記事一覧

第6回総合アレルギー講習会参加申し込みしました

今年も12月の総合アレルギー講習会の申し込みが9月2日の14時から始まりました、実習尽くしのクリスマス前のパシフィコ横浜での2日間です、ランドアークタワーではインスタグラム用の写真撮影を行う人が絶え間ない。ちょうどインフルエンザワクチン接種の真っただ中でワクチンがなく困ったこともある時期です。2年連続インフルエンザワクチンがなくなったのは総合アレルギー講習会の時期です。参加費2万円に実習一コマ2000円の別料金がかかります。
実習は人気なんです。パッチテストにプリックテスト、舌下免疫療法に皮下免疫療法、気管支ぜんそくの吸入指導。第一回からずっと受講しています。夏の相模原臨床アレルギーセミナーは座学、冬の総合アレルギー講習会だけが実習です。もちろんパワーポイントのスライド満タンのテキストが配布される座学も素晴らしい。相模原のようなおやつは出ないが目からうろこのアレルギーワールドにおなかはいっぱいでも居眠りすることがない。年末の土曜日を休診にすることは迷惑をおかけするが特にインフルエンザワクチン接種に来たけど閉まっとったから今年はうっていないと例年言われる。

百日咳IgG抗体≧100

普段から漢方診療にお越しの方が咳が止まりませんと母親と来院された。まずは漢方薬を1週間処方したが効かない何とかしてと3日ご受診した。やっぱり長期処方するべきではなかった百日咳マイコプラズマダニカビなどを血液で調べた。百日咳のIgG抗体以外が結果出たところでやっぱり聞かない何とかして運動会のt練習ができない。百日咳のIgG抗体が100以上あればほぼほぼ百日咳だがなんと160もある。アジスロマイシンを一般名処方した、慢性咳嗽に漢方薬を処方するときはやはり注意がいる。かなり漢方薬で治る、吸入薬が効かないときには漢方薬が効くことが多い。今回は普段から漢方診療でお越しの患者さんだからこそごてなった。

運行状況の確認

15年ぐらい前に系統中医学講座参加を考えたが大風が関東直撃で朝6時ののぞみで姫路から日帰りしたことがあった。会場付近の四谷だか市ヶ谷だかで中央線で土砂崩れが発生した。系統中医学講座は予定通り行われた。東京の中は地下鉄の駅を見つけて潜ったら何とかなる。この度の台風15号は大阪では真夏日で晴天、しかし東海では台風直撃の恐れで16時40分最終の東京行のぞみが全席自由席で運行されたそうです。USJやディズ二ーランドで目いっぱい遊んで帰ることが当たり前になっている。私はスマホなど持っていないのでパソコンを持ち歩いている。神戸に行くときなど必須です、昨日も8時30分に魚住で人身事故9時20分再開、おおよそ60分は動かない。ちょくちょくJR神戸線運行状況と検索しないと何が起こっているかわからない。現場の駅員さんにも連絡はないみたい。台風15号では後続列車を待つため16時40分ののぞみ号は20分遅れで発車したらしい。さらにはそのあと東京までひかり号が一本は知ったらしい。新幹線や新快速も簡単に止まる、乗車後止まるのは仕方ない。乗車前に振り替え輸送があればチェックしたいものです。また梅田から帰ってくるとき運転再開に伴い新快速が2本続けてくるときは2本目に乗車するのが良い。市川増水の時は山陽電鉄が良い、JRは貨物列車は走っても新快速は簡単に止まる。曽根や宝殿で折り返し運転されると皆さん明石まで戻って山陽電鉄を使っている。姫路駅と明石駅はJRと山陽電鉄が近くにある。私も姫路から迎えのタクシーを呼んだことがある。

