記事一覧

QVCマリンフィールド

アパホテルアンドリゾート東京ベイの部屋から海が見える、QVCマリンフィールドも部屋から見える。QVCマリンフィールドは阪神甲子園球場よりも海のそばです。今年こそでっかい夢をみんなでMARIENESYOU。と書いてある。アパホテルアンドリゾートの北側にはホテルニューオータニ幕張があります、その横を歩くとすごく強い風が吹きます。北側には三井アウトレットパークが見えます。今日は曇りですが雨は降らないようです。朝は5時から露天風呂でリフレッシュしました。そして朝食も広い食堂で朝6時半から食べることができました。来年のアレルギー学会は幕張メッセですがここに泊まりたい。先週は皮膚科学会、来週はアレルギー学会でGA2LENの100名の定員は埋まらなかった。しかし、修了試験で私は2時間遅刻していったし不合格間違いないと思ったら合格証が入っていました。オマリズマブがつまりゾレアが蕁麻疹に使えるようになる。日本のじんましんガイドラインにオマリズマブが入ってきます。講演会の最初に試験をしたら20点、講演会終了後には87点までみんなレベルアップしたそうです。私は最初の試験は遅刻したので受けていません。オマリズマブの使用経験が豊富なドイツやスペインのじんましんの偉い先生の話を同時通訳で聞けて楽しかった。なんと大学の皮膚科の先生方が多かったのにまた5名も試験落ちられたのに私がGA2LENつまりGLOBALALLERGY AND ASTHMA EUROPE NETWORKの参加証だけではなく合格所を手にしました。明日からじんましんで頑張ろう。

産業医

日本医師会の認定産業医制度は1972年に設立されました。初めはいい加減だったようで所謂名義貸しが多かったようです。阪神間の年に比べ産業医の報酬が異常に安い。ふつう、こんな安い報酬でできるわけがない。前任者はどうも名義貸しだったようです。産業医には更新がある。それなりに費用がかかる。姫路の産業医は何も仕事をしなくていいですよというくらい破格に安価です。私は産業医の上級資格である労働衛生コンサルタント(保健衛生)です。国家資格を持っているんです。悪名高き前東京都知事が厚生労働大臣の名前の証書を持っています。やる気をなくしました。しかし医師会の理事会をとおしているから辞退もできないらしい。2年は努めなければいけないそうです。頑張ります。そして今のところ喜んでいただいています。姫路ではストレスチェックテストは産業医の契約外つまりオプションです。報酬以上の仕事をしたいだから労働衛生コンサルタントになった、そしていろいろな方に試験合格の秘訣を伝授していました、きょうからゆかたまつりです昨日仕事の関係で城南公園のところを通りました。盆踊りのような準備がしてあった。報酬以上の仕事を必ずしたと思います。手術ができない立体視がない眼科医ですが事業現場の立場から見る産業医を労働衛生コンサルタントとして頑張りたい。最近は漢方薬やアレルギーの目以外の患者さんが増えています。

産業医あるいは労働衛生コンサルタント

国家資格の労働衛生コンサルタントを姫路で取得している数少ない1人なので産業医の更新は不要ですがどうしようと悩んでいます。労働衛生コンサルタント会は年会費25000円そして兵庫支部にも上納金が必要です。産業医の更新に必要な20単位の取得にかかる費用や産業医の更新手数料も5年ごとに必要です。50人以上の事業所には産業医選任義務があります。今度から50人以上の医療機関では管理監督者の院長や理事長は産業医として選任して労働基準監督署に届けることができなくなります。当たり前ですが管理監督者つまり経営者が医師にはいくら守秘義務があるといっても産業医を務めることはありえない話です。ストレスチェックテストの指導は今の報酬でするのかしないのか?話題です。もうすぐ医師会館でストレスチェックテストの講習会が産業医向けに行われる予定です。今のところ医師の指導を受ける人が少ない、しかし自らストレスチェックテストを受けた精神科の院長である医師はおっしゃっていました、これは自分の気持ちで答えを変えることができるものですね。梅雨でうっとおしい日々が続きます。昨日は関西系統中医学講座でした。帰りは芦屋あたりから凄く雨が降りました。生薬の話は盛りだくさん過ぎました。方剤のお話は茯苓飲や平胃散そして温胆湯など仙頭先生は今日はわからなくてよいですよというのも資料をくださった。補気と理気の生薬だけでもふんだんな内容でした。陰陽のお話は具体的でわかったような気になりました。今週末はアレルギー学会で国際フォーラムです。今週は毎日に昼も夜も予定がいっぱいです。

