記事一覧

もうはやヒノキ花粉の飛散らしい

コロナのためかスギの花芽が少ないためか、昨年はこの時期70人80人のかんじゃさんがおこしでしたが今年は暇です。ただ気になっていたのはのどが調子悪い咳が出ますといわれます。今日のアレサが講演会で分かりました。少ないながらヒノキの花粉が飛んでいる。今年は冷え込むことがないためもうヒノキが飛んでいると三重県津市の湯田厚司先生がご講演の中でお話になりました。アレサガ講演会は前回の北里の先生のお話も良かったが今日の湯田先生のお話もとてもためになった。湯田厚司先生は舌下免疫療法でご高名ですが薬理のお話もすごい。数年前ホテルオークラ神戸でも薬理のお話をなさったがすごい。黒坂文武先生のホームページを見ても3月の姫路の花粉飛散の記載がない。きっと診察がお忙しんだろう。学校休みだからといって公園で遊ぶのは危険です。スギ花粉に比べてヒノキ花粉は粒子が小さいから呼吸器に吸い込まれ咳が出ると患者さんに説明している。確かに3月のスギ花粉では鼻と結膜に臓器特異性を示しているとされる。4月のヒノキは小さな粒子で下気道まで侵入する。咳には漢方薬が良い、飲めない人には錠剤もある。それで飲めなければホクナリンテープがある。我々が経験したことがない3月初旬のヒノキ飛散のお話とてもよかった。私はアレサが使ってませんが普及するとよいと思います。

ゾレアのガイドライン

ゾレアのGLをダウンロードしてみました。オマリズマブ遺伝子組み換え製剤の最適使用ガイドライン(季節性アレルギー性鼻炎)を読んで目についたのは本剤はすでに発現しているアレルギー症状を速やかに軽減するものではないとの記載がある。ゾレアを使うなら2月かなあとも思う。私のクリニックの平均点数だけが上がるので昨年もお越しの方で舌下免疫療法が効かない人が好い適応と思う、診療報酬明細書に舌下免疫療法に関する記載もある。鼻噴霧用ステロイドに加えH1BLOCKERLTRA,TXA2,PGD2を使用したとの記載があるが鼻噴霧用ステロイドはイランという患者さんおられる。お薬手帳でチェックするようにと記載がある。ゾレアには使用する医師要件と患者要件がある。スギ花粉症が原因の季節性アレルギー性鼻炎生物製剤が世界中で初めて使える。めでたいことばかりではない国民皆保険はすでに崩壊していると思うという医師のアンケート結果がある。美容目的のヒルドイドを保険で処方している場合ではないかもしれない。イギリスに比べアメリカでさえ薬価が高いにゾレアが花粉症でその時良かったらよいとむやみに使われたら協会けんぽ加入の健保組合が増えることになる。スギ花粉症では生物製剤ゾレアは一時的治療、根本治療は舌下免疫療法ということになっている。費用対効果がまず舌下免疫療法を行う。リーズナブルな価格あるいはお得な舌下免疫療法を行いどのように説明したかを診療報酬明細書に記載することが義務付けられている。今日もゾレアのWEBはある、この2週間毎日昼も夜も自分のパソコンを使ってWEBでアレルギーについて学んでいる。一年中こんな状態なら毎日ハッピーです。

子供以外のスギ花粉症の舌下免疫療法の開始時期

スギ花粉症の舌下免疫療法の開始時期12月いっぱいです。少ないながら一月には花粉飛散が始まります。スギ花粉症の舌下免疫療法にはシダトレンとシダキュアの2製剤があります。今のところ12歳以上の方にはシダトレンで入学してシダキュアで卒業することをお勧めしています。シダトレンは非常に副作用が少ない治療です。効果が一諸なら程度のものが良いとダニの舌下免疫療法が始まった時言われてました。高濃度のものはどうしても副作用が多くなります。安全なシダトレンを行い、私どもではダニとの多重感作がある人にはスギ花粉飛散が割ったらダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎に対する治療を行います。小さなお子さんはお母さん次第です、継続治療ができる子もできない子もお母さんの熱意です。5年は長いが中学生になると継続率が極端に減少します、大学生で下宿でもしようものなら皆辞めてしまう。AIHやIVFなど妊活の一環としても重要です。妊娠中授乳中は抗ヒスタミン薬は飲みたくない、それなら今から妊娠出産授乳に向けてスギ花粉症の体質改善しておこうという人が多い。漢方薬で妊娠に向けた体力づくりと舌下免疫療法による体質改善をする人増えている。今月いっぱい新規の舌下免疫療法を導入できます。かなり安全な治療です。

