西川クリニック

□眼科の漢方薬
平成30年4月1日
お子さんが少ないため静かな環境です。お手数をおかけしますが、可能でしたらホームページから漢方薬の問診票も普通の問診票も両方ダウンロードできますのでじっくりと考え10個以内でご記入の上ご持参ください。錠剤・カプセルの漢方薬も処方可能です。せんじ薬は保険では処方できません。。アトピー性皮膚炎の方はもっぱら皮膚科に従事する医師がいないため皮膚科特定疾患指導料を算定していませんので診察料が安くなっています。原則、保険診療でいろいろな症状に漢方薬を処方しています。お話を長く効くのは精神科です漢方診療は長くありません。日本漢方ではありませんので女性に不人気な腹診は原則いたしません、ただし、眼科疾患や難しい病気では漢方薬を目に導く引経薬や明目薬が保険適応にならないことがあります。サプリメントは大嫌いなの押し売りはしません、眼科疾患で余裕があれば引経薬(目の中に薬を入れる)・明目薬(よく見える薬)は自費の煎じ薬でないと不可能ですのでめい目薬引経薬は煎じ薬の薬局をご紹介します。。大人の方が多い医療機関です、お子様も意外と漢方薬は服用できます。アレルギー疾患が特に多いですが睡眠障害など精神科領域、PMS、PMDD,更年期障害の婦人科領域、肥りたいとか体が冷えるなど体質改善もご希望の方が来られています。保険適応のないものはお勧めいたしません。小児の漢方治療にも取り組んでいます。漢方薬を処方するには西洋医学の診断が大切です。

一覧へ

TOPページ
兵庫県姫路市田寺東2丁目26-14
TEL:079-292-7134