記事一覧

コタロー漢方名古屋セミナー最終回

今日は朝6時に起きて岡山のコンベンショナルセンターで小児アレルギー学会へ参加する予定でしたが起きたら7時40分、8時からモーニングセミナーが始まる。予定を変更して名古屋へ行ってきました、14時からコタロー漢方名古屋セミナー。20分前に安保ホールにつくと講師の仙頭正四郎先生もちょうどお越しになったところでした。遠いところご苦労様といわれたが先週も仙頭先生は名古屋におこしのはず、来週は関西系統中医学講座のはずです。名古屋は姫路と東京の中間で約90分のぞみに乗ればよいところです。ほんとん気のお話でした。ZtoAでも講義を聞きましたが新鮮なお話でした。第8回になるコタロー漢方名古屋セミナーですが今日で終わりだそうで来季からは違った会になるそうです。漢方薬のメーカーさんの講演会の予定はどこのメーカーさんも来年の大筋が決まっているようです。ほんとん気の話はとても面白い、仙頭先生にはお孫さんが5人もいらっしゃるそうです。楽しかった。

冷えた頭痛に呉茱萸湯、むくんだ頭痛に五苓散

頭痛の漢方薬が聞くのは間違いない。血管収縮剤のトリプタン、腎臓障害を起こすこともあるロキソプロフェン、出したくない薬です。三重の安井先生の講演会3回シリーズ第3回に遅れて参加しました。いつものお堅い医史学と違って今回は頭痛の話が聞けました。かいつまんで私が理解したのはトリプタン系の頭痛の薬を使う前に漢方薬で頭痛を治療する、ロキソニンがほしいといわれても薬剤性頭痛が多いので処方は断る。漢方薬では呉茱萸湯や五苓散は使用目的がはっきりしている。菊がわからないのが川芎茶調散とのことでした。ロキソニン飲んでると癖になり腎臓が悪くなる人がいる。POWERPOINTのスライド資料は配布されるが実際にお話を聞かないと安井先生の奥深い話は分からない。初めて安い先生の話を聞いたのは20年前に三田市での漢方薬の合宿でした。さっぱっりわかりませんでした。面白くないこと難しいことを研究されているなあと思ってました。漢方薬の講演会は土曜日と日曜日が多い。今日はブログを書いていたら患者さんが入ってきた、ゴミが入っている結膜異物である。今日は快晴、岡山では小児アレルギー学会、名古屋では仙頭先生の講演会どちらに行くか。

たかが手湿疹、されど手湿疹

金属アレルギーなどの接触性皮膚炎の実習で何度か教えを乞うことがあった高山かおる先生の講演を聞いた。手湿疹ガイドラインの作成で大活躍されたそうです。女性の先生の講演の中では元気が出る講演というものがある。手湿疹ガイドラインはこれから手荒れの女性が多い季節です。私のクリニックは漢方診療のためいつも静か子供も少しはお越しだが9割まじめな女性というのがわかっている。手湿疹は漢方薬で直してくれという領域ではありません。しかし皮膚の血虚と考えたら漢方薬でもよいとは思う。その中で手湿疹になぜガイドラインがあるかといえばどうも原因を調べるという意義があるようです。あるいは分類するという意義があるようです。保湿剤とステロイド外用薬の組み合わせは皮膚科医でない我々の仕事、紫外線治療やステロイド免疫抑制剤の全身投与は皮膚科医でしかできない治療ということでした。終わって阪急グランドビル26階会議室で中医学の講演を聞くため快速電車にのったら立花で急病人とのことでしばらく止まってしまった。夕方から少し冷えたがホンマに昨日は楽しかった。

