記事一覧

臨床研究いろはにほ

統計的優位とは薬の力と会社の努力の掛け算だそうです。臨床研究いろはにほというタイトルの本を書いておられる東京大学の山崎力先生のご講演を聞く機会を得ました。難しくてよく分からないところがありますが臨床研究の読み方とらえ方についての話です。臨床試験はあまりにも大規模ではいけないそうです、大きいことは必ずしも良いことではないそうです。COI講演会の縁者が提示するスライドです。COIは対等な関係でないといけないそうです。ヒトには無数のの利害関係が存在する。メタ解析が行われ始めて40年です。UROKINASEは1980年代にメタ解析でその有効性が認められたそうです。また解析はあてにはならないそうです。ではどのように論文を読んでゆけばよいか?東京大学の山崎力先生おすすめです。まずはタイトルを読む、次にイントロダクションの最後の段落を読む、DISCUSSIONの最後の段落を読む、図表を読むがRESULTSは読まなくてよい。と私のノートには書き写している。臨床試験は大規模な方が良いかといえば必ずしもそうではないそうだ。先日、舟形スタデイとともに久山町の疫学調査について九州大学の先生の話を聞きましたが人口がほとんど移動しないその陰には市街化調整区域にあることが大きいそうです。さらには保健師の健康指導はあっても九州大学の疫学調査をする医師は介入しないそうです。日本発のデータを注目する久山町疫学調査です。統計はむずかしい。

臨床試験について

臨床研究いろはにほというタイトルの本を書いておられる先生のご講演を聞く機会を得ました。臨床研究の読み方とらえ方についての話です。COIについて講演会の演者が提示するスライドです。COIは対等な関係でないといけないそうです。ヒトには無数のの利害関係が存在する。メタ解析が行われ始めて40年です。UROKINASEは1980年代にメタ解析でその有効性が認められたそうです。また解析はあてにはならないそうです。ではどのように論文を読んでゆけばよいか?東京大学の山崎力先生おすすめです。まずはタイトルを読む、次にイントロダクションの最後の段落を読む、DISCUSSIONの最後の段落を読む、図表を読むがRESULTSは読まなくてよい。と私のノートには書き写している。臨床試験は大規模な方が良いかといえば必ずしもそうではないそうだ。一連の臨床試験での不祥事は臨床試験についての解釈を医学部では学ばないからです。騙されない論文の読み方をするには医学部を目指すものは英語力をつけなければならない。そして対象患者さんが大きいことが良いとは限らない。第3相試験が終わってから承認審査が行われる、そしてPMDA医薬品医療機器総合機構が薬として承認するそうです。

出せるだけ薬下さい

出せるだけ薬下さいと言われてどうするか。向精神薬はどいわれても14日分です。法律的には予見できる範囲となっている。おそらく飲んでる本人も処方する医師も調剤する薬剤師もわからないと思います。短時間で患者さんを診るのは無理です。入院してゆっくりお話したらかなり分かります。そしたら予見できるかもしれない。出せるだけ薬下さいという方に限って何もわからない患者さんが多いと思う。一度に二つ以上の話をするなという医師もいる。患者さんが覚えていないからです。腸間膜静脈硬化症という副作用でわかったことは山梔子が入った同じ漢方薬を5年とか10年も飲み続ける患者さんがいらっしゃるということです。私なら季節が変われば処方を変える。今なら朝夕冷えてきたの附子を加えるとかでしもやけができる人にはしもやけを意識した漢方薬を処方します。年単位で同じ漢方薬なんて考えられないが西洋医学の普及で医師も手帳を見ながら処方するという病名漢方が普及している。できるだけ診察を受けて一番良い薬に出会いたいという方は少ない。残薬がいっぱい家で眠っているようです。たくさん言われると保険で査定されないか心配です。

