記事一覧

尋常性疣贅

尋常性疣贅はいぼのこと、じんじょうせいゆうぜいと読みます。ヨクイニンは尋常性疣贅と成年性扁平疣贅に保険適応を有しています。東京から帰って疲れを癒したいところですが尋常性疣贅の講演会に参加するためHOTELビナリオ梅田に行ってきました。帰りは阪急百貨店によりましたがHawaiiのエベントしていてコンサート会場の様でした。尋常性疣贅にもガイドラインが誕生したとのことでこれから全国で同じような講演会が行われるそうです。いろいろ目からうろこの御話を伺いました。まずは足の裏のイボには液体窒素が効かないそうです。そして保険適応外でのグルタールアルデヒドの使用は添付文書で禁忌と記載があるそうです。眼科生涯教育講座でも消毒薬のご使用が問題となっていました。塩化ベンザルコニウムは10パーセント、クロルヘキシジンは20パーセントです。姫路の病院でも内視鏡の消毒が問題となってます。開業をしたての頃に消毒液のご使用が眼科ではよく起こるそうです。なかなか現在の日本ではよい治療は内容です。ヨクイニンのエキス製剤は甘くて飲みやすい。使いやすい。軟便になる人そして薬なら当たり前の肝機能障害もまれにはあるらしい。

漢方薬はもうかりません。

小児漢方懇話会で公立陶生病院でせんじ薬で診療されていた山口先生のお話は興味深い。現在兵庫県姫路市では保険診療でせんじ薬は保険で処方できる薬局は一か所だと理解している。しかしよくもまあせんじ薬なんか新たに処方できるなあと思う。私は当帰まつ、内田のコウイMだけで逆ザヤはドキドキする、太っ腹な調剤薬局ができたものです。よそで聞いたところでは聞いたところでは逆ザヤ生薬を自費診療にして別の日に処方しているところもあるときいている。人参や柴胡そしてオウゴンは逆ザヤ、出せば出すほど赤字経営になる。剤盛堂や本草が倒産したことを見ればわかる。刻み生薬でせんじ薬を出すうえで逆ザヤは一番の問題点です。ところで松浦薬業から封書が来た。中を開けてみると製造工程が厚労省に届け出ている通りではないので出荷をすべて止めたというお話が記載してあった。念の為電話したところ電話でも核にできたら出荷可能とのことでした、松浦薬業のMRさんみんなよく勉強している。昔薬剤師免許を持ったMRさんと一緒に東京で勉強したのが懐かしい

日本眼科医会生涯教育講座は来年はお休みです

日本眼科医会生涯教育講座は東京オリンピックで来年はお休みだそうです。東京会場の第一日目の参加者が300名以上とつゆで結構雨が降っていたが盛況で舌。日本眼科医会が主催する眼科生涯教育講座は以前は神戸でも受講できたが今は東京・名古屋・博多の3講座になってしまった。眼科生涯教育講座は内容が体系だっていることから学んだことが後に残るので大好きです。テキストがカラーになりより充実してきています。参加費20000円は少しお高いことから?大赤字で神戸での開催がなくなってしまった。東京講座は主にとても便利な有楽町のビックカメラの上で行われています。今回は海の日の連休で小児漢方懇話会に参加することもあり診療が終わって新幹線に飛び乗り東京駅在来線で一駅の有楽町に向かいました。どんなに急いでも15時30分には遅刻するのが残念。神戸ならハーバーランドの神戸新聞松方ホールで遅刻することはありませんでした。日本を代表する先生方の講義を聞いて質問は所定の用紙に記載すれは講演終了後にお答えいただける。7月13日16時ごろ会場に入ったが中村誠神戸大学眼科教授のお話は半分以上終わていた。残念、次回のオーガナイザーは名古村誠神戸大教授だそうです。また一年後の生涯教育講座はオリンピックのためないそうです。

