記事一覧

急速な変化についていけない

認知症がこんなに増えるなんて誰が予測したであろう。庭付きの家が私の周りではなくなってカーポートに車3台が建売住宅でも標準になっている。姫路駅前の土地が値上がりしている。空洞化していたのが小中6年一貫教育で若い人が住むようになった。介護療養病床が2024年までに廃院か介護医療院に進まないといけない。療養病床の中には医療療養病床と介護療養病棟がある。介護医療院に向けて急速に病院が変わっている。今まで高かったハードルを国が下げ誘導を強めている。万葉集が急速に売れている、元号が変わる誰が生前退位を予期したか。そして10連休、10日休んで仕事をしないとなると5月の生活が苦しくなる、あるいは時間ではなく月給制のところでは経営者が困る。資金繰りが苦しい。マイナス金利だれが予想しただろう、おかげでお金をATMで預けるにも料金がいる、本来融資の対象にならない方が融資を受けることができる。ちょっとでも金利が上がったら返せなくなる。自分自身何処で死ぬことができるのか、さっぱりわからない、昭和20年に戻り家で死ぬじだいは来るのか。。お墓が減っているらしい、おふせもへっているらしい。鼻たれ小僧が減りスギ花粉症が爆発。過度にきれい好きの時代です。江戸時代は毎にお風呂には入れなかった。LEDで世の中明るくなりすぎです。70歳超えたら恐ろしいほど認知症が増える

ダニの舌下免疫療法

今年はスギ花粉でえらい目にあった、スギ花粉症の舌下免疫療法を行いたいと採血をして帰る人は多い。ダニの舌下免疫療法はといえば80パーセントと大変効率のな副作用が問題です。口の中がとてもかゆくなるので最初はANTIHISTAMINESを併用します。一方最近ダニの舌下免疫療法に対してご質問が全くない。ダニの舌下免疫療法をしたいと希望する人がいない。実はダニの舌下免疫療法を続けている人は今年のスギ花粉症が軽い人が多い。ダニの舌下免疫療法はアレルギーマーチを止めるので大きな期待をしている。ところが患者さんはダニは困っていないからといってスギを選択する傾向が強い。ダニの舌下免疫療法は副作用率が80パーセントと非常に高い。ダニの舌下免疫療法をしてみようと思う人は本当に体質改善してみたい人です。漢方薬だけが体質改善ではないそしかし重症の副作用ではなく口の中がかゆい。の前に運動が大切なのはみんな分かっている。気管支ぜんそくのGINAの国際ガイドラインではFIRSTLINEで舌下免疫療法が記載されている。姫路市田寺つまり私のクリニックの近くに24時間型のジムが建設中です。姫路市中地にあるのと同じ24時間型スポーツジムだそうです。夜中までジムで汗をお金を出してする時代なんですね。私は自動車の運転をせず近いところは自転車です。

今年もシダトレンで行こう

昨日からにぎやかなシダトレン製造中止の話。本当にびっくりシダトレン。今は分類が変わりヒノキ属のスギとヒノキになってます。シダトレンが2年後には消えていく、最初からシダトレンになじんでいる私にはさみしい限りです。まだ2年もある。ダニもスギも海外文献では薄くてもこいくても効果は一緒ならば副作用が少ないほうが良いと聞いていたのに何は訃報を聞くような悲しい気持ちでおります。4月は別れの季節で物悲しい。4月1日午前中の診療をしているとMRさんがどこよりも早く先生にお伝えしたいと思いましたと瑞雲お待ちいただいたすまないと思っている私に一枚の白い紙が届きました。そしてまた4月2日薬局長がお越しになりシダトレン今後も使いますか?と聞かれた。2年後にはシダトレンとお別れですねえ。春なのにお別れですかあ。ホテルニューオオタニで受講した講習会は何だったのか?ああさみしい。今イーラーニングだけで処方ができる、それでも鳥居薬品には薬価が安すぎるようだ。兵庫県では発売記念講演会も何もなかった、自分で勉強するしかなかった。今現在私のところには約50人以上の舌下免疫療法をしてらっしゃる方がいるまだまだシダトレンは副作用がない薬として私の中の大切なお薬です。まずシダトレンなれたらシダキュアで5月から一杯導入したい。3月に一杯舌下免疫療法のために査定されるかもしれない採血をした。きっと多くの方がスギ花粉の飛散が終わる5月から6月に新規にスタートして来年の2月から3月にシダトレンに出会ってよかったと思えるように導きたいと思います。そして多くの妊活中の方が薬を飲む飲まないで悩まないように導きたい。

