記事一覧

にきびの抗生物質投与単独投与はやめよう

にきびは感染症である。ニキビはアクネ杆菌感染症です。たくさんの人がにきびを持っている。最近にきびの治療を求めるのは若い男の子です。それも漢方薬中心でという方が多くお越しになる。ニキビに抗生物質単独でという人は困る。ずっと前に効いた話ではダラシンは40パーセント耐性菌、エリスロマイシンは10パーセント、クリンダマイシンは8.3パーセント耐性と聞きましたよ。S.epidermidisは50パーセント耐性だそうです。クリンダマイシだそうです。P.ACNESはクリンダマイシンに18パーセント耐性を示すと聞いた。いつ聞いたかは不明。抗生物質はアクネ菌を殺すがすぐに薬仲良くなる。ニキビに抗生物質が必要なのは赤ニキビですが赤ニキビが絶えずどこかにできてきます、黒ニキビや白にきびは瘢痕化しないようにスキンケアしよう。男の子のほうが私のところではまじめに治療しています。ニキビは青春のシンボルではありません。またにきびの外用薬は一定の割合で副作用が起きます。赤くかぶれます。副作用は怖いのでいきなりきれいになることを目指さず漢方薬併用でゆっくり気長な治療を目指しましょう。

免疫チェックポイント阻害薬や免疫調整薬

末期がんが消えた、夢のある治療ですね。重い副作用も伴います。抗がん剤ではなくがんをやっつけるのではないアクセルとブレーキを調節する免疫チェックポイント阻害薬で治療を行うと末期がんが消えることがある。どのように消えたのか。免疫チェックポイント阻害薬は医療費の面と効果の面で国民皆保険を変えるかもしれない薬です。良いものでも取りすぎ注意。○○医療センターはキートルーダがオプジーボに変わったらしい。免疫調整薬プラニケルはエリテマトーデスの薬です。目の乾燥・網膜症をおこす可能性のお薬です、結膜炎、硝子体浮遊物、網膜絡膜萎縮など目に合併症が起きる薬です。おそらく総合病院に膠原病内科があれば眼科にもこのような副作用チェックがいっぱい回ってくるんだろう。私のようなものがきーとるーだの話を聞く機会はない。プラニケルはウエブ講演会を聞いたことがある。プラニケルは2010年国から要望がありクロロキンの安全な薬として作られました。

ニキビ

ほう先生のニキビの講演を加古川プラザホテルで聞いた。私は将来は年老いたら何でも見なければいけない過疎地で医療をして一生を終えたい。だから診療時間の範囲では調剤薬局が開いている範囲では漢方薬が使える範囲ではいろいろな病気を断らず見ています。ニキビは医学名は尋常性ざそうです。アクネ杆菌感染症です。ダラシンの使い過ぎで耐性菌が増えてしまったそうです。あの頃は硫黄カンフルローションしかなかった。ダラシンを今でも希望する4割耐性菌といっても効かない患者さんが多い。だから私は漢方薬でにきびを処置しようとするが漢方断りは意外と女性に多い。特定の食品がにきびを起こすのにはエビデンスがない。しかし油は控えめに。エビデンスがなくてもチョコレートでナッツでお肌が乱れることを実感する人もいる。睡眠により皮膚は修復します。睡眠中にホルモンが出ます。ストレスや疲れをためない。ストレスは目には見えない。入浴やシャワーで切れに洗いトリートメントが残らないように。メイクが毛穴を防ぐのも注意です。ノンコメドジェニック製品を使うのも有効だそうです、余ったた皮膚の油を洗い流す。抗菌薬は赤いニキビに使うものでずっと使うと耐性菌ができる。目元や口ブルにはにきびはできませんが背中にはにきびができます。

