記事一覧

医療法人社団はすごいなあ

一人医療法人は恵まれている、一歩地域医療に貢献するため簡単にはやめられない仕組みになっている。後継者がいないときには法人を譲渡する先を探さないといけない。私たちのように気楽に生きていけるのが個人開業医。しかし患者さんが集中しすぎて引くに引けないようになったら医療法人を作るというお話を聞いてきた。良いことは非常に多いが私には合わない。医療法人を認める国としての意義は地域に安定した医療を定着させるということらしい。医療法人は給与をもらってそこから年金そして保険料を納める。どうせ年金として後からもらえるわというのは甘いそうです。年金をもらうときに合算して一定額以上の額になれば年金は止められてしまうらしい。それをもっとを国会議員が引き上げようとしているのが国会議員。批判を浴びて少し下がるが金持ち優遇です。

もっと症状を詳しく書いてください

漢方薬は全国的に2剤までなら保険で認めよう。2剤満量出してももう一回お越しになってこの薬前のに戻してほしいという方がいるのは当たり前です。レセプトのコメントではわかりません、漢方薬の処方状況についてもっと症状を詳記してくださいと漢方薬いっぱい処方しすぎといわんばかりに社保から戻ってくる。4種類の漢方薬がレセプトには載っているがけっして4剤を同時には使っておりません。天命に誓いますと書くようにしています。しかし月末になるともう一回漢方薬が欲しい。今回のように涼しくなるとあったまるが良いねえ、因時制宜を旨として患者さんがおっしゃる。しかし今のどが痛い人が多いのでまだ冷やして方が良いけど7日でいいですかというと大抵来れないとおっしゃる。月末HbA1cでも似たようなことである。レセプトという請求ほうがある限り10月の中での医療行為が大切だが患者さんには関係ない。でない、あんたが2回来ているから、またうちが損するから11月になってからお越しくださいというのが月末です。

後発医薬品変更不可

院外処方箋はムダな処方を防ぐわたくしのという発想で推進されている。クリニックでは一般名処方を行っている。後発医薬品変更不可の欄を中医協はなくせという案まで示しているそうです。わたくしの領域では漢方薬は先発品も後発品もない。しかし薬剤師の先生に伺うと面白い。処方箋に付箋がついていることがあるそうです、そして付箋にはこの薬は先発品でと記載してあるらしい。もっとミラクルなのは生活保護の保険証の方は分母に入らないことです、違和感をものすごく覚えます。入院基本料が現在のかたちになるまでは病室の前の消毒液を設置したら加算、2年後には設置していないところは減産つまり入院基本料に込みになる。療養型病床群をなくす特に介護療養型病棟をなくすといってなくならない。安倍内閣のバラマキ、民主党政権での野田総理は8パーセントに消費税を上げ民意を問う選挙で大敗して野党になった、なんでも先延ばしが一番批判を浴びない多焦点眼内レンズが来年で高度先進医療に入り12年になる。保険でつまり皆保険に入れる、完全自由診療にするどっちか決めないといけない。世界でも多焦点眼内レンズが保険診療になっている国はない。医師会は混合診療は絶対ダメ、与党公明党は平等な医療とそれぞれ立場がある。

大正ファーマの社長さんが来た

大正ファーマの女性社長さんが姫路の私のクリニックをご訪問くださった。女性社長がお越しになると聞いて思い出したのが日本点眼薬の女性社長、リーガロイヤルホテルの講演会の最後にご挨拶をされた。今回はわざわざ会いにお越しくださった。あっという間にお話を終え次は京都でまたご面会の様です。富士フィルムとの提携解消で抗生物質の領域から撤退し骨代謝や糖尿病の領域に専念するみたいです。耳に残ったのはプライマリーの先生方にまずご挨拶といわれたことです。学術畑から社長になられたようでまずはこうやって末端の意見を聞いて回られているようです。以前は富山大正だったのがいつの間にか大正ファーマに変わっている。吸収合併が多い中離れていくのは珍しい。私にはさっぱりわからぬ世界です。導入品でも何でも販売実績が必要です。医療機関の研修をサポートするありがたい企業です。

