記事一覧

コロナ復興税

コロナ復興税を考えるとより憂鬱になる。国のお金ダセダセコールが続いているが続いてやってくるのがコロナ復興税。5月はもうすぐ固定資産税の納付です。10万円の給付の後は間違いなく増税。大増税。超々高齢化社会が進行します。阿部内閣の経済優先策で後手後手を行っている今の日本のCOVIT-19に対する施策です。少ない金利から震災復興税が私の命がある限りひかれていく。阪神淡路大震災では兵庫県がお金を出したから兵庫県は財政が悪化している。毎日コツコツと職場と自宅の往復が続く。ずっとコツコツ勉強してきたがもう年ですね、落ち目です。WEBでの眼科学会や眼科実践講座そして角膜カンファレンスWEB学会は私のようなものには助かる、手元には大分のIichiko総合文化センターで緑内障学会やフォーサムの誘いが来ている。とても開催できないと思う。人気の眼科実践講座が今年は定員ナシ、うれしいので早速振り込んだ。昨年は募集開始からわずか二日で満席になった。眼科実践講座で神経眼科のお話をする女医先生はなんと私と高校時代の同級生すごい凄すぎる過ぎる。高校三年生の時同級生だった。

COVIT‐19後のMR活動

MRさんは訪問したらCLUSTERを作ると在宅になっている。マイランEPD合同合同会社とNOVARTISのMRさんがいろいろ積極的にかるどうされていると個人的に思う。マイランEPD合同会社はエピペンやアミテイーザが主力製品そしてすい炎のお薬もあります。NOVAはゾレアが私のところでは主力製品です。マイランさんはメールが送られてきてコピーしてMRさん自らエピペンなどの製品をPRしている動画を見るようです。MRさんが元気そうにしていて安心です。NOVARTISのMRさんは古い付き合いですが世界のトップ企業なのでCOVIT-19のWEB講演会が行われるアナウンスをいただきました。ゾレアの薬価が気管支喘息からアレルギー性鼻炎に変わり大幅な薬価引き下げにもかかわらず頑張っています。そのほかにも漢方メーカーさんコタローツムラ大杉製薬さんはがきが来たり手紙が来たり電話がかかったりそしてポストに資料が知らぬ間に入っていて遠方から起こした抱いたんだなと感動しお礼の言葉もございません。それから新規抗ヒスタミン薬の会社の男性女性MRさんもMAILを繰ってくださり感謝しています。スギヒノキの花粉が飛ばず大変度思いますが頑張ってください、日ごろの情報提供に感謝の2文字です。最後にメトフォルミンが回収になり郵便そして電話でご連絡いただきました糖尿病薬のメーカーさんお疲れ様です。そのほかにも各MRさん在宅勤務ご苦労様です。自粛の中インターネット上MRさんの活動について以前と比較されています。ますますのご健勝をお祈りいたします。

オンライン診療と漢方

オンライン診療という概念が対面診療という概念を破壊している。漢方診療には望聞問切の四診のうち2つつまり問診だけではなく何かもう一つが必要だからオンライン診療には適さないとの千福クリニック院長仙福定弘先生の講演を聞きました。漢方はあて物ではないと三谷和男先生もおっしゃる。手帳をみて漢方診療を行う意思は少なくないようだ。先生すごいですね手帳をみないで漢方薬を出せるんですねと冷やかし半分いわれる。それは漢方専門医の試験の前のお話です。漢方エキス製剤の構成生薬はみんな専門医試験の問題出るので試験前には覚えていると思う。診療の確立を上げるには脈を診る舌を診るなどして矛盾を考えるそれを反証というと系統中医学講座で演習している。脈や舌で矛盾が生じたら何を信じるか。そうそうだ全くだ。うちのクリニックでもオンライン待望説は漢方診療の患者さんではないようだ。新型コロナウイルス感染症が広がりオンライン診療が都会で広がっている。姫路のように地価が安く建売住宅でも意見に2台3台自家用車が止まるところは新型コロナウイルス感染症たいさくんには有利です。西川病院跡地でも3000円の破格にしたら駐車場として異常な人気です。こんな時こそ地価が安い姫路の地の利を生かしたい。昨日からの日本眼科学会のWEBの映像が素晴らしくきれい。

