記事一覧

診療拒否

北里病院…聖路加国際病院福岡の聖マリア病院と続々労働基準監督署から働き方改革を求められている。聖域なき改革の労働基準法的改革が行われるとよいと思う。いつでも簡単に医療を受けられる一見素晴らしいがその陰で働く人がいる。根拠となの応召義務は古い時代の法律です。例えば看護師は夜勤、医師は当直、当直とは軽作業である。ところが医師の軽作業は実態は昼間と同じ仕事が求められる。当直は現実には時間外労働です。休日とは労働基準監督署的には一週間に一度の休みです。休日急病センターで働くと一週間に一度の休日はなく休日労働です。応召義務の名のもとに患者さんから診療拒否という言葉が生まれる。西川病院時代の土曜日の午後病院に子供の湿疹を見てくれ子供がいるねているから2時間ぐらいしたら行くから待っとれと電話があり看護師がどうしましょう。救急指定病院ではないと断る患者さんは診療拒否だ保健所に訴えるとのこと。市役所の守衛室に連絡してわざわ折り返し保健所の方から電話をいただいた。診療拒否とは命がかかわる話、皮膚症状では品内から診療拒否とは言いがかかりとのことで話は終わった。医療の働き方改革に期待したい。今日は姫路ゆかた祭りの最終日、今日は関西系統中医学講座に幕張ではアレルギー学会参加したいが休日夜間急病センターで朝9時から18時まで働かないといけない。九州では開業医が休日に登板で診療することが義務なのは違法と訴訟になっている、医師の働き方改革は実現できるのでしょうか。

MR失格

MRさんがこない前任者はあまりによく来ていたのに交代してひと月以上来ない、今時の若い女性はこんなものかと持っていたら今度はぶっ飛ぶ、今晩WEBがあるんですけど来れますか?前代未聞今日案内し今晩講演をみにこい。そのあと、大阪駅前のホテルで発売記念講演会をします来てください、行ったら姫路のMRさん誰もいない。その後花粉が飛ぶ3月4月5月全く訪問がなかった。○ザレックスがないので他社にはビッグチャンス。3~5月に訪問無くては姫路だけ売れない。以前担当していた所長さんにご連絡を入れた最近情報提供がない。○パフィンも滅多のお越しにならない。丁寧に調査します。こんなのことは初めてではない、最大手企業の帝国大学卒業のMR君所長同伴でお越しになって逆流性食道炎の話をしてくれる聞いたことのないお話ばかり。その後転勤になりもう会社にはいない。この会社のグループの眼科メーカーのMR君来ないと思ったらうつ病で日計表だけ書いていたのがばれて去っていった。今どきの若い子よりも一度リストラされたMRさんのほうが優秀なような気がする。女性MRさんみんな優秀だが例外のない規則はない。がんばって遅れを取り戻してほしい。

産業医もいろいろ

舛添要一厚生労働大臣の時に姫路ではほとんど皆無の労働衛生コンサルタントしけに合格しました。産業医は講習を受ければ誰でもなれる。労働衛生コンサルタントには筆記と口頭試問がある。診察しながら労働基準法や労働安全衛生法の勉強をした。そしてエル大阪で口頭試験を受けたが大学の一年後輩で今東京の大学で准教授になっている後輩に出会った。先日も神戸国際会議場で高絵にお越しになっていた。みんな偉くなっている。最近お昼休み産業医活動に行くが15時から診察に遅れることもある。タクシー使わないと間に合わない。衛生委員会は企業の質を表す。他の事業所で起こった事故や労災事故通勤災害を報告し原因を究明するのは姫路でトップの企業です。職場巡視においても広い事業所を厳しいセキュリテイの中ご案内いただく。結構な運動です。一方職場巡視を2カ月に一回はしないといけないと何度言ってもしない企業もある。困った企業だ。職場巡視は2カ月に一度と決まっている。産業医の業務は最後に意見を述べるだけというのが安全衛生委員会。健康の話は多く参加すれば値打ちがあるが2人くらいでは行う価値がない。勘違いしている衛生管理者がいる。

