記事一覧

便秘薬

私は漢方薬の便秘の薬は多く使っています。便秘の薬がいっぱい出ている。最近の新薬は非劣性が多い。副作用がすくなくなっていると解釈する。胆汁酸トランスポーター阻害薬グーフィスは回腸末端にある上皮細胞に存在するIBATを阻害により大腸に流入する胆汁酸の再吸収を阻害します。世界初のIBAT阻害薬です。海外にはデータがない薬です。DUALACTIONで完全自発排便へ。便秘を改善する。大腸内の水分の分泌と蠕動運動を更新する。胆汁酸トランスポーター流入した胆汁酸は。IBAT阻害で大腸内へ流入する胆汁酸吸収を阻害します。今日は世界糖尿病デイ。姫路城は青くライトアップされているのでしょうか。今プロジェクションマッピングをしているので城は明るくない。気が付いたのはこの前の日曜日東京からの帰りのタクシーの中でした。今月いっぱいプロジェクションマッピングです。今日は加古川のホテルで便秘の勉強。明日は姫路のホテルで便秘の勉強。勉強しても一向に賢くならない。医師になるには記憶力がよくないといけないがすぐ忘れてしまう。寒くなりました、おなかが冷えてべ便秘になるのが寒秘です。乾姜が入った方剤がぴったり。

麻黄

秋田大学の救急・集中治療医学講座の教授がお書きになった急性期漢方には麻黄を含む主な方剤がまとめてある。最高は越婢加朮湯の6グラム麻黄湯が5グラム、4グラムが麻杏甘石湯、麻杏よく甘湯、五虎湯、日本薬学の父は長井永義先生です。全国の雙葉学園の元を作った方です。麻黄は砂漠で取れるので中国が輸出を止めると大変だ。麻黄ちゅうのメチルエフェドリンは気管支拡張作用がある。エフェドリンは交感神経を興奮させる。麻黄は附子同様アルカロイなので食前つまり胃酸が多い状態では吸収されにくい。やさしいのです。だから漢方薬で麻黄と附子が配合されると食前がよい。それ以外のものは食前にこだわることはない。もっと言えば優しい漢方エキス製剤は私は食後に飲んでいる。今日は産婦人科漢方研究会です。産科婦人科医に交じって勉強しよう。

インフルエンザにかかりたくない

インフルエンザの予防接種をする前にご質問ありますかと聞くと去年も先生に接種してもらったがかかった。二回接種したらかかりませんか。これはまた違う、2回接種してもあまり変わらないのが13歳以上は一回ということです。2から4週あけて接種するというのはBOASTER効果つまり効果発現が強力である。国公立大学2次試験にも効いてほしい、これは3カ月したらワクチンが切れているということから私のところでは1月に多くのワクチン接種希望の方がお越しになる。2月になるとインフルエンザワクチンは回収される。そして来シーズンは異なるワクチンになる。みんなかかりたくない、私は体力がないっ子供の時からずっと虚弱です。しかしインフルエンザウイルスに罹患することが記憶の限りない,漢方薬を早期から服用するからかもしれません。漢方薬を馬鹿にすることなかれ麻黄湯はタミフルと同等の解熱効果があるのはEBMが多くある、患者さんから見たら休診するのは学会くらい、元気そうに見えるが体力がない私でもインフルエンザにはかからない。これは環境だとされている。職業柄インフルエンザ疑いの方とは一定の割合で接する。麻疹や風疹が普今のように前例報告ではなく普通の病気だったころ私は救急外来で麻しんなったことあるやったら今回は風疹だろうかという診療をしていた。しかし抗体価を見ると8倍だった。接触が薄かっただろう。きれい社会の落とし穴という書籍を昔読んだ。きれいに見える医療機関でもばい菌だらけ。