アトピー性皮膚炎の新しい治療

先日のブログに書いたデュピクレセントは発売ひと月でかなりアトピー性皮膚炎の患者さんに使われているようです。ホテルオークラ神戸ではアトピー性皮膚炎期待の星SANOFIの生物製剤デュピクレセントの発売記念講演会が行われた。蕁麻疹ではすでにゾレアが生物製剤として用いられています。既存の治療では効果がないアトピー性皮膚炎患者さんに使えるようになったのがデュピクセントです、ヘルペス感染や注射部位反応が副作用である。IL-4を阻害するとうつ病とも関係することがあるそうです。寄生虫は日本ではほとんど皆無ですが寄生虫を増やす可能性もあるそうです…そのほか機序不明ですが副作用としてアレルギー性結膜炎が起こる人がいます。ステロイド点眼液やタリムス点眼液が必要になるそうです。すぐにアレルギー性結膜炎が起こることもあれば1年後に起こることもある。IL4やIL13の受容体への結合に働く、皮膚バリア機能を低下させたり皮膚の炎症を起こすのがIL4やIL13アトピー性皮膚炎患者さんン位は高額な医療費がかかる。ゾレアが気管支ぜんそくから蕁麻疹に適応拡大したようにデュピクレセントもいろいろな病気に適応拡大が期待される。

今日は皮膚科尽くし

今日は皮膚科尽くし。加古川からホテルオークラ神戸をはしごして勉強しました。金属アレルギーでは全国に有名な医師から加古川では金属アレルギーについて面白いお話を聞きました。ニッケルアレルギーとココア・チョコレートとワインさらには漢方薬やサプリメントが関係あることを伺いました。大黄とニッケルアレルギーどなたか漢方メーカーのMRさん文献検索をかけ情報を下さい。お隣のホテルでは尋常性ざそうについての講演でした。超満員でした。一度聞いたことがある美人女医のざそうの話。皮膚科には美人女医さんが多い。BPOとアダパレンさらにはエピデュオが使えるようになりようやく日本のニキビの外用治療は世界に追いついた。いま日本に不足するのは内服治療です。私の漢方診療でも飲み薬のほうがにきびは人気です。今日もJRはダイヤが乱れていました。私のところはにきびの患者さんにとっては敷居が低い。普通は一番高級化粧品店、二番はドラッグストアへ行くそうだ、それでだまなら医療機関を受診するにきび患者さんが多いようです。異性を意識する思春期に男のが私のトロは多くにきびの治療にお越しになる。そしてホテルオークラ神戸へと向かった。

不安及び不眠にかかる適切な研修

先日新快速も止まった状態で加古川まで日本医師会の生涯制度における研修を受けに行きました。姫路では9月22日あるそうです。カリキュラムコード20「不眠」を満たす研修を2単位以上取得する必要が出てきている。姫路では内科医会の講演会一回のみの予定だそうです。この2単位以上年間取得しないと患者さんは大変です。どこか専門医療機関を受診しないといけないとか何かと大変です。そこで眠りたいお薬はロゼレムかベルソムラに今から帰る動きが激しいそうです。MSDさんのお話では処方箋ベースでマイスリー錠とそのジェリック医薬品の次にベルソムラが2位に浮上しているそうです。12カ月以上ベンゾジアゼピン受容体作動薬を処方すると処方箋料が大幅に減算される。もっと大変なのは現時点ではベンゾジアゼピン系睡眠薬を何カ月処方しているのかというソフトは存在しないことです。どこの医療機関も返戻地獄にあっているところが多い思われる。ここ数カ月○月○日までに症状を詳記して出しなさいさもなければこちらで判断して減点・査定を行うとの返礼付箋が乱舞しているようです。ベンゾジアゼピンを出している人には今から予告しておかねばならない。

SLEEP SYMPOSIUM IN KAKOGAWA

タクシーを使えばあるいは新幹線を使えばトラブルが少ないのについつい新快速を使う、いろいろトラブルに巻き込まれる。加古川プラザホテルに行きにもったいないと新快速をのるのに姫路駅に行くとタクシーがいない、JRに何かが起こっている。新快速が動いていないまいった。最近JRにたたられている。研修費用の交通費としてJR東海と西日本に多大な貢献をしています。ベンゾジアゼピンや非ベンゾジアゼピンの使用が2年ごとに厳しさを増した。来年の3月にはベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピン難民が出る。今から患者さんには今年の4月から計算して一年たつと精神科へ行かないといけないかもしれない。とご説明している。ベルソムラの処方がマイスリーに次いで処方箋ベースで2位まで上がってきた。アメリカではサプリメントのロゼレムで休めたら一番良い。オレキシンを重要体で拮抗するベルソムラでもよい。半減期の短いものは抗不安作用が強く依存する、耐性ができる。最近不安になる人にはメイラックスを使っている。デパスを何とかやめてほしいと思いメイラックスを使っているがどうなるか。ロゼレムベルソムラには抗不安作用や筋弛緩作用がない。ベンゾジアゼピンを飲んで認知症にはなりたくない。

