記事一覧

アトピー性皮膚炎の新しい治療

先日のブログに書いたデュピクレセントは発売ひと月でかなりアトピー性皮膚炎の患者さんに使われているようです。ホテルオークラ神戸ではアトピー性皮膚炎期待の星SANOFIの生物製剤デュピクレセントの発売記念講演会が行われた。蕁麻疹ではすでにゾレアが生物製剤として用いられています。既存の治療では効果がないアトピー性皮膚炎患者さんに使えるようになったのがデュピクセントです、ヘルペス感染や注射部位反応が副作用である。IL-4を阻害するとうつ病とも関係することがあるそうです。寄生虫は日本ではほとんど皆無ですが寄生虫を増やす可能性もあるそうです…そのほか機序不明ですが副作用としてアレルギー性結膜炎が起こる人がいます。ステロイド点眼液やタリムス点眼液が必要になるそうです。すぐにアレルギー性結膜炎が起こることもあれば1年後に起こることもある。IL4やIL13の受容体への結合に働く、皮膚バリア機能を低下させたり皮膚の炎症を起こすのがIL4やIL13アトピー性皮膚炎患者さんン位は高額な医療費がかかる。ゾレアが気管支ぜんそくから蕁麻疹に適応拡大したようにデュピクレセントもいろいろな病気に適応拡大が期待される。

いよいよスギ花粉の舌下免疫療法のシダキュア開始します

年齢制限なしのスギ花粉の舌下免疫療法シダキュアが使えるようになりスギ花粉の時期に血液検査を行った患者さんから少しずつお電話がかかってくるようになりました。スギ花粉と死んだすれば14日ごとに通院ができることが条件です。子供医療があれば無料です。中学生になれば部活に塾で今までのシダトレンでは中断したりやめてしまったり30過ぎで不妊治療をしている情勢が一番続くのが私のクリニックの特徴です。わたくしのクリニックには30歳を過ぎそろそろ挙児希望ということで漢方治療併用の不妊治療でレデイースクリニックも通っておられる方が非常に多い。そして何か違うことでお越しいただいた時にニッコリ妊娠しましたという方がおられます。将来、妊娠出産授乳という女性ならではの問題においてアレルギーの薬は飲みなくないのが普通です。12歳以上のシダトレンなら4週間に一回、12歳未満のシダキュアでは2週間に一貫ご本人の来院が当然必要です。最低3年、休んでもよいから5年続ける治療です。さぼっても何も申しません、一度中断して再開するもよしやめるもよし、去る者追わず。予約性ではありませんのでお越しにならなくても連絡いたしません。

オリーブの会の参加費無料講演会

姫路にはアレルギーの子を持つ保護者の会でオリーブの会というのがあるのをごぞんじですか。正式には姫路食物アレルギーの会オリーブというそうです。オリーブの会が環境アレルギーの講演会を主催なさるそうです。こんな会はなかなかないので姫路外からもお越しになっているようです。姫路市田寺3丁目のコープ田寺で神戸市立医療センター中央市民病院の小児科のアレルギーの医師を招いて講演会が行われるそうです。案内とは私のところのこと待合室にも置いています。この会を中心に立ち上げた方の講演は感動と涙涙また涙の物語です。本当に悩んだからこんな会を立ち上げられたんだと思います。私も姫路と神戸で計2回拝聴しましたが一生懸命診療しようとあるいは一生懸命勉強しようと思う講演でした。今回はアレルギー専門医をお招きになりコープ田寺での講演会があるそうです。託児所も先着ですが若干あるそうです。一人で悩んでいても仕方がない。医療機関ではなかなか聞けないことをお母さん中心に保護者の方がご相談になる会のようです。平成30年9月30日(日曜日)の朝10時からだそうです。食物アレルギーのあるなしにかかわらずアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、花粉症などのコントロールによりアレルギー疾患をしっかりコントロールして生活の質を改善するというお話の様です。私ごとですが姫路市に毎年提出するアレルギーの原稿締め切り10日前になりました、そのあとには教職員向けエピペン講習会をしないといけない、忙しすぎ朝から鼻出血しました。漢方薬飲んで頑張ろう。今晩はじんましんの講演会を聞きに行かねばならない。