ダニの舌下免疫療法

今年は蒸し暑いためダニ抗原によるアレルギーの方が多いように思います。ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎を放置すると気管支喘息が発症する、女性なら薬を使用したくなくなる妊娠する前に男の子なら小学生の間にダニアレルギーと向き合うことは大切です。中学生になったら塾に部活です。ダニの舌下免疫療法だけを行っている人が目薬を含めてCAP-RASTがCLASS3であるにもかかわらず点眼液も内服薬も不要であるのでびっくりしました。スギの舌下免疫療法は年始の1月から原則花粉が全国のどこかで飛散しているかもしれないため行っていません。久しぶりにダニの舌下免疫療法を行いました。フルティフォームを吸入しておられる方です。ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対して日本では保険適応がありますが海外では国際ガイドラインであるGINAのガイドラインに基づき気管支喘息のStep1に対して有用とされていて推奨されています。臨床治験のデータの解析の仕方が異なるのか日本人の遺伝子の問題なのか、微妙です。まだまだ蒸し暑くダニの増殖に適しています.噛むダニとアレルギーのダニは大きさが違います。

ハードコンタクトレンズが良い

ハードコンタクトレンズがよいなあと心から思いお勧めしています。酸素透過性ハードコンタクトレンズを25000円で購入したとする、5年使えば5000円3年使えば8000円頻回交換ソフトレンズは3月で6000円、むちゃくちゃ高いさらにはワンデーだとひと月6000円。さらにマルチパーパスソリューションが高い過酸化酸素でも高い。変わった先生ね、高いレンズ売ったら儲かるのに、物を大切に使うのが今までの日本でした。これからは使い捨てかもしれない。ハードコンタクト主力の日本コンタクトレンズが倒産した。できればみんなハードコンタクトレンズに戻ってほしいが異物感が強くては要らない人が増えている。私の眼科にはそんな古いレンズをやめて使い捨てにしなさいといわれた人が多く来る。コンタクトレンズ診療などやめてしまいたいがそうもいかない、だったらハードコンタクトレンズの安くて安全を訴えハードからソフトへとレンズを変える人を無くそうと思ってお話しています。危険で高いレンズがソフトコンタクトレンズ、異常が生じても気が付くのが遅い。ランニングコストも高い。

系統中医学講座でしか聞けない妊娠のお話

今日はテンションが上がています。かんさいけいとうちゅういがく講座で妊娠のお話をみっちり聞いたからです。妊娠のお話は系統中医学講座以外ではなさっていないようです。違うかもしれないですがおそらく間違いない。2001年に系統中医学講座は始まりましたが最初は基礎理論編に方剤も含まれていました。何年か遅れて講座が一つずつ増えていき途中ゼミナール室という受講者からの症例をかいせついただくようなことも行われました。産婦人科のお話はかなり遅れて始まりました。最初はDVDではなくビデオでした、私の本だなにはビデオテープがいっぱいあります。お値段は最初から5000円でした、DVDにできませんかと質問用紙に書きましたが費用的に無理ですといわれましたが途中からDVDになりました。最初のビデオはコタローさんがお取りになったビデオが5000円、今のは東京で業者が撮影して5000円これは安す過ぎる。値上げしないとかなり苦しいのではないでしょうか。話は変わりますが、私のクリニックにお越しの患者さんが明日AIHをレデイースクリニックでなさる。今日も八味地黄丸よりも大防風湯というお話をなさっていました。その患者さんは前回の妊娠でも大防風湯を処方していました。補腎や温腎陽など生薬的に大防風湯はいろいろ面白い。今回も一回でご懐妊なさるとうれしいです。くれぐれも漢方薬飲んでると産婦人科の先生にはお話にならないように説明しています。この先生は漢方大嫌いで有名です。

新大阪発16時40分が最終のぞみ

関西系統中医学講座が素晴らしかった。昨日は子供と本屋さんでウロウロし疲れた。いつも通り6時に起床し梅田に向かった。台風は関西には来なかったが講師の仙頭正四郎先生がお住いに東京には大きな影響。講演開始前から16時で講演会を終了することが決まっていた。今日は生理病態治療編は産婦人科領域で初めから素晴らしいのはわかっていた。それよりも何よりも台風接近の中で16時まで講演会を行われたこと。受講生も午後から減っていた。最終が16時40分全席自由席というので受講生も一歩早くお帰りになったんだろう。仙頭正四郎先生は16時までご講演くださった。系統中医学講座はすべてオリジナル、中医学を超えた日本人向けのお話です。系統中医学の産婦人科のお話特に妊娠にかかわるところはどこにも記載がない100パーセントオリジナル。エキス漢方ZtoAの中で何度も9月8日は関西系統中医学講座で産婦人科のお話をしますとくり返しておられた。また2年たたないとこの話はない。仙頭先生は無事に帰られたでしょうか。

