記事一覧

スギ花粉とヒノキの花粉の違い

スギ花粉とヒノキの花粉は漢方薬を処方するうえで明らかに症状が違う。西洋医学的には粒子径が小さいのがヒノキの花粉です、つまり下気道まで入っていくので咳や痰が出ます。スギ花粉は上気道なのでのどのイガイガとくしゃみ鼻水そして目のかゆみが多いと思います。3月上旬と4月では気温が異なります、4月はうんと暖かくなります。3月は温める漢方薬ですが4月になると温めるだけでは効かない漢方になってしまうことが多くなります。最初は漢方薬って効くと思ったがいつのまにか胃が悪くなったというのは化熱したと考えるべきです。しかしながら西洋薬と同じように💊を考えている人が多く困ります。漢方薬を出せるだけという人には多く出しますが季節の変化で漢方薬を考えるということは因時制宜といって昔から知られています。ヒノキ花粉とスギ花粉と違う漢方薬を処方するのが効く漢方と思います。小青竜湯を長らく服用している人に違う処方をすると先生の漢方薬のほうが小青竜湯に比べて効くことは珍しいことではありません。3月が傷寒なら4月は温病だと思います。ブナ目やイネ科の花粉はもっと温病だと考えて処方しています。

石膏で冷やす漢方治療

ヒノキ花粉の飛散が全盛期を迎えようとしています。4月になって冷やす漢方薬を多用するようになっている。石膏が気分の熱を冷ますので石膏が入った漢方薬をヒノキ花粉症には多用しています。アレルギー性鼻炎がヒノキの花粉で増えてきた、ヒノキはスギに比べて粒子径が小さいので下気道まで侵入するとされている。漢方薬的には2月と異なり暖かい春の日差しを受けて熱がこもるので冷やすとうまくいくことが増える。今までと同じ漢方薬だと鼻が詰まるのが解消できません。スギ花粉がある人の80パーセントはヒノキ花粉もある。スギ花粉がある人の30パーセントはカモガヤ花粉症を有するとの報告がある。スギ花粉症は重厚に気や津液を引っ張り出す麻黄一辺倒でよかったが内側への粛降を意味する石膏の必要なのがスギと異なるところです。日が変わると雨が降るようだ、夕方のこの時間、さくらみるために外へ出るとヒノキ花粉がいっぱい飛散している。

漢方薬は2剤まで

多くの都道府県で漢方薬は2剤まで2回受診されて4種類を処方すると健康保険の守備範囲を超えていると医療機関が全額負担することになる。何でを推進した時代があったが今はとよく受診者から言われる。今のところ日本では皆保険制度が成り立っていることになっているが本当は企業の過剰な負担で成り立っているように見えるだけではないかと思う。医療事務の方向けにじばさんビルでお話をさせていただく講演資料を見て思わずこれの患者さんバージョンをやらあかんなあというとそうですねとおっしゃってました。保険とドラッグストアの違いが判らない方が多くなっている、例えば30日を超えた処方を推進した時代があった、今は分割処方やなんや異なるが前はもらえたのにといわれても症状安定とかいろいろ条件が付いたのでさらには連絡先を教えるとかいろいろ条件が付いているとは患者さんは知らない。ヘルペスの内服薬に軟膏を処方するとこれまた査定される。薬を出せば出すほど損をするのは医療機関です。PIT目的のファムビルも調剤薬局でジェネリックに変えられたら査定されたら文句は言えない。しかし調剤薬局はどこへ行ってもかまわない。

再発する病気それは単純ヘルペスです

ヘルペスを再発する人に抗ヘルペス薬をあらかじめ保険で処方する新しい承認が下りた。普通は予防は保険適応外です。再発する病気といえば単純ヘルペスです。ストレス日光そして風邪の発熱で再発しやすくなる。なる人は繰り返す。私は人生で経験していない単純ヘルペスですがファムビルに新しい適応ができた。欧米では当たり前のONE DAY TREATMENTといわれるものです。PATIENT INITIATED  THERAPYともいいます。つまり保険で口唇ヘルペスや性器ヘルペスを年6回以上の再発を認める人にあらかじめファムビルを処方しておきます。確かに性器ヘルぺスなど受診が遅れそうな気がします。性器ヘルペスのほうが口唇ヘルペスに比べ予兆がある。前兆があるへルぺスの方には朗報である。今までなら自費で購入していただかないといけない世界です。ファムビルはバラシクロビルに比べて知名度が低いが効果は同等とされている、ファムビルのほうが腎臓にやさしい印象である。