花粉症の注射

久しぶりですとご年配の男性に声をかけられた、花粉症で西川病院の時代に多くの点眼液と内服薬を処方していた人です。最近は年に一回かかりつけの内科で注射してもろうたら先生と縁がなくなったといわれました。デポ化製剤のステロイドを注射されているようです。私にとって花粉症の注射といえばノイロトロピンやヒスタグロビンです。何年の注射に通っていただく治療です。ノイロトロピンは神経痛のも花粉症にも適応があり注射が痛いという人いたくない人いろいろです。花粉症に保険適応を有するのはヒスタグロビンも同じです。最近は注射しなくても舌下免疫療法が普及している。スギもダニも続いている方はみんな効いている。舌下免疫療法は管理料や指導料がつかないから安価な治療で医療機関の経営には?こどものダニの舌下免疫療法を初めて導入した。最初は四分の一錠をザイザルシロップの前投薬下で行ったがやはりかゆいそうです。お二人とも女の子続くとよいけどね。12歳以上でもかゆいというから四分の一に舌がかゆかった、続けて頑張ってください。気管支ぜんそくの予防になるかもしれない。

相模原アレルギーセミナーで8月3日8月4日休診です

ご迷惑をおかけします、8月3日(金)8月4日(土)は相模原アレルギーセミナーへ昨年に続いて参加のため休診です。相模原アレルギーセミナーは実習は講義としてはありません。3日の間ずっと座学で参加費は三万五千円です。交通費と宿泊費を入れると10万円近くかかります。一流の講師の話を朝の軽食昼のランチョンセミナー、夕方には横浜のおやつも出ます、とにかく充実しています。これからの日本のアレルギー診療を担う若い医師が多い、女医さんも多いと思います。夏季休暇を使って勉強にお越しの方が多いと思います。居眠りするのは私ぐらい、みんな必死で勉強しています。小児科の日成人の日に分かれていますが私はすべて参加します。私は体力がないので昨年はルートイン馬車道駅の大浴場で疲れをいやしていました。今年は姫路から2人か3人ご参加になるようなので夜はアレルギー談義をしようと約束しています。研修医・専攻医は放射線科で当直は救急、眼科に変わり、姫路に帰り漢方診療を初めてアレルギー学会に入り全国で20人の眼科専門医を有するアレルギー専門医として恥ずかしくないよう勉強しています。勿論お盆もお休みします。

食物アレルギーとエピペン講習会は違う

内科学校医の選任要件にエピペン処方経験を入れてはどうかと思う。眼科学校医を務める先でエピペン講習会をしてほしいといわれてしていたが今年はエピペンの質問に答えてほしいといわれて養護教諭が質問をお持ちになった。エピペンのお話ではなく給食が始まったので食物アレルギーの質問ばかり並んでいたのでこれは内科学校医の仕事あるいは学校産業医の仕事だと思い持って帰って管理職と相談するようお話しました。食物アレルギーは食べれるようになるのかとかエピペンお話は一つだけあとは給食開始に伴う食物アレルギーの話です。これは眼科学校医の私ではなく内科学校及び産業医の仕事です。もう一度来られてもきっとお断りすることになろうと思います。エピペンの話食物アレルギーの話は年々変わっている。あとから責任を問われたら損です。最近年を取りつかれている。暑い暑い夏休みに食物アレルギーの講演はいやだ。エピペンは薬物アレルギー・八アレルギーに私は処方しています。

