記事一覧

姫路駅前変わったな

ファイル 5060-5.mp4

姫路駅周辺が変わった、一般車両進入禁止、といってもいっぱい一般車両がいっぱい入っている。タクシーバス以外進入禁止で50メーター道路は狭くなった。昔は自転車があふれていた。いまは駐輪場に入れる必要がある。タバコ吸っても過料。タクシー運転手は車から降りて立ち話禁止。山陽電車とアルモニーアッシュの間から一般車両が入ってくる。喫茶店がなくなった。チェーン店ばかりです。そこで勉強するのが私。60歳手前でSaint Marcで勉強する人はほとんどいない。雨の日はポイント2倍。パスタも食べたいが我慢してホットコーヒー。駅の北側に喫煙所なんて姫路の恥。駅の中に入っているタクシーはお高いので電話で呼ぶが喫煙所で待つように言われる。受動喫煙いやだな。一定の企業には喫煙所に対する情勢がない企業には体力がいる、おかげで産業医報酬4月から厳顔になるところがある。医師会で紹介していただくこともあるが報酬が?、コンサルタント会や人材紹介に登録する方が上場企業で働くことができる、視野が広がる。

サンテ®ウエルビジョン

サンテ®ウエルビジョンのサンプルをおいただきました。ひと月4千円、私のクリニックでは売れない。サンテ®ウエルビジョンは糖化を抑制するサプリメントつまり健康補助食品です。菱のみの皮が入っているそうです。菱は諏訪湖に行くと増えて増えて困るくらいのものだそうです。EPADHA製剤のロトリガの薬価が一日500円。DHAは網膜や脳に多く分布するらしい。つまり神経に良いかもしれないとされている。日本ではEPAが強い、神戸大学でJELISSTUDYが行われたことも一因と思う。サプリは特定の成分を多く接種する。漢方薬はバランスの医学です。漢方薬でもサプリメントでも肝機能障害が起こる。漢方薬の一番多い副作用は偽アルドステロン症です。つまりむくむ。怖いのは間質性肺炎です。肺が固くなる。HOTの適応になったら大変です。いまだに漢方薬には副作用がないと思っている人がいるのにびっくりする。先生葛根湯出せる?出ませんお迎えでOTCで購入してくださいということが増えた。保険ではその人に合っているのを医師が出す。OTCでドラッグストアへ行けばほしいものをほしいだけ変える。サプリメントも保険適応外だからほしいだけ変える。ニンニク注射という自費で行う注射がある。ビタミンB1B12の注射でニンニクではない。自費と保険の違いが分からん人が多い。労災と保険の違いもお内である。

ヒルドイドフォームは錠剤92錠分に匹敵する

今回の診療報酬改定で後発品が少ない調剤薬局にメスが入ると聞いた。ヒルドイドフォームは92グラム一本だしたら錠剤92錠分なんですよと言われる。g薬価のお薬を使うのは怖い。院外処方ができなくなるかもしれない。後発品使えという国の方針に協力すると不良在庫を抱えることになる。海外は尿素系の保湿剤が多い、日本は尿素系保湿薬が少ない。理由は不明です。皆ポケットからこれ出せるというがヒルドイドを使うと私は院外処方ができなるから無理と答える。それぐらいヒルドイドは大きな影響がある。ゾレアのような高額な薬をとるかヒルドイドをとるか。健保組合側の委員が中医協でどう動くか今後注目される。後発品比率85パーセントなんて私が頑張っても無理、後発品がある先発品に縛りが来る日はいつでしょう。日本ではいつまでも先発品は高薬価です。アレジオンが新規非鎮静性抗ヒスタミン薬のビラノアデザレックスルパフィンよりも高いのはなぜなんだろう。

