記事一覧

不妊の漢方治療

中国でも父親が小児科なのに婦人科、そして日本にお越しになっても婦人科しか診療しないいう中医師のお話を岡山で聞きました。卵巣力と子宮力のお話でした。内膜が厚くならなくても競争の激しい首都圏の婦人科卵を戻すようです。日本にも中医学が入り周期療法というのがしばしば行われるようになってきました。南京中医大学のカケイセイ先生がはじめられた周期療法は薬局の漢方では非常に盛んです。これはある程度子宮力・卵巣力がある人に短期勝負を行うすべだそうです。日本女性はストレスいっぱい、安中散といえば日本では胃薬ですが中医学では理気止痛の方剤です。コタローさんにはカプセルもあります。芍薬甘草湯は冷やす薬ですが安中散は特に延胡索が温め痛みをとります。血熱といえば大黄牡丹皮湯ですが腸廱湯も使えます。腸廱湯は女性に人気のヨクイニンが9グラム配合されています。美肌効果ではなく痰飲を除いてくれます。疏肝理気には加味逍遙散、脾胃の理気には香蘇散腸の理気には九味檳榔湯が良い、北京中医大学でも九味檳榔湯について講義をなさったそうです。

ビラノア講演会

今週は毎日昼休みも夜もアレルギーのウエブ講演があります。今日は本当は産業医の仕事が入っていましたがビラノアの講演を拝聴するため急遽日を変えていただきました。一月は眼科にとって一番暇な時期です。病気がありません。がんばって勉強しています。今日はビラノア、明日以降もデイレグラ、来週はデザレックス、先週はスギ花粉の敏感型の患者さんが気温の上昇で急増しました。antihistaminesには今年からせかいの遅れること16年ルパフィンが使えるようになりました。この後登場するアレルギー薬はなんとレミカットやダレンのパップ剤です。認知症のパップ剤でお分かりのようにパップ剤はかぶれる、アレルギーがあればいっそうです。ルパフィンは12歳以上なので使用してみたが意外と眠くならないようです。ビラノアは一番眠くならない薬です。ビラノアには非常に早く効果を発揮するという売りがあります。デザレックスには服薬をやめても少し効いているという特徴があります。ともに眠くならない薬です。ともに適宜増減ができません。デスロラタジンはカルボキシル基ビラノアはアミノ基を売うしています。ともに中枢抑制や抗コリン作用がないのがウリです。

こども医療無料化は正しい選択か

今年はインフルエンザの大流行で休日夜間急病センターにウチくる患者さんがいったら4時間かかったそうです。インフルエンザで脳炎になるのは毎年200人とされています。インフルエンザ脳炎は回復しません。どんどん医療が少子化対策とか言う名目で無料になる。インフルエンザの予防接種にお金の持参がないと帰っていく、すべて無料を思っておられます。中にはインフルエンザに罹ったらよいです、お金を出してどうせかかるならインフルエンザの予防接種ではなく無料の定期予防接種を希望される。学校でのけがは姫路市のお金を使う無料化ではなく日本スポーツ振興センターの保険を利用して2割または3割をいったん支払い償還払いになっている。ところがこれもお金の持参がないとみんな帰っていく。学校に養護教諭がおられたらそんなことも減少する。しかし放課後となると日本スポーツ振興センターの用紙は持参しない。瞼が腫れていてもお金をいったん払うなら帰る人ばかり。高校生になればいきなり3割負担になる。アレルゲン免疫療法も3割になったんでやめます。なんでも無料の安倍内閣、改憲さえできればそれでよい、タカ派だか2040年問題など安倍首相には関係がないようです。パリが万博を降りるという報道があった。賢明な選択と思う。ちょっと高いと訪問診療をやめてくれとも言われた。多くの医師が厚生年金まじめにかけても20万程度だそうです。医師は少愛現役で頑張るしかない。

