記事一覧

SLEEP SYMPOSIUM IN KAKOGAWA

タクシーを使えばあるいは新幹線を使えばトラブルが少ないのについつい新快速を使う、いろいろトラブルに巻き込まれる。加古川プラザホテルに行きにもったいないと新快速をのるのに姫路駅に行くとタクシーがいない、JRに何かが起こっている。新快速が動いていないまいった。最近JRにたたられている。研修費用の交通費としてJR東海と西日本に多大な貢献をしています。ベンゾジアゼピンや非ベンゾジアゼピンの使用が2年ごとに厳しさを増した。来年の3月にはベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピン難民が出る。今から患者さんには今年の4月から計算して一年たつと精神科へ行かないといけないかもしれない。とご説明している。ベルソムラの処方がマイスリーに次いで処方箋ベースで2位まで上がってきた。アメリカではサプリメントのロゼレムで休めたら一番良い。オレキシンを重要体で拮抗するベルソムラでもよい。半減期の短いものは抗不安作用が強く依存する、耐性ができる。最近不安になる人にはメイラックスを使っている。デパスを何とかやめてほしいと思いメイラックスを使っているがどうなるか。ロゼレムベルソムラには抗不安作用や筋弛緩作用がない。ベンゾジアゼピンを飲んで認知症にはなりたくない。

いよいよスギ花粉の舌下免疫療法のシダキュア開始します

年齢制限なしのスギ花粉の舌下免疫療法シダキュアが使えるようになりスギ花粉の時期に血液検査を行った患者さんから少しずつお電話がかかってくるようになりました。スギ花粉と死んだすれば14日ごとに通院ができることが条件です。子供医療があれば無料です。中学生になれば部活に塾で今までのシダトレンでは中断したりやめてしまったり30過ぎで不妊治療をしている情勢が一番続くのが私のクリニックの特徴です。わたくしのクリニックには30歳を過ぎそろそろ挙児希望ということで漢方治療併用の不妊治療でレデイースクリニックも通っておられる方が非常に多い。そして何か違うことでお越しいただいた時にニッコリ妊娠しましたという方がおられます。将来、妊娠出産授乳という女性ならではの問題においてアレルギーの薬は飲みなくないのが普通です。12歳以上のシダトレンなら4週間に一回、12歳未満のシダキュアでは2週間に一貫ご本人の来院が当然必要です。最低3年、休んでもよいから5年続ける治療です。さぼっても何も申しません、一度中断して再開するもよしやめるもよし、去る者追わず。予約性ではありませんのでお越しにならなくても連絡いたしません。

電車が止まるのもPTSD

今日は加古川まで講演会に行ってきました。新快速が途中で止まったらどうしようというトラウマです。もし、新快速が止まったらタクシー使ってくださいといわれ加古川まで行きました。今週土曜日は発売記念講演会でホテルオークラ神戸これで新快速が止まったら大笑い。しかしそんなときはタクシーが駅にはいない、姫路から先日の市川の大水でもタクシーを呼びました。今回の大水は市川や加古川の増水でJRや山陽電車が止まった。PTSDには漢方薬が良い。PTSDに効く漢方薬は神田橋処方です。鹿児島の神田橋先生が発明された桂枝加芍薬湯と四物湯の合法を加減します。今年になりJRでトラブルは3回、今回の大雨、浜松で停電のため新幹線を2次各45分遅れで姫路に返ってきました。5月の関西系統中医学講座は大阪から新快速が各駅で姫路まできました。先行の普通電車がおらずずっと各駅で舌。3度あることは4度ある。なんと今日は加古川プラザホテルに新快速で向かったが18時41分姫路発新快速は神戸線内の車両トラブルで運転見合わせになった、おかげで各駅停車で加古川へ行く羽目になった、何とか講演会の開始に間に合えばよいと思います。姫路駅にタクシーが一台もいなかった。これもJRのおかげでしょうか。

