記事一覧

向精神薬と漢方薬

私のクリニックのそばで特別支援学校のバスが止まる。そのおかげでアレルギーの採血検査やお薬を取りにお越しになったりイボの治療にこられたりよそでは院内へ入れなかった方が入れる、かつアレルギーの採決までできてしまった。ADHDの薬ストラテラやコンサータを漢方薬に変えてくれと言われたことがある。そんなの無理と他医で言われたそうです。私もそう思います。しかし大人の睡眠薬は漢方薬へ帰ることが時々可能です。ご本人の医師です。まずはかんぽうやくをADDONします、そこでまず薬が増えたと怒ってお帰りになる方はTHE ENDです。ADHDの方はエビリファイやクエチアピンなど抗精神病薬が入っている方も多い。それを漢方薬に変えるのは無理です。しかし不眠症のベンゾジアゼピンは少なくとも減る配役になることも少なくない、そしてご来院されなくなりまた違うことでお越しいただきます。まずは西洋薬はそのままそしてADDONします。ADHDの塩野義製薬と日本イーライリリーから新しい薬が出るそうです、またお高い薬なんでしょう。しかしADHDは漢方薬単独では無理です。

注意欠陥多動性障害

注意欠陥多動性障害はだれもがその要素を持つ。成人ADHDにも治療がある。AD/HDの治療薬選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であるストラテラはとても高額な薬です。欠陥多動性障害(AD/HD)の勉強をしようと4月初めにキャスパホールへ行きました。会場多くの方が参加されていました。精神科の医師でもADHDの診断は難しいらしい。普段は注意欠陥多動性障害のコンサータ錠について勉強するくらいです。昨日はストラテラの勉強に行きました。というか言ったラストラテの話でした。姫路市医師会も後援していましたが医師向けではなく教育関係の方向けの講演でした。姫路市医師会の前に教育委員会とかいてありました。漢方薬で何とかといわれたときに向け注意欠陥多動性障害の勉強に行きました。を勉強しています。注意欠陥多動性障害の方向けにいろいろ教育の世界も動いているのを実感しました。昔はADHDとASDは異なるとされました。ADHDはASDつまり自閉症スペクトラムを合併します。12歳でADHDかどうかが診断基準で問われています。昨日は姫路市内は認定子供園と中学校が運動会でした。昨日は遠路はるばる成人の注意欠陥だ動性障害を勉強しに行きました。今日は疲れて寝ています。

皮膚科で治らないニキビ

青春のシンボルといわれたニキビですが瘢痕化して後に残る人がいる。日本ではニキビ瘢痕の薬は存在しません。漢方で言えばおけつですが瘢痕化してしまったら難しいと思います。数は少ないながらJUNE BRIDEの女性には少なからずの効果が見られました。尋常性ざ瘡ガイドライン2016でも漢方薬がEBMがあるとされいます。3カ月はアクネ菌を殺し、あとは耐性菌を予防するためBPOやデイフェリンゲルで維持することになります。ニキビの漢方薬といっても補うのがよいのか寫がよいのか、そこからは漢方専門医の世界です。病名漢方もある程度は打率がよいと思います。しかし、問診で舌診でさらに脈診で打率を上げるところが皮膚科で治らない良くならないニキビには必要かもしれません。

秋バテ

朝夕、かなり涼しくなってきました。残暑では朝夕涼しくなり昼暑く体調を崩しやすくなります。残暑の漢方薬が3つ挙げられていました。清暑益気湯、清心蓮子飲、麦門冬湯です。傷津耗気を回復させる処方です。残暑というよりも秋バテという言葉が今年は多用されています。秋バテとは自律神経の乱れが本体だそうです。暑い夏が終わり秋めいてくると7度くらい日内変動があるそうです。自律神経自分ではコントロールできない神経です、車のアクセルとブレーキです。20度涼しくなると交感神経優位になるそうですと夏は副交感神経冬は交感神経が優位になります。秋は気圧が変化します。30ヘクトパスカル気圧が下がると人はストレスを感じて交感神経優位になります。40歳代になると自律神経の調節が難しい。自律神経のトータルパワーが年齢とともに落ちると太る・うつ病・不眠などに至ります。秋バテ解消には副交感神経と交感神経療法を高めることです。私は疲れ切っており副交感神経交感神経療法低いようです。今日は一日熟睡しよう。好きな曲・懐かしい音楽は交感神経をかえって優位にします。休日には散歩をするのが良いそうです。時間に追われずゆったりするのは難しい。風邪の人が多いです。

