記事一覧

生野の井筒屋

朝来市の生野へ行きました。生野からわざわざお越しいただく患者さんもおられなんか親近感があります。黒川養魚場でますをつり、しめてだき持ち帰り刺身にから揚げなどにして自宅で食しました。鈍感なのでアマゴヤマメとマスとの味の違いがいまだに分かりません。さらに進んで黒川温泉は釣りを終え11時前について開館を待ちました。いつも通りアマゴのフライの定食と野菜のフライを単品でいただきました。野菜はウドとタケノコのフライ、そしてウドのきんぴらです。ウドは漢方薬の独活です。今の新しい黒川温泉になる前からお伺いしてましたが食事を終え風呂には入らず黒川を後にして子供がメダカを予約していたので購入に行きましたが関心がない私は散策していきついたのが井筒屋さんでした。最近忘れ物が多い私にぴったりの播州織のお品があり購入いたしました。そして250円のドリンクと手作り洋菓子のセットを御願いしました。ドリンクはみんな抹茶オーレ、お菓子は牛乳や卵を使っていない焼き菓子で販売もされていました。メダカや熱帯魚の繁殖に子供ががんばっておりガレージに、家の中に水槽と水連ばちでいっぱいです。帰ってきたのは14時ごろでした。

PF点眼液発売15周年記念学術講演会

PFとはBAKフリーのPFデミグラ容器に入った点眼液です。特徴はノズル、インナープラグ、プラグホルダー、二重ボトル、空気穴、外層そして0.22μメーターメンブランフィルターが特徴です。2003年の発売時から私はPF点眼液を愛用しています。昨今の国策で後発医薬品使用85パーセントのノルマを調剤薬局は課されています。PF点眼液はジェネリック医薬品で塩化ベンザルコニウムガ入ってないのに後発医薬扱いのものが多い。ただ確認してませんがトラメラスPFはひょっとしたら先発かもわかりません。日本点眼薬が初めて発売した先発品がトラメラスもっとわかりやすくいうぇばリザベンです。コンタクトレンズの上から市さしてよい点眼液は永遠の課題です。本当いえばすべてのコンタクトレンズとテストしないといけないからです。0.22μのメンブランフィルターを用いており細菌や真菌が入らないように工夫してあります。お薬は発売5周年記念講演会くらいで幕引きがあることが多いように思う。そんな中角膜ドライアイそして緑内障のお御所のお話を大阪国際会議場の横のホテルで拝聴しました。メーカー色を排除した非常にためになる講演会で女性の社長まで登場されました。昨日は昼も夜も産業医として衛生委員会、今日もまた産業医として衛生委員会、労働衛生コンサルタント(保健衛生)を舛添要一厚生労働大臣の時代に取得したから頑張ろう。コンサルタント会の会費は25000円、普通の学会よりもお高い.さらにはコンサルタント会兵庫県支部にも会費がいる。さらには日本医師会の産業医の更新にもお金がいる。働かねばならない。

エキス漢方ZtoA

エキス漢方ZtoAも2回目を迎えました。お陰で東京へ行こうと思うようになりました。しかしマナーが悪い受講者には困る、女性ですがずっとスマホでスライドをっとっていました。こたろーさんも注意しない。眼科医会の生涯教育講座ならその場で画像を消してくださいといわれる。また3000円で高いという人がおられるようです。働き方改革の時代に休日出勤していただくこたろー漢方製薬の皆さんには感謝。午前中ZtuAの前に八丁堀の鍼灸の学校で不眠症の講義を受けました。2時間5000円です。決して高くないと思います。は産業医業務おまけに転勤続出している。エキス漢方ZtuAにはしばらく参加できません。前半スマホでカッチカッチと音がして集中できなかったのは残念です。主催者としてもっと注意をしてくださいコタローさん。3000円が高いならやめときゃよい。もっとコタローのお薬使って売り上げが上がることで協力すると安くできるかもしれない。私は新幹線なので交通費30000円、宿泊費15000円かかっています。

