記事一覧

じんましんの講演会

みなとみらい21のパシフィコ横浜で開催されている相模原臨床アレルギーセミナーに参加中です、最近、じんましんの講演会が非常に多い。じんましんの講演が多い理由としてはゾレアのじんましんへの保険適応拡大、ビラスチン、デスロラタジン、そしてもうすぐ発売のルパタジンと薬が多く登場していることも影響している。そしてガイドラインの改定もよていされている。じんましんの1stLINEは非鎮静抗アレルギー薬、2ndLINEは保険適応外のLTRA、トランサミン、3rdLINEはステロイド内服、4thLINEはより多くのステロイド内服、シクロスポリン内服と蕁麻疹の治療はいっぱいあるように見えるが実は保険適応を持っているものは少ない、プロモーションコードができ遵守してメーカーが多く混乱する。患者さんに保険適応外の処方をするとPMDAの救済制度が適応されず自賠責で患者さんに保証しなければならない。つまり保険適応は順守しないといけない。ゾレアが鼻茸を消失させたという話が今日の相模原臨床アレルギーセミナーであったが偶然使ってよくなるのは素晴らしいことです。また演者がおっしゃったことです。蕁麻疹の5パーセントがアレルギー性、特発性蕁麻疹が非常に多い。長期にわたり苦しむ方が多い特発性蕁麻疹の福音となる薬が待たれる。

亜鉛不足にノベルジン

ノベルジンはウイルソン病のお薬でした。亜鉛不足の薬といえば今までは適応外でした。最近は亜鉛不足のくすりノベルジンが保険適応でつまりCOMPLIANCEを順守して用いることが可能になりました。亜鉛不足ではいろいろな弊害がおこります。まず有名なのが味覚異常。私も在宅で処方してあげたいと思う味覚異常の患者さんがいますが諸事情により無理です。私のクリニックで複数回亜鉛を測定してみました。80以下が多いです。高齢の方は亜鉛が不足しています。中には若いのに1500ccのビールを飲む人も亜鉛不足でした。亜鉛が多い食品は夏ガキ、冬のマガキだそうです。EPAのエパデール、DHA/EPAのロトリガそして亜鉛のノベルジンとサプリメントにも含有する成分を濃厚にした保健薬は登場しています。亜鉛不足ではハゲも起こります。木の葉ゲート国会銀の方のあまりにお上品な言葉にびっくりしてます。しかし患者さんも負けてはいません、ガムを噛みながら診察をするのは当たり前、抗がん剤治療してないのに帽子を取らないのも当たり前です。最近急速に上品な患者さんが増えています。

アパホテルアンドリゾート

今日は診療を無理やり終わらせ京葉線海浜幕張のアパホテルアンドリゾートで合宿です。皮膚科医に交じって眼科医の私が孤軍奮闘です。西洋医学なくして漢方薬で治療できるつまり成功率が上がることはないと思って参加しました、来年のアレルギー学会は幕張です。来週のアレルギー学会は参加せず、OKURA神戸で眼科の勉強です。蕁麻疹を極めるために幕張のアパホテルアンドリゾートで合宿してきました。私のところは皮膚科と書いて無いにしては異常にじんましんの方がお越しになる。慢性化し治らないから漢方薬で何とかしてくれと言われえる。漢方薬を使いこなすにはまずは系統中医学で仙頭正四郎先生が作られた理論を会得しさらには皮膚科専門医以上に西洋医学を極めることだと思い幕張まで出向いた。この合宿なんと明日の昼前には修了試験まで用意されています。明日も朝早くから14時まで勉強です。漢方薬で慢性じんましんを直してくれという患者さんが最近どんどん増えている。8月は相模原アレルギーセミナーで3日間特訓です。しかし幕張に来るのは東北の震災の年のアレルギー会以来です。あの時は暇時から日帰りで幕張に来ました、今回は周りは大学などの皮膚科のプロが多いようです。バンバン当てられ何か言いなさいと言われる、とても緊張する。しかしながら日本人はほとんどいないのではないというくらいアパホテルアンドリゾートは日本語以外の言葉が聞こえてきます。