特定業務検診

特定業務検診の時期になってきました。深夜に働く人は特定業務従事者です。たとえばコンビニで22時以降に仕事に就くことは特定業務従事者です。普通は年一回の検診で事足りますが医師・看護師のような深夜業務がある職種は年間に2回の検診をおおむね6カ月開けて行う必要があります。大手企業では検診センターで行ったデータを事業所に届けることになります。そして最後に産業医がサインをして労働基準監督署に提出する。健診実施日と指導日はのタイムラグがあります。そして産業医がチェックします。本部の健康管理室のチェックと私のチェックダブルチェックです。なぜなら転勤があるからです。転もうすぐ3月、転勤が決まる時期です。私も次回の出務日には特定の患者さんと面談します。数か月に分けてお話しする予定です。ストレスチェックテストも入ってきて大変です。タクシードライバーの勤務形態は特殊なようです。朝8時に出勤して明け方2時までというのが姫路では多いようです。単純に計算すると労働時間が非常に長い。8時間労働や週休二日など別世界である。特定業務検診では胸部レントゲンはありません。

産業医は味方か敵か

50人以上の企業というか事業所つまり例えば○○中学校などの事業所に50人以上の職員が存在すれば最低嘱託の産業医を選任する義務があることは周知のとおりです。主治医と産業医が同じ。これが問題で産業医が事業主と一体みたいになります。そしたら産業医は敵です。産業医は事業主から報酬を得ております。嘱託産業医の場合特に主治医と産業医が同じであるということが多いと思います。専属産業医は診療を目指していないことが多いが嘱託産業医の場合は安価な産業医報酬では割にはあわぬと顧問先の従業員さんを抱え込む傾向がある?産業医のメリットは自院の患者さんを増やすことみたいになっています、私は内科の看板だしていないので一般診療に患者さんが戻ってこないのでメリットがないの産業医をしていない。つまり公募に応募していません。産業医の報阪神間に比べは安いらしい。機微な情報は加工して事業主に伝えないとトラブルが起こる。特殊例ですが隣接県で産業医がうったえられ和解にいたった事例が数年前にありました。労働者にとって産業医は敵ではないでしょう。医師には守秘義務がある。産業医と主治医をかえればよいかもしれません。クライアントさん。

四つのケア

メンタルヘルスケアにおいて四つのケアとはセルフケアラインのケア事業所内産業スタッフによるケア、事業所外資源によるケア、事業所内産業保健スタッフ等によるケアそしてラインによるケアです。セルフケアとは労働者自身によるケアです。ラインケアとは管理監督者によるケアです。管理監督者とは自由に帰ってよい自由にいろいろしてよい権限が与えられています。しかし現実はそんな人ほとんどいません。昨日も工事の打ち合わせをしていましたが20歳代の社員が育っていないと嘆いておられました。社長はお金を管理するだけそこに番頭さんがいる。今建設現場では職人さんが不足している。不況が続いた間に他の業種例えばタクシーの運転手さんやガードマンなどに転職してしまい指導する人が少なくなっているそうです。親方といわれる方も減った一人で仕事したら成り立つが人を雇っていては経営が成り立たないそうです。若い職人さんが育たないのは世の中の変化が大きいと思われます。研修医は労働者で病院で一番時間どうり帰れる医師は研修医です。医長や部長なんて名ばかり管理職です。四つケアで一番むづかしいのはラインによるケアです。管理監督者自身メンタルに問題がある。

腰痛と松平浩先生

誰でも襲われる病気は多い。その中でも腰痛はいつでもだれでも襲われる。松平浩先生の腰痛の話は画期的です。松平浩先生は関西人の私はお名前も聞いたことがなかったが週刊誌等でかなり話題の医師だそうです。講演の最後は最後は検索サイトで「松平浩」で検索だそうです。今の時代腰痛にMRIは当たり前です。原因が特定できる特異的腰痛は15パーセントである。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が各5パーセントだそうです。最近の日本の腰痛ガイドラインで画像診断はルーチンに行うべきではないことになっている。原因が特定できない非特異的腰痛は85パーセントだそうです。日本のガイドラインセレコックスのWEBシンポジウムでやってましたが特に推奨されるのはGRADEAとされている。画期的なのは腰痛の発症と遷延には心因反応が関与することです。画像診断が必要な腰痛はガイドライン上神経症状がある、危険信号がある、保存的治療で軽快しない場合だそうです。心理的なストレスつまり周囲のサポート不足、仕事への不満、人間関係のストレス、腰痛に対する不安などがあります。ドパミン・オピオイド・システムの不具合が腰痛に大きく関与するメカニズムだそうです。セロトニンやドパミンの分泌不足が関与します。更にあひょうついの機能障害が関与します。私も浪人二年目の最後は腰痛で共通一次試験で敗北が決まりました。当時と今では診断も治療も全く異なります。治るまで安静よりも痛みの範囲内で運動した方がよいというのがいまの考え方です。ヨガがよいようですが新興宗教が怖い。

