記事一覧

漢方薬服用するときは西洋薬はジェネリックを

私のところは漢方専門クリニックです。患者さんが漢方薬を続けていくには西洋薬は後発医薬品を選ぶことをお勧めします。何故なら漢方薬はすぐに聞かないものも多くあります。前にある薬局は私がジェネリック医薬品を進めまくっても80パーセントしかなりません。85パーセントが国策です。この数字はインチキなのはご存知ですか。私のところは生活保護の申請はしていませんが生活保護のかたはこの数字の分母には入ってはいません。アベノミクスすべてと同じまやかしです。なぜ芸能人ばかり追いかけてこんな大切な問題を民主党や共産党は国会で追及しないのでしょうか。明日も明後日も昼休みをつぶして産業医活動です。健保組合は後期高齢者に対する拠出金をねん出するためにジェネリック医薬品を推進しています。私が行く産業医は上場企業ばかりですが今大きな企業でも協会けんぽに入ろうとしています。後期高齢者の拠出金が大きく影響しています。後発医薬品85パーセントの前に後期高齢者拠出金や生活保護や子供医療費など無料の恩恵を受ける人には最低先発品との差額ととるとか、高校生の医療費の無料化をした自治体には助成金カットをしてほしい。待ったなしです。

アロマテラピー

アロマテラピーにもフランスとイギリス式があります、私のクリニックでは水にエッセンシャルオイルを入れて水蒸気を出し明かりがくるくる回っています。アロマテラピーとして虫退治にユーカリ、緑茶や甘い香りのアンバーを焚いています。さらにはアロマ線香をたいています。においは重要です。漢方薬のエキス製剤もアロマテラピーです。銀紙を開けてすぐプーンとにおいがするその時からあうあわないがわかります。精油成分が一番きついのがコタローさんと言われています。アロマオイルを自宅でも寝室・書斎各所においてます。最近は博多に行けば博多阪急、東京なら東京駅の大丸、大阪は阪急本館のレモンの香りが好き、神戸大丸、そしてセンタープラザの鬼頭天薫堂でアロマ製品は買い求めています。受付に置いているのは姫路の山陽百貨店の生活の木、顔に塗るのは香寺ハーブガーデンといろいろ試しています。お酒は父が亡くなる前からほとんどたしなみません、代わりにアロマ製品を購入して色々試みております。私の加齢臭や汗の臭いで患者さんが不快な思いをなさらないために。漢方薬も袋を開けてよいにおいと思ったら体に合っていることが多いと思います。

漢方薬はレセプト一枚で2剤まで

最近漢方薬が2次審査で査定される。月の初めと月の終わりに二回お越しになったり、処方が合わないと中3日でお越しになり査定されたり。西洋薬の新薬に比べたら安い漢方薬がバンバン査定される。社保に連絡すると病名ありますか?あります。中3日で処方しているから査定したそうです。そしたら症状安定しない例で30日を超える処方をしろということですか?といったやり取りをしてもう一度突合再審と書いて提出してくださいとのことでした。なんせ昨年の10月のレセプトを保険者の申し立てにより査定します。期日までに提出しないときはこちらの判断で査定します。ツムラ加味帰脾湯を初めて処方するので14日良かったので3日後に28日処方したのが悪いというのです。そしたら42日を推奨するのかといえば30日を超えた処方は分割処方しなさいと言われることもある。漢方薬は2剤満量は認めるという申し合わせがある、クラシエ柴胡加竜骨牡蠣湯は12錠分2で三分の二の量にしている。今度の突合再審で復活することを祈ります。薬局の調剤料も査定され1万円近くの損害です。

MR失格

MRさんがこない前任者はあまりによく来ていたのに交代してひと月以上来ない、今時の若い女性はこんなものかと持っていたら今度はぶっ飛ぶ、今晩WEBがあるんですけど来れますか?前代未聞今日案内し今晩講演をみにこい。そのあと、大阪駅前のホテルで発売記念講演会をします来てください、行ったら姫路のMRさん誰もいない。その後花粉が飛ぶ3月4月5月全く訪問がなかった。○ザレックスがないので他社にはビッグチャンス。3~5月に訪問無くては姫路だけ売れない。以前担当していた所長さんにご連絡を入れた最近情報提供がない。○パフィンも滅多のお越しにならない。丁寧に調査します。こんなのことは初めてではない、最大手企業の帝国大学卒業のMR君所長同伴でお越しになって逆流性食道炎の話をしてくれる聞いたことのないお話ばかり。その後転勤になりもう会社にはいない。この会社のグループの眼科メーカーのMR君来ないと思ったらうつ病で日計表だけ書いていたのがばれて去っていった。今どきの若い子よりも一度リストラされたMRさんのほうが優秀なような気がする。女性MRさんみんな優秀だが例外のない規則はない。がんばって遅れを取り戻してほしい。

麻黄附子細辛湯は長期に使うものではない

麻黄附子細辛湯は長期に使う薬ではないと保険で査定される時代が来ています。附子で体を中から温め細辛で腎気を外へ引っ張り扇のように麻黄で広げるのが麻黄附子細辛湯です。カプセルもあり便利で多用していますがこれも古い時代は少陰病の漢方薬とされ長期に使うものではないという理由で査定される時代が来ています。どうすれば査定されずに漢方薬は使えるのでしょうか。私にはわからなくなりました。漢方エキス製剤は生薬の量が少ないので古典に記載されているほど聞かないことが多い。その代りずっと用いても副作用が少ない。しかし健康保険の審査で古典にこう書いてあるといわれると保険で漢方薬を処方するのが難しい。患者さんがくれという薬を出す時代は終わった、保険で査定されても悔いのない診療をしたい。2剤満量よりも2剤を3分の2の量が無難です。