アレルギー性鼻結膜炎

いよいよスギ花粉舌下免疫療法シダトレンの新規導入が新たに始まる。スギ花粉症でも通年性アレルギーでも血液検査で調べるといろいろ自身が思っていたのと違うアレルゲンに反応していることがわかる。アレルギー性結膜炎は大きく分けると花粉症と通年性アレルギー性結膜炎に分けることが多い。あアレルギー結膜炎とアレルギー性鼻炎はご存じでもアレルギー鼻結膜炎は知らないという方は多いと思います。アレルギー性鼻結膜炎について毎年姫路市に短文ですがレポートをしています。アレルギー結膜炎とアレルギー性鼻炎は合併しやすい。併せてアレルギー性微結膜炎といいます。アレルギー性鼻結膜炎はアレルギー性鼻炎の治療だけでは抑制困難です。発症機序の一つは鼻眼反射がある。アレルギー鼻炎はくしゃみ・鼻漏型と鼻閉型そして完全型に分かれる。鼻閉が一番難しい、LTRA・鼻噴霧ステロイド・PGD2/TXA2薬も併用することがある。アレルギー性でしょうねというとなんで右だけですかなんで左だけですかと聞かれるがこれは分からない。臓器特異性の問題は分からない。そしたらなぜ鼻だけですかなぜ眼だけですかという話にもつながる。

色覚検査が始まりました

任意の色覚検査が姫路でも始まりました。まだ多くの学校で思案されていますが早い学校ではもう学校で色覚検査が始まりました市教委から各学校へ文章の様式を配布されていました、まずは申込書から決まった様式になっているそうです。まだまだ暗中模索の感じです、いつごろ検査するか、全校生かなど不明瞭です。昔は色覚についての書籍を貸し出していましたが今はインターネットの検索キーワードをご指導する程度で保護者の方が研究してくださいます。書籍は変色します。保護者の方に少しだけ検査をしているそばでお子さんの検査の様子を観察していただくと「良くがんばった」と保護者の方がお子さんに語りかけておられます。然し、3種類の色覚検査を複数回すると色覚検査でかなり時間がかかります、また複数回すると微妙に違う結果になります。また小学校に入ったところの方では検査が難しいようにも見えます。色覚検査表をいかにお子さんが触れることなく検査するか?いろいろ工夫が必要です。おじいさんが色覚に有所見であればお母さんは保因者の可能性があります。色覚が有所見であっても治らない、然し、進路決定に大きくかかわる。色覚が正常ではないと高校生になってからでは遅い。

新しいにきびの薬べピオ〔BPO〕

青春のシンボルにきび。世界では50年お使用実績があり日本にこの度は行ってくる薬がBPOです。尋常性座そうガイドラインで推奨される過酸化ベンゾイルです。商品名はべ否緒です。私のところに来る患者さんはにきびの漢方薬を希望する方が多い。にきびも漢方薬がよく用いられる疾患の一つです。BPOつまり過酸化ベンゾイルの最大の長所は耐性菌ができないことです。ディフェリンゲルやダラシンゲル、アクアチムローション、硫黄カンフルローション富のマイシンの内服などがよく行われている尋常性ざ瘡の治療です。案外ファロムの内服もよいそうです。かなりアクネ菌の耐性化は進んでおり30パーセントに至るとの報告もあります。漢方薬ではにきびは熱ととらえることが多いようですが素体が冷えて冷えのぼせのにきびもあるように思います。4月のBPO発売が楽しみです。尋常性ざ瘡ガイドライン委員会が厚生労働省に要望して実現した今回の過酸化ベンゾイルの発売を楽しみにしております。漢方薬とべピオでP.ACNESの薬剤耐性株が減ったらうれしい。4月に発売です。

医師になって役立つ勉強

受験勉強で医師になり役立つ教科は何か?まず国語です、原稿しゅっぴつでテニオハを直すことは医師になっても要求されます。紹介状も手書きの時代は漢字も大切でした。それから英語、論文読むのに必要です、医学英語は簡単な文法ですが単語がテクニカルタームなので分からぬことが多くあります。ドイツ語はご年配の医師からの手紙を読むには必要です。時々化学も役立ちます。例えばコンタクトレンズの消毒液に過酸化水素が登場します。話は変わって先日子供に化学を教えました。中学生には難しいが高校生では簡単すぎる化学です。イオンの考え方と昨年まなんんだ同素体同位元素の違いが判らないそうです。MOLの概念が中間考査の山だそうです。しかし、横に張り付いてないと勉強しない。学校3日連続休んだのにノートをコピーしてこない。教材がそろってないから問題外です。受験を勝つには数学・物理が大切ですが医療行為を行うにはほとんど関係ありません。ただし教養課程を突破するには数学・物理は重要です。まずが学校に行き授業を受けることです。夜行性や携帯ネットの依存症が一番困る。

