記事一覧

参天のモーニングセミナーとフェアウエルセミナー

今年は学会総会に一杯参加したい。大阪での日本眼科学会は幕張のアレルギー学会大阪での日本東洋医学会とともに5年に一回は専門更新に参加しないといけない。東洋医学会総会は倫理の講演をしんどくて聞くことができませんでした。高松の東洋医学会で倫理の話は遅刻早退認めないというのを参加した。そうか参加だけでは専門医の要件にならないようになっている。参天製薬のモーニングセミナー私は7時15分には到着していた、一番ではなかった、皆さんご熱心。7時45分からアレズバが始まった。フェアウエルセミナーは参天製薬が一社で行っているいつも行列ができる。これは一生に一百見ない病気のお話で難しすぎた。パシフィコ横浜の第4回総合アレルギー講習会でも同一演者の話があった。涙液中ペリオスチンについての話を聞いた。いまの涙液アレルギー検査は希望者がいない。アレルギーにはTh2サイトカインが重要です。アレルギー性炎症や繊維化のマーカーです。結膜細胞はペリオスチンを作る。ぺリオスチンはIL13と創刊するから有望です。涙液ペリオスチンアレルギー性眼疾患で上昇する。シダトレンもマーカーがない、ペリオスチン実用化には5年かかるそうです。楽しみです。

早くも学校での視力検診

4月17日早くも学校での視力検診の結果を持ったお子さんがこられた上級性も下級生も。眼鏡をかけるかどうか、コンタクトレンズをするなら装着指導女子はそのうちカラコンをするからコンタクトをしてほしくない、時、代。昔はこの子がアルバイトでお金を出すからさせます、今は私が断ったら他の医療機関でコンタクトレンズをはめてくる。今年は花粉飛散が前倒しになり今はハンノキやシラカバの花粉に変わっている。スマホ老眼と心因性視覚障害がものすごく多い。スマホのお金とコンタクトレンズのお金は馬鹿にならないがみんなコンタクトレンズの装着時気が早いことにびっくり、皆さんお金に余裕があるかといえば必ずしもそうではない、検診にお越しにならない、度数があってないコントタクトレンズをしている人が多い、毎月駅前の眼科に行っていたが巨大乳頭状結膜炎でお越しになる方がいらっしゃる。久しぶりにハードレンズ希望のお子さんがお越しになった、うれしかった、オーツーのレンズをはめてレンズが動く動くと大騒動、昔はこれが当たり前であった。使い捨てコンタクトのジョンソンアンドジョンソンとアルコンが値上げを行う。マルチパーパスソリューションと合わすと年間すごいお金です。スマホは格安スマホが出たがコンタクトレンズの一部の会社は値上げです。そして安物の眼鏡。先日基幹病院の手術室の看護師長が診察に来られてさすが眼科医ですね、眼鏡にお金をけておられますね。安いのは鼻と耳のフィッテイングが良くない。コンタクトにお金が回り眼鏡にお金が回らない。今日のお昼は産業医、午後は視力検査を持ったお子さんがお越しくださるかもしれない。毎週末漢方で東奔西走、博多、新山口、東京、そして今週は大阪。今週は明日から日本眼科学会も行われる。来週末は日本呼吸器学会と大忙し。

浜松市で足止め

今年注目されている過敏性腸症候群の勉強に浜松市に来ていましたが停電で新幹線が宇おいてません。2月の東京眼科サミットは体が冷え切り15000円の会費は支払っていましたがさらに宿もとってましたが欠席し資料をお送りいただきました。3月になり暖かくなり紅参まつやホウぶしの力を借りずに生きています。今年は寒かった、お越しの患者さんにほうぶしや紅参をガンガン出していた。会費30000円のの眼科診療アップデートセミナーに参加するだあれか会える。10人もいないがおそらく7人兵庫医科大学の同級生眼科医がいる。私以外全員女医さんです。今年は日本眼科学会が大阪国際議場で行われるためかいつも500人の参加者がいるが今年は400人だそうです。日本眼科医会の生涯教育神戸講座が今年からなくなった。世の中どんどん厳しくなる。タケキャブの薬価がいきなり17パーセント下がる、オプジーボの薬価が24パーセント下がる。スギ花粉の舌下免疫療法シダトレンは薬価が上がる、これ前が安すぎるのです。日本でしか使えないシダトレン海外で導入されることは決してありません、次に出るしだきゅあも薬価が安くて折り合わなかった。