アデノウイルスの検査

アデノウイルスは診断できても薬はありません。アデノウイルスはプール熱とはやり目の原因となる。2015年はアデノウイルスの54型が流行した。そして従来の8型と異なり角膜上皮下混濁を起こし今でも角膜に天井の混濁が残る人を日常診療で見る。アデノウイルス小児科用ののどを調べるキット眼科の結膜炎がアデノウイルスが原因であるか調べるキット両方できるキット。いろいろあります。日本点眼薬のアデノウイルスのキットは打率8割です、ところが日本点眼薬の機会をデンシトメトリーを38万円で購入すると打率9割に上がるとF大の眼科の教授がお話しなさっていました。インフルエンザのキットに似ています。ブラシで急結膜をこするから板いた次回もこれするんですかといわれ最近はアレルギーの採血やインフルエンザの簡易キットをするほうが何よりも患者さんのためと思いアデノウイルスのキットをしてませんでした。インフルエンザのキットのように陰性でも文句言いませんからといわれたらしますが目の前で痛い痛いといわれるとやる気なくします。B型インフルエンザはおなかに来るといわれたので今日から38度の方に大塚製薬のインフルエンザの簡易キットを行ったが陰性だった。昨日も38度でカロナールだけ処方して明日キットをしましょうとお話した患者さんがいたが来院されなかった。

訪問診療

私が末期がんを見つけるきっかけとなり訪問診療をさせていただきます。たまたましんどいから点滴でもしてやってと患者さんは来られた。心不全のマーカーが上昇していた。入院のできる病院に紹介しました。巡り巡ってそれは心不全ではなく川島なお美と同じ病気で末期の胸水でした。内科にもかかっていたのにといわれ私をご家族がご指名くださった。まずは訪問看護の方がご挨拶に来られた、先生訪問診療や看取りをしたことあるんですか?看板見れば誰でもそう思う。ホームページを見れば当たり前と思う。日本では医師免許があればすべての医療行為ができる。在宅酸素HOTもされている、これがまた介護保険というからびっくりした。確認すると介護保険でHOTができるわけない。どういう契約になるのか?来月はうちとの契約になるようです。在宅酸素の会社の社長さん実は私と姫路西高等学校の同級生です。ただし、週末は講演会、時に急病センターそのほかで当直もある。いま病院は地域包括支援病院や介護力強化病院そして後方支援病院など在宅医療を支える制度が充実している。3か月に一回ミーテイングをすることを条件に急変したときは入院させていただける、さらにそれが無理な時は責任をもってびよういん側が入院先を探していただけるそうです。ヘルプで他の医療機関のお手伝いするときは私診察する人、あとは病院のジムさんお願いいたします。という世界ですが健康保険の点数の算定方法も勉強しないといけない。一番安い保険点数を取るようですがまだまだ分からないことだらけどなたか教えてください。

106万円の壁

今医療機関では看護師のような有資格者ではなく事務員さんがどこも不足しているようです。つまり、全く応募がない。医療は不況には強い、有効求人倍率が高い今は最悪。医療事務は医療機関の顔で難しい仕事ですが医療機関はしょせん中小企業です。2016年10月から従業員500人超、20時間以上毎週働き106万円以上の年収を得ると厚生年金に強制加入することになっているのは周知のとおりです。いわゆる103万、130万の壁に加えて106万円の壁ができました。2018年からは配偶者控除を満額受けられる年収の上限が103~150万円に上がった。壁を超えないはたき方が人気です、何故ならそんなにたくさん働いたら税金が増えると思っているからです。医師不足で医学部の定員がかなり増えている、そんなことしても?しかし医師の数を増やさないといけないもう一つの理由がある。救急の当直と世間では言うがこれは当直ではなく実態は夜勤です。昼間と同じことをしているから夜勤、昔から看護師は夜勤、時間が来れば帰宅できる。医師は朝が来ても帰れない、夕方まで通常勤務。神戸の震災前、一晩で眼科の患者さん私一人で40人見たことがある。全員救急、だれも手伝ってくれない。わからないから看護師さんも手伝えない。市外からでもいっぱい来る県をまたいできた人もいた。看護師さんは内科の看護師ですべて一人でしないといけなかった。医師の当直は実態は夜勤です。いま問題になっているタイムインターバルがないのが医師の働き方の問題です。なぜ労働基準法違反が改善できないか、医師の応召義務というが問題である。

保険適応範囲内でのプラセンタ注射

眼科は花粉症で目を冷まし、眼科学校検診でブレイクする。つまり一番忙しい時期です。今日明日は昼も夜も産業医として衛生委員会に参加しないといけません。その次はご縁あってはじめた他院のサポートではないガン末期の訪問診療夜は医師会の委員会、その次の日は夢前町の奥のほうで眼科学校検診、そして夜は西明石のキャッスルホテルで漢方の講演会、その次の日は夕方からよそでまた働く、やっと土曜日になると医院経営研究会の司会、そしてそのあと姫路市眼科医会総会。春は暇な栗肉でも土曜日と夕方結構待ち時間がある。プラセンタ注射が今またブレイクしています。ビール一日1500ml+焼酎という大酒のみのASTALTがラエンネックで50~20に下がった。もう一つのメルスモンは45~60歳の更年期の女性のプラセンタ注射です。男性更年期は完全自由診療になります。整形外科でよく使うノイロトロピンの注射も併用しています。リウマチでないの朝指が腫れる女性は意外と多い。プラセンタがよく効く。今月末に大阪でアンチエイジングつまり抗加齢医学会が大阪である。参加したいが関西系統中医学と重なる。今日は診察終わったら眼科学会で行ったリーガロイヤルテルで勉強です。