いよいよスギ花粉の舌下免疫療法のシダキュア開始します

年齢制限なしのスギ花粉の舌下免疫療法シダキュアが使えるようになりスギ花粉の時期に血液検査を行った患者さんから少しずつお電話がかかってくるようになりました。スギ花粉と死んだすれば14日ごとに通院ができることが条件です。子供医療があれば無料です。中学生になれば部活に塾で今までのシダトレンでは中断したりやめてしまったり30過ぎで不妊治療をしている情勢が一番続くのが私のクリニックの特徴です。わたくしのクリニックには30歳を過ぎそろそろ挙児希望ということで漢方治療併用の不妊治療でレデイースクリニックも通っておられる方が非常に多い。そして何か違うことでお越しいただいた時にニッコリ妊娠しましたという方がおられます。将来、妊娠出産授乳という女性ならではの問題においてアレルギーの薬は飲みなくないのが普通です。12歳以上のシダトレンなら4週間に一回、12歳未満のシダキュアでは2週間に一貫ご本人の来院が当然必要です。最低3年、休んでもよいから5年続ける治療です。さぼっても何も申しません、一度中断して再開するもよしやめるもよし、去る者追わず。予約性ではありませんのでお越しにならなくても連絡いたしません。

電車が止まるのもPTSD

今日は加古川まで講演会に行ってきました。新快速が途中で止まったらどうしようというトラウマです。もし、新快速が止まったらタクシー使ってくださいといわれ加古川まで行きました。今週土曜日は発売記念講演会でホテルオークラ神戸これで新快速が止まったら大笑い。しかしそんなときはタクシーが駅にはいない、姫路から先日の市川の大水でもタクシーを呼びました。今回の大水は市川や加古川の増水でJRや山陽電車が止まった。PTSDには漢方薬が良い。PTSDに効く漢方薬は神田橋処方です。鹿児島の神田橋先生が発明された桂枝加芍薬湯と四物湯の合法を加減します。今年になりJRでトラブルは3回、今回の大雨、浜松で停電のため新幹線を2次各45分遅れで姫路に返ってきました。5月の関西系統中医学講座は大阪から新快速が各駅で姫路まできました。先行の普通電車がおらずずっと各駅で舌。3度あることは4度ある。なんと今日は加古川プラザホテルに新快速で向かったが18時41分姫路発新快速は神戸線内の車両トラブルで運転見合わせになった、おかげで各駅停車で加古川へ行く羽目になった、何とか講演会の開始に間に合えばよいと思います。姫路駅にタクシーが一台もいなかった。これもJRのおかげでしょうか。

アロマテラピー

アロマテラピーにもフランスとイギリス式があります、私のクリニックでは水にエッセンシャルオイルを入れて水蒸気を出し明かりがくるくる回っています。アロマテラピーとして虫退治にユーカリ、緑茶や甘い香りのアンバーを焚いています。さらにはアロマ線香をたいています。においは重要です。漢方薬のエキス製剤もアロマテラピーです。銀紙を開けてすぐプーンとにおいがするその時からあうあわないがわかります。精油成分が一番きついのがコタローさんと言われています。アロマオイルを自宅でも寝室・書斎各所においてます。最近は博多に行けば博多阪急、東京なら東京駅の大丸、大阪は阪急本館のレモンの香りが好き、神戸大丸、そしてセンタープラザの鬼頭天薫堂でアロマ製品は買い求めています。受付に置いているのは姫路の山陽百貨店の生活の木、顔に塗るのは香寺ハーブガーデンといろいろ試しています。お酒は父が亡くなる前からほとんどたしなみません、代わりにアロマ製品を購入して色々試みております。私の加齢臭や汗の臭いで患者さんが不快な思いをなさらないために。漢方薬も袋を開けてよいにおいと思ったら体に合っていることが多いと思います。