記事一覧

クリニカルイナーシャ

クリニカルイナーシャという言葉をしばしば耳にするようになった。クリニカルイナーシャにイナーシアは慣性のことです。替えずにそのまま様子を見る、その方が診察は早く進む。白内障の手術を勧めるといろいろ聞かれて答えないといけない、しかし怖い手術は怖い、いやだという方がかなりおられる。簡単というと手術を受ける気になるしかし術後に苦情が来る。黄斑上膜があり若くして白内障と硝子体の同時手術を行うとコンタクトレンズから解放され良いことばかりを想像するが苦情ばかりなのには閉口する。またプラス6Dの遠視に対して浅前房で急性緑内障が怖いから白内障の手術を出来るがんかにご紹介させていただきました。漢方薬を余らせてサプリも飲んで私はいっぱい飲んでいるからと自らを正当化させる人がいる。それならサプリや薬局の自費の漢方薬を服用すればよいではないか。そういう時には不問診にする。何を言っても無駄、私のことを不親切と思うだろう。あれもこれも手を出すというのは信頼関係がない証拠。保険診療で漢方薬を処方すると漢方薬でも西洋薬でも大きな制限を受ける。患者さんには保険という公的なお金を使うことは制限診療であることを十分理解してほしい。

保湿剤の保険診療

漢方薬、ビタミン剤そしてシップはドラッグストアでも購入できる。こういうものをOTC類似薬という。最近健康保険組合の解散が続出、受け入れ先は協会けんぽとなっている。最近話題になったのは保湿剤。どれが一番先に保険診療から外れるか。何か一つ外れたら保険診療の意味が分かるようになる。かんがえられない方がお越しになる。「この漢方薬がほしい。」それは違う、OTCで自分で買うべきものです。ビタミン剤はなかなか保険審査に通らないからほしいというう人が減った。シップは上限があるのも浸透している。保湿剤を塗ると食物アレルギーが防げる。こんな話題が当たり前になると保湿剤ほしいといわれる。保険適応は難しい。処方できないと決めておくのが一番。これください、あれくださいは保険から外れた自費の世界。子供医療で無料になると知ると予防接種すべて無料と誤解を生む。無料の裏には10割査定されることも医療者側は覚悟がいる。私たちの医師国保はほとんど掛け捨てですが高齢医師がお高い医療を要求するので...。

ぜったいに車の運転いたしません

私は自家用車の運転いたしません。兵庫県下で2人の医師が問題を起こした。私は一生涯ペーパードライバー、金融機関の身分証明でしか役に立たない免許証です。何か事故で医師免許とり上げになったら大変です。万年ゴールド免許です。明石に日曜日に免許更新に行ってましたが今は姫路警察です。優良者講習が終わって部屋を出るときには新しい免許書をいただけます。東姫路駅は昼間の電車が少なく不便です。以前不評だった安全協会の入会も強くは進められません。マイナンバーカードを持てば身分証明書としての私の免許書はやくが立たなくなります。姫路では免許証を65歳で返すとタクシーが安く乗れます。もう少しで運転免許証返納です。車に乗らないとタクシー代が高い、医師会行くには雨ならタクシー気候が良ければ自転車。自転車で行ったら吉野家で牛丼つゆ並みの抜きを食べて帰ってきます。文化センターはタクシーです、高校時代文化祭は自転車で行ったが今は体力無くなった。産業道路をまっすぐそしてイオンタウンを過ぎたら右折来年は試してみよう。

処方箋医薬品

AGA治療薬であるMSDのプロペシアの後発品ファイザーのフェナステリドを希望されました。プロペシアを持って帰っている人に今のところ何も言われたことがない。アレグラのようにSWITCH OTCとしてdrug storeで買える場合がある。ED治療薬のシアリスは保険は通らず処方箋医薬品です。自費の処方箋というのも存在します。また保険で処方箋を発行した場合4日という期限がある。期限切れは無効ですと調剤薬局がいうとたいてい取りにお越しにならない。年末プロペシアの後発品フェナステリドファイザーを希望する人がおられ自費の処方箋を切った。調剤薬局でも高いといわれ私のところにも電話があった、もっと安くなるのかと思いました。確かにお話を聞くと安くなってませんでした。自費診療は調剤薬局が薬価を決めます、私ところは再診料と処方箋しかいただいておりませんの次回も同じ料金いただきます。私の説明に納得されたかされなかったか。私も勉強になりました。調剤薬局で聞くと9200円が7050円ぐらいになるようです。確かにあまり安くなりません。MSDとファイザーはともにアメリカの会社です。