PCRを日本がたくさん行わない理由

PCR検査には今様々な意見がある。私共のような一眼科医ができるほど簡単検査ではない、眼科でPCR検査をするとしたら桐沢方ブドウ膜炎のヘルペスのPCR検査くらいかと思う。それも同意書をいただいてのお話です。私共医療従事者専用の講演会ではPCR検査をもっと増やそうという動きは全くない。なぜ日本がPCR検査をたくさん行わないか理由を考えていきましょう。検査をしないことに避難が殺到している。PCR検査には危険つまり感染リスクと衣服やN95マスクや保護服などの物資がいる。そして今までの感染防御に対する知識が必要です。医師面鏡があればだれでもできるものではない、院内感染を起こしたら非難されるがMRASAVRA緑膿菌とは異なりなりあまり非難されていない。今VIT19はCLUSTER感染症から市中感染症になりつつある。COVIT-19は最初は風邪と鑑別がつかないからたちが悪い。一週間で治るか一週間後重症化に至るか。感染症の専門家でもわからない。自宅にこもって他の人に移さないようにすることしかできない。マスクをして他の人の迷惑にならないよピにするしかできない。医療の講演会も3月から全くなくなってしまった。姫路駅にすら言ってない。車の運転をしないがバスにも載ってない。経済重視の安倍内閣を嘲り笑うかのように春節の時の初期対応を嘲り笑うかのようにわが国を襲っている。検査をもっと行うべきであるとテレビで素人さんが毎日連呼している。専門家は検査前確率が高い人に検査を行うべきと考えている。PCR検査には疑陽性や偽陰性がある。陽性的中率は有病率の影響を受ける。非患者をたくさん検査すると疑陽性が増える。無用な隔離や入院が増えるというのが日本ではたくさん検査しないという考えの根本です。今でも医療資源どころかマスクがない。コメンテーターという無責任なそして何の責任を取らなくてもよい良い人たちがマスコミでPCR検査が少ないから日本でもっとPCR検査を行うべきだと述べている。一方私たち医療従事者だけがみるWEB講演会ではPCR検査を行うことには否定的な意見が主流です。疑陽性偽陰性そして陽性的中率や院生的中率という言葉を理解していない人が多い。特異度gs高いのはPCRよりもLAMP 法だそうです。検査自体で医師や看護師臨床検査技師が感染するかもしれない。検査自体に限界がある。新型コロナウイルス感染症で検査陽性が感度陽性、新型コロナウイルス院生で検査陰性が特異度陰性、陽性的中率とは検査陽性で疾患も陽性陰性的中率とは検査陰性で疾患も陰性のことだそうです。COVIT19は80パーセント症状なく、15パーセントが重症5パーセントが生命の危機その半数が死亡する。

ブナ科花粉症

先週から姫路はブナ科花粉症に変わっている。スギやヒノキ花粉症は終わりです。いつも今はドングリの仲間の花粉ですと4月は患者さんにお伝えしています。明るい話題が一切ない今日この頃ですがスギ花粉症の舌下免疫療法を始める時期が来ています。副作用が皆無のシダトレンを使ってきましたが製造中止になるのを期に多くの方をシダキュアに変更しようとしてしています。いろいろな調剤薬局にうちの処方箋が飛散しているようですのでお知らせしておきますね。クリニック隣のスーパーから黄色い花粉がこの時期たくさん飛散します。安室東小学校の校区は白樺ハンノキそしてブナのRAST陽性のお子さんが多いと思います。白樺ハンノキそしてブナ科はPFAS野菜果物アレルギー症候群の原因として非常に重要です。兵庫県でも六甲山系に行くとオオバヤシャブシが有名ですが姫路は六甲山系ではなくブナ科植物です。オオバヤシャブシは戦争で樹木を切った六甲山でがけにも植生するというので植林されたようです。カバノキ科ではバラ科の桃リンゴそして水っぽいマメ科の豆乳やおぼろ豆腐でPFASが起こります。むかしはOASでしたが今は学会ではPFASと呼びます。