最近の面談

最近学校や進学塾の面談で時代の変化をつくづく感じることがある。先生の生徒や児童に対する言葉づかいです。とてもきれいな言葉づかいです。進学塾など受付の方に〇○様と言われると誰が呼ばれているのだろうかと周りを見てしまう。さらに子供が脱走するとバス停まで探しに行ってくださり見つけてくださった。先日も授業終了後21時から23時まで延々と面談に立ち会った。先生は最終電車の時間と言って終わりにないました。最初から最後まで敬語でした。昔だったおいお前だったが君ねーとか〇○クンに効いているんですよ私はといった具合です。姫路駅前には危険がいっぱいです可能なら迎えに行くのがよいみたいです。JR・山電といった方面に整列している理由の一つは危険がいっぱいということのようです。そして先生が先生はねーとおっしゃらなくなっていることです。先生はねえという言葉だけで敬語です。自分に敬語を使ってはいけないと思います。学校によってはガンガン内容は厳しいところもいまだありますがそれでも生徒に対して〇○クンと敬語を使われます。昔は〇○クンなんて先生は読んでくれなかった。子供に対して塾に行かせていただいていると思ってくださいとすべて子供に対して敬語を使われてました。YAHOO知恵袋で〇○大学付属〇○中学校のスクールバスについて記載がありました、無茶苦茶ですね、ただ一人しかANSWERを記載していないので事実かわかりません。事実であればR4が37では済まないでしょう。人気没落?さらに〇○付属姫路中学校のS女子高からお越しになった男性教諭K先生ではない女性教諭をおばちゃんと書いてあったり統一試験日の午後受験に受験者は集まるのでしょうか?11月3日のプレテストは無料だし緊張しやすい男の子はみんな受けましょうと保護者会で教室長がおっしゃっていました。なんせこの学校への受験指導は先行き不透明感が強く強くは進めにくい状態みたいです。一方市内の男子校も今の一年生に良い先生を集めたため受験生にとっては不安ですがまだ改革弐年目やる気満々の先生はおられるそうですよ。

受験は通過点

今日、保護者会に参加した、資料が足りないくらいいっぱいでした。びっくりしたのは教室長が変わればいろいろ変わる。一学期のテキストの解き治しを昔は課されていましたが今日の話では苦手なところのみでよいそうだ。更にはこの時期になればほめることに重きを置くそうです。スベルは取消、通ると言って自信を持たせることに重きを置くようにするべきだそうです。前は違っていました。教育には正解はないのでしょう。受験をすると無常観や満足感を得る。いくら勉強しても合格しないしかし多浪するとなかなかあとに引けない。すべての学校合格が目的ではない。私の大学でも放校という制度があった、一学年3年はできない。他の大学を出て医師になる人もいれば柔整や歯学部へ進む人もいる。やさしすぎてネズミをビーカーで炊いて骨格を見たり、大きなカエルの解剖優しい人には苦痛です。たまたま不合格になった人の方が医師には向いていいるかもしれない。子供が通う学校の新聞に教員が書いておられた兵庫県の中で変わった学校日本の中でも変わった学校それが兵庫県西部地区では人気校になっている、しだから今年は違う学校を目指す特訓に変えた。先生からもう少しこのままでと言われたが何が何でも志望校特訓は変えてくださいとお願いしました。すると教室長がもし気が変わったら私の権限で元の特訓に戻しますからおっしゃって下さいと言われました。偏差値で学校選んだらえらい目に合う。留年や自主退学とういう最悪の事態が怖い。3日連続休んでも何も連絡のない学校?・オリンピックでも出る学力を持つ方が進む学校です。算数がクラスで一番だったと笑顔で帰ってきた、何よりです。難しい過去問にみんな悩む、合格しても走り続けなければならない。鶏口となるも牛後となることなかれ、どこの学校でも留年自己退学は怖い。うちの子が受験を前に学校も学習塾も休みまくっている、大丈夫だろうか?意外と成績下がってない。先生には一度地獄を見てこいと言われている。進学すれば偏差値20も十分ある。

ページ移動