記事一覧

シャイアーを買収して一年

蕁麻疹の遺伝性血管浮腫の薬を高田薬品工業傘下になったシャイアーは持っている、そして武田薬品工業はデング熱のワクチンを世界で展開するみたい。ワクチンは日本ではなく世界のグローバルで展開しないと意味がない。UCの薬や抗がん剤が武田薬品の主力製品、抗うつ薬やパーキンソン病の薬が登場している。日本に残った有害業務の柱が製薬だそうです。インドや中国ベトナムに有害業務入ってしまった。産業医学においても有害業務の話が少なくなっている。医療機関から水銀がなくなった。セフトリアキソンのような安くてよい薬が欠品を起こす。後発医薬品に誘導するなら厚労省はこのようなことはないようにすべきである。ここらは天下りの影響でしょうか。ビッグリスクは保険でスモールリスクは自己責任でシップ、、保湿薬、ビタミン剤、目薬、NSAIDs、抗アレルギー薬は自分で購入する、SELFMEDICATION税制、を創設して自分で買ってねと誘導している。無料になったと感覚がマヒする方も多い子供医療この先どうなるか。兵庫県で高校生まで無料の地域は県の中部に多く北部に至る。人口をとりあえず増やしたい市町村の思惑が見える。多焦点眼内レンズは高度先進医療に入り12年長すぎた類を見ない多焦点眼内レンズの高度先進医療。与党公明党の国民に等しい医療を提供するという考え方、日本医師会の混合診療反対、海外が同ではない論争もいよいよ12月に決着がついたようです.白内障の眼内レンズは保険診療、老眼の治療は自費です。

ヨドバシカメラ梅田

正月のお年玉でどこで買い物するかと子供に聞くと近年ずっと淀橋に連れて行って梅田につれっててといわれる。タワーもできた。このモバイルパソコンが壊れて平日の夜淀橋に行く羽目になった、B2の修理コーナーは20時頃だったが20分から30分待った。ポイントを捨てて延長保障にしていたので無償で修理できたがお正月を挟んだのでひと月かかった。しかしうれしかったのは基盤だけでなく外側を含めて見た目新品になって戻ってきた。その上この度はご迷惑をおかけいたしましたとの文言もいただきました。無償保証の上にこのようのメッセージをいただき感激しました。このモバイルPCがないととても不便なことを実感しました。AUからしばしば連絡が来る3Gのガラケーは使えなくなるから買い替えてください。4Gのガラケーかそれともスマホか。ガラケーで電話してスマホで調べるのもリスク分散という点でよいと思う。いずれにしてもお金がかかる。子供の受験料がすごく高い、私のころに二倍もする。太郎するよりましかとあきらめている。偏差値70以上あっても合格しない。センター試験がんばってほしい、できればセンター92パーセント必要だそうです。インフルエンザのの感染者が急病センターに出務して多いと感じたが姫路市内新年になりが旧弊さがなくよくわからない。兄弟がインフルエンザに罹患してタミフルの予防投与を希望する人が来たが本当の予防投与は予防すrべき人が気管支ぜんそくや人工透析を受けているような弱者になる。この人の場合は自費はもちろん健康被害に対してPMDAの救済制度を受けられない。

日本の医療用医薬品は世界一高い

日本の薬価はアメリカよりも高い、世界一高い。オプジーボなど英国の5倍の薬価。日本の薬価は不透明で新薬が出れば14.7パーセントの利益が保証されている。こんな利益を保証する製品は医薬品ばかり。谷はこうした利益保証の成否は存在しない。これは世界で最初に日本でオプジーボが上市されたためだそうです、日本のトップ5社の内部留保は5兆円、一方、このままでは新薬ができなくなります助けてくださいというお話を聞きます。一方日以降のセフトリアキソンが入手困難になった。最低薬価は存在するが漢方薬など中国の物価人件費の高騰、富裕層の爆買いで生薬はほとんど逆ザヤ保険でできることが制限されてきている。せんじ薬や刻み生薬をさらには生薬末を保険で出すのは困難になっている。抗アレルギー薬、ビタミン、保湿剤、漢方薬は保険適応除外薬価削除の危機にある。BMTがうまくいかなかったときのALLの薬はアメリカで5000万円、日本では3400万円とか。これは保険がないアメリカでまず発売されたからこのようになった。N社が糖尿病領域から撤退するのではとの憶測がある。生物製剤なら特許切れがない、バイオシミラーしか出ない。武田薬品工業はシャイアーを使ってジェネリックがないワクチンの世界企業への道を模索するようだ、トップが日本人ではないのでこのような考えになっている。低分子では日本は配合剤が盛んに発売されている。溝がジェネリック推進を阻んでいるらしい。医薬品業は日本では貴重な製造業である。敷地内の医薬分業は診療報酬改定で減算になる。生活保護受給者をはじめとする医療費負担が安い人もジェネリック医薬品推進に協力しないと皆保険はなくなる。また法人税率が日本は半額になった、国際競争のためだ、70歳で2000万の貯蓄を要求するなら法人税率を上げるのも一つ。日本の製薬大手20社の内部流はどんどん増えて雇用促進には向かっていない。このままでは研究所の研究者はシンガポールなど海外へ流出してしまう。