後発品の銘柄指定

後発医薬品の銘柄指定が2倍に増えたとの記事が出ている。確かに梅田の大丸の横にお店を構える大手の調剤薬局の私の近くの店はひどい。他にもひどい大手調剤薬局がある。若い男性薬剤師から電話があり点眼液を一日4回と書いていたら、先生、添付文書をご覧になってください、一日3回と記載があります.これは違う、添付文書では適宜増減と記載されているではないか。究極の薬剤師不足で若い薬剤師がすぐ天狗なると経営者がおっしゃっていました。若い社員がいまいちという話をコンタクトメーカーの所長にしたら同行の若い社員が名刺を片手で渡して平気です。法律で患者さんのためにならないとされている先発費への変更を求めて来る。このチェーン店をひどいとみていたら市内の調剤薬局経営の方が診察に来て同じことを言っていた。いろいろいやもんをつけられたようです。全国的に後発品変更不可、後発医薬品の銘柄指定というの多すぎるそうです。厚生労働省が銘柄指定を許すからこのような事態に至るのです。あるいは変更不可の印鑑を押すからこのような事態を招きます。後発医薬品6割から8割を目指すなら薬局の品目管理も考えないといけない、生活保護などの公費医療の方には後発医薬品の義務付け、あるいは差額の徴収、あるいは医療費無料化の禁止。来年4月からの後発医薬品8割は難しい、わたくしも可能な範囲で協力していますが特に姫路では中学生化の所得制限有の医療費無料化では後発医薬品を義務付けるべきかと思います、後発医薬品を海外にならい促進することは難しい。学校でのけがは今話題の国立競技場の日本スポーツ振興センターの保険が優先します。ご存じではない方が多い、学校の養護教諭もご存じではない方がおおい。

秋祭り

秋祭りで太鼓の音や笛の音を聞くと気持ち良い、一番感動したのはいっしょについている保護者か役員さんかわからないが火箸とバケツを持ってごみ回収している事です。自治会によりことなるのでしょうか?はじめてみましたゴミ拾いをしている役員さんを、さらには屋台ではなく絶えず担いでいるみこしがある。今後、担ぎ不足で大きく変わることが予想される姫路の祭りです。灘のけんか祭り等姫路市南部のお祭りでは医療機関はみんな休診だそうです。開業した年に祭りに診療した医師がいるが調剤薬局からの要請で休診にしているそうです。しかし、姫路では祭りは重要な行事です。10月はどこもいつもに比べて空いている。私も子供ころは樽みこしを担いだ、保護者が炊き出しです、関東煮とおにぎりです。そしていっぱいジュースを飲んだ記憶がある。大人の神輿があるからわき役でしたが楽しかった。樽みこしだからみこしの上に載って太鼓をたたくこともなかった。

医療の変化

医療は進歩する。たとえば、耳鼻科で行われていたルゴールの塗布ですが今は行わない、ずっと前から否定的になっている。炎症が起きている喉にルゴールを塗るのは悪い。慢性肝炎も小柴胡湯が病名漢方で処方された時代からBMSの一錠60000万円以上のお薬が登場し副作用が多いインターフェロンを超えた治療が始まっている。そして月に20000円を超えるとあとは精神科と眼科を含めて無料の女性もできている。眼科では洗眼をしなくなった、かえって角膜に傷が入るからです。鼻アレルギーガイドラインでは初期治療つまり症状が出る前に薬は投与しても同じとなっている。前回のガイドラインで改定された、アレルギー性結膜炎ガイドラインではいまだに初期治療を進めている。この差を説明できる人はいないでしょう。アレルギー性結膜炎では新薬登場とともにINVERSE AGONISTというアレルギー学会では当たり前の理論を根拠に初期治療を促進している。風邪に咳止めや抗ヒスタミン薬は使わない時代になっている。アセトアミノフェンぐらいが生き残るのでしょう。インフルエンザワクチンも4かになる、さらにはGSKの点鼻生ワクチンのフルミストが待っている、そしてアステラス製薬も新しいインフルエンザワクチンも待っているようです。