漢方プライマリーWEBセミナー

ツムラのMRさんは在宅勤務中だそうです。そんな中漢方プライマリーWEBセミナーが行われた。私が記憶する限り姫路にも最低3回はお越しになった千福貞博先生の漢方WEBが行われました。富山大学学長を務められたウイルス学の権威金蘭千里大学の白木副学長のCOVIT-19のweb講演会の時間が重なった。白木先生の講演は以前帯状疱疹について聞いた。明日は昔姫路医療センター呼吸器内科におられた現在倉敷中央病院呼吸器内科主任部長の先生ののCOVIT-19の講演会です。千福貞博先生はツムラさんで国内を巡っておられる先生です。とても分かりやすかった。系統中医学講座をはじめエキス漢方ztoAも再開のめどは立たず久しぶりに漢方の講演会を聞いた。白木先生はアビガンの開発に携われたすごい先生それをFUJIFILM以外の会社がWEB講演会してくださりよかった。COVIT-19の講演会は多いがウイルス学者の講演ははいじめて聞いた。ONDEMAND放送があればうれしい。なかなか白木先生の講演は聞けない。WEB講演会も少なくなっている。世の中に遅れないようにWEBで勉強しよう。うちの高校生も大学生も朝からWEB授業の様です。しかしWEB授業は単位の半分までしか文部科学省は認めないらしい。

MRさんからの連絡

新型コロナウイルスに国民の半数が罹患しないと収束しないそうです。アメリカでは抗体検査が始まっている、どれくらいの無症候感染者の方がいらっしゃるかこれで明らかになる。2類感染症になっているが疑問を抱く人も多いと思う。こんなに多くの方が罹患しないとまた抗体を保有しない収束に向かわない。私たち医療従事者はインフルエンザには町として接しているから罹患しないとおみんな思っている。研修医になって以来インフルエンザには罹患していない。しかし新型コロナウイルスは罹患するかも知れない。そしたら終わりだ、患者さんはもう私のところにはお越しにならない。そんな事態になるかもしれない。まだまだ時間がかかる。製薬メーカーさんも自粛の二文字です。新型コロナウイルスに50パーセント罹患するには時間ッが必要だ。桜の春なのに桜や梅の花が長く咲いていても何も感動がない、喜びも別れの悲しみもない。桜ソングを聞いても春の予感がしない。4月の降水量が今年は多い少ない花粉がより一層飛散しません。そんな中ホームページへのバナーのリンクをお願いしているメーカーのMRさんから電話でそしてメールで連絡をいただく。姫路駅が非常に遠い今日この頃です。眼科学校検診やカバノキ科の花粉症でリンゴや桃を食べると口がかゆいという患者さんがお越しになり年間で最も忙しいはずがゆったり過ごしています。旅館もゴールデンウイークなのに休業されるみたいです。自治会総会も中止、どこで何が起こっているのかさっぱりわかりません。夏祭り秋祭りも難しい。夏季の賞与なんて雇用優先で公務員以外厳しい。優秀な方が医師になり公務員になりノーベル賞物の発明は次第に減るんでしょう。MRさんから自筆の手紙やWORDのはがきがも来る。WEB講演会の案内はメールアドレスをお伝えしているMRさんが送ってくださる。演者さんの安全、放送スタッフの安全を守るためどんどんWEB講演会が中止になっている。緊急事態宣言の対象が全国に広がった。隣接都道府県に遊びに行く人が多い。人間関係そして家族関係が難しくなっている。視覚障害者のあんまマッサージ師の仕事が激減している。視覚障害者は外出時にガイドヘルパーさんの腕をつかむので濃厚接触のリスクが高くなる。

