記事一覧

子供以外のスギ花粉症の舌下免疫療法の開始時期

スギ花粉症の舌下免疫療法の開始時期12月いっぱいです。少ないながら一月には花粉飛散が始まります。スギ花粉症の舌下免疫療法にはシダトレンとシダキュアの2製剤があります。今のところ12歳以上の方にはシダトレンで入学してシダキュアで卒業することをお勧めしています。シダトレンは非常に副作用が少ない治療です。効果が一諸なら程度のものが良いとダニの舌下免疫療法が始まった時言われてました。高濃度のものはどうしても副作用が多くなります。安全なシダトレンを行い、私どもではダニとの多重感作がある人にはスギ花粉飛散が割ったらダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎に対する治療を行います。小さなお子さんはお母さん次第です、継続治療ができる子もできない子もお母さんの熱意です。5年は長いが中学生になると継続率が極端に減少します、大学生で下宿でもしようものなら皆辞めてしまう。AIHやIVFなど妊活の一環としても重要です。妊娠中授乳中は抗ヒスタミン薬は飲みたくない、それなら今から妊娠出産授乳に向けてスギ花粉症の体質改善しておこうという人が多い。漢方薬で妊娠に向けた体力づくりと舌下免疫療法による体質改善をする人増えている。今月いっぱい新規の舌下免疫療法を導入できます。かなり安全な治療です。

第6期関西系統中医学講座

2020年4月第6期関西系統中医学講座は新たなるスタートをいたします。2002年東京お茶の水で産声を上げた系統中医学講座は大阪福島での講師の開業に伴い関西系統中医学講座として東京での本家系統中医学講座とともに隔月で東京大阪で開催されるようになりました。現在は東京ではエキス漢方ZtoAが開催されており系統中医学講座は大阪のみ伝開催となっております。さらには2か月ごとにエキス漢方ZtoAインNAGOYAMO開催されています。私は2001年の東京お茶の水での開催以来休日夜間急病センターの当直などで休みながらも東京へはせ参じていました。現在も毎月関西系統中医学講座が開催される日を楽しみにしています。金原出版の標準東洋医学を読んでもわからない方生薬を学びたい方、中医学の4文字熟語が苦手な方ぜひ一緒に勉強しましょう。コタロー漢方製薬の方は休日出勤してサポートしてくださっています。コタロー漢方製薬は漢方界の紳士です。系統中医学講座に参加しもしつこい勧誘などは一切ありません。テキストを見るだけで目からうろこ。日本人向けにアレンジしてあるので理路整然。体系的にな学ぶことができます。講師は人格者です、感情的起こることもなく垣根を超えた伝統フォーラムというみんな流派はなん関係なく勉強しようと惜しげなくどこにも書いてない系統中医学へのお誘をくださいます。私は毎月アロマテラピーのように系統中医学講座に浸っています。ご前後は独立した講座です、単会受講も可能です。一人でも多くの医師薬剤師獣医歯科医その他資格がなくても講師の仙頭正四郎のお話で中医学でもない日本漢方でもない標準東洋医学の世界に2020年4月から入っていきましょう。

チメロサールフリーのインフルエンザワクチンは赤く腫れにくい

普通のインフルエンザワクチンに比べてシリンジタイプのインフルエンザワクチンが人気です。インフルエンザワクチンがいたいともう人には300円+で接種している。300円で痛みが少ないなら値打ちがある。300円では吉野家の牛丼並みが食べられない。MSDはシリンジタイプのB型肝炎ワクチンのヘプタバックス2も投入している。チメロサールフリーワクチンは極細の針をくるくる回してつける。0.5mlですので3歳未満のお子さんは接種禁止です。またみんな摂取してくれといわれるいけないので高齢者インフルエンザの方には接種してません。本来は妊婦さん向けですが将来ある子供さんにバンバン接種しています。なぜかわからないが患者さんはいたくないという。健保組合から補助があるので300円プラスでも保護者に負担がない。さらには女性の方で接種部位が赤くなる人も今年は赤くはれなかったというお声が全員ではないがある。うちの子供たちも小さいとき赤くなっていたが今は大丈夫です。原価を考えるプラス300円は医療機関では持ち出しです。しかし今年は赤くはれなかったんですといわれるとうれしい。もう少しでチメロサールフリーワクチンの在庫はなくなる。普通のワクチンは昨年の接種量からするとまだまだたくさんある。今週も多くの大人の方に接種しよう。

