記事一覧

排尿障害の治療と最近の話題

皮膚泌尿器科医会の講演会でホテル日航姫路へ呼ばれてもいないのに参加した。講師は大白書中学校そして姫路西と私と同じ道を歩んだつまり私の後輩にあたる医師でした。男性のTOPの癌は前立腺癌です。1993年ハルナールの登場で排尿障害の薬物治療は進歩した。男に生まれてある程度生きたらいくら摂生してメタボを予防しても前立腺は大きくなる。40歳以上の12.4パーセントが過活動性膀胱というから排尿障害で苦しむ人は多い。漢方薬で排尿障害は苦手な分野と思います。私にはREALWORLDの実診療あるのみです。訪問診療に伺っている患者さんは一日30回も排尿がある、何とかしたい、しかし泌尿器科を受診してはいただけない。PSAは全く正常です。数年すれば膀胱壁にボトックスを注入する治療が始まる。さらには親水性コーテイング付き自己導尿カテーテルの逆ザヤの改善も待たれる。エピプロスタット、フリバス、ユリーフ、ハルナール、ベシケアいろいろ使ったが一日に30回の排尿です、ベタニスを使ってみることにしました。私よりも5歳上の男性です、原因は脳血管障害です、おそらく神経因性膀胱だと思う。困っています、なぜ泌尿器科を受診しないのか?姫路西高卒の泌尿器科医はわずか17人、私の学年で眼科医は4人もいる。私の学年で泌尿器科医は1人。超高齢化社会で泌尿器科医はもっと増えてほしい。

舌下免疫療法

ダニの舌下免疫療法であるアシテアダニ舌下錠を続ける人はお一人だけです。シダトレンはみんな続きます。アシテアダニは3日で増量が終わる。この増量が曲者です。ここでダニアレルギーの人はみんな口内炎を起こしやめてしまう。アシテアダニは塩野義製薬の薬です。私は男だから関心がないが塩野義製薬のグラッシュビスタのチラシを見てお話を聞きたいと受付でおっしゃる私と同じくらいのお年の患者さんが多い。グラッシュビスタの話が聞きたいと附箋付きのカルテが来ます。私と同じ50歳代の半ば以降の女性は大いに関心をお持ちです。土曜日のMUSICFAIRのスポンサーだから安心ですとお勧めしますがはけ70本で税込み20000円という言うとだんまりされさらに4ヶ月でPLATEAUに達しますと伝えると考えますといわれそのままになるのがいつもの話です。お安く提供したら先生売れるよといわれる方も多いが消費税課税業者でかつそんなに利益があるものでもありません。アイメイクができるリップクリームが出たらしい、コンタクトレンズでも有名なロート製薬です。おかげさまで67日忌を終えることができました。ありがとうございます。

一人来れば家族がみんな来る

夏は皮膚科がこむ時期です。私はアレルギ学会専門医。一人の患者さんのアレルギーを横断的に見るのが仕事。そこにアレルギー専門医が位置付けられる。アメリカではアレルギー科は人気の診療科です。日本ではアレルギー科の教育が遅れている。一人お越しになれば家族全員がお越しいただける。皮膚科の病気は移る。いぼやみずむし。一人がかかればみんなかかる。柔道やレスリングも危険です。レスリングには一定の縛りがあるようです。柔道は何もないようです。24時間以内に足を洗うしかないようです。傷があれば12時間以内で感染することもあるようです。さらに放置すれば皮膚から爪に感染する。皮膚科で女医先生、案外治療が強い、ステロイドならデルモべートなど強いステロイド、いぼなら液体窒素の焼き方が強い。家族の人が水虫になれば放置すると家族全員間違えなく水虫になる。家庭でははだしのことが多い、スリッパを共有する。24時間以内に洗浄しないと水虫になる。放置すれば爪白癬にも罹患する。