閃輝暗点

閃輝暗点を初めて見て漢字を読める人は凄い。せんき暗点ってお分かりですか?閃輝暗点の症状はジグザグが同心円状に拡大していくような模様がどちら眼で見えているかわからないが見えるものです。明日までに締め切りの原稿のテーマは閃輝暗点です、ラジオでアナウンサーが読んでくださる閃輝暗点の原稿を書いておりました。痛くない偏頭痛が閃輝暗点です。視交叉より後ろの脳血流の低下が原因とされています。ブログは文字数がありません。閃輝暗点は国際分類上は片頭痛に分類されています。脳血管が攣縮しそのあと拡張します。攣縮したとき見えるのが閃輝暗点です。拡張したときおこるのが片頭痛です。お薬は特にありません。眼的検査や視野検査とともに頭の中に異常があるといけないのでCTやMRIを撮影しておくと安心です。ただこれだけの内容を言葉をわかりやすくして描いているとあっという間に2週間経過しました。今週も多くの患者さんがこのブログにこう書いてあったとお話が弾みました。昨夜は日本で一番大きな製薬メーカーさんの営業所でバレット食道をお話を聞きました、残念ながら途中で映像が切り替わらなくなり集中力にかけました。今日は今からスポレキサントのお話です。

上まぶたの裏

私のところは眼科ですがコンタクトレンズの患者さんが非常に少ないため近畿厚生局へコンタクトレンズ検査料1を算定するべく届け出をしています。眼科の診療のなかで上瞼を見ることは学校検診においては行わない。眼科学校医の手で感染を広める可能性があるからです。ただしコンタクトレンズの装用者では非常に大切です。GPC巨大乳頭状結膜炎は異物でこすれて上瞼の裏が乳頭と呼ばれるぶつぶつでいっぱいになります。下眼瞼の濾胞とは異なるものです。異物とは抜糸をしない糸、義眼、酸素を通すためのミクロの穴が酸素透過性のコンタクトレンズには空いてます。ミクロの穴を通りコンタクトレンズに付着した汚れに対し上眼瞼がアレルギー反応を起こすことを巨大乳頭状結膜炎と呼びます。コンタクトユーザーの方に非常に増えています。コンタクトレンズをはずした後そして翌日コンタクトレンズを装用する前には20秒洗ってください。それが無理なら一日使い捨てのコンタクトレンズをお勧めします。一番お勧めは昔から存在する酸素透過性ハードコンタクトレンズです。しかし酸素透過性ハードレンズとて異物には違いない。

ムコスタ点眼液関連涙道閉塞

ムコスタ点眼液関連涙道閉塞は重大な副作用とされている。TEAR MENISCUSが急に上昇すると要注意だそうです。以前ムコスタ点眼液で鼻涙管閉塞を起こしたとのことでブログをお読みになった女性患者さんが来られた。他院でムコスタ点眼液UDを60日分×4本処方されたそうです、こんなに処方したら何か起こったとき困る。兵庫県眼科医会の会報にも多くの点眼液を処方した場合査定の対象になることがあるとの記載が最近ありました。返品はできるのですかと聞かれたのでうちなら管理状態がわからないから返品不可ですと伝えた。なんでもクーリングオフできる思っているがワクチンなどの冷所管理のものは原則返品は受けて戴けない。私はすでにムコスタ点眼液関連涙道閉塞を4例経験しておりブログにも掲載している。このかなり前のブログを見事見つけ出した姫路市街からお越しいただきました。いったーと言われながら何回か通水したが駄目でした。今の時代このような例では涙道内視鏡ができる施設に紹介するのがSTNDARDです。ムコスタ点眼液の重大な副作用報告から約2年たちます。多くのメーカーで医療情報伝達者の情報収集が今はかなりきちんとしている。これをいかに生かすかです。医療機関でもヒヤリハットというものがあるが事後の検討が重要です。ムコスタ錠は胃潰瘍では一日3回ではありません。朝夕寝る前の三回です。胃炎なら一日3回です。こんなことで査定されたら働き損です。台風はようやく静かになってきました。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は日本人100人に1人とされていますが急速に増えています。加齢黄斑変性症の講演を聞くと眠り歌の聞こえる眼科医がおおいと講演会で演者の医師がおっしゃいました。加齢黄斑変性症(AMD)の治療において抗VEGF抗体の出現により漢方薬という選択が消えました。AMDは滲出型と萎縮型に分類されAMDの滲出型には古典的、RAP、PCVの3つに分類されることが多いと思います。分類されるのは治療効果に差があるからといわれています。さらには昔は別の病気とされたまたアジアや日本に多い中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)の後加齢黄斑変性を合併することも問題になっています。以前は40歳未満なら中心性漿液性脈絡網膜症で50歳以上なら加齢黄斑変性症といわれた時代もありました。抗VEGF抗体は一時的には視力を上げることは間違いないがうち続けないと眼科の医療費を食いつぶし眼科医になりたい人がますます減る可能性がある。いったん下がった視力は抗VEGF抗体を使ってももとゑは戻らない。PRNとTREAT&EXTENDいずれにしても過剰治療の可能性がある。治療回数が多いと黄斑萎縮が起こるリスクが上がるそうです。いまから数時間は姫路市は台風に注意が必要なようです。