ベルソムラはこれまでの睡眠薬とは違います

ベルソムラは従来の睡眠薬とは異なります。ベルソムラは起きているのに出ているオレキシンというホルモンをブロックするオレキシン受容体拮抗薬です。GABA受容体にさようする従来のベンゾジアゼピンとも非ベンゾジアゼピン系睡眠薬とも異なります。GABA受容体は睡眠薬もアルコールも作用する部位です。ベルソムラをきかせるにはコツがある。ベルソムラを服用する時間は睡眠の1時間半前から2時間前と患者さんにはお話しています、寝る前ではありません。血中濃度がマックスになるのは2時間ぐらい経過してからだから。ZDRUGのように直前に服用していては効果が出ない、宝の持ち腐れです。この薬半減期が10時間、朝残る年くて起きられないという人も少なくない。それなら早めに飲んでしまえとお話している。いやな夢を見る人はいる。ベルソムラの良いところは筋弛緩作用がないところです。過活動性膀胱や前立腺肥大で夜間頻尿であっても筋弛緩作用がないから転倒の恐れがない。悪夢を見る人・朝眠い人どんな人が悪夢を見て朝残るかわからない。ロゼレムは体内時計に働きます、昼夜逆転のお子さんにも使用しています。

漢方薬の副作用NO1

漢方薬の副作用で一番多いのが甘草によるむくみと高血圧です。血圧が170もあるとお電話いただきました、きっと甘草甘い草ですよ。昔患者さんがかんぞうの薬が薬局でどうのこうの言ってましたがと患者さんがおっしゃるのを聞き甘草と言う薬が患者さんには肝臓の薬に聞こえたらしい、それ以来私は甘草あまいくさと口にするようにしている、時にはメモを渡している。調剤薬局でむくんだり血圧が上がったりしたら連絡くださいというのは助かる。患者さんは副作用よりも何がどのように聞くという言ことに関心を持っているまさか漢方薬で副作用が自分に起こるとは思っていません。きかなくても優しい漢方薬、よく効くが怖いステロイド。そんなイメージの方が私のところには多いように思う。カルテの表紙に甘草禁忌と書いてある人は多い、それをカプセルと錠剤でお願いしますというご婦人は多い。なかなか難しい注文です。甘草による副作用以外に漢方薬の副作用で多いのはアレルギー性の肝障害、怖いのは風邪のように熱が出て痰が絡まない咳を伴う間質性肺炎。その他胃があれる人も多い、話は変わりますが鍼灸院の先生が八味地黄丸を飲みなさいと言ったからくださいは自費診療、小児科でもらったのと同じ保湿剤くださいも自費。保険でというんには縛りがある。この薬出せますかあも自費。問診など診察に伴い処方するものです。本人来てないんですけども自費。無診療投薬は保険適応外。

エピネフリンとアドレナリン

日本人の上中啓三先生が発見したからアドレナリンと呼称しています。世界初のホルモン抽出は上中啓三先生だそうです。2006年まではエピネフリンと海外に歩調を合わせていたようです。どちらが同じものに対して先に命名していたか。エピネフリンを自己注射するから商品名はエピペン。一般名はアドレナリン自己注射器。純粋なアドレナリンは上中啓三先生のようです。日本人の長井長義先生は麻黄からエフェドリンを抽出しました。今年の夏は多くの方の蜂の抗体を調べました。アナフィラキシーを起こした方もお越しになりました。救急車の中でのことは覚えていないようです。エピペンをいかに使いこなすか。持っているだけではだめです。蜂アレルギーでなくなる人が毎年20人前後。減っていません。蜂アレルギーの免疫療法は入院がいるし自費診療、どこで行っているかもわかりません。