朝来市生野

朝来市生野の井筒屋さんで5月にアイス抹茶カプチーノをいただきました。ここでは播州織の記事を使った600円小物を購入しました。この播州織の小物私のクリニックの近くのヤマダ新辻井店でもレジ近くで販売して居ます。ただし一点ものが多くヤマダ新辻井店にはまた異なるものが置いてあります。生野は山椒魚の生息地で有名です。そこで始まったのが播州織を用いた山椒魚の形をした小物だそうです。確かに前回購入したのは山椒魚の形をしていました。一緒につい来るお菓子が私のお気に入りです、卵牛乳を全く使ってない。お隣でもコーヒーやジュースを提供してました。香りがよい蝋燭を購入しました、良い香りがするので枕元に置いていますヤマダの社長さんと山椒魚のハンザキ研究所にご縁があり販売しているそうです。最近岩津ねぎを2回いただきましたトロッとしており焼いてポン酢をかけて私一人で食べます。春になったらまた行くのにお邪魔したい。

お父さんおばあちゃん同伴小さな子供さん

インフルエンザワクチンが不足し最初は断っていたちいさなお子さんも仕方なく断り切れず接種したらいろいろ起こる。小さなお子さんは小児科で接種したほうが良い。小児科以外ならお母さんがしっかり家を出るまに言い聞かせてお越しいただかないと無理です。注射器を診たら逃げるのが子供。がっちり子供の腕を固定して抱かないと無理。働き方改革といってお母さんが家にいないご家庭が増えた。医療機関に学校行状の代休でお母さんとお越しの方は午前中が減った。土曜日など小さなお子様父さんお越しなのはおじいちゃんいちゃんおばあちゃんお父さんが多い、お母さんが病気の経過を書いてくる子がいない。何のことかわからずいつからあ症状が出ているかわからないお父さん。お母さんが仕事だからついてくる、次にお父さんおばあちゃんのお膝の上にお願いします。注射しますねーといってもこの賢い脱稿入りません。抱っこしないとできません。空白な時間があり帰っていく人もいる。休日前に日本脳炎ワクチンをわざわざしなくてもというとそれだけでお帰りになる。おばあちゃんがこの賢いんですよ、一人できると思います、一人で座ると大暴れ針先が曲がってしまった。最近は小さなお子様は小児科でしたほうが良いですよ、来年からは小児科ですよね、トイレに隠れる子も小児科ですよ。小児科はすごい。看護師さん二人で採血や注射や処置をなさっているそうです。そして処置を見せない。だから小児科では孫や子が賢くやっていると勘違いさせる。眼科はといえば泣いたら目が赤くなりわからないから無理に押さえつけみることを極力しない。余分に介助する職員はいない。診察室には私一人で採血・心電図・プラセンタ注射なんでします。子供を一人で処置するのは無理です。

医師の働き方改革の案

働き方改革関連法案が6月に成立したが労働者ではない個人事業主の開業医は関係がない。地域の救急医療を支えるうえで8時間のタイムインターバル問題は大きな壁です。医師は当直という名前で夜勤をしている、本当は看護師さんと同じ夜勤をしている当直医が多すぎる。これを労働基準監督署は大きな病院に立ち入りタイガーでは不可能な超変革がこな割れ関東では土曜日休診になったり関西でも大学病院で大変なことが行われている。朝6時まで休日夜間急病センターで働いた医師は8時間のインターバルといわれたら午後まで診療できない。医師の働き方改革といっても2つあり地域を支える基幹病院の話と開業医に分けて考えないといけないそうです。学会発表の準備は労働時間そんなこと言われたら診療に携わることができない。明日は昼休みは嘱託産業医、診察終わったらタクシーですぐに出発15時には何とかクリニックに戻ってくる。以前携わっていた訪問診療に比べたらタクシーでの移動になるからまだ楽です。訪問診療は近くなら良いが遠くは難しい。姫路でも産業医のなり手が少ない企業も多いようです。労働安全衛生法や労働基準法はどんどん変わる。嘱託産業医は請負仕事だと認識している。労働者になるんだろうか?自動車の運転は若い時から市内と決めている、金融機関で身分証明書として使うだけです、公共交通機関で移動これが一番事故での保証がある。昼休みは3時間しかない、遅れてバスを使って帰ると患者さんがお町のことが多い。そうなるとタクシーしかない。