第77回日本眼科医会生涯教育講座

10年ぐらい前から眼科生涯教育講座ではスクリーンに次のような字幕が講演前講演間の休憩時間に移されます。講演中の演者並びにスクリーンに上映されるスライドを撮影されることはご遠慮ください。肖像権著作権を侵害することになりますその場で撮影されたデータをすべて消去させていただきます。私はこのスライドが好きです。小児漢方懇話会フォーラムでは前の女性二人が撮影していて迷惑だった。第77回眼科生涯教育講座に参加し参りました。第78回眼科生涯教育講座は2020年2月15日から16日にかけて東京会場では開催されます。眼科には他の診療科と異なり日本眼科学会と日本眼科医会があり眼科医なら普通は両方に属している日本眼科医会が行う生涯教育講座が有楽町で行われたので2日にわたり参加させていただきました.まだ子供たちが小さな時有楽町のビックカメラの上の会場に子供連れで行った。会場いり口付近でまっていた、私が講演を聞いている間小学生だったが待っていた。姫路から診療を終えて新幹線に飛び乗っても15時30分の開始時刻には横浜付近です。参加費が20000円と学会並みの参加費です。全国のエキスパートの医師のお話を聞くことができる。東京・名古屋・福岡の3会場で同じ話が聞ける。DVDも販売している。

アレルギー性結膜炎

今日は朝からあいにくの雨、アレルギー性結膜炎がご専門である東京女子医大眼科の高村悦子教授が他科向けの講演会で姫路に来られた。高村悦子教授の講演は昨年だけで相模原臨床アレルギーセミナーできき日本眼アレルギー学会のランチョンセミナーで聞き、そして年末の総合講習会でも聞いた。だから姫路にお越しなのはわかっていたがモントレ姫路の泌尿器科の講演会へ行こうかと思ったがアレルギー性結膜炎の会に参加させていただいた。今年も相模原臨床アレルギーセミナーで高村悦子先生のお話は同じような話を聞くことになる。一題目はヒトメタニューモウイルスのお話、簡易キットしないと診断がつかないので眼科の私には無関係だが初めて聞いた。眼科の私にはやっぱりどうでもよかった。そして2台目は高村悦子先生でした。お忙しい先生ですがおそらく姫路初登場です。アデノウイルスの手指消毒について尋ねたところアルコールを刷り込む消毒は我々が用いる80パーセントのものでは?すっきりしました。パピロックミニ点眼液よりもタリムス点眼液が有効です。アイボンよりもウエルウオッシュアイで洗眼がおすすめです。色々終えていただきました。素晴らしい一日で舌。

トランス脂肪酸

以前からしばしば問題になるトランス脂肪酸。日本ではマーガリンなどのトランス脂肪酸摂取は問題ではない。トランス脂肪酸はアメリカではFDAが2015年禁止し2018年6月から食品に加えてはいけないらしい。EU圏内でもESCが同様の動きを示しているようだ。飽和脂肪酸よりもトランス脂肪酸が良くないとされる。トランス脂肪酸の摂取がが多いと認知症にもなるRISKが上がる。トランス脂肪酸がTOLL LIKE RECEPTERを介して炎症シグナルを活性化し内皮細胞の抗凝固作用を低下させる。HDLが上がればAMIのRISKが下がる然薬物でHDLを上げても効果がないことがわかっている。さらには極めて高いHDLは心血管エベント増やす。HDL男性73mg/dl女性94mg/dlが一番長生きできそうです。脂質代謝はまだまだ謎が多い。

蜂アレルギー

暖かくなると蜂アレルギーが増えます、薬によるアナフィラキシーでは5分、蜂なら15分食物なら30分というのが心停止までの中央値だそうです。蜂アレルギーのアレルゲン免疫療法を施行むろん日本アレルギー学会は保険適応に向けて準備中だそうです。今は蜂アレルゲンに対して施行している施設はどこにあるのでしょうか。もちろん保険適応外です。しかも14日の入院が必要になります。蜂2匹分のアレルゲン100マイクログラム/MLを皮下注射できるようになったら退院です。退院後も5年以上の通院が必要となります。スギやダニのように簡単に考えてはいけません。舌下免疫療法を関西ではどこで施行しているのかも把握できない特殊な世界です。そこで私ができるのは蜂アレルギーの方にエピペン®を処方することです。採血してRASTが2以上の方は陽性になります。ただし0や1でも蜂アレルギの方はいらっしゃいます。また蜂に刺された直後は正確に後退化は測定できません。一月経過してからのほうが正確です。つまり蜂の抗体価は絶えず変化します。