神戸大丸でコーヒー

神戸大丸のサロンでコーヒーをいただきました。東京と異なりネスプレッソではありません、まどがないが静かで好き。利用者はみんな紳士的時には患者さんとお会いする。姫路の方は姫路の百貨店では買い物しない傾向がある。駐車料金3時間まで無料が大きいそうです。春節で大きな荷物を持つのは中国からの観光客。みんなマスクなんてしてません。シャネルや資生堂は大賑わい。梅田の大丸にはサロンがない。観光立国も大切ですが感染症水際戦略の方が大切です。

10年20年そして30年

仙頭クリニックが開設30年系統中医学が20年関西系統中医学が10年になる。おめでとうございます。そんな華やか晴れやかな気持ちで第10回関西系統中医学講座に朝から臨みました。私にとっては国家試験に受かって30年です。最初は基礎理論編のみ、最初はお茶の水スクエアでの数回は受講者が殺到して飯田橋中心に変わった。最初はオーバーヘッドプロジェクターだった、仙頭先生が一枚一枚買えていた。そして社員が確認用に撮影したビデオを5000円で販売していた。途中でDVDになったがコストの問題でDVDにはなかなか変わらなかった。講座は増えて原則第二第三日曜に行われたこともある。つまり4講座を一年で学ぶ形でした。またゼミナール室といって症例を受講者が出して開設する講座もあった。きょうは生理病態治療編の循環器腎泌尿器の整理と病態・治療です。ホテルサンルート梅田がホテルビナリオに名称が変わった。そういえば東京飯田橋の後楽園近くの日揮ファーマビルも途中で持ち主が変わり使えなくなりました。会場の確保にコタロー漢方製薬様も奔走されていることと思います。ご講演始まりました

系統中医学講座大阪

大阪で行われる第五期関西系統中医学講座の最終回でした。先週の東京飯田橋でのエキス漢方ZtoAでは平成二年の十二月三日に仙頭クリニックが開院になった。三十年でこれだけかと謙遜にお話しくださった仙頭正四郎先生。もうすぐ系統中医学講座関西系統中医学講座通算二十周年おめでとうございます。系統中医学講座は決して個展に帰れとは言わない。内経に帰れという中医学。経方に帰れという日本漢方古方派。そうではなく西洋医学も進化しているから東洋医学も進化しないといけないというのが関西系統中医学の基本概念と私は理解する。関東では阿曽まで仙頭先生は私たちに惜しげなく自らは捜索した系統中医学について教えるのか。最近はおっしゃいませんが私の体は一つしかありません。皆さんが広めてほしいから惜しげなく資料を提供しています。それから仙頭先生の国語の力がすごい。誰でも原稿作ったら訂正が入る。近年ほとんど訂正がない。これ間違ってないかなと質問に行ってもこれでよいとのことです。第六回関西系統中医学講座が四月から始まります。何回聞いてもわからない。講演きいたときはわかった気にさせていただく。なにかエネルギーをいただいたような気になる。復習が大切です、朝、会場に早くいったらテキストを一生懸命読むことも大切です。私は関西系統中医学講座、エキス漢方ZtoA、エキス漢方ZtoAin名古屋を休みながら参加している。仙頭正四郎の講演を拝聴することで私の漢方は少しずつ成長している

かっこいい救急外来での一発診断

かっこいい救急外来での一発診断について聞きました。この世には一度見たら名医になれる。私も一度救急外来で胞状奇胎の患者さんを診た。不正出血なのでエコーも当てず産婦人科の当直医を読んだ。君、大発見を逃したねと言われた。、不正性器出血なんか見てややこしいことに首を突っ込みたくないから問診だけして産婦人科当直医をDrCALL、急性腹症で腹部大動脈りゅうで救急車で患者さんがはこばれてきた。おなかがドクンドクン拍動していた。痩せている人は拍動していることが正常でも多い。こんな病態は一度経験したら忘れない。フルニトラゼパムを大量に服用するとわざと青い色がつくようになっているようです。唇が晴れて居たらACEIの内服による血管浮腫のことを忘れてはいけない。若い男性短距離走後の背部痛はALPEのことがある。自転車のサドルで強打すると精巣破裂、下腹部痛といっても若い人ほどパンツを脱がない。ここで妥協したら大ごとになることがある。陽背部痛は実は陰茎痛のことがある。女医さんが増えているので思春期男子の診察に苦労することが予想される。尿道結石はSTDの既往がある人に多い。普通は尿管結石です。