あと2年でシダトレンの販売が終わります

舌下免疫療法を新しいスギ花粉症の方にお勧めする3月が終わったとたんにシダトレンがその役目を終えるというおしらせが入ってきました。東京の紀尾井町のホテルニューオータニで開催された最後の秋のアレルギー学会で講習を受けたら舌下免疫療法ができるというので土曜日を休診にして日帰りで東京に行ったのが昨日のことの様です。ジャパニーズシーダとはスギのことです。シダトレンが2年後発売を終えます。発売以降注目を浴びてきましたが後継品のシダキュアを鳥居薬品が発売しツーチャンネルの維持が困難になったそうです。AIDSの薬もギリアド社に返す形となり、原料費がお高いシダキュア・シダトレンをツーチャンンネルで販売するのも困難とのことの様です。推測だがシダトレンが低薬価すぎたことが後になって今回のシダキュアのみ継続になったようだ。漢方薬や舌下免疫療法の薬は原料費がいつまでもお高く、あまりに低薬価だと販売を継続できなくなる。松浦薬業の漢方薬も同じで製品数が減少する。バイオで舌下免疫療法の薬を作れば高薬価で販売が継続することが容易になると思う。

ヒノキの花粉の飛散が始まった

普通は暖かくなるからスギ花粉とヒノキ花粉では漢方薬を返方いたします。附子が入ったものから石膏に変えます。4月の花粉は姫路ではブナ科とヒノキです。ヒノキ花粉の怖いところは下気道まで炎症が及ぶことです。そこで私はヒノキ花粉には気管支ぜんそくの漢方治療を応用します。前と同じ薬とか薬だけといわれると買えません。スギ花粉の舌下免疫療法をしている人も油断できないヒノキの花粉の飛散がはじまっております。姫路城付近は今日は朝10時ごろ尊敬するのものと先生の野本眼科のところを通るとパーキングには車がいいパイでした。昨日は雨ふりでしたが観光客はかなり姫路城にお越しでした、昨日はしとしと雨降りでしたが雨が降ってもツアーの方は仕方がない。明日から4月です。今週がヒノキ花粉の天王山です。花粉症で咳や痰がでるのは漢方薬が飲める人は特にエキス顆粒やエキス細粒が飲めたらきっときくと思いますよ。

現在アイボンには塩化ベンザルコニウムは入ってない

アイボンで洗眼するとよくないと多くの眼科専門医が説明していると思う。私も昨年の花粉シーズンはそうだった。しかし昨年お茶の水で行われた第一回日本眼アレルギー学会の小林製薬の方のお話そして2月に大阪のツインタワーで行われたドライアイ研究会の講演会の小林製薬の方のお話でアイボンで洗眼するのは悪いことではないということが判明した。なぜアイボンで洗眼するとよくないという誤ったはなっしを続けてきたというとアレルギー結膜疾患ガイドラインやプールでの上向きの水道水で洗眼すると角膜に傷が入ったとかアイボンには高濃度の防腐剤は入っているという話でした。2003年以降はアイボンにはBACは入っていない、今あるアレジオン点眼液やウエルウオッシュアイ同様に硼酸を用いてBACフリーを実現してるそうです。大きな誤解をしていました。死本はカップを使いまわしするので高濃度にBACが入っているは誤解でした。

慢性頭痛には漢方薬

慢性の頭痛にはNSAIDsが薬剤誘発性頭痛を起こすんで漢方薬を希望する方が次第に増えている。黄体ホルモンの関係で月経周期と頭痛は関連している。プラセンタの注射で頭痛薬が不要になっている人がいる。何が効くかわからない。ロキソニンは日本ではOTCで販売されている、やさしい薬ではない、ロキソニンとムコスタを合わせてロキムコ処方というそうだ。胃薬と抱き合わせるくらい消化管潰瘍と密接な関係があるのがNSAIDsつまり非ステロイド鎮痛薬です。出血する止思いまらない怖いくすりと思っている。漢方薬といえど副作用はある、肝機能で言うと千分の一だそうです。然しドラッグストアで売っているロキソニンがそんなに怖いとは思っている人は少ない。気圧の変化に敏感な方には漢方薬が良い、雨が降るのが前日から分かる人は意外と多い、トリプタン系の頭痛薬は意外と漢方薬で減量できる。