梅雨の漢方薬

梅雨になりましたがいつもに比べたら過ごしやすいと思います。しかし胃腸が弱い人には梅雨はこたえます。一グラムの麻黄でも胃腸にこたえます。梅雨といえば湿邪です。湿邪と風邪はくっつくことが多い。湿は重濁粘膩です。重くてべっとりしています。気機を阻滞する。その為気のめぐりが悪くなります。風邪の特徴は東洋医学的には百病の長です。百病にくっつくから梅雨の時期には調子が悪い方が増える。動をつかさどる。よくめぐりしばしば変ず。調子悪い人が多いはずです。私の高校時代一級下の学年にいた医師免許を有する姫路市長さんが25度にしたら作業効率がよくて残業が減るかもしれないと提言されている。総務省も様子見らしい、これにはエビデンスがあるのかないのか。医師も占いのようなものです。糖尿病を放置するとどうなるか。確率的にわかっている。宗教的な占いは古くから行われてきた。医師の前は僧兵のように宗教と医療は結びついていた。占い師と医師の微妙な違い。湿度が高く体がだるい、少しエアコンで除湿するのがよい、これを外湿とすれば同時に漢方エキス製剤で内湿を除くとよい

脂のくすりがあつい

アト-ゼットとロスーゼットはゼチーアにリピトールやスタチンを加えた配合剤ですがゼチーアと同一価格でHDもLDも入手できることがとてもお得です。パルモデイアも動脈硬化ガイドラインが出た後で出た新薬なのでフィブラートに分類されていますが副作用がフィブラートに比べて少ないそうです。したがって薬価が低く抑えられています。脂の話が多い。卵は何個でも食べてもよいというが最近話題です、それはいくら食べても脂質代謝に影響を及ぼさないというだけなん子玉子食べてもよいとわけではないようだ。吸収が良い人ではコレステロールの値が上がる。中性脂肪を下げるならパルモデイアのほうがきっと良い、ω3の薬は患者さんには受けるが本気かどうか。イワシの油は優しいイメージです。今週はホテルモントレ姫路さらにはホテルオークラ神戸まで遠征し脂質代謝を勉強しました。ところで遊離脂肪酸分画の血液検査がガスの供給不足でしばらくできないらしい。国の事業の第五期風疹接種事業で風疹の抗体検査も殺到している。姫路市医師会臨床検査センターの電話も鳴りっぱなしらしい。FHでなく使える最強のSTATINはリバロ4mgの様である。

アシテア専任MRさんが来た

以前からお越しいただいたアシテア専任MRさんにお越しいただきました。大阪からは漢方メーカーさんはしばしばお越しいただきます。塩野義製薬のスぺシアリテイアドバンスドチームのアシテアダニの専任MRさんがお越しになった。舌下免疫療法についてさすがに詳しい。逆に言うと普段訪問する人は知識に乏しい。これも企業戦略。一日薬価が200円でライセンス料を海外に持って行かれるとなると利益は生まない。姫路市内を一日かけて数軒回るそうです。最近午前中は暇だから、アポイント不要で午前中に訪問いただくようにお話している。昼休みに訪ねた学校や企業から帰って患者さんが待っているのは仕方がない、患者さん以外には午前中にお越しいただくように依頼している。今日も又ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎のお薬ではなくワクチンがアシテアです。アシテアは学会のイーブニングセミナーやWEB講演会でお話を聞くぐらい。先日もアレルギー学会のイーブニングセミナーで聞いた。ダニ抗原自体は海外のもの。オランダのダニとかフランスのダニといわれていますが主要抗原は同じです。。