記事一覧

医師増産時代

昔の医学部定員に比べすごく定員が増えているのにびっくりしました。医師過剰時代と昔から言われているが近年医師不足とか偏在とか言われている。兵庫県も眼科医過剰で東京大阪に次いで兵庫県の眼科研修医枠が15人に制限されるに至っている。兵庫県には私のような眼科医は要らんのでしょう。私自身明日コロナウイルスに罹患したらクリニックを閉めなければならない厳しい時代です。さらに風評被害でそのうち医院しないといけないと思うと自粛するのが一番。地域推薦枠とやらで医学部定員がものすごく増えている。昨年位から地域推薦枠を減らしているようだがものすごいものすごい定員です。あと2年くらい地域推薦枠がいっぱいある。これでは人口は確実に減り医療費をはじめとする社会福祉の財源は国債発行に頼るだけです。日経平均株価のようにお金の話は日銀が介入すればどうにでもなる。株式が下落すれば私たちの年金が目減りする。私は高校入るまで医学部にはいきたくなかった。しんどい体力ないし私には無理と思ってました。学年主任の先生から病院あるにもったいないから医学部に進みなさいと無理やり理科系に進んだ。祖父が旧制姫路中学の教員だったから先生方はみんなお知り合い。体が弱いからよく学校も休んだ。体育の時間なんか運動場でぶっ倒れていました。嗅覚・味覚今まで目の粘膜が恐れられていたが今度は耳鼻科領域の様です。嗅覚異常は花粉症による副鼻腔炎だから漢方薬を処方しましょう、味覚異常は亜鉛が足りない可能性があるからからノベルジンを処方しときましょう。と言ってしまいそう、そしたらいきなり濃厚接触者になり14日休診、休診の夢そして風評被害で廃業の夢ばかり見ています。

もったいないけど田舎の国立大に行きます

1993年から続いたセンター試験が終わった。最後のセンター試験が終わった今後は共通試験になる。思考力が問われるようになる、センター試験が出題傾向が変わり難しいといわれたが17点平均が下がっただけです。医学部志願者ではあまり影響はなかった。センターが不調に終わり桜の花は咲かずして散った。愚息は前期は地方大学そして後期は産業医科大学に受かった。大阪の旧設私立もうかった。私は私立に進むように言ったが聞かない。これは六年一貫教育が悪い。国立でない学校の進路指導には乗りません。自分で適当にといわれた。だから現役の時は国立しか頭がなかった。大阪には歴史ある私立医大があることが浪人してわかった。問題は国立大学と同じ傾向、例えば英語なら英作文と長文読解のみ。穴埋めやアクセントの問題はない。医学部受験は就職試験と同じ。医学部医学科に進めばほとんど臨床医になる。
私は産業医大を進めたが周りはみんな国公立医学部だそうです。仕方ないなあ、しばらくはこの世の別れになりそうです。予備校に家から通ったから世の荒波にもまれて生きるがよいと思う。あとから大阪医大関西医大に行かせてやればよかったと思うかもしれない。あと3日あるが国立大学に行けせるしかない。3連休も終わった。コロナウイルスはまだまだ終わらない、遠くへ行くのは怖い。共通テストは確実に平均点が下がるといわれている。

大学は国立か私立か

愚息が前期試験で駅弁ながら国立大学に見事正規合格しました。後期は前期に国立大学受かってしまったので国立大を受けると駅弁大学医学部医学科が無効になる。そこで国立大学後期は出願したが受験しなかった。本当は春先さらは近畿の可能なら県内の大学で全統記述も全統マークも偏差値70以上でA判定、期待していたまさかのセンター敗退、悪夢の中、地方で合格した。ところで国立には後期試験もあるが前期を合格すると後期はないそうです。そこで私の大学の同級生のお子さんが国立三重大学をけって大阪医科大学の後期受かって進学された方がいる。そこで後期は国立の受験料はすてて私立の名門産業医科大を受験し正規合格いたしました。そして関西の旧設名門私立からも補欠から繰り上げ合格をいただきました。駅弁には学費は収めてある。あと3日あまりの間に産業医科大学にお金を納めないと権利がなくなる。難関産業医大合格を捨てるのもったいない、もったいない。しかし県内の国立通って居たらなあ。たくさん通った。国立がもう少し近いならよかった。まさか何でもいくらセンター試験が悪くても駅弁受診するとは思わなかった。駅弁いくなら神戸市立中央市民病院の研修医採用し家に受かってほしい。明日もゆっくり親子でけんかをしよう。