ホテルモントレ姫路ってどう

ホテルモントレ神戸で昔妻と一緒に食べたテールと大根の鍋料理がおいしかったをゴマダレで食べるというシンプルな料理がおいしかった。一方モントレ姫路には幻滅します。食事はおいしくないというから口にしていない。まずは三回のタクシーの乗降の場所で月ぎめと時間のパーキングが混在している。3回に宴会場があるが一番奥で迷路のようです。メタボ解消に歩けと言わんばかりです。神戸のモントレは事務があるプールもある。姫路は代わりに歩けという構造です。スギ薬局やヤスモンの屋さんが2回にある。お城側からタクシーに向かってもらうといったん南まで行きUターンがいる。姫路の玄関としては整合性がないと思う。しかも姫路市は安い値段で土地を売却したようです。ファーラスのところにもホテルが建設中です。いっそヤマトヤシキ跡地を一流ホテルにしてはどうだろう。ビジネスホテルしかない。そもそもあそこに県立病院が来たら患者さんは雨でも通院しやすかったはずです。ひとにやさしくない姫路駅前です。

麻黄附子細辛湯は長期に使うものではない

麻黄附子細辛湯は長期に使う薬ではないと保険で査定される時代が来ています。附子で体を中から温め細辛で腎気を外へ引っ張り扇のように麻黄で広げるのが麻黄附子細辛湯です。カプセルもあり便利で多用していますがこれも古い時代は少陰病の漢方薬とされ長期に使うものではないという理由で査定される時代が来ています。どうすれば査定されずに漢方薬は使えるのでしょうか。私にはわからなくなりました。漢方エキス製剤は生薬の量が少ないので古典に記載されているほど聞かないことが多い。その代りずっと用いても副作用が少ない。しかし健康保険の審査で古典にこう書いてあるといわれると保険で漢方薬を処方するのが難しい。患者さんがくれという薬を出す時代は終わった、保険で査定されても悔いのない診療をしたい。2剤満量よりも2剤を3分の2の量が無難です。

何のための請求書

眼底写真のリモート診断の依頼が来た、ややこしいことに請求を上げろという。私はしたくない仕事だったりが他の眼科医からたのまれたの引き受けた。姫路市医師会の眼底写真と比べ精度が悪い。見落としやご読影が怖いのでいやだった。請求書は雑所得を意味する。私は給与所得でほしかった。給与なら請求書は不要のはずである。ところが毎月請求書を求めた。そして1月末に業者が見つかったので解約したいうまくいかなかったらまたお願いしたい。契約期間満了は一年なのでもう少し先になる特定司法書士の少額訴訟にとも思うが面倒だ。この事務員姫路ではそこそこ有名な入院がある病院にいたようだ。余計なあるいは給与には不要な請求書を作らされ突然解約を求めたにもかかわらず契約期間の違約金を払わない。契約満了ではないしもめた時はあちらの病院特定機能病院です。契約書には神戸地裁で争うとご丁寧に書いてある。この先どうなるのやら。弁護士料金私には無理そうです。

私の漢方処方ベスト3

メーカーさんのお話では一番はどうも気血相補の加味帰脾湯、錠剤も少ないながら使っています。帰脾湯は気を上にあげる柴胡と気を下げる山梔子が入ってないので気の巡りが少ない。二番目は二朮湯だそうです。メーカーは異なるが半夏白朮天麻湯ただ私の処方箋あちこちに飛んで行く麻黄附子細辛湯のカプセル、葛根湯のの錠剤、私の処方が広い範囲の調剤薬局に飛んで行く。その上位処方が軒並み社会保険で査定されている。病名もあり満量2剤も守っている。30日を超える処方もお断りしています。患者さんが起こってお越しにならなくても保険の決まりは順守しています。だがばっさり加味帰脾湯や半夏白朮天麻湯が査定される。それも昨年のもです。これでは漢方薬は自費診療を考えないといけない。今日は父の日でしたが東京飯田橋へ朝9時の望みで行って来ました。妻がうっとうしいのか愛情か漢方の勉強行かなあかんよ後ろから背中を押してくれた。エキス漢方ZtoAは26回で終わるそうです。あっという間の3時間で舌。来週は兵庫県一番忙しい休日夜間急病センターで仕事です。関西系統中医学講座も幕張のアレルギー学会も参加できません。

