記事一覧

アラキドン酸

アラキドン酸は大学3年の時生化学で学習しました。わたくしのような新設私立医科大学は低学年からみっちり勉強するシステムでした。大学なのにいきなり8時30分始業です。その時期に学んだことが今薬となっています。おおよそ30根の呉です。細胞膜のリン脂質にPHOSPHOLIPASEA2が働きアラキドン酸が形成されます。そしてCOX1/2がはたらきPGG2そしてPGH2からPGI2,PGE2、TXA2に分かれます。要するにアラキドン酸の代謝産物は炎症を引き起こします。アラキドン酸が今脂質代謝で登場しています。EPAやDHAなら脂質代謝のお薬を飲みたいという患者さんが少なくない。中性脂肪は今食後でも170mg/dlや200mg/dl以下にしないといけないようです。STATINではEVENTを完全に予防できない、smalldenseLDLは臨床現場では測れません。STATINではEVENT抑制できないそのRISKをRESIDUALRISKと呼んでいます。日本語にすれば残存RISIKです。パルモデイアが出てきて33円が高いか安いかは別として2週間ごとに痛くもかゆくもないない脂質異常にかよってくださるかんじゃさんはいない。

保険診療

最近毎月保険者からの申し立てで漢方薬が2次審査でやり玉に上がる。原則2剤で診療するのが保険での漢方診療の様です。2次審査では比較的よくつかう漢方エキス製剤が健保組合から申し立てされている。そこで電話で問い合わせをすると病名抜けていませんかと指摘された。保険的の病名は胃腸虚弱私がつけた病名は虚弱同じ意味だと思うのは私だけでしょうか。1次審査では連月での査定が増えている。しかし昨年の10月、11月のものを査定するとなるとこちらは修正申告をしないといけない。毎月となると修正申告をせざるを得ない。患者さんには関係ないかもしれないことですが健保組合からの申し立てにはまいってます。そして一回復活したことももう一度査定されます。電話を入れるとそうなっていますので復活させますといわれたこともあります。処方箋をなくしたら自費、お薬をなくしたのも自費診療に切り替わります。ご注意ください。一部保険一部自費は混合診療とみなさる場合ががあります。保険の決まりは難しい、もっと啓もう活動してほしい。

モーラステープのケトプロフェン

保険診療で給付を受けたシップを他人に譲ると何が悪いか?一番良い例がモーラスです、たかがシップと皆さん考えておられることでしょう。モーラスをはがしてから4週間は紫外線に当たっては池名線。国民皆保険制度で医療費が安いから自分のシップを他人に差し上げる、そして私にはもっと頂戴といわれる。保険を使っている税金を使っているという意味が希薄な方が多い。モーラステープやモーラスパップという名前はだれでも知っている。モーラスことケトプロフェンを張った部位は4週間は光を当ててはいけないことをご存知ですか。ケトプロフェンによる光接触皮膚炎は10代の若い人で多いそうです。野外での活動が多いためと思われ久光製薬の啓もうでケトプロフェンの光接触性皮膚炎は減少しているようです。ています。

漢方薬は一カ月に2剤まで

全国で漢方エキス製剤が毎月に2剤までに制限されている。一次審査は通っても2次審査は通りません。確定申告後の二次審査っていやですね。修正申告が必要になり会計事務所から修正申告されますかと聞かれる。感冒の麻黄湯を少しとかは認められるみたいですが保険者さんの訴えは一枚のレセプトにいくつ漢方薬の名前があるかのようです。いまだ患者さんには薬を出すと医者がもうかるのように追われている方がおられますが保険者からの申し立てで減点を食らうと大変です、お薬の薬価はもちろん処方箋料・調剤薬局の調剤料など調剤薬局の手数料も私のところから差し引かれます。患者さんは月初めに来て月末に来たといわれますが糖尿病のヘモグロビンA1cも同様に一カ月に過は認められていません。基金や連合会に連絡すると病名はありますかといわれる。あるんです。ただし胃腸虚弱を虚弱と記載するのも減点対象です。漢方エキス製剤は剤製堂や本草など漢方薬メーカーを倒産に追い込むほどの薬価改定です。どんどん安く泣ている。サフラン一グラム700円、柴苓湯一日700円の時代があったが今はその半額以下です。本当に漢方治療を心掛けるのは一週間でも二週間でも処方が変わればお越しになれる方です。

コンタクトレンズ装用の若年化

私のところへコンタクトレンズ装用でお越しの方はわずかです。さらに会計事務所の方がコンタクトレンズの売上減ってますといわれた。だからブログでコンタクトレンズについて書くことも少ない。角膜に傷が入ったらお越しいただいたら位に気楽に思っている。まずカラコンを置いてないからというの大きいと思う。サークルレンズでもダメですか?だめです。女子生徒はカラコンにいずれ移行するからおそいほうが良いとお話している。学校検診に行くと中学生で眼鏡の子がほとんどいないではないか。これは土地柄があると思います。姫路市立の高等学校へもいかせていただいているが高校生のほうがメガネは多い。コンタクトレンズをしていなかったらお金に余裕ができると思うが違うでしょうか。スマホを持たせなければもっと浮く。しかし、携帯電話を学校へ自信すると不法保持となり処分があるうちの子でも家に帰ってきたらまず形態を触っている、だからいつまでも成績が上がらないのではないかと思ってしまう。角膜の上に異物を置くと酸素不足になり良くないさらには巨大乳頭状結膜炎の高校生が急増している。コンタクトレンズで障害が起こった中学生高校生を治療をするほうが好き。

