記事一覧

苓桂朮甘湯の変法

奔豚はホントンと読みます。トントンとぶたが下から突き上げるのが奔豚。それを茯苓で脾から肺に上げて回す。そして桂枝甘草湯の方位で下げる。最近冷え症には苓桂朮甘湯を使う機会が増えた。単なるめまいや頭痛の処方ではなく上に上がってしまったものを特に気を下げる方剤として苓桂朮甘湯は使っている。苓桂朮甘湯の変法ではエキスにない方剤が多い。苓桂朮甘湯の甘草を○という生薬に変えると苓桂○甘湯という表現ができます。甘麦大棗湯の中のナツメ大棗に変えると苓桂甘棗湯にかわる、りょうけいかんそうとうです。苓桂味甘湯もある。五味子を○に入れるとりょうけいみかんとうです。エキス漢方ではこれらを漢方2剤併用でいかに作るかです。

POWERPOINT

昔なら紙に書いて勉強したことは復習するのが普通ですが今はpowerpointのスライドをまねをしてパソコン上で絵をかいて復習する時代かもしれない。仙頭正四郎先生が作成された図にはいろいろ奥が深いことが自分で円を描くとわかる。5つの円が層構造を形成しさらには外側の円は中枢神経を表す。そこから2本の細い線が全身を一周する細い円につながる。この図を表すにも私には1時間以上かかる。系統中医学が始まり20年以上最初はオーバーヘッドポロジェクたーでっちゅう~POWERPOINTを使われるようになった。8月の終わりに医療機関を閉院するための講習会での司会が回ってくる。子供が医師になっても継承することがないケース、子供が医師になれなかったあるいはならなかったケースではいつか閉院することが必要になる。生涯現役となるには子息が戻ってきて2人で働く時期が必要になる。そこらが医療法人を形成した時の問題点です。医療法人は目の前の税金を考えるとよいことのようです。しかし、若い医師には勝てない。若いって素晴らしい。廃院・継承についてもう一度田中税理士のお話を聞いてみよう。今日は東洋医学会来週はコンタクトレンズ学会はじめとするフォーサムが京都で行われる。いよいよつゆでむしむしする。

たかがコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズを私のところでは主力としている。G20大坂サミットでMADEINJAPANのハードレンズの素晴らしさをアピールしてほしいがそんな力があるメーカーはない。眼科では京都で今週白内障来週はコンタクトレンズ学会が行われる。参加しようかと思ったが神戸の講演会に行くことにした。コンタクトレンズを扱う機会がグーンと減った。というよりもコンタクトレンズの方にはよそへ行くように勧めている。コンタクトレンズの患者さん0を目指しているが0にはならない。場所をとる。私はコンタクトレンズを推奨しない小学生には勧めない。カラコンも取り扱わない。サークルレンズもしかりです。今G20大坂サミットの影響でコンタクトレンズを頼んでも来週まで来ない、困ったものです。目の上に乗せるとか角膜内皮細胞が減って白内障手術ができないかもしれないといっても今がよければよいみたい。

難治性喘息の講演会

今日は木曜日姫路商工会議所では薬剤師会の講演会、リウマチ、キートルーダそして私が参加した難治性喘息オマリズマブの講演会。百花繚乱華やかに咲き乱れてます。台風でひょっとしたら開催されないかと思ったが名古屋の大学から教授がこられ呼吸器専門医大集合で熱気むんむん。あっという間の1時間でした。気管支喘息ガイドライン2018での変更点はSTEP2からLAMAそしてSTEP4で抗IL-5、抗IL-5Rα抗体、気管支形成術が加わったことなど基本的なお話から生物製剤のお話まで多岐にわたるお話でした。難性喘息ではATOPICな素因が6割IgEがオマリズマブ適応の30~1500に至る方が50。喘息では最近相模原病院からユニークな報告があったとこの前も聞いたがアスペルギルスの抗体が8.6~10年後には31パーセントに増えていたそうです。ABPAにゾレアが良いとも言われています。オマリズマブを用いた臨床研究にはPLACEBOを用いることが重症者に配慮を欠くとのことで前向き非対称観察研究が良いそうです。ノバルテイス社はアレルギー講習会でも聞いたがPGD2の内服薬の第三相臨床試験をしているとか期待しています。

