記事一覧

神経反射とアレルギー性鼻炎

PAF,ヒスタミンやロイコトリエンなど神経伝達物質ではなく副交感神経からアレルギー性鼻炎の話を聞きました。玉葱の臭気で鼻が出る二硫化アリルそしてアリシンが合成されTRPA1チャンネルに働き鼻や涙が出るようです。角膜にも受容体があるそうです。ガーリックマスタードはTRPA1チャンネルに働く、TRPM4受容体を介するのはミント、TRPV1受容体はアルコール・カプサイシンそしてシナモンだそうです。アレルギー性鼻炎といえば花粉症のイメージがありますが花粉以外にもいろいろあります。タバスコ・チリペッパーのカプサイシンによる味覚性鼻炎、黒コショウのピぺリンが原因で味覚性鼻炎が起こるそうです。熱くて辛い物を食べると高齢になると頻度が増えるそうです。ザジテンの点鼻には弱いながら抗コリン作用があり味覚性鼻炎に有効なこともあるらしい。交感神経を刺激するプソイドエフェドリンについて本当に詳しい人はいないそうです。そのほかに神経反射で起こる鼻炎はきばるとくしゃみ、まぶしいとくしゃみつまり光くしゃみ反射。いろいろ楽しかった。台風接近の中姫路で東京のご高名な耳鼻科医の話が聞けて良かった。神戸線と待っています、方剤の話の途中で帰りました、何事も慎重です。

諸風悼眩皆肝に属す

諸風晫眩皆肝に属する。ふらつく、動揺感、眩暈、筋肉のしんぜんつまりぴくぴくこれらはみな肝に属する。風は風と読みます。風は良く動く、それは内風と呼ばれ肝陰虚から肝陽上亢そして肝陽化風にいたりめまいがそしてふらつきが起こります。めまいは肝の異常です。中医学では諸風悼眩皆肝に属すという言葉があります。無形の痰は眩暈・瘰癧・陰疽流注など特殊な病態が挙げられます。以前は関西系統中医学講座でも学習したような気がしますが台風接近の今日行われた講義ではしょふうとうげんみなかんにぞくすという文言はなかった。肝は肝臓ではありません、もっと広い意味です。今日は台風接近中にもかかわらず結構遠いところからお越しのようでした。ふうはふうじゃ、風はかぜとよみ正常。ふうには内風と外風がある。血虚や陰虚で生じるのが内風、ふうじゃは外風です。姫路駅に到着して歩いていると何とか帰ってこれましたとおっしゃる人がいた。台風接近の今日風の話が聞けた。皆勤賞まであと2回です。梅田にはいっぱい人がいた。新快速が間引き運転を始めるまでに何とか姫路につきました。

邱紅梅先生の不妊治療のお話

邱紅梅先生の不妊治療の話をhappyなことに10月は二回拝聴しました。北京中医学大学から一人っ子政策解除で二人目の妊娠を希望する方向けに関連3病院の中医師対象で講演に行かれた紅邱梅先生は講演も中医学的診療も熱心な方のようでなんとホームページもなくしかし患者さんがあふれているそうです。子宮内膜の話もない幕をプランターに例えてお話なさる。腎虚とお血は内膜を薄くして着床力を低下させる。内膜感受性は五臓では肝だそうです。ろきそにんのようなつよいNSAIDsが必要な方は血瘀が強い。したがって骨盤の蚊の血流改善を目指す必要があるそうです。ニキビなど皮膚科の漢方治療を行うと妊娠することが結構あるそうです。これは漢方薬が妊娠しやすい体を作っているそうです。内膜症や子宮腺筋症はお血が非常に強い1年間は妊娠しないと思ったほうが良いそうです。手術や癒着も血瘀だそうです。先日私のところでもCHOKOLATE CYSTがあるから6カ月は体質改善でよいといわれた方がおられました。姫路では不妊治療の時に漢方薬の話をすると来なくてよいとまでいう医療機関があるらしい。コタロー匙クラブ芎基調血飲第一加減はそんなに効くのでしょうか。