ホームページ作成

ホームページの勉強に行ってきました、会場はセンタープラザ。遅い時間でしたが満席でした。私共の会計でお世話になっている日本経営グループのメディキャストの講演会です。ブログの更新は3月に一度でよいから3000字くらいは書きなさい。なるほど。さすが日本経営グループ。クリニックの雰囲気が伝わればよい。SEOよりもMEOを重視しなさい。ポータルサイトの勧誘には乗らない。グーグルの口コミは消せない。GOOGLE MY BUSINESSには登録する方が良い。医療は雰囲気患者さんには医療の中身はわからない。アンチエイジングはEBMがないから記載してはいけない項目、地域一番なんて書いてはいけない。限定解除とは看板はダメだがWEBは良い内容だそうです、食べログのアクセス数が減っているようだ。他山の石としなければならない。ホームページとお知らせ以外訂正することは少ないのがホームページです。

感染症だらけ

今週姫路ではB型インフルエンザが増加に転じてA型が減少、休日夜間急病センターでB型と診断された方が高校に提出する書類とタミフルの4日分を取りにお越しになった。土曜日はワクチン接種はしたくない。水痘・おたふく・MRそしてインフルエンザ今日は多くのワクチン接種を行った。残っているのは二混と日本脳炎ワクチンとあとは大切にしていたチメロサールフリーのインフルエンザワクチンが少し残っている。発熱が多い小児肺炎球菌ワクチンはいつの日かじたいしている。今日は大阪で宿泊予定。南京町も行く予定。どこにばい菌がいるかわからない。私のクリニックのあたりは学級閉鎖はまだ今シーズンない、インフルエンザBが流行るとこの辺りも危険かもしれない。オリンピックで外国から人がいっぱい来る。日本にはない感染症がいっぱい入ってくるかもしれない。AMRでマクロライド、キノロンそして第4世代セフェムは使わないで言われている。眼科でも角膜感染症に内服の抗菌薬の使用につて見直す向きがある。眼科では失明したら訴訟になることを理由に点眼や眼軟膏など局所ではなく全身投与している。控えないといけない。

鼻詰まりの漢方診療

鼻詰まりの専薬は辛夷です。辛夷配合の漢方エキス製剤は限りがあります。エキス漢方ZtoA第20回では鼻詰まりの漢方として珍しくいろいろ方剤の提案があった。葛根湯辛夷川芎は表層の気が充足せずに宣散不足のために気血のめぐりが表層で鬱滞するのに有効。越婢加朮湯は上方で湿と熱が充満するものです。麻黄附子細辛湯合五苓散は冷えを背景とする病態で上方での湿の充満を呈するもの。九味檳榔湯は裏の冷えと気滞と気逆で津液が上方や中焦で取り残されているもの麻杏薏甘湯は上方で湿が充満する気に働きかけて利湿するとの記載がある。辛夷清肺湯が記載してなかった。方剤名を記載するとこれ頂戴と言われるので方剤名は上げないようにブログを書いている。仙頭先生の頭の中は凄いなあ。いよいよ関西系統中医学講座も10回シリーズの最終回です。一回休んだんで今回は皆勤賞はない。そもそも皆勤賞はわたくしには不可能です。振替受講が不可欠です。1月の姫路は敏感型スギ花粉症とカバノキ科の花粉飛散で症状が出ている。漢方薬は決して眠くならない、アレルギー検査をして連絡がつかない甲状腺機能亢進の方にメールでアプローチした。来院していただきたいなあ。