眠る薬をください

眠れないときはどうなさっていますか。漢方薬で何とか眠れるようにしてくださいと言われます。中にはマイスリー8錠を毎日飲んでますという方がお越しになる、どこから入手するのかわからない。漢方薬でといわれ,どうぞお越しくださいといってしまった。いきなり漢方薬ですべてがいけるわけなくベンゾジアゼピンに漢方薬をONしようとしたら怒って帰ってしまった。電話では状況がわからないからとにかくお越しくださいとしか言えない。反跳現象や依存に耐性そう簡単にデパ中から抜け出すことはできない。私は最近デパスなどベンゾジアゼピンは最初に処方するときやめる時のイメージを抱いて処方する。コンスタンなど6錠から5錠に来院するたびに一錠ずつ減らしている。最近子供さんの昼夜逆転などには大変漢方薬が効果を発揮している。保護者の方がかんっぽう薬がそんなに早く効くわけないし何がよかったんでしょうかといわれこれは漢方薬が効いているんですよというと半信半疑な方が多い。体内時計の調節薬ロゼレムもよいが漢方薬もよい。

漢方診療わざとこつ

(株)ツムラさんに製薬協の適応外使用に関するGLが重く影響し我々医師にも影響が大きい。適応外の内容について本社のチェックが入るようになった。そして講演内容についての資料配布がなくんまった。復習用にと参加しただけがいただけるDVD.そしてDVDも配布禁止の憂き目にあっている。漢方薬についいていっぱい勉強してきたのでまだよいがこれから漢方薬の勉強をしようという輩には重い負担です。私は今も漢方の勉強にいっぱいお金を使っている。関西系統中医学講座は10回20000円ですがそれでも医師の参加者が高いと書いていた。働き方改革の行く末はどうなるのであろうか。大分県の副医師会会長の織部和宏先生の新しいご著書を買ってみた。神戸大学ご出身の織部和宏先生は神戸姫路岡山辺りに東京の帰りに良く講演に来られた。昔はご自身のノートを板書するスタイルだったが近年はパワーポイントのスライドに変わっている。最近は博多で某メーカーさんの講演を聞く。漢方診療わざとコツは織部和宏先生のご著書である。ツムラの漢方スクエアが廃止になり織部和宏先生の著書が世に出たから皮肉なものです。(株)ツムラのパンフレットや雑誌がすべて消えた、いったんすべてなくすのだそうです。

急性期漢方マニュアルは大学の先生が書いた

私は普段生薬を考え漢方診療を行っている。生薬を考える応用がきく。系統中医学とエキス漢方ZtoAで最近患者さんに良かった、よく効いたといわれるようになっている。6月は日曜日に3回仙頭先生の講演を聞いた。残り一回は博多まで仙頭先生の講演を聞くため行くはずだったが自分の講演会のスライドづくりで行けなかった。なんでも理論的の解説できるのが仙頭ワールドです。1010を見て仙頭と読み替える。これがすべての基本だと思う、言葉遊びでは済まないORIGINALITYがある。源草社から出版されている急性期漢方マニュアルは理論はない。急性期漢方マニュアルは大学の先生が書いた書籍です。ただこんな病気にはこんな薬を使うという発想です。用語解説やきれいな図が入っている。妊娠中飲んでもよい漢方薬まで書いてある。いまの時代妊娠中に服用してよいというのはとても言いにくい。EMBがないからである、もしも生薬に未知の作用や副作用があったら困る。急性期漢方マニュアルには加味逍遥散と抑肝散そして女神散の違いなど普通の漢方を学んでいる人に良いと思う。系統中医学ではそんな考えはしませんと仙頭先生に言われそう。社学者には素敵な書物と思う。