換気

マイクロ飛沫が注目されている、マイクロ飛沫には換気が有効だそうです。KOVIT-19ははしかや結核のように空気感染はしないがマイクロ飛沫は窓を開けて避けるのが良いそうだ。韓国に比べて日本は患者数が減少には転じていない。つい先日まで迎えのドラッグストアには朝から長蛇の列ができていました。朝の行列を避けようとする動きは良いことだ。昨日の日曜日も朝9時前にドラッグストアの駐車場にはそこそこマスク目当ての方が来るまでお越しの様だった。クリニックの迎えのドラッグストアも調剤薬局も喚起のために自動ドアを開けておられる。私のところも開放することにした。薬が湿って固まるからと空調をガンガン効かせるのが調剤薬局や病院内の薬局です。コロナウイルス流行でかすんでいるのが健康増進法の改正です。0.2m/sで風を流す喫煙室が注目を浴びるはずだったがCOVIT-19の影響で陰に隠れています。昨日の情熱大陸でも会議終了後医療機関の会議室の窓を開放する様子が流れた。うちも今日から開けっ放しにしよう。換気といえば産業医学の世界です。PUSHPULLの換気ができたら鬼に金棒。世の中会議が非常に多かった。コロナの3密を避けようとする動きでで会議が減りテレワークに動いている。ところで第5期風疹定期接種が延長になっている2020年3月31日までが期限の接種券でも権利は消失していません。2021年3月まで延長になっています。そりゃオリンピック中止になってないからね。

自粛

眼科学校検診もすべて自粛。産業医活動もすべて自粛。上場企業にコロナウイルスを持ち込んではいけない、私が3密環境に入るのもよくない。JR姫路駅が遠い。クリニックも自粛したいが休むとうわさが噂を呼ぶ。家と迎えのゴダイドラッグ田寺東店とはやしの田寺店とマックスバリュ安室店と金融機関ぐらいしか言ってない。私も完全自粛。2月に眼科生涯教育講座を東京に受講に行ってから新幹線にのってない。誰がコロナウイルスに罹患しているのか誰が抗体を持っているのかわからない。そして抗体がどのような意味を持つのかわかってない。ワクチン開発や鳥インフルエンザやHIVの薬をコロナウイルスに用いて有用性を確認することが和田になっている。ギリアドサイエンシズ社のレムデシビルの知見が中国で中止になったり富士フィルムのアビガンのジェネリックを用いた論文が撤回されたりわからないことばかりです。IgM・IgG抗体にどんな意味があるのか。インフルエンザワクチンのように毎年変異して株が変わるワクチンもある。麻疹風疹ワクチンのように一度打てばしばらく行けるワクチンを期待している。しかし国民の50パーセントが罹患しない今の騒ぎが収まらないようだ。プロ野球選手も合コンすれば罹患する、医師も罹患する。誰が新型コロナウイルスに罹患してもよいみたい。自粛しかない。報道ステーションのアナウンサーなんて問題外、順天堂大学の教授さんも大変だ。オンライン診療なんて未収金が増えるし私の診療にはなじまない

アパホテル&resort横浜ベイタワー

毎年参加している谷口正実先生率いる若手医師に人気の相模原臨床アレルギーセミナーで8月21,22日休診にして8月21日から23日までアパホテル&resort横浜ベイタワーにお泊りする予定でした。恐らく眼科で参加しているのは演者を務められる東京女子医大の高村悦子教授とわしだけだと思う。セミナー参加費三万五千円は2月初めに振り込んだ。ところがこのたびのSARZ-COV2によるCOVIT-19のために軽症者や無症候の方が泊まる施設としてアパホテル&リゾート横浜ベイタワーが選ばれ8月までの宿泊が自動的キャンセルとホームページに記載があったので電話を入れた、やはりキャンセルになるから関内のアパホテルならどうですかと言われたがネットのニュースでは2022年までコロナウイルス感染症は終息しないと書いてあった。先が見えない、厚生労働省出身の黒岩神奈川県知事は流石大きな箱を抑えました。相模原臨床アレルギーセミナーや学会でパシフィコ横浜を訪れるときにはアパホテル&resortに宿泊したい。幕張のアパホテル&リゾートにじんましんの合宿に行ったがリーズナブルでした。眼科学会も角膜カンファレンスもWEB開催、子供が産業医科大に進学したので日本眼科医会の生涯教育福岡講座に行くときは一緒にうまいものを食べに行こうと思ったが何年後の話やら。8割の方が無症候、PCRが陰性になっていても退院後日本韓国で陽性になる不明の現象が起きている。これではワクチンができない、あるいはインフルエンザのようなワクチンしか作れない。エイズや鳥インフルエンザのお薬は副作用という痛みを伴う。かなり厳しい状況、一般の方と医療従事者そして医療従事者でもコロナウイルスと戦う人とプライマリーケアを行う医療機関ではギャップが大きい。