はりま喘息を語る会

いま大阪で日本東洋医学会が開催されている。どうも行く気が起こらなかったらはりま喘息を語る会の案内状かなり前から来ていたのを思い出した。以前はホテル日航姫路で春と秋と二回あったが今はキャッスルホテルで年一回のようです。喘息もアレルギー疾患です。吸入指導の現状と患者の本音というお話でした。私も喘息はSMART療法ができるシムビコートを使うことが多い。吸入が気管支ぜんそくの標準治療です。吸入指導をだれがするか?薬剤師や看護師と言っても個々の能力がいろいろある。患者さんは調剤薬局では3分以内の説明を期待しているそうです。長いのは聞く気がしないそうです。確かに早くお薬をくださいという方が多いと思う。兵庫喘息死ゼロ作戦のホームページの依頼書はかなり細かしい。患者さんが笛を吹けるかどうか吸入薬を変えるそうです。私はそんなに患者さんがお越しではないのでまずシムビコートやフォルムテイフォルムです。ガイドラインから外れるが漢方薬、さらには海外では行われているダニの舌下免疫療法を併用しています。ダニの舌下免疫療法は日本では喘息の適応がない之は治験デザインがシュッパイだったといわれている。呼吸器内科主導で治験をもう一度行う余力はないと思う。

アスピリンやNSAIDs

医学の父ヒポクラテスは柳の木の樹脂を痛み止めに使いました。柳の木の下で暮らす人に関節リウマチ1948年アスピリン服用者に心疾患が少ないことが分かったそうです。アスピリンは低用量用いると血液サラサラになる。血小板凝集抑制効果がある。そこで生まれたのが低用量アスピリンとタケプロンの配合薬タケルダだそうです。アスピリンはアスピリンジレンマとして古くから知られるように低用量なら血液サラサラに高用量ならどろどろになります。しかし高用量では炎症を惹起して胃潰瘍を起こし潰瘍部分から出血することがあります。低用量のアスピリンが冠動脈の治療薬として保険適応を取得したのは比較的新しいお話です。ところで同じPPIでもタケプロンとネギシウムはNSAIDs ULCERの再発の予防に使えるようです。他のPPIは無理です。ではNSAIDsとファモチジンことガスターはどうかというと査定されるそうです。レバミピドをNSAIDsとつ買うときはればミピドには胃炎の病名は不要だそうです。ればミピドは差薬だからだそうです。

アドレナリンとエピネフリン

エピペンは学会ではアドレナリン自己注射器と呼ぶことになっています。アドレナリンとエピネフリンは同じものです。エピペンのエピはエピネフリンに由来しています。アドレナリンは日本人から見た名前です。高峰譲吉博士がつけたアドレナリンです。最近ではアドレナリンを気管支ぜんそくに使うことは減ったそうです。精神病薬にはアドレナリン禁忌との記載がみられたが削除されたようです。これはADHDなどの病気が増え薬が増えたことに対する配慮の一つと聞きました。エピペンはアドレナリン自己注射器なので2本持つことには問題があります。保険適応ですので無料なので2本ほしいという方がおられるかもしれません。しかし自己注射器を2本持つ、添付文書に記載がないため保険者が認めるかどうか。添付文書に記載がないことはすべてお答えできませんとの答えが返るこの世の中夏休みに入り学校次第学校の員を対象に質問にお答えする会で講演しないといけません。添付文章への記載がないものはすべて回答不能になりそうです。

まぶたの接触性皮膚炎

まぶたのかぶれつまり接触性皮膚炎が目の周りに起こると眼科医に行くか皮膚科医に行くか迷う人は多い。30年同じ化粧水を使っているのに急にかぶれるのはおかしい。顔は女性の命としばしば言います。しかし急に悪くなるのがアレルギーです。アトピー性皮膚炎の講演を中心にアレルギー学会とアレルギー専門医講習会で講演を聞きました。難しいお話でした。次亜塩素酸ソーダの風呂に入ることはアトピー性皮膚炎の方にはどうなんだろう。一時的には初毒殺菌の効果はあってもあとから接触性皮膚炎が怖い。顔だけあるいはまぶただけ赤い人が皮膚科へ行くか眼科へ行くかあるいは木曜日で普段行きつけの皮膚科が閉まっているからとお越しになる。まぶたのかぶれの中でも中年以降のご婦人のまぶたのかぶれはステロイドの眼軟膏できれいになるが化粧水を塗布するとまた元通りということが非常に多い。いったんかぶれるつまり化粧水に感作されてしまうと完全緩解は起こらず付き合うしかないという方が多い。化粧水は優しいイメージですが同じ成分が入っているものが多く会社を変えも変わらないことが多い。

ページ移動