姫路城マラソン中止

姫路城マラソンが中止になりホッとする。医療の講演会もどんどん中止になっている。3月は年度末で講演会が多い。神戸大学の感染症内科の岩田健太郎教授のUTUBEの動画が話題になっている。今日の昼休み初めて見た。講演会で見る岩田先生と同じでひょうひょうとされている。国立大学の現役教授が船に乗り込んでいくなんてすごい。いつもながらしかしおっしゃっていることは鋭い。岩田教授のお話は昨年7月東京丸の内で開催された小児漢方懇話会フォーラムで拝聴しました。書性器も持っています。国立大学入試には関係ないお立場なんでしょうが来週の火曜日水曜日前期試験を控えている。今年の大学受験生は大学入試改革を控えている。コロナウイルスがどこにいるかわからない中全国へ受験に行かねばならない。そして国立大学後期私立大学の後期、繰り上げ合格待ちと忙しい。そして3月から4月引っ越しが多い時期です。人が動くウイルスはどこにいるのか、普通の風邪とどう違うのか。37.5度の発熱が4日続くという指標は示されたがわからないことがいっぱいです。姫路城マラソン中止になりよかった。

神戸大丸でコーヒー

神戸大丸のサロンでコーヒーをいただきました。東京と異なりネスプレッソではありません、まどがないが静かで好き。利用者はみんな紳士的時には患者さんとお会いする。姫路の方は姫路の百貨店では買い物しない傾向がある。駐車料金3時間まで無料が大きいそうです。春節で大きな荷物を持つのは中国からの観光客。みんなマスクなんてしてません。シャネルや資生堂は大賑わい。梅田の大丸にはサロンがない。観光立国も大切ですが感染症水際戦略の方が大切です。

ホームページ作成

ホームページの勉強に行ってきました、会場はセンタープラザ。遅い時間でしたが満席でした。私共の会計でお世話になっている日本経営グループのメディキャストの講演会です。ブログの更新は3月に一度でよいから3000字くらいは書きなさい。なるほど。さすが日本経営グループ。クリニックの雰囲気が伝わればよい。SEOよりもMEOを重視しなさい。ポータルサイトの勧誘には乗らない。グーグルの口コミは消せない。GOOGLE MY BUSINESSには登録する方が良い。医療は雰囲気患者さんには医療の中身はわからない。アンチエイジングはEBMがないから記載してはいけない項目、地域一番なんて書いてはいけない。限定解除とは看板はダメだがWEBは良い内容だそうです、食べログのアクセス数が減っているようだ。他山の石としなければならない。ホームページとお知らせ以外訂正することは少ないのがホームページです。

ヨドバシカメラ梅田

正月のお年玉でどこで買い物するかと子供に聞くと近年ずっと淀橋に連れて行って梅田につれっててといわれる。タワーもできた。このモバイルパソコンが壊れて平日の夜淀橋に行く羽目になった、B2の修理コーナーは20時頃だったが20分から30分待った。ポイントを捨てて延長保障にしていたので無償で修理できたがお正月を挟んだのでひと月かかった。しかしうれしかったのは基盤だけでなく外側を含めて見た目新品になって戻ってきた。その上この度はご迷惑をおかけいたしましたとの文言もいただきました。無償保証の上にこのようのメッセージをいただき感激しました。このモバイルPCがないととても不便なことを実感しました。AUからしばしば連絡が来る3Gのガラケーは使えなくなるから買い替えてください。4Gのガラケーかそれともスマホか。ガラケーで電話してスマホで調べるのもリスク分散という点でよいと思う。いずれにしてもお金がかかる。子供の受験料がすごく高い、私のころに二倍もする。太郎するよりましかとあきらめている。偏差値70以上あっても合格しない。センター試験がんばってほしい、できればセンター92パーセント必要だそうです。インフルエンザのの感染者が急病センターに出務して多いと感じたが姫路市内新年になりが旧弊さがなくよくわからない。兄弟がインフルエンザに罹患してタミフルの予防投与を希望する人が来たが本当の予防投与は予防すrべき人が気管支ぜんそくや人工透析を受けているような弱者になる。この人の場合は自費はもちろん健康被害に対してPMDAの救済制度を受けられない。