出典をはっきりさせる

プロモションコードに従い製薬会社は講演会を行うようになっている。フレイルに人参養栄湯などというプロモーションはびっくりです。相模原臨床アレルギーセミナーのスライドの中には一行ごとに引用文献を右に書いてあるものもありました。病名漢方は禁止すべきと思う。韓国や中国では西洋医学の医師が漢方薬を処方できません。西洋医学の医師が特定の企業の人参養栄湯を降れいるに用いるのは今の倫理からするとよくないと思います。この会社が主張する蒼朮と白朮のお話も下手すりゃ誹謗中傷と言われかねない。講演会では適応外の話をしてはいけないと今はチェックが本社が学術から入る。私の姫路市薬剤師会の講演会でもUSBはMRがってました。アルコンファーマはNOVA社のグールプです。最近はスライドの右下に引用文献が記載されている。CONPLIANCE順守をするNOVA社グループの講演会は後援会の最後にもCONPLIANCE順守についてスライドが提示される。相模原臨床アレルギーセミナーでも同じです。演者の著作権を守るという立場です。スライドの右下には出典が記載してある。これは私が姫路に戻り原点を読むために記載してあるのではない、この主張はこの論文が主張していますという意味です。

眼科+何科

姫路では大人のアレルギー疾患はどこに行けばよいのかというご相談をよく受けます。小児科に行くよりここが良いと思ってきました、患者さんがおっしゃるお言葉です。わたくしは全国で30人もいない眼科を基本領域にするアレルギー学会専門医です。今みなとみらい21のパシフィコ横浜で開催されている相模原臨床アレルギーセミナーに参加しています、8月4日から8月5日は大人のアレルギー、最終日の8月6日は小児のアレルギーです、ところが参加者の6割は小児科医だそうです。一人の人をそして一人のアレルギー患者さんを一人の医師が見るのがアメリのアレルギー専門医日本では臓器別で眼科、耳鼻科、皮膚科、呼吸器内科に分かれています、これではアレルギー学会専門医の意義がありません。TOTAL ALLERGISTを育てるため今年も12月16日から17日にかけてパシフィコ横浜ではアレルギー専門医講習会が行われます。私は今の時期目がかゆい人が来たら肘を見ます、ご希望あればアトピー性皮膚炎の治療のします。おそらくじんましんの患者さんを最も多くみている眼科専門医です。コンタクトレンズユーザーで眼科OPなしクリニックは不要な時代が来るのでしょうか、コンタクトレンズ診療は視力を測るだけで良いのか。コンタクトレンズをはめるとカラコンに女性はあこがれる、だから私のところではカラコンは扱っていない。

故障

眼科の機械も猛暑日に参っているようです。眼科で収入源は手術ですが私はできないので検査?昨年の診療報酬改定でインスリンなどの自己注射が以前のように高額になっています。眼科には指導料などと概念がありません。高ではお話をするだけで指導料が乗っかる、皮膚科ではアトピー性皮膚炎を見ると指導料が乗っかるがそれもない。先日OCTにエラーメッセージが点灯した。いまは循環器科で心臓にも用いられるOCTは眼科の花形です。出張料だけで数万円部品を変えると数十万と聞いていたが買い替える余力はない。あきらめたが30万円の値引きが入った。うれしいことです。ところが今日は朝からFDTがまたエラー西川病院から持ってきたのと入れ替えたがなんかの拍子に治りました。午後からNIDEKのAA2が警告音を発する。何が起こったかわかりませんがピーピーうるさい。蒲郡までお電話したら営業さんが近くにおられたとのことで来ていただきました。蒲郡の本社にしかない代替えの準備に入っていたが営業マンが栓をぬいって自ら被検者となり復旧しているようだと今度は私が被検者になった。患者さんには少しご迷惑をおかけいたしました。ということで姫路駅前に日本医科大学の耳鼻咽喉科の教授の舌下免疫療法のお話を聞きに行くはずが島根医科大学皮膚科の千貫先生のアレルギーの講演をWEBで聞きました。朝から機械が明らかにおかしかった。