相手の元気を引き出す会話の進め方

神戸松蔭女子学院大学の心理学科の先生のお話を拝聴するため行ってきました、公益財団法人日本薬剤師研修センターの研修受講認定シール1点がいただけのでいつもは満席この前のレバミピドAGのお話は遅れてはいるとした私には椅子もなかった。この認定にどんな値打ちがあるのかわからないが最近超人気。昔から内容は素晴らしい、実は私も講演に読んでいただいた。いっぱい危機にお越しいただいたがあの頃は人気名は今ほどではなかった。できるだけメーカーの支援を受けず講演は行われているのでよそでは聞けない話が聞けるので医師もかなり参加しているように見える、熱気むんむんの講演会である。医療においてもEBMとNBMという言葉が使われる。医療の一般化と個別化、縦の糸と横の糸。私には盾を西洋医学なら横は東洋医学。相手のストリーに対して無批判に耳を傾ける。なぜ巡り合ったのか、と中島みゆきさんが歌っているように直線的因果律と円環的因果律という言葉があるそうだ。人間が問題ではなく問題が問題であるということ。悩み解決にはCOMMUNICATION、CONBINATION、CONSENNSUSの3つのcが大切だそうです。お尾kの薬剤師の先生方ご参加になっていた。薬剤師さんが企画されているの圧倒的に女性が多い会である。薬剤師の先生方も認定シールを集める時代のようです。メーカーが関与しないバイアスがかからないお薬がない分野にも切り込んでいく素敵な買いです。11月は2回あったので次は2月です

兵庫漢方医学談話会

兵庫漢方医学談話会を企画し座長を務めそして演者を詰められる吉田光範先生のご講演でした。今日は快晴だった、姫路城周辺は多くの人が見られた。昨夜でプロジェクションマッピングは終わった。吉田光範先生自身の自己紹介からお話は始まった。個人的にもお話することがあるが学生時代から漢方に取り組んでおられたそうです。講演会の後私は2回も挙手して質問をしてしまった。柴胡は和解して少陽の邪を透表する。つまり和解した後者は表の出ていくそうである。もう一つ銀翹散をエキスで作るときは荊芥連翹湯加桔梗石膏と吉田先生の師匠の松本克彦先生の書籍では記載があるが今日配布されたハンドアウトでは清上防風湯加桔梗石膏と記載があった。特に意味はなく吉田先生自身も荊芥連翹湯加桔梗石膏を使う都のことであった。あっという間にお昼になって散会した。早起きして素晴らしい一日を過ごした。

不定愁訴からドライアイを鑑別する

ドライアイは11月の姫路にはぴったりのテーマです。冬の姫路は寒いしかも雪が降らない、つまり湿気がない。湿気がないとインフルエンザが流行する。来週もドライアイのお話があります。大阪大学の高准教授のお話、ドライアイ診療におけるピットフォールについて聞きました。いつもながら簡潔で明瞭でした、5つのポイントに分けてお話になりました。一番困っている症状は何ですか。ドライアイは慢性疾患で急には治りません。ドライアイでは角膜障害に結膜障害が先行する。shortBUT、軽度ドライアイでもシェーグレン症候群でも結膜障害が先行し角膜のPATTYPATTERNの障害が後からついてくる。角膜OKでも右左上下結膜ぐるり。使用薬剤は患者さんから直接聞く。紹介状のとおりには患者さんは使ってない。疲れ目に騙されるな。ドライアイ診療では患者さんの自覚症状の改善が重要です。私も患者さんにドライアイは患者さんが調子よくなったらよいのですよ、緑内障とはちょっと違いますとお伝えしています。ムコスタUD点眼液とジクアス点眼液はドライアイは3つに分け、ドライアイのどのタイプに属するのかを鑑別して使うが併用することも多いとのことでした。有意義なひと時でした。ドライアイ診療はヒアルロンサンで潤す時代からジクアスムコスタ点眼液でムチン分泌を促進する時代が来た、ないのは油性点眼液、油性点眼液がないからタリビット眼軟膏をAMR時代に眼科は使っている。講演聴いたらノートを整理するのが大事、聞きっぱなしではダメ。記憶力が良い若い医師は良いが私のようなおバカさんは復習あるのみ。ブログを書くことは講演会の復習です。疲れすぎて目が開いてしまった。毎日夜は2つの講演会を掛け持ちです。疲れるなあ。今日も2つの講演会を掛け持ちする予定です。誤字脱字いっぱいのノートの復習が大切です。