舌下免疫療法は減感作はしない

舌下免疫療法のことをいまだに減感作療法という人がいる。これは今は否定されている、舌下免疫療法しても減感作はしてないということです。今はどこもインフルエンザワクチンの予防接種がいっぱい行われている。舌下免疫療法のエキスもWHOがワクチンと呼んでいる。舌下免疫療法を開始するにあたりまず診断が重要です。プリックテストもよいが陽性コントロールのエキスが7000円もするから私は採血のみにしている。暴れる子や泣きわめく子が嫌な人がいるから15分かかるサーモフィッシャーの穿刺式の検査もしない。原則MASTやVIEWは使わない。保険で査定されやすいから。明日から昨年も参加した日本眼アレルギー学会が浜松町で行われる。後一か月したら恒例のパシフィコ横浜でのアレルギー総合講習会です。何か月曜日から使えることを持って帰りたい。今日の鳥居薬品のウエブ講演はとても感動的だった。湯田先生は20分講演20分質問に答えることを二回繰り返してくださった。今日の講演が鳥居薬品のホームページで閲覧できるようにしてほしい。私のホームページ非才浅学な私がおかしなこと書かないように鳥居薬品の方見守ってくださっている。ぜひ実現してほしい。

妊娠前からの舌下免疫療法は妊娠がわかったらどうするか

すでに妊娠している女性に舌下免疫療法を新たに開始することは禁止されている。では舌下免疫療法を開始後妊娠がわかればどうするか。私は受診した病院がある産婦人科の薬剤部からの指導で止めた人を経験しました。何が正解かわかりませんが添付文書ではやめるのが正解の様です。添付文書通りだとやめることになります。ただ舌下免疫療法開始時に東京のホテルニューオオタニで行われた講習会では舌下免疫療法は継続するのは良いと聞いている。しかし添付文書を読むといけないことになっている。担当者レベルではわからない様である。あるいは裁判所では添付文書は重要視します。以前講演会で講師に質問したら2人ともよいですよといわれた。これは難しいと今日は湯田先生がおっしゃってました。今日は湯田厚司先生のウエブ講演会は基礎ベイシックと応用アドバンスの二本立てでした。いかに湯田先生がプロフェッショナルわかった。先日のアレルギー学会地方会でも滋賀医科大学からユタクリニックに検体をいただきに行くとのことでした。最後に湯田先生のところは落伍者が少なくてすごいと思ってましたが基本的4週間しか処方していなくて6週後7週後にお越しのことは多いそうです。安心した。

アレルギーのコンポネント診断

食物アレルギーのコンポネント診断を保険で行うにはまだまだ項目が少ない。しかし私のように食物アレルギーといえばOASというものにとってはコンポネント診断はありがたい。コンポネント診断はアレルギーに重要な成分を血液で調べることです。先日、小麦が前の血液検査で陰性だったのに今回クラス2になってるから注意するように言われた女性がお越しになった。そこでコンポネント診断を提案した。第12回相模原臨床アレルギーセミナーのサーモフィッシャーのイーブニングセミナーを聞きながら同じ講義を昨年も聞いたのにすっかり忘れている。コンポネント診断の考えは交差抗原の考えを理解する必要がある、しかし第13回相模原臨床アレルギーセミナーは全く同じではない。例えば小麦では2010年から小麦のコンポネントを調べることが可能になっている。ω5グリアジンです。茶のしずく石鹸で大いに有名になりました。12月の総合アレルギーではコンポネント診断のお話をまた聞きたい。

アレルギーマーチをなめて止める

ダニの舌下免疫療法を希望される方が全国で少ない。保険適応病名がダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎となっていることがまずい。DUAL SLITを行うかどうか。ダニとスギしかない、両方するときは朝晩に分けて行うことが多い。しかしアドヒアランスを考えると5分間隔が成績が良い。ヒノキ花粉はエキスの抽出が難しく全くメドが立たないようだ、鳥居薬品も塩野義製薬も元気がない。舌下免疫療法のお薬が低薬価なのが原因かもしれません。ダニが少ない理由は私の場合どうせ続かないならいけるところまでスギ花粉単独治療を行うようにしている。ダニで体質改善を図ってうまくいっている人はスギがRASTのクラス4にもかかわらず全く抗ヒスタミン薬の処方はしいない人がいる。ダニを姉妹二人でやっている子が来た三カ月で一か月分をしていたらしい。これ以上は追及せず処方した、良いことか悪いことか。

