西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
8月3日4日は休診します
[2018/ 2/ 9] 

8月3日(金)8月4日(土)は休診します

眼科以外の漢方診療
[2018/ 1/14] 

眼科ですがお子さんが少ないため静かな環境です。お手数をおかけしますが、可能でしたらホームページから漢方薬の問診票も普通の問診票も両方ダウンロードできますのでじっくりと考え10個以内でご記入の上ご持参ください錠剤・カプセルの漢方薬も処方可能です。これからはしもやけなど冷えに関する症状が多いです。アトピー性皮膚炎の方は皮膚科特定疾患指導料を算定していませんので診察料が安くなっています。原則、保険診療でいろいろな症状に漢方薬を処方しています。お話を長く効くのは精神科です漢方診療は長くありません。日本漢方ではありませんので腹診は原則いたしません、ただし、眼科疾患や難しい病気では漢方薬を目に導く引経薬や明目薬が保険適応にならないことがあります。サプリメントの押し売りはしません、眼科疾患で余裕があればせんじ薬をお勧めします。大人の方が多い医療機関です、お子様も意外と漢方薬は服用できます。アレルギー疾患が特に多いですが睡眠障害など精神科領域、PMS,更年期障害の婦人科領域、肥りたいとか体が冷えるなど体質改善もご希望の方が来られています。保険適応のないものはお勧めいたしません。小児の漢方治療にも取り組んでいます。カプセル・錠剤も保険診療で可能な限り処方しています。漢方薬を処方するには西洋医学の診断が大切です。自が保険適応とならないことが多く存在します。また保険適応外のエキス剤コタロー匙クラブにも対応いたします。

保険診療は制限診療です
[2018/ 1/26] 

保険診療ですのでご希望の薬をほしいだけ薬を処方できません。また医療の働き方改革の実践のため終了間際の駆け込み受診は納得がいく診療ができないため遅くまで診療しているところを受診してください。

50歳以上の帯状疱疹ワクチン
[2018/ 1/17] 

小児の水痘ワクチン定期接種により成人の帯状疱疹が逆に増えています。作用機序が異なるアメナリーフも登場していますが50歳以上の方に水疱瘡のワクチンが帯状疱疹ワクチンが承認されましたご希望の方は電話でご連絡あるいはご来院ください。定期予防接種として水痘ワクチンを2歳までに2回接種しているため帯状疱疹に罹患する方が増えています。昨年、孫から免疫をもらわなくなったら高齢者の帯状疱疹が増えました。

女性の更年期障害とプラセンタ療法は保険適応です
[2017/12/28] 

日本人女性のの更年期症候群の一番つらい症状は肩凝りです。次はホットフラッシュです。女性の更年期とは閉経の前後5年つまり45歳から60歳です。プラセンタ療法の注射1週間に2回から3回まで行うことができます。メルスモン製薬の注射は更年期障害に保険適応がありますが不足しております。錠剤ははサプリメント扱いになり高価な保険適応外で高額ですがメルスモンの注射は保険適応で3割負担で再診料込みで500円程度です。肝機能障害がある方はラエンネックが年齢性別を問わずプラセンタ療法可能です。

漢方薬150種類以上処方可能です
[2017/11/28] 

漢方診療は精神科ではないので長時間のお話は出来かねます。そのためホームページから問診票をダウンロードし話の内容をまとめて受診してください。一度にたくさんの話をしてもお互い誤解が多いと思います。保険診療は安いの一度にたくさんの処方日数はやめたほうが良い。続かない人の大部分が漢方薬は印璽優義お薬は院外処方ですが漢方薬はエキス顆粒・細粒・カプセル、錠剤150種類以上、西洋薬は2000種類の在庫の調剤薬局が目の前にございます。なお処方箋はどこの調剤薬局へ持参されても結構です。漢方薬はツムラ、コタロー、大杉、松浦、クラシエ、ジュンコウ、帝国などふけいざいが異なるメーカーあるいは錠剤・カプセルが保険診療で処方できます。現在姫路市では保険で煎じ薬は処方できません、中国の物価の影響です。逆ザヤのため困難です。

スマホ老眼の検査
[2017/ 8/22] 

スマホ老眼とは若年性の老眼です。3歳児検診において姫路市が3歳児検診で保健所で導入している両眼開放オートレフを導入しています。NIDEKのAA2と両眼開放オートレフはスマホ老眼の検査にも有効です。悩みを持って眼科以外の症状を漢方診療でなんとかという方が多いクリニックです。YAGレーザーも新しい機種に変わりました。

国民病のスギ花粉症の舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)導入
[2018/ 1/11] 

妊娠・出産・授乳に向けて特に将来妊娠時に第二世代非鎮静性抗ヒスタミン薬はポララミンのような古い薬を服用することになります。新しく濃度が濃いシダキュアが鳥居薬品から発売されることが決まりました。子供にも舌下免疫療法が行えるようになります。。シダトレンを用いた舌下免疫療法は終わってから楽になることを目指す治療です。まずはダニアレルギーあるいはスギアレルギーであることを証明するために採血を行います。まず一度ご来院ください。

ドライアイには実用視力
[2017/12/17] 

ドライアイにはためしてガッテンで話題の実用視力を測定できます、寒くなり空気が乾いています。、防腐剤フリーヒアルロン酸点眼液に続き防腐剤フリージクアス点眼液さらにはムコスタ点眼液を用いて治療をしています。シリコン製涙点プラグ各種さらには液体コラーゲンのキープテイアの在庫をしています、シリコン製プラグは次第に大きなサイズが必要になります。

ダニの舌下免疫療法
[2017/12/27] 

ダニの舌下免疫療法は2018年1月も新規導入いたします。舌下免疫療法の保険適応であるダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎であるかどうかつまり感作されているかを調べる血液検査が必要です。通年性アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法をご希望の方はまず一回受診してください、高濃度のアシテアダニか低濃度のミイティキュアダニどちらがあなたには良いかなどカウンセリングを行います。副作用は口腔内がかゆくなる人が多い治療です。ダニアレルギーは症状は軽いのですが一年中花が調子が悪いので治療の価値があります。最初の数カ月は少しずつ増量することが大切です。そして5年続きることが大切です。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