眼科診療アップデートセミナー2018のONDEMAND

今年のゴールデンウイークは急病センターの出務もなくゆったりとしました。8月に東京で行われる眼科臨床実践講座は締め切りが早いのでお金も振り込みました。場所が良いのか日が良いのか費用がお安いのか。眼科臨床実践講座はいつも早く締め切りになる。いつもアレルギー学会の専門医講習会と重なります。今年はアレルギー学会の専門医講習会が10月のため眼科臨床実践講座にゆっくり参加できます。会費は1万5千円ですが2日にわたるので新幹線が3万円、宿泊一万円ですみません。アップデートseminarはONDEMAND
SEMINARがネット上始まっています。IDとPASSWORDが配信されました。アップデートなお話がどんどん出てくるからすごい。眼科臨床実践講座は製薬メーカーのホームページ上で公開されるものもあります。今日はMed peerで漢方薬特に未病について慶応大学のセミナーを拝聴させていただきました。知っていることばかりですが興味深い一時間でした。漢方もWEB講演会が増えることをお祈りしています。そして自宅へ帰ると納税通知書が届いていました。5月末に第一回の引き落とし、すっからかんの通帳からまた落ちる。計算が合わないと思ったら償却資産税分のようです。

第5期関西系統中医学講座ですね

今日は第4期関西系統中医学講座の皆勤賞の書籍4冊が届きました。知らなかったのですが表紙の裏に仙頭先生のサイン入りのご著書です。サイン入りなので勉強に使わずこれは書斎に飾っておこうと思います、小学館の読体術は一冊しか持ってませんがあとは2冊以上持っています、現代の食卓に生かす「食物性味表」は初版を持っていますが改訂版は持っていませんでした。サインの上因をついてあるこれはすごい。昔はいろいろな有名な漢方の医師にサインを書籍にしてもらったが今は2月以降体調不良でおかゆばかりの食生活からやっと抜け出しました。講師の仙頭先生は東京で3回目の開業でお忙しいはずです。すごい精神力と体力そしてみんなに自分が作った系統中医学を広める熱意です。基礎理論編は心と心包と三焦のお話でした。午後は心の生薬方剤解説でした。昔から春は嫌いです、別れの季節です。関西系統中医学講座を支えてくださった担当の課長さんが転勤、以前私とこを担当してくださった方が係長が課長になりこれからの関西系統中医学講座をお世話くださるようになりました。残念ながら6月は兵庫県で一番忙しい休日夜間急病センターの当直が当たり早くも第5期関西系統中医学講座の皆勤賞は2講座でなくなりました。元来皆勤賞なんて狙ったことは一度もなかった、何回もライブで仙頭節を聞くのがとても元気をいただく。今週日曜は東京でZtuAです、できれば飯田橋で仙頭節を拝聴したと思っています。最後に名著「標準東洋医学」を眺めると懐かしさがこみ上げてきます。系統中医学講座初期の集大成です。かなり進化している、今後も進化し続ける系統中医学は中医学ではない。標準東洋医学です。

はしか流行

名古屋では落ち着くところなく麻疹が拡大している。はしかの流行でもうしばらくは私のところへは麻疹単独ワクチン、はしか風疹混合ワクチンともに入荷しないようです。今回は前回の風疹の流行と異なり麻疹風疹混合ワクチンの人気が高かった。いまの時代いったんついた交代を維持することは難しい、妊娠可能女性には32倍や64倍の風疹の抗体価を維持するには良いチャンスだからMRワクチンを勧めたところMRワクチンも供給ストップになりました。来年小学校へ行くお子さんを優先するのか?それとも制限をかけないのか。罹患すれば薬はない。インフルエンザより感染力が強く、自然に後退が付く時代ではなくなってしまっているのにご存じない方が多い。遺伝子株の変異が無いから一度打てばしばらくは持つ。はしかは2度は感染しないといった1990年ごろと時代買いがう。世の中きれいになりすぎた。研修医の時代は1990年、あの頃は保護者の記憶ではしかは確か一度なったことがあるそうです。となると今回のははしかに違いないから前のはきっと記憶違いで風疹だったんですよ。こんな会話は救急外来では日常茶飯だった。