日本の医療用医薬品は世界一高い

日本の薬価はアメリカよりも高い、世界一高い。オプジーボなど英国の5倍の薬価。日本の薬価は不透明で新薬が出れば14.7パーセントの利益が保証されている。こんな利益を保証する製品は医薬品ばかり。谷はこうした利益保証の成否は存在しない。これは世界で最初に日本でオプジーボが上市されたためだそうです、日本のトップ5社の内部留保は5兆円、一方、このままでは新薬ができなくなります助けてくださいというお話を聞きます。一方日以降のセフトリアキソンが入手困難になった。最低薬価は存在するが漢方薬など中国の物価人件費の高騰、富裕層の爆買いで生薬はほとんど逆ザヤ保険でできることが制限されてきている。せんじ薬や刻み生薬をさらには生薬末を保険で出すのは困難になっている。抗アレルギー薬、ビタミン、保湿剤、漢方薬は保険適応除外薬価削除の危機にある。BMTがうまくいかなかったときのALLの薬はアメリカで5000万円、日本では3400万円とか。これは保険がないアメリカでまず発売されたからこのようになった。N社が糖尿病領域から撤退するのではとの憶測がある。生物製剤なら特許切れがない、バイオシミラーしか出ない。武田薬品工業はシャイアーを使ってジェネリックがないワクチンの世界企業への道を模索するようだ、トップが日本人ではないのでこのような考えになっている。低分子では日本は配合剤が盛んに発売されている。溝がジェネリック推進を阻んでいるらしい。医薬品業は日本では貴重な製造業である。敷地内の医薬分業は診療報酬改定で減算になる。生活保護受給者をはじめとする医療費負担が安い人もジェネリック医薬品推進に協力しないと皆保険はなくなる。また法人税率が日本は半額になった、国際競争のためだ、70歳で2000万の貯蓄を要求するなら法人税率を上げるのも一つ。日本の製薬大手20社の内部流はどんどん増えて雇用促進には向かっていない。このままでは研究所の研究者はシンガポールなど海外へ流出してしまう。

ためしてガッテン

NHKのためしてガッテンは医療の世界ではお騒がせな番組です、ためしてガッテンに出演した医師の話ではつなぎ合わせるから行ってないことが大きく取り上げられる。今回は京都府立医科大学と慶應義塾大学の先生が出ておられた。このお二方の講演会が2019年11月、姫路キャッスルホテルで行われた、メーカー色は全くなく延々と続き21時までのはずが21時30分になっても終わらず私は帰った。子供のお迎えです、残念。それくらい興味深いご講演の後NHKのためしてガッテンに出演されるということでしたが私不幸にも緑内障の講演会があり自宅にいなかった。気を聞かせて家内と子供が録画しといてくれた。京丹後市には百寿者がいっぱいいるそうです。今日としないと何が違うかといえば食べ物だそうです。芋を食べる頻度が多い玄米をよく食べる。第6回総合アレルギー講習会でもカルピスの会社のイーブニングセミナーで京都府立医科大学の同一講師のお話を聞きました冒頭アレルギー学会の会員ではありませんと自ら言われましたがみんな腸内環境の話を整理券のないイーブニングセミナーでおなかがすいているとか関係なく立ち見で会場を取り囲んでメモを取っていた。そしたら昨日小児漢方懇話会2020でまたしてもこの先生のお話を聞けると郵便が来た。

VAIOのモバイルPCが壊れた

最近ブログの更新頻度が減った。子供たちにスマホ買い与えた時私はVAIOの小さなモバイルPCを購入し東京大阪名古屋に行くと持ち歩いていたが壊れた、診察が終わって必死で梅田まで持ち込んだが年末なので1カ月かかりますといわれた。SIM抜いてあずかっていただいた。VAIOは持ち運ぶので故障するであろうとヨドバシ梅田でポイントを延長保証に充てていた。延長保証では一回限り無床になるそうだ。実額なら88000円もするそうだ。そしてNECのパソコンも同時に壊れた。保証が2019年11月に終わっていた。もう一つNECのがあるのでデータだけ子供に取り出してもらってUSBに入れた。横浜の第6回総合アレルギー講習会では実習にあとアンケート書くのにスマホもってない方ガラケーの方と言われたら私だけだった。重要なお知らせがありますとCメールが来る。何かと思ったら携帯電話会社からCメールが来たり重要なお知らせがありますと電話がかかったりする。通信機器の購入と使用にかかるお金は馬鹿にならない。大きなものです。

ページ移動