私の漢方処方ベスト3

メーカーさんのお話では一番はどうも気血相補の加味帰脾湯、錠剤も少ないながら使っています。帰脾湯は気を上にあげる柴胡と気を下げる山梔子が入ってないので気の巡りが少ない。二番目は二朮湯だそうです。メーカーは異なるが半夏白朮天麻湯ただ私の処方箋あちこちに飛んで行く麻黄附子細辛湯のカプセル、葛根湯のの錠剤、私の処方が広い範囲の調剤薬局に飛んで行く。その上位処方が軒並み社会保険で査定されている。病名もあり満量2剤も守っている。30日を超える処方もお断りしています。患者さんが起こってお越しにならなくても保険の決まりは順守しています。だがばっさり加味帰脾湯や半夏白朮天麻湯が査定される。それも昨年のもです。これでは漢方薬は自費診療を考えないといけない。今日は父の日でしたが東京飯田橋へ朝9時の望みで行って来ました。妻がうっとうしいのか愛情か漢方の勉強行かなあかんよ後ろから背中を押してくれた。エキス漢方ZtoAは26回で終わるそうです。あっという間の3時間で舌。来週は兵庫県一番忙しい休日夜間急病センターで仕事です。関西系統中医学講座も幕張のアレルギー学会も参加できません。

時間管理

産業医業務に時間の管理の助言がある。残業は悪である。あるところで行われる講演会が定時に絶対終わらない、私はペーパードライバーなので自転車かタクシーを使う。帰りはライブ講演ではないので定時に終わって当たり前と思うが定時を超えても非5お子とご挨拶ダ・次回から時間を超えて挨拶をする前を横切ってやろうと思った。タクシー代3000円投資して不快な思いをしていかなければよかった。その点産業医活動をしているところはみんな上場企業だけあって会議は短くと書いてある、理由は残業をしないように時間管理を徹底している。ゴールデンウイークがある5月も休日ロウにならないように取り組んでいる。医薬品卸の最大手が毎度毎度時間を守らずに何がコンプライアンスか。もっとひどいのは医療機関バイトに行っても契約書をいただいたことがないひどい時は給与の明細をいただけない。何か仕事をするときはアルバイトであろうとなかろうと契約書がいる。いままで見たことももらったこともない、コピーしてろうどうしゃにわたすのもあたりまえそんな医療機関にも事務長がいる。何を見ているのだろう。このままでは危険な医療機関だと思う。きっちりした産業医の報酬に比べて無茶苦茶安い。早々にやめよう。医療機関に対する応召義務を当たらなものに変える必要がある。私のところは私が職員と面談して契約書墓ならz更新している。事務長なんておらんでもできています。

亜鉛

血液中の亜鉛が下がるといろいろな病気が起こります。亜鉛の薬は今までは保険適応がない胃潰瘍のお薬でした。ウイルソン病のノベルジンが低亜鉛血症に用いられるようになりました。日常採決時に調べるとびっくりするくらい血清亜鉛血が低い人が多い、肝硬変で肝性脳症の人大酒のみの人糖尿病の人意外と血清亜鉛の値が低かった。ノベルジンを処方すると100以上に簡単に上がった。200以上になるとやめないといけないそうです。低銅血症性貧血という概念があるそうです。亜鉛が上がったと喜ぶだけではなく血清の銅の値も調べる必要がある。糖尿病のインスリン分泌にも亜鉛は関与する。低亜鉛血症は疑う測る補充するこの3つが大切です。意欲低下食欲低下皮膚炎脱毛、ざそう、味覚異常そう小遅延などいろいろなことで亜鉛の低下がみられる。また薬剤性の亜鉛の低下も多いそうです。血液検査で亜鉛を測定して評価することが大切です。そして低下していたらノベルジンという薬が使えることを頭の片隅に置くことです。

漢方薬の査定がひどい

兵庫県では漢方薬2剤満量は認めると聞いているが最近ひと月に2回お越しの方の査定がひどい。これでは漢方診療ができない、コタロー半夏白朮天麻湯、ツムラ加味帰脾湯ばさばさ切られている。症状を詳記しなさいという用紙が来て期日までに提出することが求められる。それも昨年のレセプトです。漢方診療なんて慢性疾患指導料を算定できない。難も算定できないのにバサバサ査定が入る。何で査定なのか社保に聞いてもわからない。これでは経営が成り立たない。そして今後どうしたらよいかと質問したがAでもないでもないものはわからない。いままでなんにも査定されたことがないのに…。知り合いの審査員の先生に聞いたそしたら私なら通しますよ。なんとかしてくれ。怖くて漢方薬が処方できない。

梅雨でしんどい

湿じゃがむんむんする季節です、参加しなかったが日本東洋医学会は終わった。梅雨でむしむししんどい季節です。漢方薬の出番です。最近は保険診療の漢方薬は査定されておりひと月に2種類しかと売らなくても文句は言えません。患者さんは60日下さいと初診からおっしゃる。それは漢方ではなく私のところとは違うところ手帳を見ながら処方する医師のところへ行ってください、お帰り下さいといってしまう。カローナールもついでに下さい、保険診療をしているからついではないんですよ、皆さんの税金ですよ。ところでカロナールの保険適応は何か。眼科の適応はないするとまた厚生局の立ち入り検査では保険病名をつけましたねといわれる。そもそも漢方薬は温めて体温を上げて病気を早く治す、カロナールは冷やす。つまり一緒に使うと聞かない可能性がある。なんも考えず深く考えずカロナールもついでに入れといて。ドラッグストアへどうぞと最近はお伝えしています。風邪には漢方薬は非常に効く。カロナールを使うから治るのが遅くなる。早く解熱したいという気持ちはわかる。医療費が安いからこんなことは起こる。

ページ移動