安全衛生委員会

労働安全衛生法は成長する法律です。労働安全衛生法は毎月安全衛生委員会を開くように決まっている。ただし台風が来たらどうなるか。わたくしたち開業医も昼休みいろいろ仕事をクリニックから外へ出て行っている。当然絶対参加しないといけないものとそうでないものがある。今日も夕方の診療が終わった後産業医の仕事が待っていた、明日の昼安も安全衛生委員会です。返ってきたら午後の診療が待っている。安全衛生委員会が全く活性化しない企業がある、私が講義をして2カ月に一度行うことが義務付けられている職場巡視など全く関心なし。そんな事業所に限り労働基準監督署が立ち入り検査に入る。どこに危険があるかわからない。活性化するために私は何も話さないといったらどうしようとなる、業種により安全が義務付けられるところは安全重視でかつ安全委員会の時間が多くかかる。安全衛生委員会は健康大学ではない、事故が起こらないように気付きを促すことが重要です。騒音などはどうしようもない。いろいろな事業所で便所をお借りする、これは大きく役立つ。男子トイレを見れば大体わかる。NHKのPROFFESIONALに女子バレーの監督が出演されていた。感動的でした。20歳の選手が監督を名前で呼んでいた。女子バレーは今までは日本の家芸でしたが190㎝の選手がいない日本は高さでは相手にならない、男子のような強烈なジャンピングサーブができるわけでもない。拾って拾って拾いまくる。モノづくり日本は有害業務を海外に移転しているが台風で神戸では中古車があふれて困っているそうです。過重労働メンタルヘルスケアに産業医学もシフトしている。下町ロケットが始まった、モノづくり日本、そしてバレーボールではサーブレシーブで崩す粘りのバレーでオリンピックで頑張ってほしい。TBSは今回のバレーボールで大赤字だそうです。スポンサーにも頑張ってほしい。

産業医の業務は大きく変わった

台風の影響で残業が増えた事業所は少なくない。残業が増えると安衛法で過重労働対策として産業医による面談を受ける必要がある。ストレスチェックテストの結果高ストレス者と判定され面談を希望するのとはちょっと違う。高ストレス者になろうと思えば作為的高ストレス者になれる。台風でいまだかつて経験したことがない残業に至る人は意外と精神的肉体的に健康そうだった。有害業務はすべて海外へ行ってしまった。残るは過重労働メンタルヘルス問題です。10月の姫路は祭り一色の地域もある。一方必死で残業して経済を支えてくださっている方もある。全国で地価下落の3位は家島の真浦、5位は夢前町と姫路は駅前以外元気がない。今日も先ほど子供の迎えに駅前に行ったが人はまばら子供の姿を探すのに苦労はしない。広畑の新日鉄の高炉が赤く見えた時代が懐かしい、そして光化学スモッグ注意報が学校の帰りに良く発令されたあの時代。広畑や飾磨には今は降下ばいじん問題がある。産業医の仕事も面接力に変わってきている。舛添要一厚生労働大臣の時代に取得した労働衛生コンサルタント(保健衛生)を生かすも殺すも面接力です。先日も新山口と福山での面接のお仕事をしないかとお声がけいただきましたが夏バテで辞退しました。

夏バテ

こどもが珍しく電話をしてきた、迎えに来るなら電車一本おくれているかラまっとけと言うことらしい。先週迎えに行き姫路駅の改札で待っていいるとお知り合いの女医先生お急ぎのご様子でした。私がノートを広げて学生のように系統中医学を勉強していると何の勉強しているんやろとのぞき込まれた。そのあと時々漢方診療にお越しの男性が改札から出てこられた。その他いろいろ姫路駅の改札付近では出会いがある。私は今夏バテ真っ盛り、毎日大韓民国の人参公社の作る正官庄の紅蔘まつをまず朝からぐい飲み、勿論患者さんにもおすすめ、私のナンバーワン処方の一つで気血両虚の横綱である加味帰脾湯も一日分まとめてぐいいと服用。そして肌寒いと思ったら麻黄附子細辛湯で体の中から腎から陽気を引っ張り出す。さあ今から姫路駅に子供を迎えに行きます。夕食は炊き込みご飯だったのできっと何も食べてないから炊き込みご飯のおにぎりを持っていきます。どうしようもない馬鹿な子だけど悪い大人がいっぱいいるので迎えに行きます。最終のバスは23時過ぎだからきっと間に合わない。無茶苦茶重い鞄持って塾行っても成績はさっぱり、犯罪に巻き込まれてはいけないから迎えに行こう。本当は夏バテで眠りたい、産業医で過重労働面談をお昼休みに行ったので今日はへとへとでも子供もへとへと。夏バテにはさらには祭りばてにも漢方薬で気血津液精を補おう。

ダニの舌下免疫療法の導入がでできなかった方お待ちしています

他院でダニの舌下免疫療法を行った人は一度つらい思いをしたらやめる。そこでダニの舌下免疫療法が増えない、全国的に増えない。これから涼しくなるとダニはハウスダストに化ける。ダニは症状がないいったん症状が出るときつい。SILENT KILLERともいえる存在です。今年は秋になっても湿度が高い、危険な秋です。GINAのガイドラインで気管支ぜんそくの方にダニの舌下免疫療法が推奨されています。根本治療はICS/LABAの吸入ではなくではなくダニの舌下免疫療法だそうです。夏で疲れた体をダニやハウスダストというじゃが襲ってくる。ダニといってものアレルギーのダニは噛まない。見えない。もっと小さなダニです。他の医療機関でうまくいかない人も時間をかけてゆっくり行えば口の中の違和感はきっと改善します。ダニの舌下免疫療法のキーポイントはとにかく増量期をゆっくり行うことです。気管支喘息を克服するには最初の増量期を慎重におこなうことです。高濃度のスギ花粉シダキュアは口内炎がかなり起こります。しかしダニアレルギーに比べたら頑張ることができる。当院・他院のでダニアレルギーの舌下免疫療法でうまくいかなかった人お待ちしています。