副流煙

主流煙よりも副流煙のほう炭素が多い。JR姫路駅の北側お城に向かう手前のは人だかりはじめはわからなかったが🚬喫煙所だそうです。ここから副流煙で排泄される有害物質が拡散しているようだ。がはるかにニコチン・タール・一酸化炭素が多い。副流煙は吐いたタバコからでる煙。タバコには4000もの物質が含まれ200の有害物質、50の発がん物質が含まれている。タバコの体制はコカイン以上であるタバコは作って死に・タバコを売って儲けて・買って騙される。男性では1960年台には80パーセントが喫煙していたらしい、昨年は27.8パーセントになっている、女性は20パーセント未満が8.7%もまだいらっしゃる。なぜ受動喫煙防止法ができないのか。それはどうもたばこ産業保護が隠れているそうです。世界ではメビウスはマイルドセブンという優しい名前が通用しなかったが海外ではたばこの箱の半分以上に有害であるという内容を記載することが主流になっているようだ。新幹線でも全車禁煙が当たり前になっている。受動喫煙のリスクを考えたらを考えたらもっと条例ではなく法律で規制していただきたい。

受動喫煙たいこくニッポン

口から吐き出す煙のほうが有害である。空気清浄機はガス成分を除去できない。受動喫煙で2から3万人が死んでいる。これは東北の震災での志望者に匹敵する。オリンピックに向けて第5期風疹予防接種が始まり、さらには来年4月からはパチンコ屋さんのフロアでも喫煙ができなくなる。テレビのコマーシャルの動画から講演会は始まった。喫煙者とキスするのは灰皿をなめるようなものという話から始まった。お酒は空港で普通に販売している、たばこは有害ですというメッセージをいっぱい見た後戸棚から出てくる。タバコはコンビニでも海外では展示不可能だそうです。講師はピンクの衣服を着ておられた。ピンクとはタバコを吸わない人の唇舌そしてほっぺの色だそうです。一本吸えば40秒命が短くなる。タバコは嗜好品ではなく死向品である。喫煙は美容にも大きな影響を及ぼす。喫煙顔というものがあるそうだ、しわが寄る。日本ではタバコは大変安い、海外で講師が買ったものは1箱2000円もしたそうです。電子タバコは羊の皮をかぶった狼、受動喫煙に安全はない。タバコ依存はヘロインコカイン覚醒剤に劣らない。タバコは愛煙家の死向品。配偶者さんを巻き込むな。

医学部人気

医療はブラックと今年研修医なった方が検診にお越しになって言い起した言葉です。海外と比べて日本の医師人気は異常だと思う。東京医科大学の問題でびっくりしたのは定員が140人もいるではないか。募集定員をそんなに増やしたら医師過剰になる、さらには海外の医学部を卒業して日本の医師国家試験を合格して医師になる人が増えているとか。人口が減るのに医学部に行って医師になりたい人が増える、優秀な人が姫路の市役所に勤めて公務員になる。私が大学に入るころは医学部も歯学部も一緒だった。新設の私立の医学部や歯学部が増設された後で非常に入学しやすい時代だった。その後医学部入試が非常に難しくなり私立は授業料を下げると偏差値が一気に上がる。授業料を上げると偏差値が下がる。関西医科大学の耳鼻咽喉科の研修医事件で、研修医も労働者と認定された。そして大学病院にも労働基準監督署がやってくる時代。学会準備も労働時間になるらしい。こうなると大量に医師を増産して質の低下がみられるかもしれない。しかし多浪の予備校生が大挙して今年合格なさったみたい、女医さん増えたら当直は回っていくのか?眼科や皮膚科の医師が増えるではないかなど考えてしまう。募集するときから医療過疎を担う産婦人科になるなど拘束するのは無理だろうか