復習が大切

ためになる良い講演を聞いたらその日のうちに復習することが大切です。汚い字であるいは略して書いているものを一通り読み直すとその日のうちでももうわからい、意味不明な場所がある。そのためにスライドの一部が配られる場合もある。コタロー漢方製薬の東京のZtoAでも関西系統中医学講座でも嬉しそうに周りの迷惑を顧みず携帯で写真を撮る人がいた。ずっと前から日本眼科医会の生涯教育講座ではスクリーンに携帯で写真撮ったら見つけ次第、携帯の画像を消していただきますと書いてある。誰も写真を撮っている人を見たことがない。著作権や肖像権が絡む厄介な世界で個人が特定される情報が入っている。製薬メーカーのONDEMAND放送でも最近すぐには放送されなくなっている、誹謗中傷を含め確認に時間がかかる。さらには多くの製薬メーカーの講演にはスライドチェックがかかるようになり講演会前にはメーカーの本社が倫理上問題ないかをチェックする時代のようです。漢方薬も製薬協に入会しているために例外ではない時代のようです。

プロトンポンプインヒビター

生活習慣病にプロトンポンプインヒビターを用いることは多い。ところがネーベン先の病院で処方箋に付箋がついておりオメプラゾールはファモチジンに変えてくださいとの記載があった。ボルタレンSR37.5mgを2錠さらにはエパデール900を2カプセル処方している60歳ぐらいの患者さん、消化管出血で血が噴き出したらだれが責任取らされるかといえば私自身になりそうです。こんな仕事辞めたいと申し出てはいるが待ってくれと言われてずっと続いている。誰が貼った付箋かわからないが医師の処方県をはく奪するような行為です。後任がいないのもわかります。処方権は医師のものです。ボルタレンで胃の粘膜を傷害し、エパデールで血小板を抑制し血が出る。これを吐血という。この医療機関の関係者がこのブログを見ていたらこのようなことは患者さんのためにならないからやめさせてほしい。武田タケルダという低用量アスピリンとタケプロンの配合薬もある。とにかく上部消化管出血が怖い。何よりも患者さんのために。

サクランボ🍒アレルギー

サクランボを口に入れると口の中がイガイガする季節です。私も山田錦をたくさん食べたがどうもない。こどもは吐き出していた。真っ赤に熟したサクランボを見るとだれでも口に入れたくなる。食物アレルギーには二つある、花粉症が原因か否かです。シラカバ・ハンノキアレルギーで兵庫県は有名です。シラカバは北海道と長野しかない。兵庫県にはオオバヤシャブシが六甲山に植わっていることで有名です、崖のようなところでも繁殖するので戦後の復興で諜報でした。共通抗原とか抗原交差性によりシラカバハンノキアレルギーはバラ科やまめかと交差しています。マメ科とは豆乳や水分がおおい豆腐です。高級な豆腐です。口がイガイガする人はシラカバハンノキのアレルギーに感作されていないかを調べる必要がある。私のクリニックがある兵庫県姫路市はシラカバやハンノキはありません。同じブナ科の椎の木などどんぐりの木がいっぱいあります。私の実家は書写山麓にあり自宅寺院の周りにはどんぐりがいっぱい落ちていました。私のクリニックがある八丈岩山は桜がいいパイ咲きます、何がいいたいかというとスギやヒノキの植林をしていないようです。

奈良のシャクヤク

芍薬は多年草です。かつて1980年代までは大和で多く栽培されていました。芍薬の根の部分に消炎鎮痛作用がある。根のシャクヤクは根の直計が3センチ以上になると薬用になるそうです。植えてから4年の期間が必要です。たてば芍薬座ればボタンのとその花が美しい芍薬が奈良の吉野でで栽培されている。ツムラの岩手県の蘇葉など日本でも少しは生薬が栽培される。全体としては9割が輸入その8割は中国依存です。芍薬を栽培して焼くようになるのは根っこ花は薬にはならないが食用のハーブにはなる。ミシマサイコというが今三島には天然の西湖はないそうです。芍薬は花は切り花用に根は生薬になるそうです。過疎の町には生薬と観光で起爆剤になりそうです。

接遇研修

今日は快晴でしたが接遇研修の司会にいってきました。毎年姫路駅前のじばんビルで行われているじばさんビルでの接遇研修です。講師は奈良県からわざわざお越しいただきました。開業医の奥様です、開業医の奥様研修もされておられる素晴らしい方でした。講演になれておられるからどんどん話は進みます。医療の接遇は世間一般の頭の下げ方とはちょっと違う。特に受け付けは全然知らない診察室でのトラブルにも対応する必要がある。講演の最初にACTIVE LERNINGについてお話は他者に学んだことを教えることによって90パーセント定着する。他社に説明しようと思うと復習も必要、話の内容が自分のものになっているということのようです。最後は医療安全研修ということでリスクマネージメントでした。院長妻から院長婦人への42のメッセージという著書を書かれています。ジュンク堂書店にいきましたがないようですのでアマゾンで購入したいと思います。