ビラノア錠発売一周年

ビラノア錠発売1周年記念講演会はヒルトン大阪で大阪府の耳鼻咽喉科医会との共催で行われました。姫路市薬剤師会でビラノア錠の発売時に私は講演させていただきました。講演に当たり演題は漢方でもよい何でも先生お好きにどうぞといわれ「いまどきのアレルギー」というタイトルでした。診療を早く終わり一路ヒルトン大阪へ。第一席はスギとヒノキの花粉症についての話でした。近畿ではすぎは裏と表がなくなりヒノキのほうが問題視されるようになっている、スギの大飛散はもうないかもしれない。第二席は治験責任医師からビラノアの話そして舌下免疫療法と第二世代非鎮静性抗ヒスタミン薬はどちらが優れるかとの話などを拝聴しました。イネ科キク科そしてダニのスリットはマイナス16パーセント、モンテルカストはマイナス5.4パーセント、デザレックスはマイナス8.5パーセントで舌下免疫療法(SLIT)が良いとの海外データが存在するそうです。いまのところ花粉症の鼻炎アレルギー性鼻炎には鼻噴霧ステロイドかSLITが良いというデータが存在するそうです。普通はアレルギー薬は皮膚領域と鼻炎の話がされるのが普通ですがアレルギー性鼻炎の話だけで違和感を覚える会でした。

帯状疱疹の新しい治療

帯状疱疹に新しい薬の話をANACRAWONPLAZAHOTELで聞いてきました。腎臓にやさしく肝臓にもちょっと優しい薬です。アメナリーフという薬ですがアステラス製薬が性器ヘルペスに臨床治験を28日の予定で行っている途中に21日で一人副作用が出たため市場が大きな泌尿器科のベタニスの臨床治験を優先するためマルホに譲った薬だそうです。性器ヘルペスに治療は難しいそうです。さらには帯状疱疹の皮疹に対するキットも登場します。SINNEつまり皮疹が出ない眼部帯状疱疹には使えないがびらん面を有している帯状疱疹か単純疱疹か不明例にはかなり有効だそうです。水痘ワクチンを定期接種で無料で子供に接種して大人の帯状疱疹は増えています。一日一回のアメナリーフは一日3回服用するバルトレックスに比べて血中濃度が減少する時間が短いのでアステラス製薬が性器ヘルペスに治験していたそうです。昔の日本商事今のアルフレッサがソリブジンを発売していることを知っている人は年がわかる。いまの若い医師はしらない。5FUとの併用で大変なことになった。そして発売停止に至った。アメナリーフは結核のリファンピシンと併用禁忌です。両方の薬の血中濃度が下がります。CYP3A4の代謝が関係するのでグレープフルーツジュースはだめです。ゾビラックスのように耐性菌はできないと演者はおっしゃっていました。私自身は大人の方に水痘ワクチンをお勧めしています。

舌下免疫療法の講演を聞きました

第4回総合アレルギ講習会のランチョンセミナーはいつものように舌下免疫療法の講演を拝聴しました、多い時は日本全体の2パーセントを一人でなさった第一人者のお話でした。2年でわずか7パーセントの脱落率という素晴らしい成績を残されているようでした。来年の春からシダキュアが使えるようになるかもしれない。しかし薬価収載後1年は2週の処方制限がある。舌下免疫療法気を付けるべき薬はステロイドの内服薬だそうです。点眼や点鼻は併用は問題ないそうです。異なる2つの抗原つまりダニと杉は同時に行うのは慎重にあるべきだが講師は今年から同時を開始し40例以上同時で行われているそうです。またダニの免疫療法は1週間は3300JAU2週目は3300×2つまり6600JAU、そして3週から10000JAUになさっているそうです。今まではいろいろ質問があったが普及したのか質疑応答はなかった。今年も2週間ないが新規の舌下免疫療法を開始するなら今です、次はスギ花粉の飛散が終わるまで開始できません。

UNMET MEDICAL USE

UNMET MEDICAL USEは最近しばしばお目にかかる用語です。MEET MET METのMETに否定する接頭語がついています。いまだ有効な治療法が見いだされない疾患や医療のニーズとアンメットメデカルユーズは訳すそうです。昨日まで横浜の総合アレルギー講習会で実習ばかり受けていたので疲れていますが今日も姫路駅南の郵便局のビルで30分集中して勉強させていただきました。アルツハイマー病は慢性病です。アミロイドベータたんぱくの蓄積はは20年前から始まるものです。発症したら薬を飲んでも遅いのが認知症です。脳の老化と神経の老化は異なります。48歳から67歳の高血圧は20年後の認知機能を予見するそうです。つまり収縮期の血圧の治療が大切だそうです。アルツハイマー病と脳血管性認知症は鑑別が難しいそうです。OVERLAPするところが多いそうです。AⅡは記憶や学習に関係する、ARBを用いたらBBBの破綻を改善する。AT2ノックアウトマウスでは脳症や認知症が増えたそこでAT2レセプターを直接刺激すると血管性認知症が減少したそうです。RAS系を調節しVRFを調節すると炎症や酸化ストレスを抑制できる可能性が視されている。認知症ワクチンは有力視されたがアミロイドベータを標的にしていたがすべてダメと分かったようです。ARBで血圧コントロールすることに期待するしかないよです。

