記事一覧

インフルエンザワクチン欠乏症

インフルエンザワクチン欠乏症で11月末つまりこの週末はホームページのTOPにアクセスが集中しました。私のところではいよいよワクチンがなくなったがまた入荷する、マスコミも賢いようであおる報道は自粛しているようです。逆に不満を持って帰る方も少なくない。そして予診票を持った方が11月31日12月1日駐車場にお車で自転車で駐輪場へと多い久未エアたが事情を説明しまだまだ入荷することを伝えてお帰りいただきました。この調子ではセンター試験が終わった後接種したい人が待歳多いが今年は中学受験には何とかワクチンが提供できそうですが1月はきっとないでしょう。1月まで置いといてねと毎年言われますがことは無理ですよとお話しております。ホームページに新しい入荷状況をご記入しております。誰にも分らない、いつ入るといってもたいてい遅れます。このようなことが起こる以上化血研はじめ4社に寡占の状態は良くないと思います。ワクチンには診療報酬改定がありません、毎年薬価改定時代を迎えワクチンに新規参入を許してはいかがでしょうか。日本脳炎のワクチンはずっと不足している、そんなこと受診者は全くご存じない。うちのあたりは溝掃除は9時にはいつも終わる。

12月6日なったらおうかがいします

今週は武田薬品工業のinfluenzaワクチンが入荷しない。今週はinfluenzaワクチンはどうにもこうにもならない。12月5日ごろ入荷の予定だそうです。今年の不足はインフルエンザの予防接種に使うワクチンを日本脳炎にラインを回したとかHIN1の株が初めて変わったからといわれる。そこでお子さんは小児科でうってくださいとのお願いをホームページいたしました。子供の接種はかなりおかげで減りました。今手元にあるのは本当に貴重な妊婦さん向けのチメロサールフリーワクチンです。今はMSD社しか作ってないから遠くは明石市からお二人も予防接種だけにお越しになりました。今年はMRさんが我々が接種して一般の方に回らなかったら困るから接種していませんとおっしゃっていました。電話でたくさんお問い合わせをいただきますがわずかの料金の違いを聞き12月6日になったら伺いますといって電話を切る方が多い。あるいは予診票だけ先にいただきますとの声も多い。今年南半球では強力なインフルエンが流行したそうです。インフルエンザワクチンをうってインフルエンザに罹患するが毎年20人近くんぉう炎に罹患するそうです。ということで今週は暇そうです。

インフルエンザワクチンの季節

インフルエンザの予防接種についてお問い合わせをいただいているそうですね。ありがとうございます。そしてたくさんのご来院ありがとうございます。11月になり早く接種したいという大衆心理が働きますが受験の方が当クリニックでは1月まで置いといてねと言って帰られる。ないかもしれない。新種のインフルエンザ接種方法のようです。年内は接種せず年明けに一回だけインフルエンザワクチンを接種するという保護者のお考えすごい。昨日、日本東洋医学会の関西支部例会に向かう電車で市内の内科医の先生とご一緒しました。ワクチンがないから予約をとれないとおっしゃっていました。私のところはもともと予約する習慣がインフルエンザワクチンにはありません。なければ接種できません。今年はかかりつけの患者さのみ接種というところも少なくないそうですね。チメロサールフリーワクチンを求めて妊婦さんが西明石からお越しになりました。かかりつけの方のみ接種というところ多いようです。そこでMRさんも結構接種にお越しいただいています。私が卒業した中学校でB型インフルエンザで今日、学級閉鎖になったと中学生が接種に来た。A型が出ているとも聞く。インフルエンザに麻黄湯はとても効く、インフルエンザウイルスにかかった記憶が私も妻もないので麻黄湯がタミフルと同等の効果があるかどうかはわかりません。しかし論文ではタミフルと麻黄湯は同等です。