業務上疾病

業務上疾病で最多なのはうつではなく長い間腰痛です。ドライバー、介護職、教職員医療を含め多くの職業で腰痛は深刻な問題です。長い間ずーと業務上疾病の一番が腰痛になっており改善されないのはなぜでしょうか?一つは機械化には限界がある。たとえば、介護や特別支援学校において機械浴などには限界がある。ご老人も介護者も器械でない風呂に入りたいし入れてあげたい。お互いに思うことです。労働衛生教育をしても新たな腰痛が発生します。ところで今日は市民会館で中学受験の日です。あすは岡山のM学園体調管理に気を付けたいところです。今まで岡山の学校二つが連続で試験というのはなかったそうです。臨時列車は出ますが岡山行きの電車は混むし保護者が待つのは寒い。使い捨てカイロ一杯持参すべきです。しかし今年は近畿統一試験日と日があいている。私の時代には高校がやっとできたところだった。予備校に岡山のM学園の方がいらっしゃいました。インフルエンザ対策うがいより手洗いです。今も電話で声がでない見てくれとお電話をいただきました。M学園合格者は封筒が厚い。残念なら薄い。非専願で勝負するか?専願で安全策をとるか?思案のしどころです。理科で電気の難問でなければよいですね?姫路にも公立中高一貫校作ってほしい。寄付金いらずで学年で10人も留年させない学校です。中学は義務教育だからよい。高校には欠点2教科または平均点50点以下なら留年が待っている。留年嫌なら〇ラークや○○セミナーに去ってゆかねばならない。それが嫌なら遅くとも2年生くらいで公立へ戻らねばならない。合格しても走り続けないといけない6年です。

AKB48と労働基準法

労働基準法61条によると22時以降の18歳未満の就業制限があります。18歳未満のAKBが年末の紅白歌合戦に22時以降に出番が来ることが話題になっています。AKBは労働者かどうか微妙です。研修医が労働者となったのもK医大耳鼻科研修医過労死事件で安全配慮義務違反が認められさらに研修医の社会保険労務士の親が最低賃金すら支給されていないことで複数の訴訟を起こされたそうです。何かあればNHKが安全配慮義務違反で問われる。芸能人が労働者であるかどうかは微妙です。研修医が労働者であるならやはりAKB48は労働者でしょう。研修医に労働者性があるのは私が研修医であった頃から言われていました。しかし研修医は労働組合に入っていない。2年すれば消えてゆくもの大学院に進学して学生の身分に戻るものまとまりがない弱者です。男女雇用均等法が確立されるまで薬剤師や放射線技師は男性しか夜間の労働は認められませんでした。看護師だけが認められていました。だから救急をする病院での女性の放射線技師や薬剤師は皆無でした。急病センターはどうだったっけ?しかしK医大事件ブルガタ症候群を有するのに健康診断を受けていませんでした。そこで過失相殺が行われた。自己健康管理義務不履行も医師であることを考慮して認められました。そして研修医は労働者となりました。AKB48は労働者かどうか?最高裁で争うことはないでしょう。

受動喫煙と改正労働安全衛生法

平成24年には改正労働安全衛生法で受動喫煙に対する規制強化が期待されていました。受動喫煙に対する風当たりが強くなっていましたが今の与党になり国会議員の多数が喫煙者であり昨年11月16日衆議院が解散となり廃案になった改正労働安全衛生法がそのまま放置されていることをご存知でしょうか?その法案が再提出される気配がありません。改正労働安全衛生法は平成15年5月1日施行の康増進法を超えていません。職場のための喫煙対策ガイドラインも平成15年というから10年変わっていません。WHOのもとで作成されたFCTCににほんはひじゅんしています。日本はFCTCに批准しているからたばこの包装や広告をもっと控えなければならないそうです。例えば主要な表示面の30パーセント以上は健康警告表示に充てなければならないのです。全然できていません。族議員やいろいろたばこ関連で利益を得ている人も多い。控訴してないので東京地裁判決ですが受動喫煙に対する安全配慮義務が足りないと公務員が区役所に勝っています。暇といえば暇ですよね。然し兵庫県には受動喫煙防止条例があるんですね。知らなかったよ。

ページ移動