ノベルジン錠

ノベルジン錠について勉強しました。ノーべルファーマのWILSON病のお薬が亜鉛の補充療法に有用かもしれないという要望を受け低亜鉛血症の効果効能を持って登場しました。療養病棟で働いていると経口摂取できない患者さんいっぱいいます。そして適応外で胃潰瘍の薬が亜鉛を増やすために使われています。ノベルジンの半減期は2時間です。投与時と用量変更時には採血での亜鉛の濃度チェックが望ましいとされています。早速訪問診療の患者さんで亜鉛の血液中濃度を調べてみました、66でした。ただ安いお薬ではありませんので経過を見ることにしました。これがサプリメントだったらいっぱい売れてブームになりそうな気がします。亜鉛が不足したときの症状は味がわからない、皮膚炎、脱毛、傷が治りにくい、口内炎、元気がない、貧血、身長の伸びが悪い、食欲が出ない。いろいろ症状が多彩なのは300種類以上の酵素に不可欠だからだそうです。肝疾患、褥瘡、慢性炎症性腸疾患、じん不全など多彩な病気に合併します。血清60μg/dlから80μg/dlは潜在性亜鉛不足、60μg/dl以下は亜鉛欠乏症です。ザラカムに後発品が出るそうです、ブログ系最近のお話だったので残念です。各社の本社からこのブログが監視されている。4月に姫路市薬剤師会で講演させていただきましたが4月からは講演するとき事前に製薬メーカーが事前に閲覧し不適切な内容はお話できないようになっていると今日来たMRさんがおっしゃっていました。難しい時代です。

排尿障害の治療と最近の話題

皮膚泌尿器科医会の講演会でホテル日航姫路へ呼ばれてもいないのに参加した。講師は大白書中学校そして姫路西と私と同じ道を歩んだつまり私の後輩にあたる医師でした。男性のTOPの癌は前立腺癌です。1993年ハルナールの登場で排尿障害の薬物治療は進歩した。男に生まれてある程度生きたらいくら摂生してメタボを予防しても前立腺は大きくなる。40歳以上の12.4パーセントが過活動性膀胱というから排尿障害で苦しむ人は多い。漢方薬で排尿障害は苦手な分野と思います。私にはREALWORLDの実診療あるのみです。訪問診療に伺っている患者さんは一日30回も排尿がある、何とかしたい、しかし泌尿器科を受診してはいただけない。PSAは全く正常です。数年すれば膀胱壁にボトックスを注入する治療が始まる。さらには親水性コーテイング付き自己導尿カテーテルの逆ザヤの改善も待たれる。エピプロスタット、フリバス、ユリーフ、ハルナール、ベシケアいろいろ使ったが一日に30回の排尿です、ベタニスを使ってみることにしました。私よりも5歳上の男性です、原因は脳血管障害です、おそらく神経因性膀胱だと思う。困っています、なぜ泌尿器科を受診しないのか?姫路西高卒の泌尿器科医はわずか17人、私の学年で眼科医は4人もいる。私の学年で泌尿器科医は1人。超高齢化社会で泌尿器科医はもっと増えてほしい。

舌下免疫療法

ダニの舌下免疫療法であるアシテアダニ舌下錠を続ける人はお一人だけです。シダトレンはみんな続きます。アシテアダニは3日で増量が終わる。この増量が曲者です。ここでダニアレルギーの人はみんな口内炎を起こしやめてしまう。アシテアダニは塩野義製薬の薬です。私は男だから関心がないが塩野義製薬のグラッシュビスタのチラシを見てお話を聞きたいと受付でおっしゃる私と同じくらいのお年の患者さんが多い。グラッシュビスタの話が聞きたいと附箋付きのカルテが来ます。私と同じ50歳代の半ば以降の女性は大いに関心をお持ちです。土曜日のMUSICFAIRのスポンサーだから安心ですとお勧めしますがはけ70本で税込み20000円という言うとだんまりされさらに4ヶ月でPLATEAUに達しますと伝えると考えますといわれそのままになるのがいつもの話です。お安く提供したら先生売れるよといわれる方も多いが消費税課税業者でかつそんなに利益があるものでもありません。アイメイクができるリップクリームが出たらしい、コンタクトレンズでも有名なロート製薬です。おかげさまで67日忌を終えることができました。ありがとうございます。