ワクチン接種

今日も多くの方がインフルエンザワクチンの接種にお越しになった。10月はインフルエンザの予防接種にはまだ早いと考える。10月によそ様では多くの方が接種している。3カ月先を見据えると効果が切れると考えてしまう。11月になったらいよいよインフルエンザワクチンの接種が始まりました。今は12月ですがインフルエンザワクチン50人分頼もうとしたら先生のとこはあと20本で今年は終わりといわれてしまった。どこかのワクチンMRさんがうちのを使ってくださいとおっしゃてくださらないかと思ったがうちの化血研を使ってくださいとの申し出しかなかった。このBLOGを読むどこかのMRさん来年以降を思うと化血研以外を提供していただけるところはないでしょうか。ホルマリンフリーのMSDは18本で終わった。化血研ならどこかに残っているのでしょうか。今年はインフルエンザウイルスの流行が早いといわれたが姫路は思ったほどではない。10月4日また厚生労働相が化血研の日本脳炎ワクチンで製造品には問題ないが製造過程に問題ありと発表した。化血研以外のワクチンがとても人気だそうです。おかげで日本脳炎ワクチンを長らく見ていません、入荷しないのです。MRワクチンが1万円どころか2万円と言われたという方がお越しになった。聞けば婦人科でのお話でした。以前は風疹単独ワクチンとおっしゃる挙児希望の方が圧倒的でしたが挙児希望で風疹単独ワクチン希望者がいない。以前ははしかワクチンは無用の長物とされましたが今は必須となっています。来年2月に風疹単独ワクチン2本期限切れを迎えます。何件かお問い合わせがありましたがHibワクチンとインフルエンザB型は全く関係がありません。インフルエンザ菌は当初インフルエンザウイルスと間違われて発見されました。ウイルスのほうが小さいため発見できないのは当たり前です。認知症のワクチン治療が有望だそうです。しかしオプジーボよりも高薬価になるという噂です。つまり、だれでも接種できない可能性が高い。舌下免疫療法のWEBを見ました。舌下免疫療法の液をVACCINEというのはWHOの呼び方で予防に使うからだそうです。

はしかワクチンはない

はしか単独ワクチンもはしか風疹混合ワクチンも入荷しません。はしかワクチンはどこにもありませんとマスコミはなぜ言わないのか?9月中はどこにもないはしか風疹の混合ワクチンを求めて患者さんがお越しになってしまう。駐車場でスマホで他の医療機関を探しておられるようでなかなか車が動かない。10月になれば混合ワクチンが出るかもしれません。11月になればはしか単独ワクチンが出てくるかもしれません。流通していないとマスコミがいわないからはしかのワクチン探しが行われる。日本脳炎もワクチンが少ないみたいです。なぜ裏事情を公開しないのか不思議です。ワクチンしか薬はないといっても入荷しないものどうしようもありません。

麻疹ははしかですよ

私のところへは麻疹風疹の混合ワクチンすら入荷しなくなりました。お断りの電話入れることとなり申し訳ありません。しかし、ホームページの予防接種のところがアクセスが増えています。多い日はホームページ450アクセス、はしかと麻しんが同じ病気とわからん方から電話も鳴りっぱなし、しかし麻疹風疹ワクチンはしばらく入荷しません。小児科にはあるが大人にはうってくれない。数年前の風疹流行時は麻疹風疹混合ワクチンは絶対に接種しませんといわれましたが麻疹・風疹混合ワクチンもありません。麻疹ははしかのことです。予防接種を受けたいと連絡をいただくときはしかが麻疹とご存じがない方が多い。患者さんがなんでもご存じなら医療従事者の値打ちがない。以前に風疹単独ワクチンを接種している方からは依然接種したのは麻疹か風疹かという問い合わせも多い。電話でお断りをするが誰も怒鳴らない。どこもないからでしょう。マシンが入ったワクチンは本当にありません。今日は幼稚園の運動会で職員がいない、電話に出たくない日です。どうせワクチンないんだもん。