スギ花粉症の敏感型

目がかゆい鼻が詰まるなどスギ花粉症と同じ症状の方が多いのが今の季節つまり一月です。毎年のことだがどこを調べても花粉飛散はしていない今の時期にくしゃみや目のかゆみを訴える人が多い。ダニのしがいを含むハウスダスト、スギ花粉が有力な抗原です。ちなみに正月はおじいちゃんおばあちゃんの家の犬猫が多い、今年からゾレアが世界に先駆けスギ花粉症に使えるようになる。ゾレアを使う人のレセプトは非常に細やかな情報を記載する必要がある。ゾレアがバンバン使えるようになれば抗ヒスタミン薬の薬価削除問題が健保組合から再び再燃することは必至である。スペインなど欧州では抗ヒスタミン薬は4倍まで使える。日本ではビラノアは2倍量も使えない。しかもスペインでは4倍まで使うかどうかは民間の保険会社が決めるらしい。高齢者が増え医療費などの社会保障費が給与の何割を占めるかは今後大きな問題です。人口がすでに減っている保険料を払う人が減るということである。ロート製薬が日本点眼薬を昨年買収した。シードコンタクトが東レを買収した。高齢化はビジネスチャンスということだそうです。日本点眼薬を買収してJT鳥居薬品のJAKKINASEの点眼液開発をすると日本経済新聞に載ってました。

ローソンの贅沢御膳

今日のお昼ご飯はローソンの贅沢御膳だった。ローソンの贅沢御膳はなんと消費税込み1400円もする高級なお弁当でした。北海道産の黒豆がおいしかった。もう少しお節料理の具材がはいって居たらよかった。というよりもお昼はなかなか患者さんが途切れず13時だった。今日は日本国内でも患者数が非常に多い姫路の休日夜間急病センターへ出務しました。ゴールデンウイークは2回も休日夜間急病センターで働きました。今日は医師会から連絡があってお一人他県でお仕事されるんで先生12月○日はご予定いかがですかといわれた。普段は漢方そしてアレルギー12月といえば総合アレルギー講習会で横浜で実習三昧の日をつまり週末送る予定で宿泊も押さえてある。さらには関西系統中医学講座、エキス漢方ZtoAもある、そこで医師会さんに間に入っていただき2020年元旦の当直医に交代していただくことになった。正月から当直は2から3年ごとにしているような気がする。二日は福袋を購入するためにに阪神間の百貨店に行く。昨年の10月からい良いお神戸そごうは神戸阪急に変わった。そごうの外商カードは返納しました、今日は早く休んで明日は始発でといっても正月ダイアでバスがない、どこかへ福袋を購入するために行こう。

腸内フローラ

腸内フローラの研究がどんどん進行しているようです。日本人の子どもの腸内フローラは奇麗すぎるようです。きれい社会の落とし穴という書物が流行った。納豆毎日たべて本当に体に良いのだろうか、納豆アレルギーの研究は横浜市立大学の皮膚科で進んでいる。納豆食べてまさかアナフィラキシーショックが起こるなんて!豆乳と牛乳を比べたら豆乳のほうが優しいと思うのは普通の発想です、大豆とシラカンバ。交叉抗原で想像を絶するものが関係する。アレルギー学会で繰り返し聞くのは豆乳ラテでアナフィラキシーショックが起きた。考えてみれば江戸時代なんて風呂にどれくらい入ったんだろう。毎日風呂に入るのがよいのか悪いのか。ごしごしこすると皮膚を傷めるのは間違いないだろう。お肌をきれいにし過ぎてはいないんだろうか。汗も昔は気持ちが良い汗をもっとかいた、今はエアコンで発汗を止めてしまう。おなかの病気UCクローン病と頭の病気MSが近い病気と考えられるようになっているようです。弁移植が関東から普及している。大便が高価なものになる時代は近い。

夜間頻尿

寒くなった、夜間頻尿の季節です。過活動性膀胱で悩む人は40歳を超えると4人に一人恥ずかしくて言えない人が多い。べオーパが良いのかそれとも漢方薬で温めるのが良いのか。夜間頻尿は夜間3回以上の頻尿です。一回の違いが大違い、眠気が残ってうつ症状に通じる。ロキソニンを夜間頻尿に使っている人を見たことがあるが多剤処方なので消化管出血や腎障害を恐れて切ってしまったことがある。適応外で副作用が出たらPMDAの救済制度適応除外となるから怖い。アルダクトンを処方してデイサービスで服用していただくようにしたらうまくいった。カリウムのデータを見た薬剤師から電話があるだろうと思ったら電話で疑義紹介。血清カリウムは外注したら溶血するので高く出るのは常識なので継続にした。院内で検査しないと本当のところはわからない。漢方薬で温めるのは一定の効果がある。漏れないようにな生薬を加えるが著効例は経験していない。眼科同様泌尿器科領域は著効例は少ない。地元の婦人会で15年前に講演会をさせていただいた。そのご縁で会長さんがよそでもらったけれど先生がよいと思うの処方してくださいといわれ処方した漢方薬が意外と効いた。過活動性膀胱には西洋薬のほうがてっとりばやい。エコーは隠してあるが残尿見たら診察代高いなあと言われないよう隠している。