アレルギーの新しい治療

第二2回アレルギー学会近畿地方会では大鵬薬品にセミナーで脂質メデイえーたーのお話が中心でビラノアのお話はあまりでなかった。PGD2が見え隠れする。そしてインターネット上の話題はゾレアのアレルギー性鼻炎への適応拡大です。アレルギー性鼻炎への生物製剤は初めてです。気管支喘息じんましんそしてアレルギー性鼻炎。アレルギー性鼻炎といえばスギ花粉症です。舌下免疫療法も大きな期待がかかります。そしてアトピー性皮膚炎にはJTと鳥居薬品のアトピー性皮膚炎に対する外用薬が登場します。ライバルはプロトピック軟膏で第二相臨床試験の結果プロトピック軟膏よりも早く効くようです。最近は未承認とかの情報は全く洩れてこない。コレクチム軟膏はアトピー性皮膚炎で初のJAK阻害薬だそうです。アトピー性皮膚炎は命にかかわる病気ではない。インターネット上はまずは16歳以上、そして2から16歳へも時間をずらして使える様になる。PHASE3はもう終わっている。しかしこんな新薬あるのに鳥居薬品の私共へ訪問いただいたベテランMRさんは消えていいた、そして若い方は他のメーカーに移り残念です。

外向きのベクトルの生薬

系統中医学講座はオリジナルの話が多い。外向きのベクトルという概念も系統中医学独自である。外向きのベクトルというと麻黄桂皮細辛乾姜などいろいろな生薬が該当する。他の書籍には記載がない内容についての記載がみられる。依って著作権COPYRIGHTSがある。体の中に水を巡らせる。この場合良い水役に立たない水がある。蒼朮は発散する作用がある。蒼朮は液を外向きに動かす。袪風利湿止痛白朮や茯苓よりも広く水を動かす。たとえば関節や皮膚など。白朮は脾気を増強する、津液を巡らせる。そして固表止汗。外向きのベクトルの蒼朮に比べ汗を止めるから白朮は蒼朮と全く異なる。人参も外無のベクトルを有する。人参は脾気を高め津液を補って潤す。脾気肺気を増強するという形の外向きです。肝に働く生薬には柴胡香附子がある。日本で用いる柴胡は辛涼解表の働きがある、つまり外向きの働く。肝気を揺り動かして肝気を消耗する。香附子は疏肝を穏やかに行う。小柴胡湯が大柴胡湯に比べて柴胡の生薬量が多いのはなぜ?柴胡は疏肝目的では3~4グラム使う。6グラム7グラムになると辛涼解表になる。

低亜鉛血症

亜鉛不足の薬がノベルジンです。年を取ると嚥下力が落ちる。蒸せる。亜鉛含量は柿ではなく牡蠣に多い。缶詰などで牡蠣を接触することは少ない。牡蠣のかんづめが高い。ノロウイルスが怖くて週末に食べるようになった。いまだにウイルスにやられたことはない。牡蠣フライでは亜鉛は取れないそうだ。そうなると生の牡蠣酢牡蛎です。ノロウイルスが怖くて食べられない。しかし外食産業では牡蠣をべなくてもやられることがある。包丁やまな板です。消毒に次亜塩素酸ソーダ商品名ではハイターを用いる必要がある。牡蛎といえば桂枝加竜骨牡蛎湯を思い出します。漢方薬では牡蠣の貝殻が牡蛎です。カルシウムリッチなカキの貝殻です。あんしん作用は安神で、心の中の神を重たい牡蠣の貝殻で下のほうに引き下ろします、そしたら神が空騒ぎするのが収まります。神が舎に戻り心の中が落ち着きます。行く眠れます、これが安寧とか重鎮安神作用、寧心安神作用といわれるものです。五臓神。五臓のなかの心、胃酸を抑制します。胃酸を抑制するのは安中散の牡蛎です。安中散には延胡索が入っておりおなかの痛み生理痛、こむら返りで芍薬甘草湯が効かない人、甘草でむくむ人、血圧が高い人など甘草が使いにくい人には有効です。桂枝加竜骨牡蛎湯は桂枝湯に竜骨牡蛎を加えてます。桂枝湯は衆方の祖といわれ多くの漢方薬の元です。桂枝(肉桂)で引火起源を竜骨牡蛎で陽気を下へ引き下ろします。つまり顔がほてる更年期障害などに使える。

予防接種のお問合せ

11月には姫路の眼科はどこも暇になる、そこで開業当初からずっとたくさんインフルエンザワクチンの接種を行っています、電話でのお問いあわせも増える、インフルエンザワクチンは2回打たないといけませんか?というのが多い。しかしどこの医療機関でも電話に出るのは医師看護師などの有資格者ではない。そんな立ち入った内容は一度受診なさって医師に聞いてほしいと思う。任意接種なので一回でも二回でもよい、極端な話インフルエンザにかかったらよいと思えばインフルエンザワクチンうたなくてもよいと思う人がいる。インフルエンザ接種してもかかりますよね、何のためにワクチンをうつんですかともいわれる。り患したりインフルエンザワクチンを接種していけばそのうちかかりにくくなることを目指しています、風疹や麻疹のように海外からの持ち込みを防ぐつまりかかららないというパワーは内、インフルエンザは曲者である、毎年ワクチンが変わるくらい変異しています。受付がこんなお話しできるわけがない。医療従事者すべてが有資格者ではない。患者さんや家族にはわからない人のほうが多い。