インフルエンザウイルスの講演会はいっぱいだった

姫路肺疾患研究会でインフルエンザのお話がありました。医師会館の中会議室は有名な講師の講演とあって満タンで椅子だけの席でした、医師会館に到着したのは20時頃半分終わってました。異常行動はアセトアミノフェン服用群もインフルエンザ薬を服用した群もインフルエンザに罹患しているだけの群もすべて起こっているという話だったようです。インフルエンザは流行するには温度だけではなく湿度や気象条件も大切とのことでした。今年はインフルエンザワクチンは早くインフルエンザのワクチンに入れる株が決まり2951万本と潤沢で昨年のようなことはないとのことでした。HIGHRISKな人に必要なのがインフルエンザワクチン、しかし注射には必ずリスクを伴う。タミフルでもゾフルーザでも鼻出血や血便血尿などの副作用が注意喚起されているそうです。点鼻のインフルエンザワクチンについて質問がありました。アメリカでは生ワクチンのフルミストが使われた、上気道に免疫を付けるのがメリット気管支喘息を増悪させたとの報告もあるそうです。現在個人輸入したら使えるそうです。先日新聞で見た日本初の不活化点鼻ワクチンはNEJMに論文が掲載され注目されているそうです。あじゅばんとぉ配合して持続するようにしてあるそうです。質問もいっぱいありました。市内でいろいろ講演会があったようで℗の糖尿病の講演会に参加してからお越しの先生が遅れて残念とおっしゃってました、先日のキャッスルホテルの臨床内科医会のデイレクターのお話もよかったが今日はためになった。

なんでラピアクタの返品不可なのか

インフルエンザの点滴ラピアクタがまもなく期限切れを迎える。冷しょものはワクチン座薬など返品不可ですが塩野義製薬のラピアクタは冷所管理でもなんでもないのに返品を取ってくれない。去年返品をさせてほしいといったら期限が切れたら返品に応じるとのことでしたが理不尽なことに11月いっぱいで期限切れになるラピアクタがある。こんなことならゾフルーザをなんぞ使うのでなかった。そもそもゾフルーザが効いたと実感する著効例を経験していない。塩野義製薬のお薬をボイコットしようと思う。何の説明もなくいきなり返品不可なんて納得できない。抗生剤の細菌に対する耐性とウイルスと抗インフルエンザ薬のインフルエンザウイルスの変異株や耐性は違うというが全く理不尽です。かつては返品に応じてくれたのになあ。

インフルエンザの予防接種

ワクチンを接種してインフルエンザに罹患するのと接種せずにインフルエンザにかかるんはどう違うか?鋭い質問を浴びました。今年は昨年と一昨年のワクチン不足の反動でいまだインフルエンザワクチンがいっぱい余っている。まだ1000人摂取できるくらい冷蔵庫にある。昨年そして一昨年はインフルエンザワクチンの検定落ちで12月にワクチンがありませんとおお断りする事態が来た。その反動で今年は余力がいっぱいある。痛くないのはどうしたときか自問自答している、午前と午後で針の太さを変えたり工夫している。おそらく痛くないのはチメロサールフリーのMSDのシリンジ型を用いた時のように思う。B型肝炎も少し高いがMSDのシリンジ型ワクチンがおすすめです。バイアルは針がゴムを通っている、シリンジ型のインフルエンザワクチンでは細い針を皮膚が通過する。切れが違うように思う。MSDのワクチンが欲しいと思ったが数年前からMSDは増えない。ツベルクリン用の注射機に18Gの注射針を付け替えるのも一つだと思う、暴れる子には少し高い針とシリンジが一体のものを使用している。3歳未満はワクチンの量は0.25mlですが手間がかかるので大人に比べて高くしたいがジムが大変なので同一料金ににしている。すべて医師である私が接種するので小さなお子さんはできるだけ小児科をお勧めしている。今んとこ1000人分のワクチンがある。

学級閉鎖がとうとう来た

今年はインフルエンザの流行入りが速いとされる。とうとう姫路でも学級閉鎖が行われました。昨年も一昨年もインフルエンザワクチンが検定落ちしました。卵が作る宿命でパワー不足。検定落ちというのが起こる。バイオのワクチンはいつ登場するのでしょう。タミフルでもおきたアミノ酸変異がゾフルーザでも起こるのか、アミノ酸変異は耐性ウイルスにつながるのか注意深く見守る必要がある。抗インフルエンザ薬のラピアクタの返品が不可になり大損です。昔は返品とってくれたのに冷所管理でもないラピアクタの返品はなぜ不可なのかよくわからない。インフルエンザワクチンが足りないといった昨年一昨年が嘘のようだ。今年は冷蔵庫にいっぱい入っている。