アロマテラピー

アロマテラピーにもフランスとイギリス式があります、私のクリニックでは水にエッセンシャルオイルを入れて水蒸気を出し明かりがくるくる回っています。アロマテラピーとして虫退治にユーカリ、緑茶や甘い香りのアンバーを焚いています。さらにはアロマ線香をたいています。においは重要です。漢方薬のエキス製剤もアロマテラピーです。銀紙を開けてすぐプーンとにおいがするその時からあうあわないがわかります。精油成分が一番きついのがコタローさんと言われています。アロマオイルを自宅でも寝室・書斎各所においてます。最近は博多に行けば博多阪急、東京なら東京駅の大丸、大阪は阪急本館のレモンの香りが好き、神戸大丸、そしてセンタープラザの鬼頭天薫堂でアロマ製品は買い求めています。受付に置いているのは姫路の山陽百貨店の生活の木、顔に塗るのは香寺ハーブガーデンといろいろ試しています。お酒は父が亡くなる前からほとんどたしなみません、代わりにアロマ製品を購入して色々試みております。私の加齢臭や汗の臭いで患者さんが不快な思いをなさらないために。漢方薬も袋を開けてよいにおいと思ったら体に合っていることが多いと思います。

サインバルタ60mg

整形外科の疼痛に対してサインバルタ60mgつまり3カプセルを処方する人が増えています。リリカやトラムセットさらにはトラマドールは導入の時点で副作用で服用できない人も少なくない。私が使う抗うつ薬はサインバルタ、レフレックス、レクサプロです。不眠が強い方にはレフレックスやレメロン、痛みにはサインバルタ、うつにはレクサプロ、不安が強い方にはエチゾラムはやめてメイラックスを進めています。悪魔の薬エチゾラム、1mgと0.5mgから異例の0.25mgの小さな剤型ができたのは悪魔のささやきが夕方になると聞こえるからです。電話を私にかけると電話再診量をいただくことになりますがそれでも先生を電話に出せをいわれる。エチゾラム飲んで30分後に電話くださいと職員から言わせる。そう伝えると電話再診をもらわなくて済む、30分後すっとしました。この悪魔のささやき予防にメイラックスを1mg夕方につくようさせる。黄昏症候群は一人暮らしの人をさみしさに追い込む。デパスを発売中止に知らないが悪いのであろう。ベルソムラやロゼレムだけの世界が来るとよい。

今日も懲りずに油の話

オメガ脂肪酸には慢性の炎症を少しずつ改善する働きがある。急性の炎症とは異なる点です。高感度CRPやSMALL DESE LDLなど保険診療では測定できない亜麻仁油、オリーブオイル、オメガ3脂肪酸一体どの油が良いのか。JELISSTUDYで有名な大学の教授のお話を拝聴するために姫路駅南のオフィスを訪問いたしました。先週は兵庫県EPAクリニカルフォーラムの帰りに市川の増水でJRが折り返し運転になる憂き目にあいました。今日はEPAとDHAの配合剤のお話です。DHAがどんな働きをしてるかはよくわかっていません。しかしサプリメントにはセットで入っています。ω3脂肪酸はEPADHAで知られています。マグロの刺身を食べるのが一番簡単です。深海魚の食べ過ぎもアメリカではいろいろ言われています。炎症収束性脂質めでいえーたーというのが最近注目されているそれぞれEPAやDHAが作るものです。DHAはレゾルビンD2、EPAはレゾルビンE2などが肝られています。高中性脂肪血症では過剰なレムナントの蓄積やLDLの小型化が問題になる。オメガ3脂肪酸で魚の油をとれば中性脂肪は下がる。そして冠動脈疾患を防ぐ。不整脈も減らす。うつ病や腎機能も改善する可能性がある。

産業医報酬が高い

作業医を監督署がうるさいからと配置するところ、医師会に依頼しても産業医が敬遠して産業医がこないところもい多い様です。若ものを面談をしていると産業医は自分の出世を邪魔するものだと邪険に扱われる。産業医業務の主なところはストレスチェック面談・過重労働面談・職場巡視・安全衛生委員会への出席です。産業医は医報酬を決めるのは人材派遣なら楽です。医師会さんの仲介では一回一時間でいくら、一回2時間でいくら特別出勤いくらと決めるのが医師会の三社契約では重要です。遠慮してはいけない。私たちも昼休みなしで労働基準監督署に対うる安全衛生委員会を行えるよう努めている。キーパーソンは衛生管理者です。産業医は助言する立場です。あくまで企業の委員会の一つです。忙しい開業医にとって毎月日が変わる、業種によっては当日日を変えてくれといわれると困る昼遊んでいる開業医は少ない。仕方ないから訪問診療をやめました。企業にとって邪魔者の産業医だから日を簡単に変えてくれといわれる。姫路市医師会の公募では産業医が見つからない企業は人材派遣に高額な紹介料を払うしかないようだ。