女性薬剤師ばかりの講演会

男性医師は数えるほど女性薬剤師の方で長蛇の列ができた講演会に参加しました。不妊治療が当たり前のように行われるようになり医療関係者はみんな知識を持つことを要求されている。私の場合漢方診療で8割以上が女性です。そして妊娠したり何やかやどんどん患者さんは入れ替わります。講義は日本産婦人科学会の月経の定義から始まりました。そしてOC/LEPそしてHRTにわたる話を聞きました。今日はレデイースクリニックの医師のお話を聞きにまいりました。月経周期に関する薬剤というテーマで、しかもスポンサー企業がなく有料にも拘らずじうせい薬剤師さんがいっぱい、まずは受付に長ーい長蛇の列です。会場に入る満席です。一番前に座りました。姫路の町特に大手前通りは城の日で年に何回あるかの大賑わいでした、新快速電車は神戸線京都線ともに乱れ振り替え輸送も行われたそうです。何とか姫路について姫路では帰りですらおしろの周りではひとひとひとでした。マッピングも垣間見ました。本当は最後まで講演を聞きたかったが姫路に戻ってキャッスルホテルで次の講演会が待っているので帰りました。

もう年です

もう年やから。今年一年勉強以外何もしないといってみたいがいろいろ雑用がある。研修医のころあるいはもう少し研鑽を積んだころ年やからといわないでと患者さんに言われていた。そんな自分もええ年になりまししたどこかのお寺のあとはいかがですか。若い時でも逃げ出したのに今更正座もできません。歳がいけばいくほど成長しているのは漢方薬の的中率だと思う。開業して成長したのは漢方薬の的中率でけだと思う。昨日WEBで東京大学の松平浩先生の腰痛のお話を聞こんなSCIENTIFICなDOCTORも冶打撲一方を使うとお話になってました。誰でも漢方薬を処方する時代が来ています。漢方薬の飲み合わせが問題になり、本来一剤であるべき漢方薬を2剤を超えてる買うと査定される。結構漢方薬を処方して損害を被っている。一剤で条文に記載されている使い方をしないといけない時代が来るかもしれない。松浦薬業の漢方エキス製剤が薬価削除になる。見れば普段からMRさんが大変といわれていた逆ザヤ生薬の柴胡やニンジンそしてオウゴンが入っているものが多い、鳥居薬品のシダトレンも原料そしてデバイスがメーカーには重い負担だろう。寺院の運営もイバラの道のようです、仏教離れでお寺もほうじがへりいバラの道を歩んでいるようだ。製薬も医院運営もじいんの運営も茨の道です。漢方診療を頑張ろう。

急速な変化についていけない

認知症がこんなに増えるなんて誰が予測したであろう。庭付きの家が私の周りではなくなってカーポートに車3台が建売住宅でも標準になっている。姫路駅前の土地が値上がりしている。空洞化していたのが小中6年一貫教育で若い人が住むようになった。介護療養病床が2024年までに廃院か介護医療院に進まないといけない。療養病床の中には医療療養病床と介護療養病棟がある。介護医療院に向けて急速に病院が変わっている。今まで高かったハードルを国が下げ誘導を強めている。万葉集が急速に売れている、元号が変わる誰が生前退位を予期したか。そして10連休、10日休んで仕事をしないとなると5月の生活が苦しくなる、あるいは時間ではなく月給制のところでは経営者が困る。資金繰りが苦しい。マイナス金利だれが予想しただろう、おかげでお金をATMで預けるにも料金がいる、本来融資の対象にならない方が融資を受けることができる。ちょっとでも金利が上がったら返せなくなる。自分自身何処で死ぬことができるのか、さっぱりわからない、昭和20年に戻り家で死ぬじだいは来るのか。。お墓が減っているらしい、おふせもへっているらしい。鼻たれ小僧が減りスギ花粉症が爆発。過度にきれい好きの時代です。江戸時代は毎にお風呂には入れなかった。LEDで世の中明るくなりすぎです。70歳超えたら恐ろしいほど認知症が増える