皮膚の外用薬は300グラム

皮膚科領域の製薬メーカーのMRさんの話ではひと月にアトピー性皮膚炎の外用薬は300グラムが限度であるそうです。ところがとんでもない患者さんが来たヒルドイドを15本くれ。本人は?海外や。わしの保険証で出してくれるか?外用薬300gを超えているし自己負担3割のところ他人の保険証でつまり1割で処方箋が欲しいそうです。長い間来られていましたがこれで話がこじれてそれからはお越しではありません。保険の決まりについて健保組合ももっと啓もう活動すべきではないかと思います。セラミド配合の保険適応の保湿薬はない、セラミドが減ると皮膚が乾燥する。生芋こんにゃくは肌に潤いを与えるそうです。市販のこんにゃくは粉にする時点でセラミドがなくなるらしい。こんにゃくといえば群馬県が96パーセントを作っているらしい。セラミドが豊富なのはジャガイモの皮らしい。ふつう捨てる部位です。体の外から40度以上の熱い風呂はかえって乾燥肌と作るそうです。風呂上りの保湿は風呂のなかで早急に横向きに塗るとよいらしい。ヒルドイドローションやヘパリン類似物質なんか50g処方したら300mgになってしまう。

男性型脱毛

髪の毛もまつげも悩む人が多い。男性型脱毛(ANDROGENETIC ALOPECIA)は年齢とともに頭頂部で髪の毛が薄くなる男性型脱毛は男性ホルモンが関係するとされています。クラシエからフェナステリドのジェネリック医薬品が出る。ファイザーからジェネリックは出ていたのに?漢方薬専門メーカーになりセパミットRなどオルがドロンに移管したのに今更なんででしょう。肉眼的には黄色斑がみられるそうです。円形脱毛症とは別物です。男性型脱毛は全くけがなくなるわけではありません。頭部の皮脂を除こうとごしごしこするとか爪を立てるのは良くない。軽くたたいたりもんだりするのもよいそうです。育毛剤はどライアーをかけるまでに塗るとよいそうです。血流は良い方が良いので肩をマッサージするのも悪くはない。女性型脱毛はクリスマスツリー型(FEMALE PATTERN HAIRLESS )脱毛になっているそうです。ただBLOWでクリスマスツリー型がわかりにくい人もいるようです。毛の周期は2から6年そして平均4年だそうです。

ニキビ

ニキビの始まり毛穴が詰まることです。目に見えない毛穴のつまりが微笑面皰、白ニキビが面皰、赤ニキビ、化膿したニキビとなります。ニキビができる機序は①皮脂の分泌・②毛穴のつまり、そして③アクネ菌の増殖です。ニキビが気になってとご相談いただくときどこですか?と思うことがある、これは微小面皰です。外用れ血の井戸は2008年から使われています。アダパレンことディフェリンゲルは黄穴のつまりを取り除きニキビの進行を抑えます。昔は硫黄カンフルローションでしたが今はデイフェリンゲルです。抗菌薬のアクアチムやダラシンは赤ニキビに使います。ニキビはストレスで悪化する、春悪化するのは過剰なホルモン分泌が関係する。冬は乾燥肌です、肌の生まれ変わりが妨げられます。ニキビにはもちろん特に5月以降UVも増悪因子となります。さらに夏は皮脂の分泌が盛んになります。洗顔しヒルドイドで保湿しそして薬を塗ります。額やあごに髪の毛がふれることも増悪因子となります。食事では脂肪分を控えることです。マルホさんのUVのパンフレットを待合室に置いていますとても人気です。デユアック配合ゲルが2から8度で冷所管理なのは薬局泣かせです。同時に返品不可です。

ポーラファーマのデユアック配合ゲル

尋常性ざ瘡つまりニキビの薬デユアック配合ゲルがいよいよ発売となります。発売が遅れたのはGSK社ではなくポーラファーマが発売するそうです。ポーラ化粧品はだれでも知っている、ポーラファーマって初めて聞きました。GSKが発売するのかと思いきやポーラファーマが発売するそうです。いよいよ尋常性ざ瘡の治療薬デュアック配合ゲルがいよいよ発売されます。ベピオゲルは今一つ即効性がなくRELIEVERではなくCONTROLERとして使われてゆくのではないかとされています。今後は、シオノギ製薬のアダパレンともう一つ外用薬となるとデユアック配合ゲルになると思われます。アクネ菌を殺す治療といえばよく効きそうですが、やはり耐性菌の問題はあります。デユアック配合ゲルにはクリンダマイシンが配合されています。化粧品と薬の壁はだんだん低くなっています。さらに新しいアンケート調査ではニキビに悩む方は内服でも外用でもよいからきれいな肌を取り返したいそうです。意外なことにニキビでよく用いられるミノマイシンの内服は尋常性ざ瘡の保険適応は取得してないそうです。