はしかの予防接種

風疹単独ワクチンだけが在庫に残る状態となりました。麻しん単独ワクチンは11月までありません。はしか・風疹の混合ワクチンも品うすです。マシン単独ワクチン接種をご連絡をいただく新たな方はすべてお断りしています。今年はインフルエンザのチメロサールフリーワクチンもありません。はしかは予防接種しか防ぐ方法がないとマスコミは報道すれば欠品を起こすのは時間のもんだいといわれていました。私は予防接種が増えると消費税が増えて何をしていることやらと思いあまり乗り気ではなくなっています。MRワクチンを子供に打つのは当たりまですが大人は挙児希望の方がお越しになる程度です。風疹ワクチンに姫路も一年だけ男性に助成金が支給されました。挙児希望の方以外では医療系の学生さんで実習の方がお越しになるくらいです。ホームページのアクセスも以上になっています。日本脳炎ワクチンもいつでもどうぞといえません。風疹騒動の時はみんな麻疹・風疹混合ワクチンは嫌といってたのにいまさらです。もっと行政がアナウンスするべきです

インフルエンザワクチン

2015年のインフルエンザワクチンは4価になり接種部位が腫れるとの意見がある。3価で家格据え置きが良かったような気もする。高校生や中学生がおひとり来られる時代です。もちろん保護者同伴が姫路では保健所から始動されているはずです。一月になっても私のところはワクチンはおいてある、昨年は特別早く流行した。保険所からもし何か帰宅途中で起こるといけないから保護者同伴つまり施金がとれる方と一緒に来てもらってくださいと言われている。HI抗体価が上がりにくいB型インフルエンザワクチンが2種類入って値上げして費用対効果はいかがでしょうか。インフルエンザワクチンの接種に、うちの子供の小学時代の同級生がお越しいただきました。しかし受験だからと問診票をご記入いただいた後気づき、まだ流行っていない、昨年と違い流行が遅い。2回接種の日なら1月にもう一度来るからワクチン置いておいてくださいと帰られことをご説明しましたところ変えられ今日来られました。小児科はインフルエンザの予防接種を早く終えるからみんな早く摂取しないと時代に遅れるという考えのようだ。大阪に比べ姫路では例年インフルエンザの流行は遅い。そんなに焦ることはないし、今年は4価ワクチンになっているから副反応を見極めるため遅めが良いと思ったが10月15日になったら電話がいっぱいなった.保険診療が基本の医療機関でお問い合わせの電話がいっぱいなると目の前の患者さんには不快だと思います。予約制ではないしいつでもお越しいただいたらよいし看護師が接種する医療機関ならいくらでも接種できるが私が打つからそんなにできません。

侵襲性髄膜炎菌

侵襲性髄膜炎菌が日本でも発売されていることをご存知でしょうか。侵襲性髄膜炎期は宮崎県の高校で寮生が集団発生し死者が出ました。そろそろインフルエンザワクチンの接種が増えてきました。インフルエンザの予防接種の時なぜ母子手帳をお持ちにならないのだろうか?もし、MRワクチンを接種していたら28日の間を開けなければならない。当たり前のことだがみんながみんな理解しているわけでない。海外ではアイミクスサノフィのHDはサノフィが販売しているようです、アムロジピンが10mg入っているARB/CCBアイミクスHDのみです。サノフィのメナクトラというワクチンをご存知でしょうか?侵襲性髄膜炎菌のワクチンです。2から55歳が添付文章では接種対象です。米国では侵襲性髄膜炎菌感染症は0から4歳、16歳から21歳に多いそうです。液性免疫が低下して居る方には莢膜を有するので感染が起こりやすい。皮下注射主流の日本と異なり海外では不活化ワクチンは筋注、生ワクチンは皮下注が主流になっています。侵襲性髄膜炎菌は進行が早く、成人の致命率は4から7パーセントだそうです。劇症型では紫斑やショックで亡くなるそうです。肺炎球菌の話でよく登場するアメリカのACIPは一回目の接種を11から12歳、追加接種を16歳で進めている。

欠品に回収一体どないなっとんや

化血研のインフルエンザワクチンの製造工程での問題以来いろいろ問題が噴出している。4種混合ワクチンのクワトロバックが手に入らない、代わりのテトラビックは二本購入しなければいけない。武田薬品のおたふくワクチンも愛知県の定期接種化で欠品を起こしていた。うちの冷蔵庫には第一三共のおたふくが入っている。白癬菌感染症のアスタットクリームそして代替えのルリコンまでないそうです。さらには第一三共のMRワクチンまで回収ですか、いったいどないなとんねん。

ページ移動