先発品変更

後発品変更は認められる、しかし先発品変更は認められない。ところが大手チェーン店に処方箋が飛んでゆくと先発品変更が求められる。私のところに今日も薬剤師から電話がかかった。薬剤師におまけに逆切れされた。うちの処方箋はいろいろなところに飛んでゆく。外用薬つまりあとぴ性皮膚炎の軟膏や結膜炎の点眼液は機材が異なるので変更不可としているとこがある。日本点眼薬のヒアルロン酸ナトリウムPF点眼液とヒアルロン酸ナトリウムミニ点眼液の添加物を比べると微妙な違いがあります。どちらもBACフリーです。PFにはホウ酸、ホウ砂、エデト酸ナトリウム水和物などが配合され、ヒアルロン酸ミニ点眼液にはイプシロンアミノカプロん酸、エデト酸ナトリウム水和物、ポリソルベート80などが配合されている。ヒアレイン点眼液でもヒアレインミニ点眼液にはイプシロンアミノカプロン酸が配合されている、これが悪い、接触性皮膚炎のもとである。患者さんの不利益になる先発品変更はやめていただきたこの調剤薬局は私のところから近くないが処方箋が良く持ち込まれています。後発品を処方するにもいろいろ選んでいます。

OPENING REMARKS

最近、医学講演会でOPENING REMARKSがはやりです。しかもスライドを使ったOPENING REMARKSがはやりです。なぜかというと謝金を提供するにはOPENING REMARKSではSLIDEを一枚でよいからRESENTATIONすることがぬけ道となっている。10月になりBALLPENCILには企業名しか入らなくなった。世の中どんどん変わってゆく。若い20代のMRは皆PRESENTATIONの納涼が落ちていると思うのは私だけでしょうか。多くの人が思っていると思う。私のUSBをなくすMRもいる。データが入っていたらどうなるか?ぞっとする。いろいろなメーカーさんのUSBなくしたらあなたどうなると聞くが、アー恐ろしいですと言って後は無言です。いろいろ抜け道を考える、鼬ごっこです。本社から贈られたPOWERPOINTでしかPRESENTATIONができないから余計30歳代以上のMRが優秀に思える。MR女子の会も存在するそうです。しかし、挨拶ぐらい…。謝金なしでよいと思う。

ジェネリック医薬品

姫路市内の基幹病院の皮膚科と眼科ちょうど私の関係するところでジェネリック医薬品が急増です。今までは基剤が違うといって後発品変更不可になっていました。ところで今日は土曜日ですが土曜ワイド劇場を見て思いました、日本調剤が元気なんですね。日本ジェネリックという製薬会社を持っておりGSKの研究所を買ったが手狭で隣接を購入するそうです。さらにはPHEIZERから購入した古城を回収するそうです。確かこの調剤薬局をポートアイランドで見ました。ジェネリック医薬品で儲け調剤薬局で儲けて儲け過ぎのような気がする。CMも日本の調剤とかやっている。診療報酬改定では眼科が厳しいが調剤や製薬メーカーも厳しそうです。テバ・日医工・沢井・東和の4大メーカーには追い風です。日本ジェネリックの薬を日本調剤が売ればもうかります。土曜ワイド劇場のCMもわかります。ところで12月にはカデュエット、エクスフォージ、ジェイゾロフトのジェネリック医薬品が登場するそうです。この市場は大きい。

夢前インターチェンジ開通します。

9月26日午後に中国縦貫道の夢前インターチェンジが開通します。夢前インターチェンジの開通により福﨑の工業団地へのアクセスが良くなるとともに観光バスも増えると思いますが交通事故対策はどうなんでしょう夢前インターチェンジと福崎の間はいくらするんでしょうか。車の運転ができない私にはあまり関係ありません。シルバーウイークが終わりました、前半は東京で小児東洋医学会、後半は夢前川に子供たちと行きました。久しぶりにこんなにゆっくりしました。夢前インターチェンジがいよいよ今週の土曜日開通します。これで塩田温泉の夢の井さんにはバスが行きやすくなると思います。元気なうちにに一度夢の井さんの夕やけこやけや上山旅館に宿泊してみたいと思います。シルバーウイークには上山旅館や昔の輝の家さんへに曲がる角にある駄菓子屋さんの磯部商店にも行ってきました。今度は駄菓子屋の磯部商店さんは刑務所の矯正展に出展するそうです。夢前町の小学校中学校を見ると少子化がそして夢前町過全体では過疎化は思いのほか早く進んでいます。姫路市全体では54万人の人口ですがインターチェンジで活性化するとよいと思います。夢前町の道路は朝は福﨑に向いて夕方は姫路市内に向けて渋滞しています。夢前高校近辺では多くの自転車通学の高校生を見かけます。信号を増やした方が良いと思います。また歩道の拡幅も必要だと思います。