12のゼロ特に花粉ゼロ

今日は夕方姫路駅前で希望の党の候補の方が演説なさってました。ユリのミクス、なんでもミクス。失望の党の12のゼロの中に花粉症0というものがある。できない約束、実現不可能な公約はやめたほうが良い。厚生労働省の要望によりシダトレンが登場し3年しかし患者さんは姫路市内で私のところがシダトレンの施行者が上位に位置するというのだから低調です、お若い方特に中高生が続かない。早くシダキュアを薬価収載して花粉症ゼロを製薬会社や医師の特に鼻を専門とする耳鼻科医を先頭に推進していただきたいものです。シダトレンをはじめとする舌下免疫療法が進まないか、それは特定疾患管理料など説明に対する対価がないからと思います。糖尿病性腎症に数年前加算が増設された。そこで糖尿病性腎症の権威を眼科の学会にお招きしてどうして今の財源がない時代に加算が付いたかお伺いしたことがあった。すると答えは簡単糖尿病性腎症で透析導入が減れば医療費が削減できるかもしれないというお話でした、舌下免疫療法を推進普及させるには指導料などの加算を付けるしかないが財源がない、カラコンは保険外しをしたらどうか。おしゃれ目的なんだから。そして角膜の傷が入ったら自損事故でこれも自由診療そして透明なコンタクトレンズ診療や白内障手術などに医療費を回せばよいと思う。

漢方エキス発売60周年記念

ホテルマイステイズ新大阪カンファレンスセンターで漢方エキス発売60周年記念の講演会が行われました。漢方エキス発売60周年記念講演会おめでとうございます。そして漢方診療ができてありがとうございます。保険適応外ですがコタロー匙クラブには不妊治療に欠かせない芎帰調血飲第一加減はじめ漢方エキス製剤をを最初に開発した会社はコタロー漢方製薬でした。わたくしたちが漢方薬をインスタントコーヒーのように漢方薬を処方できるのは1967年に漢方エキス製剤6処方7製剤をやっ価収載に持ち込んだコタロー漢方製薬が漢方エキス製剤のパイオニアとして責務を果たすところが大きい。系統中医学講座で仙頭先生がコタローの社長さん自らから小太郎漢方製薬のラインナップにかかわらずお話してくださいといわれていました。その社長さんのお話を今日は短時間ながら聞くことができました。今日は雨が降り足元が悪く新大阪からのタクシー代をケチったため会場についたら靴も靴下もずぶぬれでした。しかし社長さんのお話以外も素晴らしい講演ばかりでした。姫路の医療機関には不妊治療で漢方薬の話をすると来なくてよいといわれるところがあるそうです。こんな情報も薬剤師の先生から教えていただき有用な会に参加できてうれしかった。不妊治療の患者さんはものすごく勉強されている方が多い、負けないように婦人科の西洋医学を勉強しよう。姫路駅に着くとサルコペニアフレイル学会に参加された漢方薬のリーデイングカンパニーのMRさんにお会いしました、メーカーそして流派を問わず漢方をより多くの方にご処方したい。

あさのこわばり

関節リウマチの朝のこわばりは大症状の一つです。昔は慢性関節リウマチと呼んでいたがその思い呼称に異議があり関節リウマチと呼んでいる。在宅医療で診る患者さんは指が変形していてPSLが3mgとか4mg投薬されている。PSLでは指の変形は止められない。ステロイドでは弱いのです。関節リウマチと診断したらMTXをためらうことなく使うのが標準治療になっています。最近関節リウマチではないのにMORNING STIFFNESSが陽性となるケースが増えている、そして漢方診療でお越しになる。朝のこわばりや朝のしびれは潜在性浮腫により起こります。水の異常と日本漢方では考えます。なるほどでは水が動くように考えたらよいようです。あっためるとか気を動かすとかいろいろ思いつきます。九味檳榔湯が良いこともあるようです。腓腹筋の圧痛があれば九味檳榔湯と昔から言われています。コタローの九味檳榔湯を仙頭正四郎先生は漢方界のポルシェと古くからおっしゃっています。九味檳榔湯は理気薬ばかりで向きは下向きであっためて乾かせるベクトルが一貫性があります。水を動かすことは難しい。単なる利水薬では動かない。

漢方薬の副作用

漢方薬は良いですね、副作用がないですものね。こんなことをおっしゃる方はさすがに最近はなくなった。そばを食べてあるいはそばをゆでたあとうどんをゆでてアナフィラキシー反応を起こすことは皆無ではありません。マスコミによると青汁で肝障害が起きた、当然である。漢方薬にも副作用があるのは常識です、山梔子はクチナシです。腸間膜静脈硬化症は回盲部あたりから右側結腸に起こる新しい概念です。山梔子が悪いという説がありますがまだまだ分からないことだらけです。さらに診断がついている人も少ないようです。漢方薬の半数には甘草が配合されている。西川病院があったころカンゾウの薬が何とか言うとったでと患者さんはおっしゃいました。肝臓の薬と患者さんが思ったのは甘草のことです。肝臓と甘草紙にでも書いて服薬指導しないと患者さんには伝わらないと思います。漢方薬は薬、アレルギー機序で間質性肺炎、アレルギー機序の肝機能障害は起こる。胃薬である六君子湯で胃があれる。これは六君子湯は四君子湯と二陳湯の配合剤です。補気が必要な人には二陳湯で理気すると空回りすることがある。聞かせることも重要ですが漢方薬で副作用が起こることを周知することも漢方専門医の役目です。