ヒノキ科のヒノキとスギ

ヒノキとスギは仲間です。それならばスギの舌下免疫療法はヒノキに有効ではないか。ヒノキ花粉のエキスはいま存在しない抽出が難しいそうだ。エキスすら存在しないヒノキが今後花粉症の中で存在が大きくなる、それはヒノキの花粉はスギに比べて粒子径が小さいから下気道に来て咳が出たり喘息のような症状で苦しい。Cryj1Cryj2toCHAO1そしてChao2ha90パーセント以上相同性がある。シダトレン発売時はそう言われた、ところが大鵬薬品の方がChao3を発見してから世の中が変わった。ところがスギ花粉の舌下免疫療法をする40から50パーセントヒノキ花粉が良くなるのはなぜか。アレルギー学会の近畿地方会できいた。サイトカインが同じというお話です。なるほど抗原がスギでもヒノキでもダニでもサイトカインは同じはずですね。いろいろ研究が進んでいます。スギ花粉の舌下免疫療法をh締めたいと思っている方そろそろ播州最後の秋祭り網干も釣りです。スギ花粉の舌下免疫療法を来年に向けに向けて始めてたどうでしょう。しかし今年の7月は来年のスギ花粉の飛散には適さぬ気候でした。今年の3月10日までのスギ花粉の飛散はすごかった。ダニアレルギーの舌下免疫療法したらアレルギーマーチを修飾するこれもサイトカインプロフィールに影響しているかもしれない。明日からまた仕事今年だけの祝日も終わりです。

舌下免疫療法のランチョンセミナー

相模原臨床アレルギーセミナーのランチョンセミナーの中で鳥居薬品のランチョンセミナーは異例の90分、3人の演者のお話を聞くことができる。気管支喘息、アレルギー性鼻炎、小児の3つの演題です。鳥居薬品で人減らしが行われることは非常に残念です。舌下免疫療法の講演は姫路では少ないからお楽しみです。アレルゲン免疫療法は自然経過を改善させる唯一の治療です。小児アレルギー性鼻炎の自然改善はない、アレルギー性鼻炎と喘息の合併率は高い、アレルギー性鼻炎は喘息を合併しないアトピーや食物アレルギーに合併が多い。アレルギー性鼻炎が先行する喘息が少なくない。アレルゲン免疫療法(AIT)は舌下免疫療法と同じ内容である。アレルギー性鼻炎は自然には良くならない、薬物療法はその時限りである。唯一自然経過を改善する治療である。効果は治療が終わった後に現れる。つまりAITをしても何も良いことはない、終わった後ひょっとしたら人生が変わる。皮下免疫療法(SCIT)は日本でも今まで行われていた。皮下注射は100万回に一回アナフィラキシーショックがアメリカでは発生した。日本にはなじまない。効果を判定するバイオマーカーはまだない、自覚症状がすべてである。

舌下免疫療法後の激しい運動に注意

舌下免疫療法を行う注意に前後2時間は運動を控えてくださいという記載がある。7月の改定後は時間には関係なく激しい運動は控えくださいとなるそうです。運動してはいけないではない、運動にはRISKを伴う、舌下免疫療法は薬ではなくWHOではワクチンに分類されている、夏だからもともと皮膚病は多くなる。DUAL SLITをはじめてじんましんが出たという人がお越しになった。微妙なところです、副反応かどうか。しかし鳥居薬品のスタッフが大幅に減り神戸にすらオフィスがなくなる。神戸に営業拠点があっても姫路では講演会が行われないから同じと自分自身に言い聞かせています。舌下免疫の講演会は大阪に行くいっぱいある、兵庫ではものすごく少ない。ならば姫路オフィス神戸オフィスは無駄だった。いやそんなことはない、資材をインターネットでこれからは頼む必要が出てくる。シダトレンをFIRSTCHICEしているのは私くらいのようです。導入はシダトレン卒業がシダキュアが良いと思っています。スリム化し残った皆さん頑張ってください。7月29日の日経新聞夕刊の一面に第一三共の会長の言葉がが印象的です。新薬メーカーは新薬の有無によってその存続が決まる。相模原臨床アレルギーセミナーのブースどころではない、三人に一人が会社を去る。悲しい出来事です。シダトレンは2021年三月で消えてゆきます。

ページ移動