どうなる2019年の5月のレセプト

どうなるのでしょうか、来年2019年5月のレセプトの提出。5月7日から世の中が動き出します。もともと社会保険のレセプトはぎりぎりに着て漢方薬やときには眼科領域でも症状詳記を求める。結構作文するには大変です。5月10日必着です。医療事務の方は9連休に出てきて仕事をされる方も多いのではと思います。働き方改革とは医療は除外でしょうか。今話題のT医科大学では労働基準監督署が入り今回の問題以前にいろいろ働き方改革があったと聞きます。医師の当直は補率状の当直つまり軽作業ではなく昼間の業務を夜間に行っています。したがって法律上夜勤と同じです。来年からはタイムインターバルが入る、つまり8時間の休憩がないと次の仕事に入れない。タイムインターバルで8時間アクトとうっよくあけの勤務は無理となるだから医師は働き方改革が5年間先送りとなっている。過重労働面談をしてくれといわれて嘱託産業医業務を行うと昼休みがなくなり帰って15時から診療となる。そこへMRさんが待っている、うちの訪問時間は午前中といっても午後3時前に来るMR散結構いる。正規の労働者は良いが非正規労働者や経営者は大変です。そもそも姫路の急病センターは全国屈指の患者数なのに10日連続急病センターで患者さんを診療すると周辺の都市からもいっぱい患者さんが集まってくる。今年は6月に休日夜間急病センターに出務した、来年はゴールデンウイークに当たりそうです。連休前に白内障の手術した人をいつ診療するんだろう。

ファミリーセール

土曜日・日曜日は漢方・アレルギー・眼科の勉強でほとんど自宅にはおりません。週末は大阪では伊藤忠商事のファミリーセールとレナウンのファミリーセール、そして神戸ではワールドのファミリーセールが行われました。ワールドのファミリーセールに初めて参戦しました。頂き物の無料の入場券が手に入りました。ワールドのファミリーセールの入場券は一回毎に入手しないといけないそうです。ワールドでもアトリエセールは参入が比較的容易ですが普通はネットオークションなどで入場券をゲットするみたいです。ワールドアトリエセールは全国4か所で行われるようです。近畿圏では大阪・神戸です。ワールドには男性のブランドが少ないから協賛企業がいっぱい入っています。大阪会場は大阪から会場まで結構遠い。神戸会場は国際展示場です。神戸国際展示場は中央市民病院で研修した私にはなじみの場所です。9月下旬とあって秋冬ものが多かった。みんな年金暮らしになるそしたら服にお金をかけられないかもしれない。タケオキクチやアダバットくらいしかワールドのMENSはしりません。おそらく登録していただいたのでFAMILYSALEの案内が来るようになると思う。百貨店に比べたら安い。お取り寄せや寸法直しはできません。東京のファミリーセールは700円で送ってくださるのも魅力的でした。私たちは芸能人ではないので服装は適当でよい。

○○を診れますか

WEBサイトで○○を診れますか」という電話がかかってきてどう対応するかという記事があった。そんな電話には最近私のところでは無理ですと答えるのが無難と指示しています。予防接種の電話も今日今からお越しでなければ当クリニックは予約はお取りしてませんと電話ではお答えしています。日ごろからお越しの方には融通を聞かせています。予防接種をうっても消費税で根こそぎ持っていかれる、安いところがあったからといわれると返品ができない。なぜか舌下免疫療法の薬も錠剤になっても返品不可商品になっている。世の中にはクーリングオフというのがある。子供の塾でもクーリングオフがある。しかしワクチンにはクーリングオフは存在しない。予防接種もワクチン舌下免疫療法の薬もWHOではワクチンと呼んでいる。もう年だからたくさん受診していただいてもうれしくない。ゆっくり診察をするのが楽しい。なつかしい人がせっかく受診したのに流れ作業では地獄に落ちる。インフルエンザワクチンが今年も争奪戦の模様です。なくなったらおしまい、私一人で接種できる数は限られる。それよりも漢方薬を飲んでいたおかげです、周りがAIHしても妊娠していないのに私だけ妊娠しましたの一言がうれしい。

ページ移動