西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
インフルエンザの予防接種は予約は不要です
[2017/11/20] 

インフルエンザワクチンは今のところあります、いつでもどうぞ。予防接種の予約は不要です。接種料金は3000円〜となっております。女性の方は半そでのTシャツ又はタンクトップの着用をお勧めしております。ご協力お願いします。接種前の検温はご自宅で済ませてお越しください。妊婦さんのチメロサールフリーワクチンもございます。

正官庄の紅参末が保険診療で処方可能です
[2017/11/13] 

徳川家康は75歳まで寿命が延びた。対馬藩が利益を得た。徳川吉宗により御種ニンジンとして栽培が推奨されました。正官庄の紅参末が健康保険適応で処方できます。正官庄の紅参末は韓国政府のお墨付きがついたウコギ科の朝鮮ニンジンで特別に正官庄の紅参末として薬価収載されています。八百屋のにんじんはセリ科で別のにんじんです。そして人参の粉末は他の会社は中国産の4年物です。正官庄だけが大韓民国産の6年物を使っています。

スギ花粉症の舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)
[2017/10/12] 

妊娠・出産・授乳に向けて特に将来妊娠時に第二世代非鎮静異性抗ヒスタミン薬はエビデンスに乏しくポララミンのような古い薬を服用することになります。ぜひ小さなお子様に5歳からのスギ花粉の根本治療言葉を変えれば体質改善をお勧めいたします。新しくシダキュアが鳥居薬品から発売されることが決まりました。5歳以上に舌下免疫療法が行えるようになります。14日ごとの通院が必要になります。導入実績は50人以上、現在も多くの方がシダトレンで約30人が舌下免疫療法をなさっています。残念ながらシダトレンの高濃度の舌下錠は今回も発売されませんでした。12月までがスギ花粉症の舌下免疫療法の時期です。シダトレンを用いた舌下免疫療法は終わってから楽になることを目指す治療です。まずはダニアレルギーあるいはスギアレルギーであることを証明するために採血を行います。まず一度ご来院ください。

女性の更年期障害とプラセンタ療法
[2017/11/13] 

日本人女性のの更年期症候群の一番つらい症状は肩凝りです。女性の更年期とは閉経の前後5年つまり45歳から60歳です。男性年期には更保険適応の漢方エキス製剤とヒト胎盤を用いたプラセンタ療法の注射1週間に2回から3回まで行うことができます。メルスモン製薬の注射は更年期障害に保険適応がありますが不足しております。錠剤ははサプリメント扱いになり高価な保険適応外で高額ですがメルスモンの注射は保険適応で3割負担で再診料込みで500円程度です。肝障害がある方はラエンネックが年齢性別を問わずプラセンタ療法可能です。

漢方薬の処方を御希望の方へ
[2017/ 2/22] 

お子さんが少ないため静かです。もしも、可能でしたらホームページから漢方薬の問診票も普通の問診票も療法ダウンロードできますのでじっくりと考え10個以内でご記入の上ご持参ください錠剤・カプセルの漢方薬も処方可能です。今はしもやけなど冷えに関する症状が多いです。アトピー性皮膚炎の方は皮膚科特定疾患指導料を算定していませんので診察料が安くなっています。原則、保険診療でいろいろな症状に漢方薬を処方しています。お話を長く効くのは精神科です。日本漢方ではありませんので腹診は原則いたしません、ただし、眼科疾患や難しい病気では漢方薬を目に導く引経薬や明目薬が保険適応にならないことがあります。サプリメントの押し売りはしません、眼科疾患で余裕があればせんじ薬をお勧めします。大人の方が多い医療機関です、お子様も意外と漢方薬は服用できます。アレルギー疾患が特に多いですが睡眠障害など精神科領域、PMS,更年期障害の婦人科領域、肥りたいとか体が冷えるなど体質改善もご希望の方が来られています。保険適応のないものはお勧めいたしません。小児の漢方治療にも取り組んでいます。カプセル・錠剤も保険診療で可能な限り処方しています。漢方薬を処方するには西洋医学の診断が大切です。自が保険適応とならないことが多く存在します。また保険適応外のエキス剤コタロー匙クラブにも対応いたします。

漢方薬150種類以上処方可能です
[2017/11/23] 

漢方診療は精神科ではないので長時間のお話は出来かねます。一度にたくさんの話をしても誤解が多いと思います。お薬は院外処方ですが漢方薬はエキス顆粒・細粒・カプセル、錠剤150種類以上、西洋薬は2000種類の在庫の調剤薬局が目の前にございます。なお処方箋はどこの調剤薬局へ持参されても結構です。漢方薬はツムラ、コタロー、大杉、松浦、クラシエ、ジュンコウ、帝国などふけいざいがとこなるメーカーあるいは錠錠剤・カプセルが保険診療で処方できます。現在姫路市では保険で煎じ薬は処方できません、中国の物価の影響です。逆ザヤのため困難です。

50歳以上の帯状疱疹ワクチン
[2017/11/ 2] 

50歳以上の方に水疱瘡のワクチンが帯状疱疹ワクチンが承認されましたご希望の方は電話でご連絡ください。定期予防接種として水痘ワクチンを2歳までに2回接種しているため帯状疱疹に罹患する方が増えています。孫から免疫をもらわなくなったら高齢者の帯状疱疹が増えました。

コンタクトレンズ診療
[2017/11/13] 

アレルギー専門医・漢方専門医ですのでコンタクトレンズ診療は得意ではありません。コンタクトレンズの処方箋は診断書の類になり診断書量を申し受けます。西川コンタクトレンズでご購入の方はこの限りではありません。

ダニの舌下免疫療法
[2017/ 8/23] 

秋になり鼻炎や結膜炎でくしゃみ鼻水目のかゆみアトピー性皮膚炎の異増悪が見られるのはだにが死にハウスダストに変化しているからです。保険適応であるダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎であるかどうかつまり感作されているかを調べる血液検査が必要です。通年性アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法をご希望の方はまず一回受診してください、高濃度のアシテアダニか低濃度のミイティキュアダニどちらがあなたには良いかなどカウンセリングを行います。副作用は口腔内がかゆくなる人が多い治療です。

大人のアレルギーと予防接種
[2017/10/25] 

大人のアレルギー疾患を診療しています。大人のインフルエンザワクチンの予防接種を開始いたしました。その他の予防接種を実施しております。狂犬病の予防接種は実施できませんのでご了解ください。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