一人来れば家族がみんな来る

夏は皮膚科がこむ時期です。私はアレルギ学会専門医。一人の患者さんのアレルギーを横断的に見るのが仕事。そこにアレルギー専門医が位置付けられる。アメリカではアレルギー科は人気の診療科です。日本ではアレルギー科の教育が遅れている。一人お越しになれば家族全員がお越しいただける。皮膚科の病気は移る。いぼやみずむし。一人がかかればみんなかかる。柔道やレスリングも危険です。レスリングには一定の縛りがあるようです。柔道は何もないようです。24時間以内に足を洗うしかないようです。傷があれば12時間以内で感染することもあるようです。さらに放置すれば皮膚から爪に感染する。皮膚科で女医先生、案外治療が強い、ステロイドならデルモべートなど強いステロイド、いぼなら液体窒素の焼き方が強い。家族の人が水虫になれば放置すると家族全員間違えなく水虫になる。家庭でははだしのことが多い、スリッパを共有する。24時間以内に洗浄しないと水虫になる。放置すれば爪白癬にも罹患する。

皮膚の外用薬は300グラム

皮膚科領域の製薬メーカーのMRさんの話ではひと月にアトピー性皮膚炎の外用薬は300グラムが限度であるそうです。ところがとんでもない患者さんが来たヒルドイドを15本くれ。本人は?海外や。わしの保険証で出してくれるか?外用薬300gを超えているし自己負担3割のところ他人の保険証でつまり1割で処方箋が欲しいそうです。長い間来られていましたがこれで話がこじれてそれからはお越しではありません。保険の決まりについて健保組合ももっと啓もう活動すべきではないかと思います。セラミド配合の保険適応の保湿薬はない、セラミドが減ると皮膚が乾燥する。生芋こんにゃくは肌に潤いを与えるそうです。市販のこんにゃくは粉にする時点でセラミドがなくなるらしい。こんにゃくといえば群馬県が96パーセントを作っているらしい。セラミドが豊富なのはジャガイモの皮らしい。ふつう捨てる部位です。体の外から40度以上の熱い風呂はかえって乾燥肌と作るそうです。風呂上りの保湿は風呂のなかで早急に横向きに塗るとよいらしい。ヒルドイドローションやヘパリン類似物質なんか50g処方したら300mgになってしまう。

男性型脱毛

髪の毛もまつげも悩む人が多い。男性型脱毛(ANDROGENETIC ALOPECIA)は年齢とともに頭頂部で髪の毛が薄くなる男性型脱毛は男性ホルモンが関係するとされています。クラシエからフェナステリドのジェネリック医薬品が出る。ファイザーからジェネリックは出ていたのに?漢方薬専門メーカーになりセパミットRなどオルがドロンに移管したのに今更なんででしょう。肉眼的には黄色斑がみられるそうです。円形脱毛症とは別物です。男性型脱毛は全くけがなくなるわけではありません。頭部の皮脂を除こうとごしごしこするとか爪を立てるのは良くない。軽くたたいたりもんだりするのもよいそうです。育毛剤はどライアーをかけるまでに塗るとよいそうです。血流は良い方が良いので肩をマッサージするのも悪くはない。女性型脱毛はクリスマスツリー型(FEMALE PATTERN HAIRLESS )脱毛になっているそうです。ただBLOWでクリスマスツリー型がわかりにくい人もいるようです。毛の周期は2から6年そして平均4年だそうです。

ニキビ

ニキビの始まり毛穴が詰まることです。目に見えない毛穴のつまりが微笑面皰、白ニキビが面皰、赤ニキビ、化膿したニキビとなります。ニキビができる機序は①皮脂の分泌・②毛穴のつまり、そして③アクネ菌の増殖です。ニキビが気になってとご相談いただくときどこですか?と思うことがある、これは微小面皰です。外用れ血の井戸は2008年から使われています。アダパレンことディフェリンゲルは黄穴のつまりを取り除きニキビの進行を抑えます。昔は硫黄カンフルローションでしたが今はデイフェリンゲルです。抗菌薬のアクアチムやダラシンは赤ニキビに使います。ニキビはストレスで悪化する、春悪化するのは過剰なホルモン分泌が関係する。冬は乾燥肌です、肌の生まれ変わりが妨げられます。ニキビにはもちろん特に5月以降UVも増悪因子となります。さらに夏は皮脂の分泌が盛んになります。洗顔しヒルドイドで保湿しそして薬を塗ります。額やあごに髪の毛がふれることも増悪因子となります。食事では脂肪分を控えることです。マルホさんのUVのパンフレットを待合室に置いていますとても人気です。デユアック配合ゲルが2から8度で冷所管理なのは薬局泣かせです。同時に返品不可です。