漢方薬のポリファーマシー

漢方薬のポリファーマシーが問題です。漢方専門のうちの様なところで漢方薬、さらにはかかりつけで漢方薬、いろんなところで漢方薬の処方を受けることを漢方薬のポリファーマシーという。漢方薬は本来一剤であるべきところを二剤認めていますと保険者がおっしゃるので毎月漢方薬は2剤までと決めている。たくさん持って帰りたいといわれて合わないからずっと前の漢方薬にしてほしいといわれても保険の審査ではそれ認められないからつまり査定されて調剤料まで私ども医療機関が減点されていますので無理ですということが急速に増えている。保険で何でも処方してもらって当たり前という時代は過去のものです。漢方薬を服用する人が増えているのは良いが多剤併用の方が非常に増えている。まず漢方薬のポリファーマシーでは甘草の量が多すぎる。花粉症に対してアレルギー性鼻炎に対し蓄膿症に対して漢方薬を処方しているとすでに2剤3剤と漢方薬を服用されている。このような表面的な治療に漢方薬を使うとき今まで服用中の漢方薬は一度休んでくださいとお話しています。

スギ花粉が飛散してないのに重症?

なぜだか今のところ分かりません。姫路で唯一花粉の測定をなさっているくろさか小児科アレルギー科のホームページをのぞいていますがスギ花粉の飛散が全く音なしであるにもかかわらず患者さんは全く眠れないとかおっしゃる、いったい何がどうなっているのかさっぱりわからないがスギの舌下免疫療法をご検討くださいと小さな子供さんそして大人の方には話しています。3月9日ごろまでは対医療費さんが続いた。しかしそのあとは落ち着いているが鼻閉で眠れない人スギ花粉皮膚炎の人多すぎます。漢方薬も錠剤では効果不十分な方にはエキス細粒・エキス顆粒をこっちのほうが効きますよとお話しています。湯がつくものは白湯で解くのもよい。しかし、散がつくものまで湯に溶かすのは意味があるのかないのか説明できません。多くの患者さんは漢方薬に西洋薬以上の即効性を求めていないのでその効果の速さにびっくりします。いずれにせよどこでも処方している小青竜湯以外の漢方薬が効くとうれしいもである、ただ本来一種類で行う漢方薬を2種類使うと健康保険で査定されて困ることもある。もうそこにはヒノキの花粉飛散が見えている

博多で仙頭節爆発

朝8時スタートの京都国際会議場の眼科診療アップデートセミナーを後にして博多駅前に仙頭節を聞くため向かいました。これはほんとに東奔西走です。先週は東京、先々週は浜松市の仙頭節を聞くため言った。花粉症の漢方治療は今までも多くの患者さんに西川の漢方薬はよく聞くねえといわれていたが3月9日までに爆発的に飛散したため多くの漢方薬を花粉症に処方した。市内のよその医療機関と全く異なる方剤を花粉症ご処方しています。患者さんにより処方を変えるのはみんな、私は同じ患者さんでもあったくなったら処方変更している。これを因時制宜といっている。系統中医学の考えに従い処方しているので姫路でははエキス剤の中ですが変わった薬を処方し薬剤師の先生方を迷わせている。最近花粉症の漢方治療が浸透してきておりできれば漢方でという患者さんが増えました。今日スギ花粉飛散の中タイムリーな講演で鹿児島宮崎の医師が参加されていた。麻黄がいっぱい入った証が多い中で麻黄が飲めない人の処方として防己黄耆湯など保険適応関係なしの実学を学びました。せっかくの博多ですが何も食べずに帰りました。博多阪急で大好きなアロマ用品をいっぱい購入しました。楽しかった。何度聞いても飽きない奥の深さを秘めた系統中医学です。