時間管理

産業医業務に時間の管理の助言がある。残業は悪である。あるところで行われる講演会が定時に絶対終わらない、私はペーパードライバーなので自転車かタクシーを使う。帰りはライブ講演ではないので定時に終わって当たり前と思うが定時を超えても非5お子とご挨拶ダ・次回から時間を超えて挨拶をする前を横切ってやろうと思った。タクシー代3000円投資して不快な思いをしていかなければよかった。その点産業医活動をしているところはみんな上場企業だけあって会議は短くと書いてある、理由は残業をしないように時間管理を徹底している。ゴールデンウイークがある5月も休日ロウにならないように取り組んでいる。医薬品卸の最大手が毎度毎度時間を守らずに何がコンプライアンスか。もっとひどいのは医療機関バイトに行っても契約書をいただいたことがないひどい時は給与の明細をいただけない。何か仕事をするときはアルバイトであろうとなかろうと契約書がいる。いままで見たことももらったこともない、コピーしてろうどうしゃにわたすのもあたりまえそんな医療機関にも事務長がいる。何を見ているのだろう。このままでは危険な医療機関だと思う。きっちりした産業医の報酬に比べて無茶苦茶安い。早々にやめよう。医療機関に対する応召義務を当たらなものに変える必要がある。私のところは私が職員と面談して契約書墓ならz更新している。事務長なんておらんでもできています。

スージャヌ

SGLT2阻害薬とDPP4阻害薬は低血糖を起こしにくい糖尿病のお薬です。SGLT2阻害薬とDPP4阻害薬の配合剤カナリアに続いてスージャヌが登場する。これでスーグラやルセイフィを使う機会が減ると私自身の処方を予測する。薬価はスーグラとジャヌビアを合わせた薬価の80パーセントとお得です。カナリアの薬価が290円ぐらいなのでお得感が強い。20から30円安いつまり先発品のメトグルコか後発医薬品かで異なるがメトフォルミン2から3錠分余分に処方できる。メトフォルミンは大腸がん予防につながる可能性を秘めている肥満にも使える糖尿病のお薬です。ルセフィからスージャヌ、マリゼブからスージャヌなどいろいろな方特にヘモグロビンA1Cが高い人イニシンクが錠剤が大きいという方みんな一度はスージャヌに変えている最中です。アドヒアランス向上に急速に配合錠が出ている。いよいよアイミクスやコソプト点眼液もジェネリック医薬品が登場します。老年学会は薬の数を減らすようにおっしゃっています。

亜鉛

血液中の亜鉛が下がるといろいろな病気が起こります。亜鉛の薬は今までは保険適応がない胃潰瘍のお薬でした。ウイルソン病のノベルジンが低亜鉛血症に用いられるようになりました。日常採決時に調べるとびっくりするくらい血清亜鉛血が低い人が多い、肝硬変で肝性脳症の人大酒のみの人糖尿病の人意外と血清亜鉛の値が低かった。ノベルジンを処方すると100以上に簡単に上がった。200以上になるとやめないといけないそうです。低銅血症性貧血という概念があるそうです。亜鉛が上がったと喜ぶだけではなく血清の銅の値も調べる必要がある。糖尿病のインスリン分泌にも亜鉛は関与する。低亜鉛血症は疑う測る補充するこの3つが大切です。意欲低下食欲低下皮膚炎脱毛、ざそう、味覚異常そう小遅延などいろいろなことで亜鉛の低下がみられる。また薬剤性の亜鉛の低下も多いそうです。血液検査で亜鉛を測定して評価することが大切です。そして低下していたらノベルジンという薬が使えることを頭の片隅に置くことです。