漢方嫁日記

漢方嫁日記はたった1000円の書籍ですがなかなか勉強になります。愛知県の漢方薬局のお嫁さんが書いて旦那が監修した書籍だそうです。嫁ちゃんがいっぱい登場する。嫁ちゃんはこんな書籍書くなんてすごく勉強されている。姫路市に提出するアレルギーの原稿を書かないといけないと思いながら漢方嫁日記を読んでいる自分がいる。関西系統中医学講座のテキスト、エキス漢方ZtoAのテキストを復習だけでも無理なのに最近いっぱい漢方薬の書物を購入している。京都の小山誠治先生の講演会が岡山で今日あったはずだがエキス漢方ZtoAで東京にいたので無理です。前回の講演では9冊のご著書すべてに簡単ではあるがサインをいただきました。仙頭先生も小山先生もオリジナルのお話ばかりです。どこにそんな話書いてあるねん、どこにも書いて無いから値打ちがある。乾君の教えて中薬学の東洋学術出版社の中医臨床に続きが掲載されているきっと続乾君の教えて!中薬学が上市される日が来るんだろう。三浦於兎先生の3冊も購入しました。全く読んでません、しかし日本医大東洋医学科に診療を見せていただきお昼休みはおそばをごちそうしていただいた。印税で少しはお返ししておかないといけない。三浦先生も最近東京でご講演されているみたいだが平日なので参加は無理。新しい斬新な東洋医学を学ぶと確実に進化している自分がいる。

東京の保険医協会のセミナー

東京の保険医協会は新宿ワシントンホテルの近くにあった。つまり都庁の近く。働き方改革とは何ぞやというお話が聞けた。本当は兵庫県保険医協会所属の私には参加資格がないのかもしれませんが暖かく迎えていただきました。昨日は兵庫県保険医協会で鵜飼真貴子弁護士のお話、そして小田陽彦先生の認知症のお話そしてちょっとだけ長光由紀先生が座長を務められたムコスタのAGのお話を聞いた。そして今日は東京保険医協会のセミナーに参加しました。15年ぶりに東京都の保険医協会のセミナーに参加しました。今日は令和のパレードです。東京に行くのはためらいました。波賀町に紅葉祭りに行こうかとも思ったがとても有意義でした。働き方改革は今後同一労働同一賃金に話題が移っていくものと思われる。産業医や労働衛生コンサルタントとして仕事をするときにも重要になってくる。そして今は医師はなんぼ働かせてもよいが2024年には何らかの縛りが出てくる可能性がある。同じ仕事をしているのに給与が違う人いっぱいいる。年数が違うから給与が違うのは良いそうです。どう動くかまだまだ分からない世界です。

眼科専門医の立場からアレルギーを診る

よりによってパレードの日に第二回眼科アレルギー学会が重なるなんてちょっと不安があった。しかし今日一日東京にいたが快晴の中パレードが行われているという警備体制とかなく学会ムード一色でした。浜松町コンベンショナルセンターで開催された第二回眼科アレルギー学会学術集会2日目は朝7時開場でした。事前登録するのを失念しておりましたのでまずは学会参加費を支払い登録しました、7時30分から参天製薬のスポンサーシンポジウムが始まった。ヤマザキパンのランチパックと飲み物を口にしてアトピー性皮膚炎の眼合併症について聞いた。しかし7時30分にはかなりの人がいた。昨年の第一回は8時30分スタートだったように記憶する。昨年のお茶の水も便利なところだった。今年も駅から近かった。来年は東京オリンピックがあるので博多で行われる。アレルギー性結膜炎で2日の学会が成り立つなんて夢見たいです。アレルギー性結膜炎は大変おい病気です。しかし・・・・。円錐角膜に対のお話は東京歯科大学市川総合病院で活躍された先生のお話です。いっぱい角膜移植をされてきそうです。朝から目が覚めた。