ヘパリン類似物質とにきび

にきびに思ったほど過酸化ベンゾイル製剤のべピオは効かない。1パーセントクリンダマイシンと3パーセントBPOを配合したデュアック配合ゲルも12週以上使ってはいけない。そこで保湿剤による皮膚の修復が必要です。ヘパリン類似物質の先発品はヒルドイドです。後発品はいっぱいある。例えばヒルドイド1本薬価が1200円、後発品では500円です、先発品には高い薬価がついている。では特性は油性クリームでは油中水型クリームです。更に温度変化による高度変化が少ない剤型です。ローションはといえば低刺激です、外用スプレーもあります、溶液性ローションのスプレーです、さらに低刺激を追及しています。乾燥肌に保湿はスキンケアの基本です。脂性肌は液性剤がよいそうです。ワセリンとヘパリン類似物質を混ぜるのは相性がわるいようです。保湿剤の剤型ですが使用性は液剤、軟膏と言ってもクリームが基剤になっていることがある。基剤により有効性と皮膚刺激が違う。思春期のにきびには刺激が少ない者でも成人では皮膚刺激がある、毛穴を詰まらせないオイルフリーノンコメドジェニックな化粧品と言ってもメーカーが作った用語のようです。

皮膚を掻く

皮膚がかゆくなると皮膚を掻く、子供であれば「かくな」と保護者が怒る。怒って治るなら怒ればよい。その対策に手袋すると手の発達が遅れると昔から言われています。爪を切る方がよいと思うのはわたしだけでしょうか。何が掻くと起るのか?物理的には炎症を起こす、皮膚のバリアが壊れるさらには末梢神経を刺激する。二次的に増悪する。必要以上の掻く行動がかゆみを増す。湿疹はもともとかゆいものである。湿疹とは表在性の皮膚の炎症です。代表はアトピー性皮膚炎と接触性皮膚炎です。皮膚のかゆみに内服薬を使いますが嫌なのはINPAIRED PERFORMANCEです。だるい。抗ヒスタミン薬は覚醒か睡眠かというと徐派睡眠をふやします、つまり第一世代抗アレルギー薬では眠くなっても睡眠の質が低下します。REM睡眠が減るすなわち睡眠の質が悪化する。つまり寝る前であっても第一世代抗アレルギー薬の服用は避けるべきです。さらには脂溶性が高く、脳内への以降がよいものは肥満を起こす。抗うつ薬でも太る。1910年にHISTAMINEは発見されました。もう100年以上も前の話です。

ニキビをなかから治療する

ニキビの患者さんの内服薬は漢方ぐらいになるのが日本の現状です。海外では難治性ニキビに用いる西洋薬があるそうです。ことしになり尋常性ざ瘡の古くて新しい治療薬つまり海外ではOTCで用いられるが登場しました、更に尋常性ざ瘡に新しい治療薬つまり配合薬が登場しました。BPOが発売されましたが耐性菌ができない治療ということは劇的に効くのではなくずっと続ける治療のようです、つまりデユアック配合剤は急性期12週以内そのあとはBPOが良いかと思います。難治性ざ瘡には日本では薬がないそうです。ざ瘡を体の中から治す、言うは易く行うはがたし。にきびを中から直すつまりアクネ菌を殺す抗生物質はいま日本では保険適応があるものは6種類しかありません。ミノマイシンには実は保険適応がありません。ルリッド、ファロム、オラセフ、クラビット、オゼックス、スパラだけです。耐性菌の頻度的にはエリスロマイシンが一番多くテトラサイクリンそしてミノマイシンのようです。キノロンはすぐに耐性菌を作ります。クリンダマシンとBPOの大きな違いはピーリング効果です、塗る場所はにきびができている場所ではなく今はにきびができそうな場所です。