ハウスダストが陽性でダニは陰性

私自身のアレルギー検査を体験した。8項目すべて陰性でした。職員もしましたが予想通りの結果で舌。これがサーモフィシャー株式会社の新製品。中々優れものでVIEW39と同じ結果が出るそうです。血液検査でアルギーを見る時医師の判断力と熱意で大きく解釈が変わる。一般的には私が説明してふんふんと言って終わる。ハウスダストはゴキブリやダニの糞や尿などいろいろな構成成分でできている。ハウスダストは直訳すれば家の埃。患者さんや保護者の方が決めてかかっている。私が社会保険から査定されながらも利益が少ないVIEW39をする理由の一つに皆さんが希望されないダニやハウスダストを一緒に調べダニの舌下免疫療法を導入することです。スギはほっておいても希望者が来る。3月を一回経験したら薬の量が大きく減っている人が多く効果を実感できる。ダニはといえば強い症状のアレルギー性鼻炎や結膜炎が起こるわけではない。問題は気管支ぜんそくです。この夏私のところでダニアレルギーに対してミテイキュア・アシテアを用いた舌下免疫療法を多く導入した。すると9月末で決算が絡むのかミテイキュアダニがいっぱい調剤薬局に納入されているではないか.ものすごいプレッシュアーやな。店長さん。ミテイキュアダニかアシテアダニか決めるのはあなーた。患者さんなのです。和田アキ子さんの歌のように決めるのはあなーた、患者さんなのです。返品不可のミテイキュアダニいっぱい入れると聞いてPRESSUREがたまっています。濃いのがいいの決まっているやん党いう患者さんも多くおられます。舌下錠はなぜ減ピンできないのか不思議なお話です。

産業医は職場で予防接種したらあかん

嘱託産業医の仕事にインフルエンザの予防接種は入っていません。診療所や保健室があり保健師さんがおられるとことは構いませんが嘱託産業医はインフルエンザワクチンを接種するために出向くのではありません。今年もインフルエンザワクチンは増産されていない様です。5回の検定に通らないと市場には出ません。おかげで昨年は12月に2週間インフルエンザ欠乏症になりましたがなぜか自費診療が多いと事業税がかかってきました。勿論消費税も納入しています。これだけ税金を取られるとMS法人や医療法人の方は良いがすべて個人事業の私共は働くなといわれているようなものです。コンタクトレンズ診療や予防接種も可能な限り減らす方向でいろいろ工夫していますが事業税に消費税の納付義務があります。妊婦さんのためにチメロサールフリーのシリンジ型ワクチンを接種しても。最近めっきり衰えて一日子供を含めて50人以上摂取していたのは何だったんだろう。老兵はゆっくり、12月15日の土曜日はアレルギー学会の講習会で実習をしたので休診。アレルギー検査もパッチテストして跡が残って苦情が来たらいやなので金属アレルギーなどのパッチテストは行わない。プリックテストも子供が目のまで血を出すのを見て苦情を言う保護者がいるののでやめた。眼科もたくさんできて21時まで診療してくださる病院ができたので時間外も診ない。学校医、嘱託産業医など院外の仕事も徐々に減らす。

お盆明けからはやり目の後遺症

お盆明けから夏の風物詩であるアデノウイルス感染症のはやり目がお越しになる、それも家族全員でそろって。そして治癒したはずがなめてかかってストロイド点眼液を使わないため視力が落ちている人がよその眼科からいっぱい来る。一回かかってしまうといかに感染源にならないか思い切って仕事を休むことが重要です。その中に隠れてヘルペス感染症がいる、ゾビラックウス眼軟膏やバラシクロビルをつくと嘘のようによくなる。言えることは夏の疲れで免疫力が落ちている。流行り目の後の後遺症で視力が落ちている人が多い。手を流水で洗い流すことが大切、昔と違っておじいさんおばあさんが罹患することがない、これは学童の普及によるものです。幸い私のところには子供の患者さんが少ないから比較的感染症対策が楽です。