記事一覧

講演会のはしご

先週生田神社会館でスポーツ医学の研修が行われたのを失念していました。先週に続いて素晴らしい手禁忌今日は医師会でスポーツ医学の研修でした、Jリーグのサッカーのスポーツ外傷についてのお話でした。私にはよくわからない世界ですが捻挫に対するテーピングは予防にしかならないそうです。少し重症ならギプス、3度なら手術になるそうです。あっという間の1時間でした。そして駅南に場所を移して慢性腎臓病のお話でした、姫路出身歌手のデイナーショーも行われたようです。尿酸と腎臓病は関係している。7割は腎臓から排泄、3割は腸管、そしてわずかに感染から排泄されているそうです。1998年から糖尿病性腎症が透析の原因のトップになっているそうです。アロプリノールは腎排せつのため剥離性皮膚炎をおこすので使いにくかった、STEVENSJOHNSON症候群、TENなどです。2011年以降いまの尿酸の薬は腸管からも尿酸を排泄するからかなり安全になっているそうです。尿酸が高いと血管の内皮細胞を傷害するから下げたほうが良い。プリン体は3分の一は食事から、3分の2は内因性だそうです。ビールはエタノール代謝にATPをたくさん必要とするからよくないそうです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