第51回大阪漢方談話会での層構造

昨日は加古川の増水で山陽電鉄が大塩折り返しに12時30分からなってしまいクラシエ薬品の講演会に参加できず残念でした。今日は新快速電車も順調に動き梅田のホテル阪急インターナショナルの裏のホテルで行われた第51回大阪漢方談話会に参加しました。定刻に到着しましたが20分遅れのスタートになりました。整形外科の話と楽しみに行きました。講演終了後一つ私も質問させていただきました。今日の演者の話には系統中医学の五つの特徴である。生体間、変動変化・二つに力・流体そして層構造の中で特に層構造を取り上げ特に層構造でいろいろ考えると便利であるとお話なさっていました。肺心肝脾腎の5層からなるが心は司令塔で君主の官次元の異なるところから統括するのが心とされており神の命令を実際に行うのは肝、熱源としての作用は心から腎に受け渡される。これが心腎相交である。心には体の各所にポンプ役が出店の神として体全体に存在している。本日の演者は肺と肝の間には心が必要ないとお答えくださった。では整形外科領域の筋肉やアキレス腱などの付属の栄養つまり血はどうやってめぐるのだろうか。説明がつかない。喧嘩するために大阪まで言っているのではないので2000年の第一回から系統中医学を学ぶものとして一言言っておきたかっただけです。

レセプトオンライン化

毎月10日に締めきりのレセプトのオンライン請求ですがインターネットだけでは済まない、生活保護は診療していませんがこども保険や母子保険などの公費医療は郵便で投函する必要があります。10日が日曜日でも10日締め切りです。9日(月)に投函して10日に港島つまりポートアイランドまで当直しなければ一カ月お金が入ってこない。大雨で7月5日は神戸駅からメリケンパークオリエンタルホテルへ向かうタクシーがおらずメリケンパークオリエンタルホテルからの帰りの新快速が止まり7月7日は須磨の土砂崩れで加古川の増水で山陽の直通特急どころか姫路と大塩折り返し運転になり山陽百貨店は3時閉店となり残念ながら家で休んでました。あいているお店もロープを張っているお店もありました。オンライン請求をするにはこれは認められないという返戻や入力ミス、退職後の保健証を出した人は該当者なしで帰ってきます。だから毎回保険証の提示を医療機関は求めます。何もなければ戻ってきません、連絡なしです。社保支払基金は平日しか業務していません。何もないと普段はほっとします、今回はどうも減点がないようです。今から大阪漢方談話会へ行きます、大阪中央郵便局で投函しようと思います。今日は人身事故がないことを祈ります。

PF点眼液が消えた

日本点眼薬のPF点眼液は後発薬品ですが塩化ベンザルコニウムが入ってないPRESERVATIVE FREEの点眼液です。早くから大学病院でも採用されています。昔から私は一般名処方をしている、ただPFは防腐剤でかぶれる方にはこの○色のキャップの防腐剤無添加の点眼液を選んでくださいと指示しています。明石や姫路の薬剤師会でPF点眼液に絡むお話しを提供したりPF点眼液はとても使いやすいジェネリック医薬品です。それが手に入らなくなると薬剤師さんから連絡いただきました。MRさんに連絡すると名前が変わるだけですよと答えが返ってきた。おかしいと思ったリーガロイヤルホテルで発売15周年記念講演会が行われたところです。今後点眼液も後発品は先発品のメーカーが先発品と全く同じものと認めないと臨床治験が必要になるからです。いままでは主成分が一緒であれば防腐剤や添加物を変えるのは自由であったがこれからの後発医薬品は先発品と全く同じで値段が安いものを作らなくてはならない時代が来ています。持田製薬の講演会の帰りに電車止まり疲れ果てました。今日はJR姫路西明石は全面ストップです。西明石から京都は各駅停車のみの運行です。