NSAIDs・LDA潰瘍が増えている

いたみどめとは非ステロイド消炎鎮痛薬と決めていませんか。漢方薬の五苓散が頭痛や低気圧で悪化する痛みで重宝します。NSAIDsを基本的に使いません。ロキソニン?よそで処方してもらわれたらいかがですか、そうするわ。という人がほとんどです…漢方でといわれたらバカチョンで五苓散。便秘の方には注意。NSAIDsは非ステロイド消炎鎮痛薬でボルタレン、インドメタシン、ロキソニン、アスピリンなどすべてを包括した言い回しです。LDAは低湯量アスピリンのことです。台風10号は大きい、したがって頭痛や腰痛で五苓散を服用している人がいるさらには気圧の影響で気管支ぜんそくの発作を起こしておられる方も少なくない。愛知県の松浦薬業さんの五苓散を使っていたが製造工程が届け出た以外の方法だとしてすべて回収になっている。製品的に問題がなくても回収です。松浦薬業のような小さな会社ならぶっ飛んでしまいそうです。がんばってください。内部告発だそうです。東京へ行ったとき品川でタクシーに乗ると化血研のビルが見えた、化血研も製造工程を変えて届け出ていなかった。アステラス製薬が手を差し伸べたが明治製菓ファルマと手を組んだ。ロキソニンボルタレンなどの非ステロイド消炎鎮痛剤をたくさん使うのが日本では当たり前になっている、NSAIDsを服用すれば腎臓が悪くなる・NSAIDs胃潰瘍十二指腸潰瘍など上部消化管潰瘍で血が噴き出したら止血が困難です。そして気管支ぜんそくの人ではアスピリン喘息を誘発する。

高校生まで医療費無料にする意義はあるか

国民皆保険に意義はあるか。世界からあこがれられている。ありがたいがもうすでに破綻しているのが健康保険制度です。ありがたいと思う人は少ない。保湿剤でもなんでも古い薬も新薬も保険で給付されるのが当たり前と思っている人が多すぎだと日常診療の中で考えさせられます。産婦人科で血液型を調べない時代が来ています。一度薬価収載されたらよほどのことがないと薬価削除されない。一方高額な新薬が薬価収載されている。超超超高齢化は65歳以上が28パーセントを超えると超超超高齢化時代です。保険医協会の新聞では姫路市の周りの町では高校生まで医療費無料だそうです。そんなことしても高校を卒業すると出て行ってしまう。一部負担金0円になれるとみんなすごい、公費の保険証を忘れたら自費ですというと帰ってしまう、学校のけがはこども保険を使えません3割負担で4割後から帰ってきますというとお子さんと保護者が帰ってしまう。これを選挙に向けた政策とか実現したとか、何か違和感を覚えます。医療費無料化をした自治体には交付金にカットをすべきと考えます。逆ピラミッドの時代に子育て支援するのは当たり前ですが明日なき戦いは選挙戦だけにしてほしい。台風による被災に手厚くお願いします。全国の首長さん。

サモン療法

サモン療法とは入院しないと導入できないサムスカを外来での利尿やにアドオンする治療です。サモン療法は点滴のルート確保が必要なく看護師に人気ジェネリック医薬品が多い今の時代が以来の処方薬を使えるから薬剤師にも人だそうです。7月初めのお話です。姫路市の病院にご勤務されていた循環器の先生が大塚製薬姫路営業所発のWEB講演会をされるというので参加した。サモン療法って何?サムスカアドオン療法実はこの先生に一度診察していただいたことがあります、負荷をかけて心臓の検査をしていただきました。異常なしといわれた。大塚製薬姫路営業所は今は駅前のとても便利。かつては岡田あたりに位置していた。利尿剤しかなかった心不全の治療にサムスカ錠は心不全の世界に新しい風を巻き起こした。一錠が2500円もする。しかも高ナトリウム血症による意識障害を危惧して導入のたびに入院が必要である。実は下腿浮腫引かない患者さんがサムスカ錠でよくなった、凄いと思ったが今はご来院ではありません。心不全のお話を聞く機会が最近増えました。一つはサムスカ錠、もう一つは高脂血症です。循環器内科で脂質異常症のお薬を研究されることが多くなっています。珍しく19時に終わった。

ページ移動