ダニの舌下免疫療法

今年はスギ花粉でえらい目にあった、スギ花粉症の舌下免疫療法を行いたいと採血をして帰る人は多い。ダニの舌下免疫療法はといえば80パーセントと大変効率のな副作用が問題です。口の中がとてもかゆくなるので最初はANTIHISTAMINESを併用します。一方最近ダニの舌下免疫療法に対してご質問が全くない。ダニの舌下免疫療法をしたいと希望する人がいない。実はダニの舌下免疫療法を続けている人は今年のスギ花粉症が軽い人が多い。ダニの舌下免疫療法はアレルギーマーチを止めるので大きな期待をしている。ところが患者さんはダニは困っていないからといってスギを選択する傾向が強い。ダニの舌下免疫療法は副作用率が80パーセントと非常に高い。ダニの舌下免疫療法をしてみようと思う人は本当に体質改善してみたい人です。漢方薬だけが体質改善ではないそしかし重症の副作用ではなく口の中がかゆい。の前に運動が大切なのはみんな分かっている。気管支ぜんそくのGINAの国際ガイドラインではFIRSTLINEで舌下免疫療法が記載されている。姫路市田寺つまり私のクリニックの近くに24時間型のジムが建設中です。姫路市中地にあるのと同じ24時間型スポーツジムだそうです。夜中までジムで汗をお金を出してする時代なんですね。私は自動車の運転をせず近いところは自転車です。

今年もシダトレンで行こう

昨日からにぎやかなシダトレン製造中止の話。本当にびっくりシダトレン。今は分類が変わりヒノキ属のスギとヒノキになってます。シダトレンが2年後には消えていく、最初からシダトレンになじんでいる私にはさみしい限りです。まだ2年もある。ダニもスギも海外文献では薄くてもこいくても効果は一緒ならば副作用が少ないほうが良いと聞いていたのに何は訃報を聞くような悲しい気持ちでおります。4月は別れの季節で物悲しい。4月1日午前中の診療をしているとMRさんがどこよりも早く先生にお伝えしたいと思いましたと瑞雲お待ちいただいたすまないと思っている私に一枚の白い紙が届きました。そしてまた4月2日薬局長がお越しになりシダトレン今後も使いますか?と聞かれた。2年後にはシダトレンとお別れですねえ。春なのにお別れですかあ。ホテルニューオオタニで受講した講習会は何だったのか?ああさみしい。今イーラーニングだけで処方ができる、それでも鳥居薬品には薬価が安すぎるようだ。兵庫県では発売記念講演会も何もなかった、自分で勉強するしかなかった。今現在私のところには約50人以上の舌下免疫療法をしてらっしゃる方がいるまだまだシダトレンは副作用がない薬として私の中の大切なお薬です。まずシダトレンなれたらシダキュアで5月から一杯導入したい。3月に一杯舌下免疫療法のために査定されるかもしれない採血をした。きっと多くの方がスギ花粉の飛散が終わる5月から6月に新規にスタートして来年の2月から3月にシダトレンに出会ってよかったと思えるように導きたいと思います。そして多くの妊活中の方が薬を飲む飲まないで悩まないように導きたい。

あと2年でシダトレンの販売が終わります

舌下免疫療法を新しいスギ花粉症の方にお勧めする3月が終わったとたんにシダトレンがその役目を終えるというおしらせが入ってきました。東京の紀尾井町のホテルニューオータニで開催された最後の秋のアレルギー学会で講習を受けたら舌下免疫療法ができるというので土曜日を休診にして日帰りで東京に行ったのが昨日のことの様です。ジャパニーズシーダとはスギのことです。シダトレンが2年後発売を終えます。発売以降注目を浴びてきましたが後継品のシダキュアを鳥居薬品が発売しツーチャンネルの維持が困難になったそうです。AIDSの薬もギリアド社に返す形となり、原料費がお高いシダキュア・シダトレンをツーチャンンネルで販売するのも困難とのことの様です。推測だがシダトレンが低薬価すぎたことが後になって今回のシダキュアのみ継続になったようだ。漢方薬や舌下免疫療法の薬は原料費がいつまでもお高く、あまりに低薬価だと販売を継続できなくなる。松浦薬業の漢方薬も同じで製品数が減少する。バイオで舌下免疫療法の薬を作れば高薬価で販売が継続することが容易になると思う。