ためしてガッテン

NHKのためしてガッテンは医療の世界ではお騒がせな番組です、ためしてガッテンに出演した医師の話ではつなぎ合わせるから行ってないことが大きく取り上げられる。今回は京都府立医科大学と慶應義塾大学の先生が出ておられた。このお二方の講演会が2019年11月、姫路キャッスルホテルで行われた、メーカー色は全くなく延々と続き21時までのはずが21時30分になっても終わらず私は帰った。子供のお迎えです、残念。それくらい興味深いご講演の後NHKのためしてガッテンに出演されるということでしたが私不幸にも緑内障の講演会があり自宅にいなかった。気を聞かせて家内と子供が録画しといてくれた。京丹後市には百寿者がいっぱいいるそうです。今日としないと何が違うかといえば食べ物だそうです。芋を食べる頻度が多い玄米をよく食べる。第6回総合アレルギー講習会でもカルピスの会社のイーブニングセミナーで京都府立医科大学の同一講師のお話を聞きました冒頭アレルギー学会の会員ではありませんと自ら言われましたがみんな腸内環境の話を整理券のないイーブニングセミナーでおなかがすいているとか関係なく立ち見で会場を取り囲んでメモを取っていた。そしたら昨日小児漢方懇話会2020でまたしてもこの先生のお話を聞けると郵便が来た。

エキス漢方虎の巻

エキス漢方虎の巻という書籍をさいきんながめている、どこの会社の漢方エキス製剤を使うのがよいか。ガイドラインの改正により適正使用についの話題が増えています。講演会前の本社によるスライドチェック、さらには本社から不適切なお話をする演者をチェックするように命令が下っているようです。丸善プラネットから出ているエキス漢方虎の巻を最近眺めてます。T,KR,O,Kの4社のエキス製剤を比較しています。適応病名更には構成生薬、抽出エキス量について比較してある。今日は東京駅の11階の外商サロンでネスプレッソをいただいて飯田橋でエキス漢方ZtoAに参加しました。昨年の秋迎えの調剤薬局で爪白癬の薬について説明会をしていただきましったが終わった後先生ところ爪白癬なんて少ないのに何で説明会?という感じで薬局長に言われた。メーカーさんがさせてくださいとおっしゃったから説明会をしていただいた。エーザイさんにWEBで私自身は毎月のように勉強している。薬剤師さんも勉強したいかなと思っただけです。私のところは患者さんが少ないがいろいろな病気がの方が来る。これもエキス漢方ZtoAをはじめとする漢方薬の勉強のおかげと思っている。新幹線もガラガラ、自栗復習しています。今日はアレルギ性鼻炎の漢方エキス製剤について学びました。もう少しで大学入試センター試験も終わりの時間。かえって自己採点。兵庫県の私立中学の入試も早いところは今日合格発表。そして一番新しい一番学費が安い私立の医学部、慶應義塾大学よりも学費が安い国際医療福祉大学、さらには愛知医科大学の入学試験に気持ちを切り替えなくてはならない。私の時代と異なり簡単に入学できる医学部などない。富士山は真っ暗で見えませんが私のところでインフルエンザワクチンを受けてくださったすべての受験生の方の成功をお祈りします。

重校薬徴の生薬解説

重校薬徴は尾台よう堂の著書だそうです。重校薬徴は53種類の生薬について記載があるそうです。谷口書店から発売されている織部和宏先生の重校薬徴の生薬解説は流石織部和宏先生という内容です。重校薬徴の生薬解説は大分臨床漢方懇話会の講演原稿を元に作られているそうです。たとえばツムラの地黄、八味丸のみ熟地黄、他は乾地黄。など現実に日本のメーカーの事情を解説してある。織部和宏先生は兵庫や岡山でしばしば講演されている。何度聞いたかわからないほど御講演を聞いた、今年は春には博多まで講演を聞くために行った。大分では医師会の要職も務められてすごい。織部先生のすごいところは日本漢方で古典の条文を暗唱しておられること、せんじ薬を処方され生薬に大変造詣が深いところが博多まで講演を聞きに行きたくなるゆえんです。以前は板書されていたが今はパワーポイントのソフトを用いた講演です。各エキスメーカーを比べてあるところがとても素晴らしい。