5こいいシダキュア安いいなあ。元気の時間見ています

ダニの舌下免疫量は年齢制限がなくなりました。

シダトレンでものすごく口がかゆかったと患者は少ないです。昨日鳥居薬品のWEBを見ていてダニの舌下免疫療法が急に2月から増えているそうです。小さなお子さんはいっぱいダニの舌下免疫を開始されていると聞いてお母さま方熱心だと思います。という私はすぐ花粉とヒノキ花粉そしてシラカバハンノキの口腔アレルギー症候群そして全身の漢方診療で大忙し。漢方薬18日初診でくださいという漢方と西洋薬がわかっていなくて困ります、あっていなければ破棄することになります。もったいない、漢方薬には証や弁証があります。みんな薬が違う。季節によっても私冷える熱いで薬を買える。先日いきなり60日呉といわれもちろんお帰りいただいた。私は天台宗の本山比叡山延暦寺の横川でで三頭巡拝をした三千仏の礼拝業もした。今も僧籍がある。全く活動はしていない、しかし御仏にお仕えする気持ちだけは持っている。ちなみに階級はかなり高僧です。だから患者さんのためにならないことは厳しくしかる。体質改善、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、過敏性症候群、不妊治療で頻回にお越しの人には丁寧懇切に診療しています。受診をお越しいただけない方はどうしようもない、短時間で分かるわけがない。舌下免疫療法も続けている人はみんな効いてます。

妊娠に向けての舌下免疫療法をするならあとひと月

妊娠がわかっている人は舌下免疫療法はできません、妊娠希望つまり不妊治療を行っている最中に経口免疫寛容を獲得することを目指すものです。妊娠したら薬を飲むとき系が胎児に起こると大変です。スギやダニのアレルギーだけは舌下免疫療法で克服することができるかもしれない。そんなこと思っておられる女性は30歳前後で既婚者です、早く妊娠なさった方には全く関係ないがタイミング療法の時期なら舌下免疫療法を始めてもよいかもしれない。新聞でOITや食物負荷テストで事件が起きていました。危険だからアレルギーの知識があり救急処置ができるところでOITや完熟卵をテベレるようになったので半熟卵を食べてみようという食物負荷試験に至ると思います。それでも全国で9名の方がおられるそうです。小児科医がたくさんいるあるいは食物負荷に多くの小児科を待機させるのは難しい、もっと診療報酬を充実させ人員配置を手厚くしていただきたい。OITや食物負荷試験に比べたら安全な治療が舌下免疫療法です。費はと比べて効果に差がないようです。残りあとひと月でスギ花粉は日本中のどこかで飛散するという意味でお休みになります、今一度再考ください。

舌下免疫療法の導入

舌下免疫療法の導入は眼科では全国で一番多く舌下免疫療法をしているかもしれない。姫路では一位と遠く離れて二番でしょうか。ただし、アシテアダニ舌下錠ならトップです。アシテアは長期収載が気管支喘息にこだわらなかったので早かった。ところが高力価のため来る人来る人続きませんでした。そこで意地になりアシテアダニを導入することに勢力を尽くしました。すっかり眼科のイメージではなくなっている。インフルエンザの予防接種も500人以上1000人目指してました。さすがに開業から8年たつと糖尿病の方は減ってしまいました。しかし行く人来る人なぜか眼科としか書いてないのに糖尿病の方がお越しになる。舌下免疫療法の講演会をなぜか太っ腹のサノフィさんが何回かされています。先日も全国の舌下免疫療法の1~2パーセントをなさっている滋賀医科大学客員教授の講演をしていました。舌下免疫療法が低薬価で悩む鳥居薬品よりも講演会で舌下免疫療法を取り上げている。素晴らしい企業です。そこで学んだものはミテイキュアの増量方法でした。私も私なりにアシテアそしてミテイキュアの増量方法を工夫しています。アレルギー疾患対策基本法もできたことですしアベノミクスやユリノミクスなどなどに偽の公約に惑わされずアレルギーを克服することに尽力したい。

シダトレン投与NO1

スギ花粉症の舌下免疫療法シダトレン投与をたくさんなさっている滋賀医科大学客員教授のお話を聞きました。ダニの舌下免疫療療法は独自にプロトコールを考えておられるそうです。デレグㇻを販売する会社がなぜかスポンサーでした。3年経過しましたがバイオマーカーは何もない。自覚症状が重要です。私も姫路で2番目の多くスギとダニの舌下免疫療法をしています。塩野義製薬のダニは私ところだけも聞きます。ここで一番のポイントは2週間の増量をいかに患者さんが苦しまないかです。スギ花粉患者さん、ダニのアレルギ患者さんにあなたが楽になるのが願いです。去る者は追いません。去った方がもう一度シダトレンをしたいといわれ時助力いたします。なぜ辞めたくなったか?3年経過した人には一度やめましょう、ここ数年大して花粉は飛んでません。第悲酸が起こった時を考えれば5年続けるべきかもしれない。答えはありません。しかし、講演を聞いた先生はシダトレンの全国の1~2パーセントをおひとりでしておられるそうです。スギの舌下免疫をすれば二人に一人はヒノキも楽になるそうです、今からシダトレンを始めよう。

シダキュアのe-learning

待望のシダキュアのe-learningが始まりました。10月31日に挑戦いたしました。シダキュアのe-learningですが恥ずかしいことに少し間違えました。全問正解で当たって当たり前ですがヒューマンエラーです。そこで感じたことは登録にはアナフィラキシーショックの時の救急病院について登録がいるがこのような登録は本当に必要でしょうか。病棟処置中とか言って断る病院もある。家庭で行う舌下免疫療法であるからアナフィラキシーが起こった時どこの病院へ救急搬送されるかは実際アナフィラキシーが起こらないとわからない。大きなところと小さなところ、大学病院があるかないか。シダキュアになると5歳以上でスギ花粉症の舌下免疫療法を実施できるがアナフィラキシーショックが起これば輪が姫路では搬送される病院は一つ、そして休日の昼間は他の病院の小児科というのもある。今までと異なり小さなお子さんだとシダキュアでアナフィラキシーが起こると搬送先は限られる。

ページ移動