子に処方のヒルドイド

子にヒルドイドをたくさんほしいという方には要注意だそうです。発売元のマルホさんは何度も出版元に抗議しているそうです。ヒルドイドは高価な化粧水以上に有効ということだそうです。健保連も保湿剤単独の保険はずしを提言しているそうです。一方睫毛貧毛症のグラッシュビスタは高すぎて私のところでも値段で断念する人が非常に多い。グラッシュビスタに興味を持つご婦人はとても多い。グラッシュビスタ1本万札が飛ぶそしてよく聞くのがやめると元に戻るんでしょうというお声を頂戴します。睫毛貧毛症に悩む人は多いがここで保険適応にはなっていない理由を一般人はわかっているのか?処方箋なくしました、目薬なくしましたなど平気で保険を使おうという方が殆どです、なくしたら保険がきかず自費ですよ。そしたら帰ります。という方ばかりです。このままでは皆保険ではなくなる、間違いなし。高額の海外製のお薬を使いたいならみんなで後発医薬品を率先して選ぶぐらいの気持ちがいります、希望の党の12のゼロは胡散臭い。花粉症ゼロなら早くシダキュアを世に送り出してほしい。今日明日は姫路は灘のけんか祭に荒川神社の祭り。きっと熱気むんむん。

シダキュア発売延期

出る出るといってたまた最後の仕上げにとお勧めしていた高濃度のスギ粉症の舌下免疫療法のシダキュア。承認申請が通ったシダキュアが残念ながら予定の11月から発売延期になった。舌下免疫療法は1月から6月は全国どこかでスギ花粉が飛散しているかもしれないから新規の導入は推奨されていません。シダトレンを初めてそろそろ3年だから一度やめますねという方を引き留めていましたが2018年のスギ花粉症の時期が終わってからというのでじゃ一度やめましょうという話になりました。シダキュアが市場に出てくるそうです。シダトレンを処方している方にシダキュアを紹介するが長期不可つまり新薬になり14日処方になると伝えるとみんなちょっと無理とおっしゃる。私のところの患者さんに何人か医師の免許をお持ちの方がおられる。私のクリニックのあたりは医師免許を持った方いっぱいお住まいですから。自らが医師である方は流石に長期収載になったらしますと言い切られてました。シダキュアのほうが花粉そのものだから漢方薬のようにやさしいイメージがあるようです。ずっとしていては舌下免疫療法が舌下免疫療法ではなくなってしまいます。やめてから楽になるのが舌下免疫療法です。

当帰芍薬散では妊娠しない

挙児希望の患者さんのお話をお伺いしていますと当帰芍薬散も飲んだことありますとほぼ前例の方がおっしゃいます。しかし、当帰芍薬散で授かったという話は聞きません。当帰芍薬散は女性医療において有名すぎる漢方薬です。当帰芍薬散で胃腸障害を起こして服用できない女性が多いと思います。だから最近当帰芍薬散はほとんど使わない。当帰芍薬散は半分四物湯半分五苓散のイメージの処方ですのであまり血瘀に対する配慮がない処方です。四物湯から地黄を抜いています。つまり腎に対する生薬を抜いています。腎女性の先天の本は肝とされ男性は腎とされる。しかし肝腎同源という言葉も有名です。当帰といえば肝です。肝は蔵血の臓器です。肝は肝臓ではなくは腎は腎臓ではなくもっと広い意味です。肝は自律神経系も含み腎は先天の本で泌尿生殖器をも含みます。また五苓散の方位が入ることによりもともと便秘の女性がより一層便秘に至ります。中国人中医師は皆おっしゃいます、当帰芍薬散出す、漢方わかってないかな?活血・理気・温陽もっと強力に。最近更年期障害にプラセンタの注射を保険で希望される方が増えています。。。。。。むくむが取れたり肩こりが楽になったり。漢方薬よりもっと不思議な世界です。