OMALIZMAB

今日は横浜みなとみらい美観地区に来ています。第4回そうごうアレルギー講習会に来ています、何もいただけませんが第一回から皆勤賞です。昨日、OMALIZMABのWEB講演会がちょうどありました。医師会の抄読会はちょうどOMALIZMABがなぜアトピー性皮膚炎に保険適応がなくじんましんが保険適応になったのかという論文のご紹介しました。総合アレルギ講習会でまず聞いたのがOMALIZMABのお話です。OMALIZMABが効果が高い人はIgEが60IU/mL以上の人がよいそうです1stLINEのヒスタミン薬にもルパフィンが登場しました。OMALIZMABは休止や再開の基準がありません。重傷じんましんと関係するのは血管浮腫、コリン性じんましん、自己応答性、ASSTなどが関与するそうです。来年のじんましんガイドラインの改定ではいよいよ3rdLineにはOmalizmabが入ることが有力な今いろいろと知識を集めることは有用と思います。じんましんの慢性化は今は30日以上ですが新しいガイドラインでは40日以上に代わります。高価な薬ですが完全寛解に至る方ばかりではないのが問題です。明日は朝からパッチテストやぷりっくテストそして気道過敏性の実習です。じんましんに保険適応がないシクロスポリンからぞレアに変えていくのが今の流れです。ファモチジンなどH1ブロッカー、LTRAやトランサミンそしてワーファリンは保険適応外です。

肺は嬌臓

今日も大阪で関西系統中医学講座に参加してまいりました。基礎理論編も残すところ一回念願の皆勤賞が見えてまいりました。朝は6時に起きて大阪へ二日続けてまいりました。五臓の肺のお話でした。肺は華蓋のような臓腑である。華蓋のような臓腑とはどんな臓腑か?お姫様が被った布のような臓腑という意味です。諸臓が覆う位置にあり蜂巣のようにむなしい。そして息を吸うと大きくなり吐くと小さくなる。こんな話は系統中医学講座ではされません。肺はバッファー・バリア・外殻・天蓋と系統中医学講座ではされています。肺は水の上源というよりも水の上限というべきであるとのお話でした。肺は百脈を朝ずといわれているが肺は百脈にちょうずが正しいと思うと新しい説を唱えられました。いつもながORIGINALITYが素晴らしい。医師なんて特に開業医はすべての患者さんに同じ話ばかりしていることが多いが本当に素晴らしい。肺の方剤は腸管にも応用できるしまた皮膚の病気そして鼻の病気にも応用できる明日からまた新しい視点で頑張ろう。近年ルミナリエ開催中の日曜日も新快速がさほど混雑しなくなりましたね。

2018年3月の花粉はいかに

インフルエンザワクチンが全くない。暇なので今日は気象予報士の花粉情報を拝聴するために心斎橋へ行きました。というか昨年もこの時期気象予報士さんの話を聞きに行ったような気がします。実はこの会は30年以上続いているが鳥居薬品に共催が変わるそうです。姫路は昨年花粉飛散が少なかったようです。案外加西がおおかったようですが姫路市内へ花粉を飛ばすのは香寺・夢前・安富の植林された杉の林から軽いスギ花粉は飛んでくると考えています。10月11月は小春日和の日にはスギ花粉が飛ぶのが常識になっています。2017年はすぎよりもヒノキが飛散した。これからはヒノキの花粉がひどくなるようです。ヒノキ科のヒノキとヒノキ科のスギなので交差抗原でシダトレンやシダキュアもヒノキに期待できると思っています。来年も姫路は気象協会さんが10月末に調べたところ今年と同じくらいだそうです。スギは今年平年と比べ47パーセントしかスギ花粉が飛散しなかったそうです。そういえば姫路市山之内が豪雪で大変でした。シダトレン新規導入は今月いっぱいですよ、お考え下さい。