補中益気湯なら加味帰脾湯がすき

加味帰脾湯の錠剤は27錠、補中益気湯の錠剤は18錠そこまでして錠剤が良いですかと患者さんに尋ねるとはいと答えが返ってきます。若い女性中心に漢方薬の錠剤カプセルが人気です。補中益気湯と加味帰脾湯の違いについてかんさいけいとうちゅういがく講座のテキストを復習した。気の巡りは補中益気湯ではしょう麻、加味帰脾湯では補中益気湯の陳皮は加味帰脾湯では茯苓、加味帰脾湯では山梔子で上焦の熱を冷ます。竜眼肉酸棗仁遠志で心に配慮する。さらに桂枝加竜骨牡蛎湯や酸棗仁湯、甘麦大棗湯を補中益気湯と使うとよい。なるほど、ガッテンガッテン。人参養栄湯は心血を増やすために遠志五味子が配合される。一方加味帰脾湯は上に持ち上げるため柴胡黄耆木香で気を持ち上げており四物湯から芍薬地黄が除かれている脾不統血に加味帰脾湯というが生薬でみると統血する生薬は配合されない。4月から不眠症にZDRUGやベンゾジアゼピン系の睡眠薬が処方できない。デパスやマイスリーを服用されていた人は混乱が起こった。可能なら五臓の心にの働く漢方薬をベンゾジアゼピン系を試す前にお試しいただきたい。補中益気湯は有名だ加味帰脾湯はもっと素晴らしい漢方薬です。帰脾湯がしていることは心に気血を供給するため脾を盛り立てて気血を上方に誘導することです。

辛開苦降

呉茱萸には辛苦熱の性がある。辛苦は辛開苦降につながる。わかった何で呉茱萸があたためるのに気を下すか。以前から不思議でずっと考えていたが生薬学の中国の教科書に記載がある。辛開苦降の働きで熱の性質がある呉茱萸に気を下す働きがあるんですね。呉茱萸には散寒止痛、散寒燥湿、下気、疏肝散寒、助陽止瀉の働きがあるようだ。下気と記載がある。逆気をおろし肝寒で胃を犯す嘔吐に良い。しゃっくりや嘔吐のベクトルを下向きに誘導できる。辛開苦降といえば半夏瀉心湯の言葉と私は理解していた。ミカン科の呉茱萸には不思議な働きがある。おなかを温めて寒を散じて肝の滞りを解くとの記載がある。麻黄の代わりとなる生薬はない、同じく呉茱萸の代わりもないと考える。先週から生物製剤ゾレアの講演会が姫路商工会議所で続く、しかし私は漢方薬が好き。ゾレアも日本で発売後10年、シリンジ型製剤が発売された。IL-5に負けることなく頑張ってほしい。誰か気管支喘息でなくじんましんでゾレアをという人はいないだろうか。シリンジの登場で攪拌機をお借りしていたが返す日も近い。学術講演会に先週は昭和大学の教授が姫路来られ、今週は名古屋市立大学の教授が姫路に来られる。すごい。

呉茱萸

呉茱萸はごしゅゆと読みます。小さなミカンのようなものです。呉茱萸は不思議な存在です。呉茱萸は温めるのに気の巡りは下向きです。温める薬は気を上向きベクトルに誘導することがあたりまえです。生薬のお話はかなり空想的です。下の方が冷えて上の方に虚熱がある状態です。頭痛や肩こりで足が冷えて顔はカッカする人にかなり当たります。まずい呉茱萸湯。しかもジュンコウのエキス製剤を使っているからおいしくない。呉茱萸湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、温経湯、11味入っているが九味檳榔湯には呉茱萸が入っている。片頭痛に呉茱萸湯というキャッチコピーがないのは冷えに配慮することが必要な処方だからです。呉茱萸湯に比べて九味檳榔湯の呉茱萸は飲めない人が少ないと仙頭先生がおっしゃっていました。ジュンコウの呉茱萸湯はトウモロコシでんぷん入りです。賦形剤が乳糖ではありません。片頭痛とかしもやけなど足は冷えるが上の方つまり顔面で大騒ぎの状態に良いようです。陽虚で熱が上浮した状態で脾胃や肝の冷えた状態に使います。もともとの実熱に使うとのめない生薬です。